シーツ

布団カバー・ベッドシーツを上手に選ぶ/扱うための体系的知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

布団カバーとベッドシーツを選ぶ時、以下のような疑問は生じませんか?

「綿、麻、ポリエステルなどの素材の違いがよく分からない」、「ボックスシーツ・フラットシーツなどどの形状のものを選べば良いのか分からない」、「というかそもそも布団カバーとシーツって必要なの?」

このページでは、さらなる快眠を目的に、布団カバー/ベッドシーツに関する知識が体系的に学べるようにまとめてあります。是非あなたのこれからの快眠生活にお役立てください。


1. 布団カバー・ベッドシーツを素材・生地で選ぶ

布団内の温度(寝床内気候)が33℃前後、湿度が50%前後だと、睡眠に理想的な温湿度のため快眠できると言われています。(参照:『医療・看護・介護のための睡眠検定ハンドブック』宮崎総一郎・佐藤尚武 編著)

その温湿度の調整を行うカギを握るのが、布団カバーとシーツです。心地の良い肌感であることは元より、汗の吸収性や乾きやすさは、快眠にとても重要な要素です。

睡眠中、布団カバーとシーツは誰よりもあなたに近い存在になります。快眠のためにも素材・生地を徹底的に吟味して選びましょう。

1−1. 代表的な5つの素材の特徴と使用感

「とりあえず綿100%ならいいだろ」と安直に選ぶのは今日限りで止めましょう。

綿100%と言えどピンからキリまで玉石混交ですし、本当にあなたに合う布団カバー・シーツの生地素材は麻素材であるかもしれません。

(参考:『繊維の種類と加工が一番わかる』 日本繊維技術士センター)

あなたが各素材に持つ特徴・使用感のイメージを再度確認しましょう。

①綿(コットン)

綿100%と言っても品質はピンからキリまで様々です。バサバサした綿生地がある一方、カシミヤのようにふわっとやわらかでシルクのような光沢感を持つ綿生地が存在します。

綿繊維の長さや細さ、生地に仕立てた時の打ち込み本数(Thread Count)などにより、そのような大きな差が生まれます。

理解を深めることで良質な綿素材のシーツ・カバーを選べられるようになります。

『寝心地の良い綿素材のシーツ・カバーを選ぶ方法』

②麻(リネン、ラミー、ヘンプ)

麻素材と一口に言っても、リネン、ラミー、ヘンプなどがあり、それぞれ質感が大きく異なります。

リネンは肌当たりが優しいのでカバー・シーツに向いています。一方、ラミーやヘンプは吸水性が高いので中綿としての利用にとても向いています。

ごわごわ、チクチクなどのイメージが強い麻素材ですが、適切な素材選定をしていただければ想像以上に柔らかで肌当たりが良く、汗の吸い取りに優れた快適なシーツ・カバーをお選びいただけます。

『快適な寝心地の麻素材のシーツ・カバーを選ぶ方法』

③絹(シルク)

絹素材の布団カバー・シーツを選ぶ場合、重さ(匁:モンメ)や生地の製法に着目することで、よりあなた好みの質感に近いものをお選びいただけます。

また、絹はとても繊細な素材のため、洗濯・保管などのお取り扱いにも通常以上の配慮を払わなければいけません。具体的な方法をご紹介します。

『絹(シルク)のシーツ・カバーの3つの特徴と知っておきたいこと』

④テンセル®(リヨセル)

人造シルクとも呼ばれるテンセル®繊維は、シルクや上質な綿素材のように柔らかで滑らかな質感でありながら艷のある美しさを持ちます。

しかもその上、品質を考えると比較的リーズナブルな価格なので大変おすすめです。テンセル®の魅力について余す所なくお伝えします。

『テンセル®(リヨセル)素材のシーツ・カバーの特徴と使用感』

⑤ポリエステル

ポリエステル素材の寝具は安価で粗悪なものと考えられがちですが、全てがそうとは限りません。素材の特性を活かすことでシワになりにくかったり、乾きを早くしたり、防ダニ加工を施したりすることができます。

今まで「ポリエステル素材=良くない」と反射的に考えていた方は是非ともご参考にしてください。

『快眠に役立つポリエステルシーツ・布団カバーの3タイプ』

1−2. 肌感が変わる各生地の特徴

生地の織り方で肌当たりが変わるだけでなく、洗濯などのお手入れ方法も変わります。

サテン(朱子織り)

サテン生地はなめらかで繊細、平織生地はしっかりで丈夫、綾織生地はその中間の使用感。

一言でまとめるとこのようになりますが、布団カバー・シーツの織り方までこだわって選びたい方は、以下の記事でさらなる詳細を確認しましょう。

『艶やかでなめらか|サテン生地シーツの特徴とお手入れ方法』

タオル生地

タオル生地と一口に言っても、夏用に向いているパイル生地、冬用に向いているシャーリング生地、通気性の優れるガーゼ生地・ワッフル生地などがあり使用感も様々です。

あなた好みの風合いを追求しましょう。

『4種類あるタオル生地シーツの使用感の比較とおすすめ』


2. 【デザインor機能・実用面】あなたはどちらを重視する?

ベッドを部屋のコーディネートの一部と考えるならおしゃれなデザインは大事です、しかし、快適に眠るための場所と考えるなら機能的な実用性が大切です。

優先順位に関して私の持論ですが、シーツは機能重視で選ぶ ことをおすすめします。冷感、温暖、吸汗などの快眠機能がカバーよりも反映されやすいためです。(また、シーツのデザインにこだわっても掛け布団の下であまり目立たないから、という理由もあります)

そしてその次に、布団カバーでおしゃれにコーディネートする、もしくは良質な素材で快眠をさらに追求する、というステップで考えることをおすすめします。

2−1. おしゃれなデザイン重視で選ぶ

今人気の北欧ブランド、かわいいデザインのブランド、おしゃれなデザインのブランドをご紹介します。※繊維素材・生地の解説は必要最小限にしているので、気になる場合は1章をご一読ください。

北欧ブランド15選

近年人気の高い北欧ブランドをご紹介します。イケア、マリメッコなどの有名ブランドを始め、スウェーデン、フィンランド、デンマークなどの老舗生地メーカー、さらには、まだ若いインテリアデザインのブランドなどをご紹介します。

『布団カバー・ベッドシーツのおしゃれな北欧ブランド15選』

かわいいデザインのブランド15選

日本、アメリカ、イギリス、フランス、イタリアのブランドのご紹介になりますが、各国毎に微妙にかわいさのテイストが異なります。あなた好みのかわいいブランドが見つかれば幸いです。

『布団カバー・ベッドシーツでかわいいブランド15選』

おしゃれなデザインのブランド15選

華やかでおしゃれなデザインから、若い人向けのモダンなデザイン、さらには洗練された知的な大人向けのおしゃれなブランドをご紹介します。価格帯も様々ですが、コーディネートのインスピレーションとしてもお役立てください。

『布団カバー・ベッドシーツのおしゃれなブランド15選』

2−2. 機能・実用面を重視

ひんやり冷感生地、あったか生地、防ダニ生地、おねしょ対策、介護・衛生性のためなど、実用面から布団カバー・シーツの購入を考えている場合、以下の記事をご参考にしてください。

夏用ひんやり冷感素材

ひんやりシーツ・パッドを選ぶなら、触った時の冷たさだけでなく、「通気性」と「吸放湿性」も重視して選びましょう。そうでないと「ひんやり感」が一時的なものになってしまいます。

とはいえ、素材が色々とあり選ぶのが難しいと思います。『夏用ひんやり冷感シーツの素材別比較』をしているのでご参考にしてください。

冬用あったか生地

あったか素材の布団カバーやシーツを安易に選ぶと、布団の中で熱がこもり寝苦しくなり睡眠の質を下げてしまうことがあります。

化学繊維素材は上下どちらかにのみ使う、など注意点を換気しつつ『あったか掛け布団カバー・シーツのおすすめ』をご紹介します。

3つの防ダニ加工の特徴と比較

(自社調べ)

防ダニシーツには3つの種類があります。

それぞれ特徴があるので好みが分かれところです。例えば、薬剤加工はシーツの肌感を損ねませんが、使用に応じて防ダニ効果が低下していきます。その一方、高密度織りや防水加工は薬剤不要のため安心ですが、若干通気性が悪くなります。

『3タイプの防ダニ加工シーツの特徴と比較』をしましたので、あなたの好みに近いものはどれか把握しておきましょう。

おねしょ対策や介護・衛生性重視なら防水シーツ

様々な用途に有用な防水シーツですが、製法・構造により使い勝手が異なります。例えば、側面まで防水加工になっていると安心ですが、洗濯にとても手間がかかり点など注意が必要です。

あなたの状況に合うものを選べるよう、『防水シーツを選ぶ4つの目安とよくあるQ&A』をご参考にお役立てください。


3. 布団カバー・シーツによくある疑問

比較検討段階や購入後によく生じる疑問があります。事前に知っておくことで購入・取扱いをスムーズにできます。

3−1. 購入前に解決しておきたい疑問

(自社調べ)

例えば、シーツの形状の違いのように、ベッドシーツを比較検討している時に様々な疑問が頭をよぎると思います。事前に確認しておくことで、あなたの生活環境に合う布団カバー・シーツを選ぶことにお役立ていただけます。

フラットシーツ/ボックスシーツの違いとは?

シーツにはフラットシーツ、ボックスシーツ、フィットシーツなど5つの異なる形状タイプがあります。

「ボックスシーツはお手入れが若干手間だがマットレスに装着しやすい」などの一般論がありますが、ベッドフレームの構造によってはボックスシーツを装着するのは手間がかかることがあります。

『5タイプのベッドシーツの違いを図解』しましたので、あなたにとって使い勝手が良いものはどれか確認しておきましょう。

ベッドシーツの適切なサイズとは?

各シーツの構造により適切なサイズの選び方が異なります。

特にボックスシーツとフラットシーツは気をつけなければならない点があるので、『※間違い多発要注意!ベッドシーツのサイズの選び方』でご紹介している計算方法をご確認ください。

敷きパッドがあればシーツはいらない?

ベッドシーツは絶対に必要という訳ではありません。洗濯可能で乾きの良い敷きパッドや、上質な防水シーツを使用している場合、シーツは不要となります。

『シーツが不要となる3つのケース』と併せて、季節毎にシーツなしで快適に寝る寝具の組み合わせ方法をご紹介します。

布団カバーとシーツって睡眠に良い色とかあるの?

安眠に適した色はあります。各色が与えるイメージを踏まえた上で、色を上手に選ぶ(アースカラー化・パステルカラー化・差し色化)ことでより満足したお色選びが可能になります。

『安心安眠できる布団カバー・シーツの色選び3つのポイント』

3−2. 購入後に浮かぶ疑問

例えば、ベッドシーツやパッドなどを敷く順番のように、日常生活の中で布団カバー、ベッドシーツに対して挙げられる疑問です。事前にご一読しておくと事後対応をスムーズにさせられます。

シーツやパッドなどの敷く順番は?

シーツやパッドは正しい順番で敷くようにしましょう。そうでないと機能・特徴を存分に活かして使用することができなくなります。

正しい順番は【(下)マットレス→防水シーツ→ベッドパッド→シーツ→敷きパッド(上)】となりますが、なぜこの順番で敷くのかその背景が気になる場合、「知らなきゃ大損!シーツ・ベッドパッド・敷きパッドの正しい使い方」をご一読ください。

適切な洗濯頻度と洗濯方法、お手入れのコツとは?

(参考:消費者庁

洗濯絵表示に従うことはもちろん大切ですが、さらにその上で、なるべく生地を傷めずに洗濯する方法、シワをつかせにくく乾かす方法、ペットの抜け毛を取り除く方法など、様々な洗濯のコツをご紹介します。

『【賢いコツ満載】ベッドシーツ・布団カバーの洗濯方法』

毛玉が出来やすいシーツってあるの?

化学繊維は毛玉になりやすいですし、ニットやガーゼ生地も摩耗に弱いため毛玉になりやすいです。どのようにして毛玉になっていくのかのメカニズムを図解により分かりやすく説明します。

そして、シーツに出来た毛玉を手軽に処理する方法をご紹介します。

『ベッドシーツに毛玉ができる3つの原因、その対策』

シーツに付いた血液の上手な落とし方は?

血液が付いたばかりのシーツであれば水洗いで簡単に落とすことができます。しかし、時間が経つにつれて血液は固まり、除去するのが難しくなります。その場合、ご紹介のアルカリ性洗剤を利用する方法をお試しください。

また、血液を落とす際のお湯、ドライヤーの使用はお控えください。さらに、絹、ポリエステル、レーヨン、テンセル®(リヨセル)、ポリエチレンなどが混紡されていたら、クリーニング店に依頼することをおすすめします。

『ベッドシーツに付いた血液の簡単な落とし方』


最後に

あなたの体質・好みにより相応しい布団カバー/ベッドシーツを選ぶため、そして、快適に使うための知識を網羅的に整理するお役に立てていれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ダニ通過率0%!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツをご存知ですか?

寝ている間にベッドや布団に潜んだダニに噛まれ、かゆくて目が覚めたり、ダニの死骸やフンなどでアレルギーになりくしゃみが止まらなくて辛いという経験はありませんか?

実は、あなたの寝具には約32万匹ほどのダニが繁殖しています。マットレスや布団、枕などの寝具はダニが繁殖しやすい環境が完璧にそろってるためです。

しかし、このダニを完全に防ぎ、睡眠時の辛いかゆみやアレルギーから解放する方法があります。それが、ヒルトンやアヴェンドラ等、世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。最高の耐久性と防ダニ性能。
  • 水蒸気は通すのに汗や血液などの液体は通さない脅威の吸水、防水、透湿性能。
  • 生地の二重構造で汗をシーツに吸収しながら寝具には通さないため衛生的。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する完全防ダニのシーツで、ダニ通過率が0%というだけでなく、睡眠の質を下げないために高い吸水性を持ち、就寝中のムレも軽減することができます。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面に悩んでいるのであればプロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防ダニシーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ