マットレス

マットレスを和室の畳に直置きするなら必須の使い方・選び方

マットレスはベッドフレームの上で使うのが一般的です。

が、もちろん、畳に直置きしてそのまま寝ることも可能といえば可能です。

しかしやはり、模範的な使い方でないため、「畳」という環境を理解して、使い方・選び方に注意しなければなりません。

characteristics-of-bottoms-of-mattress

そうでないと、

  • 底つき感のために腰に不快感が出る
  • カビを生やしてしまう

などのような問題が起こるからです。

そこで本日は、「マットレスを和室の畳に直置きするための使い方・選び方」についてご紹介します。

【広告】最高のマットレスを開発しました。こちらのページ「【最高のマットレス1選】睡眠健康指導士が解説します」で紹介していますので、マットレスを比較検討中ならぜひ参考にどうぞ。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. マットレスを畳に敷くときの使い方

畳は素晴らしいです。

さすが我らが日本の伝統、と鼻が高くなります。

というのも、フローリングと違って若干ながらもクッション性がありますし、さらには湿気を吸い取る性質(吸湿性)もあるからです(化学繊維の畳は例外)。

characteristics-of-bottoms-of-mattress

そのため、マットレスを敷く環境として模範的です。

とはいえ、マットレスの使い方が悪いと、湿気が溜まってダニやカビを繁殖させてしまうことになります。

causes-of-dust-mite-and-mold1

どのように扱えばいいのか解説していきます。

【豆知識】古来の日本家屋は良くも悪くも、隙間風により湿気が溜まりにくい環境でした。つまり、自然に湿気対策ができていたのです。しかし、最近の住環境は(同じく良くも悪くも)気密性が高いため、湿気の溜まりやすさは過去の比ではありません。気をつけるようにしましょう。

1−1. マットレスは敷きっぱなしにせずお手入れをする

まず一番大切なことは、マットレスを敷きっぱなしにしないことです。

週に1~2回、マットレスの底面と畳に空気を当てるようにしましょう。マットレスを壁に立てかけるなどするとやりやすいです。

How-to-air-mattress
マットレスを壁に立てかけて干す

畳には天然の吸湿性があると言っても、湿気を吸い続けるわけではありません。定期的に湿気を吐き出させてやらないと限界が来るので気をつけましょう。なお、週に1~2回と書いていますが、多ければ多いに越したことはありません。

1-2. マットレスの下に除湿シートを敷く

  • それでも畳がジトーっと湿ってる
  • そもそもマットレスをひっくり返すのが面倒

などのような方は、除湿シートをマットレスの下に敷きましょう。

washable-dehumidification-sheet
>>除湿シート 1,400円(弊社サイト)

除湿シートが畳とともに湿気を吸い取ることになります。畳の吸湿力だけでは不安な方や、お手入れの手間を省きたいと考えている方は、ぜひ除湿シートを頼るようにしましょう。

1-3. 必要があれば注意してすのこを使う

「除湿シートを敷いても湿気が気になる」ということであれば、マットレスの下に床置きすのこを敷くことをおすすめします(ここまで湿気がひどい家庭は少ないですが)。

types-of-sunoko

とはいえ、木材で作られた一般的なすのこは避けましょう。

使用中にすのこと畳がこすれて、畳にキズを付けてしますことがあるからです。賃貸アパートだと畳の張り替え代を請求されることもあり、余計な出費の原因になりえます。おすすめなのは除湿シートのような吸湿繊維で作られたものです。そういったものだと、傷がつくことはない上に、マットレス下の通気性を高めるとともに吸湿機能にも期待できます。


2. 畳で使うマットレスの選び方

それでは次に、選び方です。

畳で使うということであれば、下記のチャートの左から2つ目にある「床置きマットレス」タイプのものを選びましょう。

comparison-of-mattress-and-futon4

その上で、さらに細かい選ぶときのポイントが3つあるので、順に説明していきます。

2-1. 畳で使うマットレスにおすすめの素材

床に置いて使うマットレスを購入するなら、

  • 高反発ウレタンフォーム
  • 高弾性ウレタンフォーム
  • 低反発ウレタンフォーム
  • 高反発ファイバー

これらの素材で作られたものを選ぶようにしましょう。

characteristics-of-mattress-type2

※コイルスプリングマットレスの体圧分散性はコイルの上の詰めもの(ウレタンフォーム やわたなど)の量と品質により大きく左右され、単体での評価が不可能なため「 – 」としています。

床で使うことを目的にされた薄いコイルスプリングマットレスが販売されてもいますが、重くて扱いが大変ですし、寝心地がほぼ確実によくないのでおすすめできません。

低品質なスプリングマットレスは詰め物が少なすぎることが多い
低品質なスプリングマットレスは詰め物が少なすぎることが多い

私のおすすめは高反発ウレタンフォームか高弾性ウレタンフォームです。寝心地、使い勝手、価格などの点から総合的に高評価です。

高反発ファイバー素材は通気性に優れるため畳の上で使うのに向いてはいますが、体圧分散性がイマイチなものが多く、寝心地にうるさい私としてはあまりおすすめできません。二層構造で下が高反発ファイバー、上が他の素材、というものが良いでしょう。

低反発ウレタンフォームは体圧分散性に優れており良いには良いのですが、低反発ウレタンフォームだけで作られたマットレスとなるとサポート性が足りなかったり、柔らかすぎて壁に立てかけられなかったりなど、床で使うのに不便が出てきやすいです。二層構造で上が低反発ウレタンフォーム、下が他の素材、というものが良いでしょう。

2-2. 畳で使うマットレスに適切な厚みは10cm

壁に立てかけたり、収納することを考えると、マットレスはできるだけ薄いほうがいいですよね。

indicator-of-mattress-height3

とはいえ、あまりにも薄すぎると、

  • 床の硬さを感じる(底つき感)
  • 自立しないため壁に立てかけられない

などのような問題が出てきます。

底つき感_仰向け_横向き

そのため、床置きマットレスは10cm前後の厚さがあると理想的です。

というのまず、厚さが10cmくらいあるとマットレスが自立するようになりますし、さらに、体が大きい人であってもサポート性に不満を感じることがなくなるからです(下記、体重ベースの適切な厚さ)。

  • 5cm:30kg前後
  • 7cm:60kg前後
  • 10cm:80kg前後
  • 13cm:100kg前後

底つき感があるまま寝てしまうと腰に疲れが出てきやすかったり、ひどいケースでは腰痛の原因になることがありますので、絶対に避けるようにしてください。

2-3. 畳で使うなら折りたたみマットレスを選ぼう

床置きマットレスを購入するなら、折りたたみ可能なものを選びましょう。

こういうものであればマットレスを部屋の隅にコンパクトに片付けられたり、押し入れに収納することができるからです。

Three-fold-mattress-in-closet
三つ折りマットレスを押入れにしまうイメージ

なお、折りたたみマットレスには、二つ折り、三つ折り、四つ折り、五つ折りなど色んなバリエーションがありますが、私のおすすめは三つ折りです。

types-of-folding-mattresses

二つ折りや四つ折りは腰のあたりに折り目がくるので、寝ているときに折り目を感じて違和感が出てきやすいです。五つ折りとなると、そもそも折り目が多すぎるために折り目を感じやすくなります。

二つ折り・四つ折りは折り目を不快に感じやすい
二つ折り・四つ折りは折り目を不快に感じやすい

最後に

畳に直置きするならどのようなマットレスがいいのか、そして、どのようにお手入れをすればいいのか、ご理解いただけていれば幸いです。

なお、以下のページで三つ折りマットレスについて詳しく紹介しているので、「三つ折りマットレスを購入してみようかな」とお考えの方はぜひあわせてご参考にしてください。

関連記事

 

また、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧

熟睡マットレスのおすすめブランド9選【選ぶコツと注意点】
腰痛を起こすマットレスの3つの原因と改善方法
これで失敗知らず!三つ折りマットレスのおすすめの選び方
奇跡の復活!マットレストッパーの正しい使い方・選び方
子供用マットレスの選び方5つのポイント
低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
マットレスの通気性を3段階で比較評価!
ベッドマットレスにそのまま寝るのはダメな3つの理由
フローリングにマットレスの直置き厳禁。正しい対策でカビ無しに
マットレスを和室の畳に直置きして使うなら気をつけたいこと
マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
【ベッドマットレスvs敷布団】あなたに合うのはどっち?!
マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する9つの目安
マットレスに凹み?!ヘタったマットレスへの3つの対処法
賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ