マットレス

お店でマットレスの試し寝をする時の5つのチェックポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

寝具ショップ・家具屋でマットレス選びのためにいろいろなマットレスに寝てはみるものの「何を基準に自分に合っているのか判断すればいいんだろう」と困ったことはないでしょうか?

自分の専門外のものを選ぶのは苦労しますよね。かく言う私も、電子機器や日用品など寝具・繊維関係以外のものを選ぶときはいつも困っています。

そこで本日は「お店でマットレスの試し寝をする時の5つのチェックポイント」についてご紹介します。

各ポイントをチェックしながら取捨選択し、より満足のいくマットレスをお選びください。


1. マットレスをお店で試し寝する時のチェックポイント

それではチェックしてほしい順に、ポイントを紹介していきます。

1−1. 寝たときのファーストインプレッションはどうか

まず大事にしていただきたいのが、あなたがマットレスに寝転んだ瞬間に感じる寝心地のファーストインプレッション(第一印象)です。もし、以下のような感覚があれば、避けることをおすすめします。

  • 硬すぎる/柔らかすぎる
  • 腰や背中に圧迫感がある
  • 背中が浮く感じがする
  • 腰が落ち込んでいるような感じがする
  • 寝返りがしにくい
  • ボヨンっと反発する感じが好みでない

これは硬さ/柔らかさなどが合っているかの判断にもなりますし、そもそも寝転んだ瞬間に違和感があるマットレスや、「寝心地がなんか好みじゃない」と感じるマットレスとは長い付き合いをするのは難しいので、直感的に合わないと判断する材料として捉えましょう。

特に、背中が浮く感じがしてマットレスと背中にスキマができるようなものは腰を悪く恐れがあるので気をつけましょう。

1−2. 硬さが本当にあっているか5分は寝てみる

お店までわざわざ足を運んでいれば体はやや疲れるので、マットレスに寝転んだその瞬間は「あ〜気持ちいい〜」と感じやすいものです。しかし、本当にそのマットレスの硬さがあなたに合っているのか判断するには、少なくとも5分できれば10分ほどマットレスに寝転んで、その寝心地をよく感じとるようにしましょう。

硬めのマットレスを選ぼうとしている人は、5分10分と仰向けで寝ていても腰に圧迫感が出てこないかチェックしましょう。寝転んだ当初は「しっかりといい感じの硬さ」であっても、5分ほど横になっていると感じ方が変わってくることがあります。

硬すぎるマットレスは腰に圧迫を与える
硬すぎるマットレスは腰に圧迫を与える

同様に、柔らかめのマットレスを選ぼうとしている人は、5分10分と寝ていても体が疲れてこないかチェックしましょう。マットレスが柔らかすぎると腰が落ち込んで寝姿勢が悪化します。もし、あなたが悪い寝姿勢になっているなら、5分ほど寝転んでいると腰などにムズムズとした疲れを感じるはずです。

柔らかすぎるマットレスで寝姿勢が悪化し腰に疲れが
柔らかすぎるマットレスで寝姿勢が悪化し腰に疲れが

この時、仰向きで寝られる方は仰向きで、横向きで寝られる方は横向きで、どちらの寝姿勢でも寝るという方は両方の寝姿勢でお試しください。

実際には購入後から毎日、6時間、7時間とその上で寝ることになるのですから、時間をかけてしっかりと寝心地を確かめましょう。

1−3. 寝返りがしやすいか試してみる

寝返りがしやすいことは熟睡する上でとても大切です。

いかに体圧分散性にすぐれたマットレスといえど、地球上に重量がある限り体に圧がかかります。その圧が同じ部位にかかり続けないようにするのが、寝返りの第一の役割です。寝返りについての詳細は以下のページで説明しているので、深掘りしたい方はご参考にしてください。

関連記事

少ない力で楽に寝返りができるか、候補のマットレスの上で何度もコロンコロンと寝返りを試し打ちしましょう。

1−4. 側生地の肌触りはあまり気にする必要なし

色々なマットレスを比較していると、側生地(マットレスの表面の生地のこと)のデザインの好みや、肌触りの良し悪しもマットレスを選ぶ判断材料にしてしまいがちです。

もちろん、側生地のデザインや肌触りがあなたの好みであることに越したことはありませんが、そこまでこだわる必要はないと私は考えています。というのも、マットレスの上にベッドシーツやパッドを敷くことになるからです。側生地のデザインは見えなくなりますし、側生地に直接肌が触れることもありません。

そのため、側生地については二の次、三の次くらいの優先順位にしておくことをおすすめします。

ただやはり、良いものは良いです。マットレスの側生地については以下のページで詳しく解説しているので、こだわりたい方はご参考にしてください。

関連記事

1−5. (二人以上で使うなら)横揺れは気にならないか

ボンネルコイルスプリングマットレスを選ぶ場合に限られますが、マットレスの横揺れが気になるか否かもチェックしましょう。

二人以上で一つのマットレスを使うと、もう一人の使用者がマットレスに入ってくる時の衝撃や、寝返りにより小さな揺れが起こります。とても細かなポイントですが、この横揺れが気になるかどうかは事前に把握しておきましょう。この横揺れが気になるがために寝入りにくくなってしまう人もいるほどです。

※(追記)良きを温ね、悪しきも温ね、ベストを知る

先日とあるメーカーの方と話している時にふと思い至ったので付記しますが、マットレスの試し寝をするなら、予算を超えるとしても高価で高品質なマットレスから、いつもだったら見向きもしないような格安マットレスまで、色々と試していただくことで自分に合ったマットレスを発見しやすくなります。

高品質なものは何が優れているのか、低品質なものは何がどう悪いのか、あなたの体で実感していただくことで、品質と価格の折り合いをつけながら取捨選択がしやすくなるかと思います。

それこそ例えば、ベッドマットレスであれば大塚家具、高反発マットレスであればふとんタナカなどの専門店で試し寝をしつつ、ホームセンターなどの量販店でも試し寝をするといった具合です。


2. その他、マットレス選びをする上で知っておいてほしいこと

試し寝方法だけでなく、以下の3つのことも知っていただけると、より満足のいくマットレスを選べられるので紹介します。

2−1. 硬さで迷ったら硬めのほうを選ぶ

例えば、「柔らかめ」と「やや柔らかめ」で迷ったら「やや柔らかめ」を、「やや柔らかめ」と「普通」で迷ったら「普通」を選ぶことをおすすめします。

なぜかと言うと、マットレスの寝心地を柔らかくするのはベッドパッドやトッパーなどを買い足せば可能ですが、その逆を行うことは難しいからです。

2−2. 低反発か高反発かで迷ったら

この場合のおすすめの方法は、高反発のマットレス(厚み10cm以上)と低反発のトッパー(厚み3cm以上)を組み合わせることです。

これらを組み合わせれば低反発マットレスに近い寝心地になりますので、自宅で長時間の試し寝をできます。もし低反発の寝心地がイマイチ好みでなければ、低反発トッパーをとれば高反発マットレスに寝ることができます。

しかしもし、「低反発と高反発の違いをもう少し詳しく知りたい」ということであれば、以下のページで懇切丁寧に解説しているので是非ご参考にしてください。

関連記事

2−3. ベッドの高さは問題ないか

あなたにとって最適なベッドの高さ(ベッドフレームの上にマットレスを置いた時の高さ)が何センチなのかも、事前に把握しておくようにしましょう。

低めのベッド(高さ30cm前後)、普通のベッド(高さ40cm前後)、高いベッド(高さ50cm前後)にはそれぞれ使い勝手に良し悪しがあります。

  • 低いベッドのメリット・デメリット
    ◯ベッドから落ちる恐怖感が少ない
    ◯部屋が広く感じる
    ✕ほこりっぽさを感じやすい
    ✕立ち座りの時に膝・腰がつらいことも
  • 高いベッドのメリット・デメリット
    ◯ほこりっぽさを感じにくい
    ◯立ち座りが楽
    ✕落ちそうになり怖いことがある(特にベッドが狭いと)
    ✕部屋の広さによっては圧迫感が生まれ
    ✕高すぎると腰掛けた時に足がつかない

以下のページでもう少し詳しく解説しているのでよければ合わせてご参考にしてみてください。

関連記事

最後に

どのようにマットレスの試し寝をすればいいのかご理解いただけていれば幸いです。

また、以下のページでマットレスの硬さ、厚み、素材感などを吟味した選び方と注意点やおすすめのマットレスを紹介しています。これからマットレス選びを始める方はご参考にしてください。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ