【枕が合わない方へ】図解|快眠までの3つの条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

合わない枕を使って寝ようとすると、やたらと枕の存在を頭の下に感じませんか?そしてそれが徐々に不快感になって、首の裏側が凝ってきて、眠るどころじゃなくなって…

たとえ購入当初はあなたに合っていた枕でも、素材の劣化などにより次第にフィット感が悪くなります。そうなってしまえば、替え時です。

そこで本日は、「枕が合っている理想の状態」とはどのようなものか図解し、その上で、「あなたに合わせやすいオススメの枕」を3つご紹介します。


1. 枕が合わないと現れる症状

枕が合わないとあなたが感じる時、以下の2つの状態になっていることが大半です。

  • 頚椎(ケイツイ:首の7つの骨)の形状が不自然になっている。
  • 枕が後頭部にフィットしていない。(頭圧分散が悪い。)

このような状態が長く続くと、以下のような症状が現れます。

  • 首や肩周辺の筋肉の緊張、血行不良、疲労。
  • 首こり、肩こり。
  • (ひどい場合には)首、肩、背中の痛み。

また間接的に、体への不快な感覚、こりや痛みなどで眠れない、寝つきが悪くなるということもあります。が、睡眠に悪影響があるほど合わない枕を使っている、なんてことはほとんどないと思います。とはいえ枕が合わないために、首や肩になんとも表現しがたい重みやコリを感じることはよくあると思います。

そこで次に、「枕が枕が合っている」とはどのような状態なのかご説明します。これを理解すると、今使用中の枕が根本的に合わないのか、あなたの使い方に問題があったのかが分かります。


2. 「枕が合っている状態」3つの条件

以下の3つの条件を、あなたの枕で満たすことができれば、「枕が合っている状態」と言えます。

条件1:マットレスと首の隙間が埋まっていること
条件2:理想的な寝姿勢がとれていること
条件3:素材が体質に合っていること

まずはご使用中の枕で、「枕が合っている状態」になれるか確認しましょう。もし枕が合っているのに、肩こりや頭痛を感じるのであれば、枕ではなく、他に原因があるはずです。

もし、ご使用中の枕が3つの条件に合っていなければ、新しい枕をご購入することをオススメします。

条件1:マットレスと首の隙間が埋まっていること

1つ目の条件は、枕を首に当てた時に「マットレスと首の間の隙間を埋められること」です。高反発・低反発ウレタンや羽根枕など、枕の素材は問いません。

枕でマットレスと首の隙間を埋める
枕でマットレスと首の隙間を埋める

マットレスと首の隙間とは何か、文章だとイメージしにくいと思うので、こちらのイラストをご覧ください。

なぜ「隙間を埋めること」が重要なのかと言うと、約6kgの頭の重みを出来る限り広い面で分散できるからです。これを「頭圧分散」とも言います。

枕で隙間が埋められていない状態
枕で隙間が埋められていない状態

反対に、枕が「この隙間を埋められない」と、こちらのイラストのようになります。

頭の重量が後頭部に集中するので、圧迫感があります。

また、首へのサポートがないので首・肩の筋肉が緊張してしまい、首の痛み・肩こりの原因になります。そのような時に、「枕が合わない」と思うに至るのです。

条件2:理想的な寝姿勢がとれていること

2つ目の条件は、枕を首に当てた時に「理想的な寝姿勢がとれること」です。これももちろん、枕の素材は問いません。

仰向けで眠る時の、理想的な寝姿勢のポイントは2つです。

理想的な寝姿勢 仰向け寝
理想的な寝姿勢 仰向け寝
  1. 肩口から頭が10~15度の傾斜
    この角度だと、頚椎(ケイツイ:首の7つの骨)のカーブを自然なまま保っていられます。肩と首の筋肉が強張ることなく、リラックスした状態を維持できます。さらに、頭の位置が心臓よりも高くなるため、血液が頭に上ることを防ぎます。
  2. 顔面が5度の傾き
    顔が若干うつ向く程度だと、気道の通りに差し支えることなく、睡眠中の呼吸を楽なままできます。また、太り気味の方やアゴの下に脂肪がついている方の場合、顔の傾きが0度だと呼吸がしやすく眠りやすいことが多いです。なので、0~5度の間から、あなたが眠りやすい傾斜を見つけましょう。

横向き寝の理想的な寝姿勢のポイントは、「頚椎が真っ直ぐ(床と水平)になること」 です。

理想的な寝姿勢 横向き寝
理想的な寝姿勢 横向き寝

枕に頭を置いたとき、頚椎(ケイツイ:首にある7つの骨)を自然な形状で維持していられないと、首がしっくりこないため眠りにくくなります。

これが出来れば、横向き寝で枕が合わないと感じることは、ほぼなくなると思います。

とはいっても、もしあなたに「横向き寝だと安定性に欠ける」などの不満がある場合、こちらのページ「安定した横向き寝を実現する3つのポイントとおすすめの枕」を参考に、楽な横向き寝を方法を試してみましょう。

条件3:素材が体質に合っていること

3つ目の条件です。枕の素材があなたの体質に合っていないと、使い心地が悪く、快適な眠りを楽しめません。

以下、代表的な体質と避けた方が良い素材、その理由を列挙します。

もしあなたが敏感な体質であれば、是非とも参考にしてください。これらの条件を3つとも満たしていれば、まるで枕があなたの体の一部のようにぴったりと合い、睡眠がより快適になります。


3. あなたに合わせやすいオススメの3つの枕

オススメの枕をそれぞれタイプで分けると、

  1. 枕の合わせ方を覚えて自分でフィットさせる枕
  2. 首へのフィットを追求した首枕
  3. プロにあなたに合わせて作ってもらうオーダーメイド枕

の3つです。1つずつご紹介していきます。

3−1. あなた自身でぴったり合わせられる枕

もしあなたが枕のフィット感にうるさいのであれば、1つ1つの素材が独立している「独立素材」の枕を使用することをオススメします。あなたが簡単に自分自身で枕を合わせられるからです。

高反発・低反発ウレタン、ラテックス、高反発ファイバー素材の枕は、枕自体の形状が決まっているため、当たり外れがあります。いくら我々メーカーが形状を考え抜いても、体の形状に個体差があるため万人の体に100%合致する枕は作れないためです。

フォスフレイクス枕
フォスフレイクス枕

製品:フォスフレイクス枕
価格:5,378円
【販売ページへのリンク】/【私の書いたレビューを読む】

中材の「フォスフレイクス」は、極薄にまで引き延ばしたポリエチレン樹脂に特殊シワ加工を施し、さらに不揃いに細かくカットをして作られるので、弾力性に富みます。

そのため、枕を首に当てると柔らかい触感がありますが、沈み込みすぎず一定の高さでグッと優しくサポートしてくれます。

3−2. 首へのフィットが最高の首枕

ヒトコブ形状になっている首枕は、何も考えず枕に首を当てるだけでフィットするのでおすすめです。

セルプール スマートピロー
セルプール スマートピロー

製品:セルプール スマートピロー
価格:11,880円
【当製品の販売ページ】

私どもが首へのフィットを追求して設計した枕です。枕が合わずにお悩みの方におすすめする一品です。

3−3. オーダーメイド枕を作る

もしあなたが「合わせやすい枕を選んで、自分で自分自身に合わせる」手順が面倒だと思えば、枕のプロにオーダーメイド枕を制作してもらうのも一手です。市販の枕と比べると値が張りますが、メンテナンスサービスも含まれているので、納得できるもの長く使いたい方にはおすすめです。

じぶんまくら
じぶんまくら

製品:じぶんまくら
税別価格:
25,000円
【じぶんまくら案内ページへのリンク】

日本最大級の寝具専門店の㈱タナカふとんサービスが展開しているオーダーメイド枕ブランドです。眠りのスペシャリストがコンピュータを使い、あなたの体型を測定してくれます。そのデータとあなたの好みで選んだ素材を元に、オーダーメイド枕を作り上げます。

「よし、オーダーメイド枕を作りに行こう」とお考えでしたら、こちらの記事「【失敗を避けるために】オーダーメイド枕製作7つのポイント」で製作時の注意点を紹介しているのでご覧ください。


4. 枕が合わなくなる理由

購入時はとてもフィットしていた枕も、次第に合わなくなります。もちろん枕の中材の劣化が一番の理由ですが、枕に原因がないケースもあります。

「最近、枕が合わない。だけど、枕が劣化したようには見えない」という場合は、以下の2つの原因が考えられます。

4−1. 敷寝具の変化

マットレスを新調した、厚みのあるベッドパッドを購入した、冬用の温かいモコモコの敷きパッドを使いだした、もしくは春が来たからお役御免になった。

このように敷寝具に変化があると、枕が合わなくなることがあります。どういうことかと言うと、敷寝具への体の沈み込み具合が変わることで、枕に必要な高さ(マットレスと首の間の隙間)も変わるためです。

例えば、柔らかいパッドを使い体の沈み込みが以前より増すと、相対的に枕が高く感じられるようになります。その結果、枕が合わなくなったと感じることにつながります。逆もまた然りです。柔らかいマットレスで寝ていた人が通常の硬さのマットレスに変えると、相対的に枕が低く感じられるようになります。

なので、「枕が合わない」と感じるときは、敷寝具に何か変更を加えていないかも併せて考えましょう。

4−2. あなた自身の変化

同じく、あなたの体型が短期間で大きく変わってしまうときにも同じことが言えます。

太って首周りに脂肪が付くと、以前より低い枕の方が首に合うように感じられ、仰向け時の呼吸がしやすいです。反対に痩せて首周りの脂肪がなくなると、低い枕だと不安定に感じられることがあります。

現在の体型に合わせて枕を購入するしかないですが、枕が勿体無いので、急に太ってしまった人はダイエットを、痩せてしまった人はリバウンドしないように努めましょう。


まとめ

枕が合わないと様々な不快な症状が現れます。

あなたに合った適切な枕を使って、快適に眠りましょう。

枕が合っている状態の条件は、①マットレスと首の隙間が埋まっていること、②理想的な寝姿勢がとれていること、③素材が体質に合っていること、です。

もしご使用中の枕があなたに合っていなければ、ご紹介のものをお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝、目が覚めた時、首や肩に違和感が残っていませんか?

”男女とも「日中、眠気を感じた」が最も高く、それぞれ 44.5%、48.7%である。”

これは、平成27年度に調査された国民健康・栄養調査の一文です。 実は、平成19年以降、睡眠時間6時間未満の方は年々増加しており、その半数程度が日中に眠気を感じているのです。

  • しっかりと寝たはずなのに朝目が覚めると体が重い・・。
  • 朝スッキリと目覚めることができない・・。
  • 日中眠いせいで仕事でミスが増えている・・。
  • 眠りが浅いせいで深夜に目覚めてしまい、日中が辛い。
  • 目覚めたあとの肩こりがひどく、朝から憂鬱だ・・。
  • 最近気持ちよく目覚めたことがない・・。

熟睡できず、眠りが浅いというあなたには、睡眠の質を向上させることが必要です。そのために私どもがおすすめしたいのが、フォスフレイクス枕です。

抜群のフィット性、豊かな復元力によるサポート性で、正しい寝姿勢で体をリラックスさせ、質の高い睡眠を実現します。


私が書いたフォスフレイクス枕のレビューを読む

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ