ベッドマットレスのお手入れ方法、掃除を簡単にするコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「日々のベッドマットレスのお手入れって、何をどれくらいすればいいの?」という質問を受けることがあります。

毎日こまめに手入れをするのは大変です。

が、手入れや掃除が足りないと不衛生ですし、最悪のケースでは、ダニやカビが繁殖する恐れがあります。

間違ったお手入れをするとベッドやマットレスを痛めることにもなります。

そこで本日は「ベッドマットレスのお手入れ方法、掃除をほぼ不要にするコツ」についてわかりやすくご紹介します。


1. ベッドとマットレスのお手入れ方法

まず最初にざっくりと、ベッドとマットレスに対してどのようなお手入れをすればいいのか(またはしていけないのか)列挙すると、以下のようになります。

  • ベッドシーツは週に1~2回交換する
  • ベッドパッドは2~3ヶ月に1度は洗濯する
  • 除湿シートは2~3週間に1度乾かす
  • 定期的にマットレスを壁に立てかける
  • ベッドとマットレスに掃除機掛け
  • 定期的にマットレスをひっくり返す
  • マットレスの天日干しは非推奨
  • ベッドを濡れタオルで拭くのは要注意

それぞれ分かりやすく解説していきます。

1−1. ベッドシーツは週に1~2回交換する

ベッドシーツというよりもマットレスの一番上に敷いてるものは、週に1~2回のペースで洗濯をしてキレイにしましょう。

マットレスと敷物
マットレスと敷物

もしあなたが敷きパッドをベッドの一番上に敷いているのなら、週に1~2回洗えると理想的です。

なお、ベッドシーツなどを交換するとき、ベッドシーツの上には剥がれた落ちた皮膚、フケ、ホコリなど目に見えにくい汚れがたまっていることを意識しましょう。

特に、タンパク質の汚れはダニの格好の餌です。

急ぎで乱雑にベッドシーツをめくり上げて撒き散らかさないよう、そーっと丁寧に交換しましょう。

1−2. ベッドパッドは2~3ヶ月に1度は洗濯する

寝汗はベッドシーツを通り越してベッドパッドにも浸透して汚していきます。

とはいえ、そこまで神経質になるほどの汚れではありません。

2~3ヶ月に1度のペースで洗濯ができれば、十分キレイに維持できます。

1−3. 除湿シートは2~3週間に1度乾かす

  • 湿度の高い地域に住んでいる
  • ノンコイルマットレスを使用している
  • ベッドの天板がすのこ形状でない

などに該当するなら、除湿シートは必ず使用することをおすすめします。

そうでないと、マットレスの底面に湿気がたまり、カビが生える恐れがあります。

とはいえ、除湿シートを敷いても完璧というわけではなく、2~3週間に1度を目安に除湿シート自体を乾かす必要があります。

除湿シートを取り出して天日干ししてもよいですし、マットレスの片側を上げて風を当てるようにするのもありです。

マットレスの片側をあげて風を当てる
マットレスの片側をあげて風を当てる

もしあなたが上記のポイントに該当しないのなら、除湿シートを必ずしも購入する必要はありません。

ただ、それでも念のために、定期的にマットレスを立てたりして、底面を空気と触れさせられるとお手入れとしては理想的です。

マットレスを立てる
マットレスを立てる

1−4. ベッドとマットレスに掃除機掛け

ベッドシーツやパッドを使っていても、やはりベッドとマットレスに汚れはたまっていきます。

月に1度を目安に掃除機がけをするようにしましょう。

  • 頭と上半身の辺り
  • キルティングの谷間
  • ベッドとマットレスの溝

これらの部分が汚れがたまりやすいです。

重点的に掃除機をかけるようにしましょう。

なお、ベッドクリーナーなどの専用のものでなく、普通の掃除機で構いません。

ただ、床掃除をするヘッドをそのまま使うのは不衛生なので、専用ヘッドがあると理想的です。

1−5. 定期的にマットレスをひっくり返す

いわゆるマットレスのローテーションです。

お店でマットレスを購入すると、以下のようにしてマットレスをひっくり返して、体の体の重みがかかる位置を定期的に変えるよう指導されます。

マットレスのローテーション
マットレスのローテーション

こうすることでマットレスを長持ちさせられるのです。

ただ、ベッドマットレスはシングルサイズの軽いものでも15kgはありますし、厚みのあるダブルサイズとなると30kgはゆうに超えます。

可能であればやるに越したことはありませんが、そこまで無理をする必要もないかなと私は考えています。

ローテーションを真面目にやるよりも、マットレスを汚れと湿気から守るほうが長持ちにつながるので、汚れと除湿対策を頑張りましょう。

1−6. マットレスの天日干しは非推奨

稀に「定期的にマットレスを日光晒して殺菌しましょう!」と言われることがあります。

が、これはあまりおすすめできません。

  • かなり晴れた日でないと効果が薄い
  • 窓越しではなく直射日光でないと効果なし
  • 生地を痛めるため寿命を縮める

など、効果があまり見込めない上に、マットレスの寿命を短くする恐れがあります。

そもそも、マットレスを外に運び出すのはかなり手間です。

マットレスが湿気っているのなら壁に立てかけたりするのがおすすめです。ひどい場合には、布団乾燥機で乾かすとよいです。

1−7. ベッドを濡れタオルで拭くのは要注意

ベッドフレームを湿ったタオルで掃除されることもあると思いますが、これは湿気らせてカビを発生させてしまわないか注意が必要です。

タオルは硬く絞ったものを使用しましょう。

また、タオルで拭いたら窓を開けて換気したり、扇風機で風を当てたり、エアコンの風を当てたりし、ベッドがなるべく早く乾くようにしましょう。

そうでないと、ベッドフレームにカビが生える恐れがあります。

※ダニ・カビが発生してしまった時の対処法

このようなお手入れをすれば、まずダニカビ問題は避けられます。

ただ、それでも問題が起こってしまったら、掃除をしなければなりません。

ダニ退治カビ除去について説明するとかなり長くなってしまいます。

それぞれ以下のページでまとめているので、必要であればご参考にしてください。

『マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法』
『マットレスにカビ発生?2つの除去方法と今後の予防対策』


2. ベッドマットレスのお手入れを簡単にする方法

上記のお手入れを真面目にやるのは、やや面倒だと感じられるかもしれません。

もしそうであれば、ベッドマットレスの手入れを楽にする方法が2つあるので、ぜひお試しください。

1つずつご紹介していきます。

2−1. マットレスをプロテクターで保護する

一番手軽で効果が高いのが、防水生地のプロテクターをマットレスに敷く方法です。

マットレスが汚れることがほぼなくなるので、掃除の手間をかなり減らせます。

事実、ホテルではこのようにしてマットレスを保護しています。より衛生的に、より長く使えることが大切なのは言うまでもありません。

Protect-A-Bedシーツ
Protect-A-Bedシーツ

製品:プロテクト・ア・ベッド 防水プロテクター
価格:5,400円
【販売ページ@楽天】/【販売ページ@amazon】/【プロテクト・ア・ベッドのレビューはこちら】 /【公式ページはこちら】

自社製品で恐縮ですが、寝心地を重視した防水プロテクター(防水シーツ)です。伸縮性にすぐれる極薄0.025mmのラミネート素材を使用しているためゴワつき感、ムレ感を抑えて快適な寝心地を実現しました。詳しくは私が書いたレビューをご覧ください。

2−2. 重くないマットレスを選ぶ

マットレスの下に除湿シートを敷いたり、マットレスを立てかけたり、ひっくり返したりなどなど、とても大変な作業になります。

この苦労を見越してできる限り軽いマットレスを買うのも一手です。

重さ マットレスの種類
7kg 高反発ウレタンマットレス(10cm厚)
13kg 高反発ファイバーマットレス(10cm厚)
14kg 低反発ウレタンマットレス(10cm厚)
15kg ラテックスマットレス(10cm厚)
18kg ボンネルコイルマットレス(18cm厚)
20kg ポケットコイルマットレス(18cm厚)

(※ボンネル/ポケットコイルマットレスは構造上どうしても厚くなってしまい、10cmのものは存在しないため、18cm厚を比較対象にしています。)

例えば、高反発ウレタンマットレスはマットレスの種類の中では軽いのでおすすめです。

他にも、クイーンサイズやキングサイズのマットレスではなく、シングルサイズのマットレスを2つ並べて使うのもありかと思います。


最後に

どのようなお手入れをマットレスにすればよいか参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ