※要注意!足枕の正しい高さと、足の置き方(姿勢)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから

足枕の健康効果には、主に以下のようなものがあると言われています。

  • 足のむくみ取り:足に溜まった血液、リンパ液などを全体に回すため。
  • 腰痛の緩和:腰が丸まることで体圧分散性が高まるため。
  • 踵の褥創対策:踵への圧迫を減らすため。

しかし、あなたは正しく足枕を行えていますでしょうか?

まちがった方法(姿勢)で足枕をして寝てしまうと、期待できる効果がないどころか、その反対に、体を痛める恐れがあります。

そこで本日は「足枕の正しい高さと置き方(姿勢)」についてご紹介します。


1. 正しい足枕と正しくない足枕

まず「正しい足枕の方法(置き方と高さ)」をお伝えします。

そしてその次に、「誤った足枕の方法」をお伝えしながら、どのように体に悪影響を与えるのかをご説明します。

1−1. 足枕への正しい脚の置き方(脚全体を持ち上げる)

まず足枕に対して最も誤解が多いのが、「足枕への脚の置き方」です。

結論から言うと、以下のイラストのように、脚全体を足枕に乗せるのが正しい脚の置き方です。

正しい脚の置き方
正しい脚の置き方

足を上げるのではなく、脚全体を上げるようにするのです。そのため、誤解を無くすためにも、「足枕」ではなく「脚枕」と捉えたほうがよいかもしれません。

足枕の正しくない置き方(脚を部分的に支える)

最もよくある足枕への正しくない脚の置き方が、「脚を部分的に支える」方法です。

医療機関でさえ以下のイラストのように、患者に足枕を使わせていることがありますが、これは正しくない足枕の使い方です。

正しくない足の置き方
正しくない足の置き方

このように足枕を使ってしまうと、以下のように体を痛める恐れがあります。

  • 血流を阻害する → むくみが取れない、褥創の促進
  • 圧が分散できず → 褥創の原因に
  • 膝が伸びたまま浮く → 膝を痛める
  • 腰の負担が増える → 腰痛の悪化

数分間だけなら問題ないと思いますが、長時間行うと健康に悪影響をきたすのでご注意ください。

他にも膝裏だけ上げる形状の脚枕だと、足に溜まった血流の循環を促すことにならないのでむくみの対策にはなりませんし、踵に圧がかかるので褥創対策にもなりません。

1−2. 足枕の正しい高さ

足枕の高さは10cm程度で、ちょっと脚を上げるだけで十分です。

足枕の高さ
足枕の高さ

足枕があまりにも低いと効果をほとんど感じられないと思います。

また反対に足枕が高いと、足を上げた姿勢を維持するのに疲れて、足枕どころじゃなくなると思います。

高すぎる足枕は逆効果

足の上げすぎには注意です。足を上げすぎると、逆に足のほうに血液が回りにくくなります。

分かりやすい例が、寝ころびながら足を壁に立てることです。数分やる分にはいいですが、それ以上やると足からサーッと血の気が引いて、痺れを感じたりすると思います。

高すぎる足枕を長時間行うと同じように痺れを感じたりするのでご注意ください。

1−3. おすすめの足枕の形状

上記の点からおすすめできる足枕の形状は、幅の広いクッション系です。

いわゆる市販の丸太形状の足枕だと脚を部分的にしか支えることができませんが、幅が広めのクッションであれば脚全体を持ち上げることができます。

また、幅がある程度広めだと、多少の寝相や寝返りでも脚が足枕から落ちにくいので安心です。

製品:フォスフレイクス ハーフボディピロー(80×80cm)
価格:
11,880円
【公式ページはこちら】【フォスフレイクスのレビューはこちら】

自社製品で手前味噌ですが、80×80cmのかなり大きめのホテルで使われることの多いサイズの枕を足として使うと、脚をちょうどいい高さで全体的にサポートし、尚且つ、寝相・寝返りでも落ちにくいのでおすすめです。私が書いたレビューもありますのでご参考にしてください。


まとめ

正しい足枕の使い方についてまとめると、

  • 脚全体が支えられるようにする
  • 高さは10cm程度

この2点に尽きます。正しい足枕であなたが快適に過ごす一助になれば光栄です。

また、枕に関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「枕」の記事一覧

【熟睡できる安眠枕のおすすめ10選】選び方の目安は3つ
素材と形状にこだわって選ぶ!抱き枕のおすすめ6選
枕を正しくオーダーメイド!【失敗談から学ぶ7つの注意点】
肩と首を楽にする!イラストで分かる枕の正しい使い方
【枕サイズ一覧】標準からロング枕、あなたに合うサイズは?
枕なしで快適に睡眠できる人が持つ3つの条件とは
【横向き枕で快眠する方法】姿勢の安定性に秘訣が!
うつ伏せ寝を極楽に!おすすめの枕の使い方
しっかり熟睡できる!寝返りがしやすい枕の特徴とは
写真で分かる!首のためのタオル枕の作り方と使い方
睡眠時無呼吸症候群なら枕を変える前にするべき3つのこと
首スッキリ!ストレートネックを改善させる枕テクニック3選
肩と首をスッキリ快調に!枕の肩こり改善4ステップ
頚椎(首)ヘルニアならするべき3つの枕対策
枕から後頭部へ圧迫感がある3つの原因と対処法
首こり枕とお別れ!爽快な目覚めを手に入れる7つの解消方法
いびきを枕から改善!寝姿勢への工夫で静かに安眠
もう寝違え無用!熟睡枕を選ぶ3つのポイント
手軽に清潔な洗える枕!洗濯機・乾燥機対応のおすすめ品
浮いた腰をサポートする「腰枕」の腰痛への効果は?
※要注意!足枕の正しい高さと、足の置き方(姿勢)
大人気の大きい枕で快適ベッド生活!おすすめの使い方
低い枕の弊害?!低めの枕を選ぶ時の注意事項
【快眠の方程式】理想的な枕の高さ=理想的な寝姿勢
枕が高いと最悪!悪影響とすぐに枕にするべき処置
肩甲骨のコリと痛みの原因は枕?ケース別の対策を!
避ければ快眠!低反発枕が肩こりを起こす、たった1つの理由
整形外科医による枕外来って?概要、相場、注意点など
硬い枕は頭痛の元?!購入時のチェックポイント
首と肩にやさしい!柔らかい快眠枕を選ぶ方法
安眠枕とマッチング!枕の素材13種類を徹底比較
熟睡できる高反発枕を選ぶための7項目とおすすめの枕
ラテックス枕の評判は?熟睡のためのおすすめの選び方
パイプ枕で快眠するコツ&上手に洗濯する方法
爽やかに快眠!そばがら枕のおすすめの選び方とお手入れ方法
羽毛枕を選ぶ5つの目安、黄金比、上手な洗い方
※要確認!羽根枕をおすすめできない2つの理由
他素材との比較でわかる!マイクロビーズ枕の寝心地と選び方
13種類の素材と比較|ひのき枕の寝心地と注意点
ひんやり&あたたか!小豆枕の効果と寝心地は?
塩まくらは効果なし?!気になる使用感は?
寝起きの肩こりがひどい…考えられる原因と対策は?
枕のクリーニング料金の相場、洗い方・素材などの注意点とは
※水洗い禁止※ラテックス枕の洗濯&お手入れ方法
低反発枕は洗濯厳禁!汚れをキレイにする方法とは
もう買い換え時?枕の寿命の目安とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝、目が覚めた時、首や肩に違和感が残っていませんか?

このような眠りのお悩み、抱えてはいないでしょうか?

・しっかりと寝たはずなのに朝目が覚めると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚めることができない・・。
・日中眠いせいで仕事でミスが増えている・・。
・眠りが浅いせいで深夜に目覚めてしまい、日中が辛い。
・目覚めたあとの肩こりがひどく、朝から憂鬱だ・・。
・最近気持ちよく目覚めたことがない・・。

熟睡できず、眠りが浅いというあなたは、睡眠の質を向上させることが必要です。そのために私どもがおすすめしたいのが、フォスフレイクス枕です。

  • 細かな独立素材が首・後頭部にぴったりフィット。
  • 羽毛のようにやわらかで頭を包み込むような寝心地。
  • すぐれた復元力で首をしっかりとサポート。
  • 洗濯機・乾燥機で本気で丸洗いOK。
  • 綿100%の贅沢な側生地。

抜群のフィット性、豊かな復元力によるサポート性で、正しい寝姿勢で体をリラックスさせ、質の高い睡眠を実現します。


フォスフレイクス枕のレビューを見る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ