ベッド

セール情報

快眠タイムズマットレス  10%OFF (7月8日まで)
エコラテエリートマットレス  10%OFF(7月8日まで)
ぷるぷるエアーマットレス 30%OFF(7月8日まで)

ベッドの上乗せと落とし込みの違い、向き不向きについて

bed-drop-mat

上乗せと落とし込み。

この違いを理解せずにベッド選びをすると、後悔するかもしれません。

それくらい使い勝手が異なります。

そこで本日は、

  • 上乗せと落とし込みの定義
  • 上乗せの長所と短所
  • 落とし込みの長所と短所

などについて解説します。

どちらのベッドがあなたに合うか考える参考にしてください。

(ベッドの各パーツの用語は以下の通りです。)

parts-of-bed
ベッドを構成するパーツ
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 【ベッド構造】上乗せ・落とし込みとは

まずは定義から。

  • 上乗せ:ベッドの床板とサイドフレームの高さが同じでフラットになっている構造。
  • 落とし込み:ベッドの床板がサイドフレームよりも低くなっている構造。
 上乗せ落とし込み
画像1Cellpur-Sweet-Dream-Mattress1embed-bed
画像2low-bed-types1low-bed-types2
ズレ
シーツボックスシーツフラットシーツ
  • 見栄え
  • マットレスのズレやすさ
  • 使うべきシーツの形状

などが変わります。

なお、手入れのしやすさが変わると言われることがありますが、適切な形状のシーツを選べばどちらでも大差なくなります。

それぞれ詳しく解説していきます。

1-1. 上乗せベッドの特徴

ベッドよりマットレスが目立つ

マットレスの上面と側面が見えるため、ベッドよりもマットレス(ベッドシーツ)が目立ちます。

真っ白なシーツだとスッキリしたシンプルな見栄えになります。

マットレスがズレやすい(対策可)

床板がフラットなためマットレスがズレやすいです。

とはいえ、滑り止めシートをマットレスに下に敷くことで簡単に対策できます。小さなデメリットとして頭に入れておきましょう。

s_NonSlipSheet
滑り止めシート

ボックスシーツ推奨

マットレスを包むようにしてベッドメイキングしなければなりません。

そのため、ベッドシーツはボックスシーツを選ぶようにしましょう。フラットシーツだと大変です。

 フラットシーツボックスシーツ
形状Flat-SheetsBox-Sheets
マットレス
対象
  • 厚型◯
  • 薄型◯
  • 三つ折り△
  • 厚型◯
  • 薄型◯
  • 三つ折り◯
ベッド対象落とし込み上乗せ
敷きやすさ
ズレやすさ
畳やすさ

1-2. 落とし込みベッドの特徴

ベッドが映える見栄え

側面まで見えるのでベッドが目立ちます。

ベッドをインテリアとして部屋の中で存在感を持たせたい方に向いています。

マットレスがズレない

マットレスが囲われる構造になるため、ズレることがありません。

(その一方、マットレスがベッドの内寸よりも少しでも大きいと設置できなくなります。きちんとサイズを確認しておきましょう。)

フラットシーツ推奨

ベッドシーツをマットレスとベッドの隙間にクシュクシュッと挟み込むだけでベッドメイキングが完了するので、フラットシーツを使用することをおすすめします。

ボックスシーツだと(落とし込み具合にもよりますが)マットレスを持ち上げてからシーツを入れ込まないといけないので非常に大変です。


最後に

上乗せと落とし込み。

それぞれの特徴をもとにどちらのベッドがあなたに合うか分かりましたでしょうか。

適切な形状のシーツを選ぶことを覚えておかないと日々の手入れが大変になりますので、ぜひ忘れないようにしましょう。

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスで眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ