※要注意!足枕の正しい高さと置き方(姿勢)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

足枕の健康効果には、主に以下のようなものがあると言われています。

  • 足のむくみ取り:足に溜まった血液、リンパ液などを全体に回すため。
  • 腰痛の緩和:腰が丸まることで体圧分散性が高まるため。
  • 踵の褥創対策:踵への圧迫を減らすため。

しかし、あなたは正しく足枕を行えていますでしょうか。誤った方法で足枕をして寝てしまうと、期待できる効果がないどころか、その反対に、体を痛める恐れがあります。

そこで本日は「足枕の正しい高さと置き方(姿勢)」についてご紹介します。


1. 正しい足枕と正しくない足枕

足枕を正しくない方法で行ってしまうと、なぜ体を痛めるのか理解しやすくするために、まず「正しい足枕の方法(置き方と高さ)」をお伝えして、その次に「誤った足枕の方法」をお伝えしながらどのように体に悪影響を与えるのか、という構成でご説明します。

1−1. 足枕への正しい脚の置き方(脚全体を持ち上げる)

まず足枕に対して最も誤解が多いのが、「足枕への脚の置き方」です。

結論から言うと、以下のイラストのように、脚全体を足枕に乗せるのが正しい脚の置き方です。

正しい脚の置き方
正しい脚の置き方

足を上げるのではなく、脚全体を上げるようにするのです。

そのため、誤解を無くすためにも、名称を「足枕」ではなく「脚枕」に変更するべきかもしれません。

足枕の正しくない置き方(脚を部分的に支える)

最もよくある足枕への正しくない脚の置き方が、「脚を部分的に支える」方法です。

医療機関でさえ以下のイラストのように、患者に足枕を使わせていることがありますが、これは正しくない足枕の使い方です。

正しくない足の置き方
正しくない足の置き方

このように足枕を使ってしまうと、以下のように体を痛める恐れがあります。

  • 血流を阻害する → むくみが取れない、褥創の促進
  • 圧が分散できず → 褥創の原因に
  • 膝が伸びたまま浮く → 膝を痛める
  • 腰の負担が増える → 腰痛の悪化

数分間だけなら問題ないと思いますが、長時間行うと健康に悪影響をきたすのでご注意ください。

他にも膝裏だけ上げる形状の脚枕だと、足に溜まった血流の循環を促すことにならないのでむくみの対策にはなりませんし、踵に圧がかかるので褥創対策にもなりません。

1−2. 足枕の正しい高さ

足枕の高さは10cm程度で、ちょっと脚を上げるだけで十分です。

足枕の高さ
足枕の高さ

足枕があまりにも低いと効果をほとんど感じられないと思います。

また反対に足枕が高いと、足を上げた姿勢を維持するのに疲れて、足枕どころじゃなくなると思います。

高すぎる足枕は逆効果

足の上げすぎには注意です。足を上げすぎると、逆に足のほうに血液が回りにくくなります。

分かりやすい例が、寝ころびながら足を壁に立てることです。数分やる分にはいいですが、それ以上やると足からサーッと血の気が引いて、痺れを感じたりすると思います。

高すぎる足枕を長時間行うと同じように痺れを感じたりするのでご注意ください。

1−3. おすすめの足枕の形状

上記の点からおすすめできる足枕の形状は、幅の広いクッション系です。

いわゆる市販の丸太形状の足枕だと脚を部分的にしか支えることができませんが、幅が広めのクッションであれば脚全体を持ち上げることができます。

また、幅がある程度広めだと、多少の寝相や寝返りでも脚が足枕から落ちにくいので安心です。

自社製品で手前味噌ですが、80×80cmのかなり大きめのホテルで使われることの多いサイズの枕を足として使うと、脚をちょうどいい高さで全体的にサポートし、尚且つ、寝相・寝返りでも落ちにくいのでおすすめです。

私が書いたレビュー『フォスフレイクス枕のレビュー【寝心地/欠点/向き不向き】』もありますのでご参考にしてください。


まとめ

正しい足枕の使い方についてまとめると、

  • 脚全体が支えられるようにする
  • 高さは10cm程度

この2点に尽きます。正しい足枕であなたが快適に過ごす一助になれば光栄です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝、目が覚めた時、首や肩に違和感が残っていませんか?

”男女とも「日中、眠気を感じた」が最も高く、それぞれ 44.5%、48.7%である。”

これは、平成27年度に調査された国民健康・栄養調査の一文です。 実は、平成19年以降、睡眠時間6時間未満の方は年々増加しており、その半数程度が日中に眠気を感じているのです。

  • しっかりと寝たはずなのに朝目が覚めると体が重い・・。
  • 朝スッキリと目覚めることができない・・。
  • 日中眠いせいで仕事でミスが増えている・・。
  • 眠りが浅いせいで深夜に目覚めてしまい、日中が辛い。
  • 目覚めたあとの肩こりがひどく、朝から憂鬱だ・・。
  • 最近気持ちよく目覚めたことがない・・。

熟睡できず、眠りが浅いというあなたには、睡眠の質を向上させることが必要です。そのために私どもがおすすめしたいのが、フォスフレイクス枕です。

抜群のフィット性、豊かな復元力によるサポート性で、正しい寝姿勢で体をリラックスさせ、質の高い睡眠を実現します。


快眠タイムズのレビューを読む

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ