マットレス

マットレスを和室の畳に直置きして使うなら気をつけたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

「マットレスを畳の上で使っていいのだろうか?」と疑問に感じてはいないでしょうか?

マットレスはベッドフレームの上で使うのが一般的ですが、実のところ、畳に直置きしてそのまま寝ることも可能といえば可能です。

ただやはり、模範的な使い方でないため、使い方・選び方に注意しなければなりません。そうでないと、底つき感のために腰に不快感があったり、カビを生やしてしまったりなど、使い心地に満足できなくなってしまいます。

そこで本日は、「マットレスを和室の畳の上で使うなら気をつけたいこと」についてご紹介します。


1. マットレスを畳に直置きするなら気をつけるべきこと

  • 快適な寝心地のためのマットレスの厚み
  • カビを生やさないためのお手入れ

これら2つの点を踏まえて、畳用マットレスを検討しましょう。

1−1. マットレスの厚みは最低5cm、理想は9cm以上

毎日、押入れにしまうことを考えると、マットレスはできるだけ薄いほうがいいですよね。

とはいえ、あまりにも薄すぎると使用感に問題が出てきます。

そこで、厚み3cmトッパー、厚み5cmトッパー、厚み9cmの敷布団型マットレスの3つを畳の上で使うとどのような具合か評価すると、以下のようになります。

  • 厚み3cmトッパー
    いくら畳の上で使うとしても薄すぎます。身長170cm体重60kgの私のケースですが、仰向けで寝ても腰に底つき感があり、夜中に腰の疲れで目覚めることがあります。体重20kg以下の子供でも、横向きになると底つき感があるレベルです。
  • 厚み5cmトッパー
    畳の上で使うことのできるギリギリの厚みです。私が使った感覚だと、仰向けで寝るにはまだいいですが、横向きになると底つき感があります。体重が40kg前後の方だったり、コンパクト性を重視する方に向いています。
  • 厚み9cmマットレス
    私くらいの体型の方であれば、仰向けでも横向けでも不自由なく寝られるはずです。体重が80kg以上のがっしりとした体型の方であれば、厚み10cm以上のマットレスでないと寝心地に満足できないかと思います。

また、厚み5cmくらいのトッパーであればコロコロっと巻いて、三つ折りマットレスであれば折りたたんで、それぞれ押入れにしまうこともできます。

三つ折りマットレス
三つ折りマットレス

収納がきちんとできるという観点から、厚みがあるマットレスを畳の上で使うなら、三つ折りタイプのものがおすすめです。

1−2. マットレスを敷きっぱなしにしない

畳の上にマットレスを直置きするのなら、敷きっぱなしは絶対厳禁です。

マットレスを敷きっぱなしにすると、畳との間に湿気が溜まってしまい、カビが発生する原因になります。健康に悪影響を及ぼす可能背もありますし、カビ取りには手間もコストもかかります。

カビが発生しないよう除湿は徹底しましょう。

以下のイラストのように、毎朝目が覚めたら、マットレスを壁に立てかけるだけでも十分湿気対策になります。

マットレスを壁に立てかける
マットレスを壁に立てかける

尚、マットレスを壁に立てかけることを考えると、ある程度の厚みが必要になります。

厚みが5cmだとマットレスがテロンとなり上手く立てかけられませんが、厚みが9cmほどあれば難なく立てかけられます。

このような観点から、9cm厚のマットレスはお手入れも楽にできて有用です。

1−3. 畳の上でのすのこ利用はおすすめできない

「マットレスを毎日壁に立てかけるのは面倒だからスノコを使おうかな?」と考えてはいないでしょうか?

結論から言うと、畳の上でのスノコフレームの使用はおすすめできません。

使用中にすのこと畳がこすれて、畳にキズがつくからです。

賃貸アパートだと畳の張り替え代を請求されることもあり、余計な出費の原因となる恐れがあるのでご注意ください。

1−4. 湿気りやすい部屋におすすめのカビ対策

「すのこがダメなのは分かったけど、マットレスを毎朝壁に立てかけるだけで大丈夫なの?」と心配でしたら、以下の湿気対策もあわせて行いましょう。

  • 毎日窓を開けて部屋の換気すること
  • マットレスを立てかけている間、畳に扇風機で風を当てる
  • マットレスの下に除湿シートを敷く

特に、朝起きた時に、畳がジトーッと湿っているような家庭の方におすすめです。

もちろん、湿気対策に完璧はありませんが、ここまでしていただければかなり安心できます。


最後に

畳に直置きするならどのようなマットレスがいいのか、また、どのようにお手入れをすればいいのか、ご理解いただけていれば幸いです。

こちらのページ『これで失敗知らず!三つ折りマットレスのおすすめの選び方』で三つ折りマットレスについて紹介しているので、あわせてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ