8つの特徴チェックで分かる!自分に合った枕の選び方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたは自分に合った枕を使っていますか?

この記事にたどり着いたということは、答えはNoでしょう。
自分に合った枕の選び方とは、あなたの身体の特徴・特性を元に選ぶこと、だと私は考えています。

そこで今回は、8つのチェック項目を用意しました!
あなたに当てはまる特徴の項目を改善するだけで、あなたの睡眠がとても良くなります。

もちろん、全ての項目があなたに当てはまるとは限りません。例えば、アレルギーをお持ちでない方は、アレルギーの項目は飛ばしても構いません。

気になる点を1つ正すだけでも、快眠に大きな効果があります。ご紹介のように枕を選んでいただければ、きっとあなたの睡眠が良くなることをお約束します。

1. 体格

全ての方に、低めや普通と書かれた高さの枕をオススメします。

なぜなら、低く感じる枕を高く調整することは簡単ですが、その逆をすることは難しいためです。
そして大抵、普通の高さで足りるためです。

サイズは43cm x 63cm以上が良いです。寝返りをするときに、枕から頭が落ちない広さがあると良いためです。

その他に気をつける点として、

  • スリムな方
    首まわりの肉付きが少ないので、柔らかいものや普通の硬さの枕をオススメします。
  • しっかりとした体付きの方
    「高めの枕でしか眠れません!」という方は、高めのものをお使いください。
    硬めの枕が好きな方が多いですが、血流を妨げることがあるので、普通の硬さのものをオススメします。

また枕の高さについて、こちらの記事「すぐにわかって今日から快眠!あなたに合った枕の高さ!」で熱烈解説をしたので、枕の高さが気になる方はご一読ください。

2. マットレス(敷布団)の硬さ

実は、ご使用中のマットレスによって、選ぶべき枕が変わるのです。

マットレスを変えてから、寝つきが悪くなったことはありませんか?
マットレスと枕の組み合わせが、合わなくなっている可能性があります。

2−1. 柔らかいマットレスをお使いの場合

腰から肩甲骨まで沈み込むほど、柔らかいマットレスをお使いの方は、低めの枕をオススメします。

枕の役割は、マットレスと首のカーブと頭のスキマをうめることです。

柔らかいマットレスに身体が沈み込んでいる例
柔らかいマットレスに身体が沈み込んでいる例

このイラストのように身体がマットレスに沈むことで、埋められるべき距離が短くなります。そのため、低い枕が合いやすくなります。

低反発マットレスや、柔らかめのマットレスを使っている方が該当します。

2−2. 通常の硬さのマットレスをお使いの場合

柔らかいマットレスから買い換えた場合、今までの枕が低く感じることがあります。
マットレスへの沈み込みが浅くなるので、マットレスと首のカーブと頭の間にできるスキマが、それまでより広くなるからです。

不快に感じる場合、枕を高くする必要があります。高い枕を購入するか、枕を少し高く調整しましょう。

枕を高く調整する方法は、「すぐにわかって今日から快眠!あなたに合った枕の高さ!」内の、3. すぐにできる!枕の高さ調整方法で説明しているので、ご覧ください。

3. 後頭部の形

大きな特徴です。そして、1人1人、違いますね。
2通りに分けましたが、多くの人は中間になると思います。

3−1. 後頭部が張っている方

後頭部が張っているタイプ
後頭部が張っているタイプ

後頭部が張っているとあお向け寝のとき、頭部が不安定になりがちです。安定させて眠れるよう、フィットするものを選びましょう

ウレタンの枕であれば、中央部分が柔らかいものや凹んでいるもの。独立素材の枕は、あなたの頭の形に合うよう、自分で詰め物を動かせるのでオススメです。

欧米の人に横向き寝が多いのも、頭が枕の上で安定しにくいからだそうです。

3−2. 後頭部が絶壁ぎみの方

絶壁気味の後頭部
絶壁気味の後頭部

ウレタン製の枕の場合、中央部分がへこんでいるものは避けましょう。

独立素材の枕は、あなたの後頭部の形に合うよう、自分で詰め物を調整できるのでオススメします。

頭が落ち着かない場合は、中央部分を高くすることで、しっくりくることが多いです。

4. 寝姿勢

あお向け、横向き、うつ伏せの3つの寝姿勢があります。
寝姿勢によっても、当然、最適な枕は変わります。

4−1. あお向け

1番スタンダードな寝姿勢ですね。
枕の正しい使い方をし、理想の寝姿勢で眠れていれば、特別な注意点はありません。

寝姿勢 理想的
あお向けの理想的な寝姿勢

枕の正しい使い方と理想の寝姿勢に関しては、「すぐにわかって今日から快眠!あなたに合った枕の高さ!」内の2. 理想の寝姿勢と枕の正しい使い方を知れば、適切な高さがわかる!にて分かりやすく図解しています。

寝姿勢が気になる方は、ご一読ください。

4−2. 横向き

内臓に負担がかかりにくい、という理由から横向き寝をされている人も多いと思います。

横向き寝 枕 高さ 理想的
横向き寝の理想的な寝姿勢

枕の高さは、普通から少し高めのものを使うと合うでしょう。
イラストのように、頚椎が真っ直ぐになっていることを意識しましょう。

横向き寝用の枕もあるので、試してみることをオススメします。

また、横向き寝は一晩中、顔が枕に接するので、衛生面に配慮した枕が良いです。お手入れがしやすい洗える枕や、防ダニの枕が良いでしょう。防ダニ・防水の枕カバーの使用もオススメします。

4−3. うつ伏せ

枕は低いものが良いでしょう。

横向き寝と同じく、一晩中、顔が枕に接するので、衛生面に配慮した枕が良いです。
お手入れがしやすい、洗濯可能な枕や防ダニのものなどをオススメします。

個人的には、タオルや肌触りの良い枕カバーだけでも十分だと思います。

5. アレルギー、喘息、アトピーをお持ちの方

素材選びが、あなたの睡眠を大きく変えます。
ただごとでは済まない場合があるので、避けた方が良い素材は、暗記しましょう。

5−1. 避けた方が良い素材

使用を避けた方がよい枕の素材を表にしたので、参考にしてください。

素材 理由
ポリエステル棉 ホコリがたまりやすいので、あなたがホコリに敏感であれば避けましょう。
そば殻 そばアレルギーの方は使用厳禁です。また喘息もちの方も控えましょう。使用に応じて、そば殻が割れて粉になります。その粉を吸い込む可能性があるためオススメできません。
羽根 洗えないため。洗濯可能なものでも頻繁には洗えないので、オススメできません。
ラテックス ゴムアレルギーの方は使用厳禁です。アナフェラキシーショックを起こす可能性があります。

5−2. オススメの素材

同じく、表にしましたので、参考にしてください。

素材 理由
ポリエチレンパイプ ホコリがたまりにくく、通気性も良し。何度も洗えるタフです。
ポリエチレンフレイク ホコリがたまりにくく、洗濯機で何度も洗えます。
春雨タイプ 通気性が良く、水洗いもかんたんです。
・春雨タイプとは
糸状の樹脂を立体型にした素材。最近の流行りで総称がなく、見た目が春雨のようなので、このように呼んでいます。良い総称のアイディアがある方はご教授ください。

5−3. 今の枕が合っていないものなら

もしあなたが使用厳禁に当てはまる素材の枕を使っていたら、枕を変えることをオススメします。

それ以外で避けた方が良い素材を使っているなら、枕を清潔に保つことを心がけましょう。
枕が洗えるなら、週に1度は洗いましょう。枕が洗えないなら、カバーを2、3日に1度は洗いましょう。

さらに、防水カバー、防ダニカバーをすることにより、枕内部の汚れを防ぐことができます。

6. 花粉症の方

目が痒くて、鼻がムズムズ。快眠どころじゃないですよね。
花粉症の方は、以下を参考にしてください。

6−1. オススメの詰め物素材

髪の毛についた花粉がドンドン枕に溜まっていきます。洗えるものを選びましょう。

洗って、花粉を落とす。そして、部屋干し。もしくは、乾燥機。
間違っても屋外で干してはいけません。花粉がつきます。

オススメの素材は、以下の表の通りです。

素材 理由
ポリエチレンパイプ ホコリがたまりにくく、通気性も良し。何度も洗えるタフです。
ポリエチレンフレイク ホコリがたまりにくく、洗濯機で何度も洗えます。
春雨タイプ 通気性が良く、水洗いもかんたんです。

6−2. 枕カバーで対策

コーティングカバー、もしくは、高密度カバーを枕にしてみましょう。
枕内部に花粉が入らないようにすることができます。

2、3日に1度は洗濯をし、室内で乾燥させてましょう。
屋外で干すと、花粉を持ち込む原因となるので、ご注意ください。

7. 寝汗の量が多い方

亜熱帯化している日本の夏場、寝汗は多くの人の悩みの種となっていますね。

適切な枕にすることで、寝汗をかきにくくなります。さらに、寝汗をかいても、不快感が減り、その後のお手入れも楽になります。

7−1. 避けた方がよい詰め物素材

通気性が悪い素材や、洗えない素材はオススメしません。

下の表を参考にしてください。

素材 理由
低反発ウレタン 非常に通気性が悪く、汗でビショビショになってしまいます。水洗いもできません。
羽根 洗濯に向かず、汗で濡れてしまうと、お手入れが大変になります。
ポリエステル棉 洗濯に向かず、汗で濡れてしまうと、お手入れが大変になります。
そば殻 通気性は高いのですが、洗えないので、あまりオススメできません。
ウレタンチップ 洗濯に向かず、汗で濡れてしまうと、お手入れが大変になります。 
ラテックス  通気性が良くないので、オススメできません。水洗いもできません。
ビーズ 基本的に水洗い不可のため。 

7−2. オススメの詰め物素材

オススメの素材は、以下の表の通りです。

素材 理由
ポリエチレンパイプ ホコリがたまりにくく、通気性も良し。何度も洗えるタフです。
ポリエチレンフレイク ホコリがたまりにくく、洗濯機で何度も洗えます。
春雨タイプ 通気性が良く、水洗いもかんたんです。
羊毛(ウール) 吸放湿性に優れる。水洗いなら可能。

また、寝汗に対して寝具で行える対策をこちらの記事『あなたはどう治しますか?寝汗をかく5つの原因と対策』で紹介しているので、ぜひご一読ください。

7−3. 枕の側生地(カバー)の繊維素材のおすすめ

また、枕の側生地(元々付いているカバー)や枕カバーも大事です。吸放湿性の高い繊維素材をお選びください。

吸放湿性とは、湿度が高い環境では水分を吸収し、湿度が低くなれば水分を放出する性質のことです。簡単にいうと、あなたの汗をよく吸い、すぐ乾くということです。

素材 吸放湿性 コメント
棉(コットン) 非常に通気性が悪く、汗でビショビショになってしまいます。水洗いもできません。
麻(リネン) 洗濯に向かず、汗で濡れてしまうと、お手入れが大変になります。
絹(シルク) 洗濯に向かず、汗で濡れてしまうと、お手入れが大変になります。
テンセル 通気性は高いのですが、洗えないので、あまりオススメできません。
ポリエステル 洗濯に向かず、汗で濡れてしまうと、お手入れが大変になります。 
レーヨン  通気性が良くないので、オススメできません。水洗いもできません。

7−4. さらに上を目指すなら枕パッドを試そう

吸放湿性に優れる枕カバー使ってるけど、汗のベトベトや汗臭が気になる方は、枕パッドをご使用すると良いでしょう。シリカゲルや炭が入ったものは、消臭効果がありオススメです。

一方、ジェルものは冷んやりして気持ちよいですが、通気性がなくベトベトになるので、オススメできません。

8. 匂い

匂いが気になる場合、汗臭、もしくは、加齢臭が原因の大半です。
隣で寝るパートナーに不快な思いはさせたくですよね。

1番の対策は、カバーを頻繁に洗うことに尽きます。枕は通気性がよく、洗濯可能なものがベストです。

8−1. オススメの詰め物素材

以下の素材が、かんたんに洗えるのでオススメです。

素材 理由
ポリエチレンパイプ ホコリがたまりにくく、通気性も良し。何度も洗えるタフです。
ポリエチレンフレイク ホコリがたまりにくく、洗濯機で何度も洗えます。
春雨タイプ 通気性が良く、水洗いもかんたんです。

8−2. 枕の側地やカバー素材のオススメ

洗いやすくお手入れがかんたんという観点から、綿と麻をオススメします。手洗いを面倒と思わなければ、レーヨン、テンセル、シルクも良いでしょう。

また、コーティングされた防水カバーやピロープロテクターもオススメです。汗や皮脂が枕に入るのを防ぐので、枕が汚れにくく、臭気の発生を抑えられます。

8−3. 枕パッド

消臭効果にフォーカスした枕パッドもオススメです。

シリカゲルが入ったパッドは、汗臭・加齢臭の匂い成分を、減少させます。

まとめ

あなたに当てはまる特徴はありましたか?
自分の特徴に気づかずに、あなたに合わない枕を使っていた、なんてこともあると思います。

あなたに合った枕を使っていれば、眠りの質は大きく変わります。

ぜひ次回、枕を買い換えるときは、上の8つの特徴を参考にしながらお選びください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ