マットレス

防水マットレスの使用がおすすめな3つのケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

防水仕様のマットレスというとあまり一般的ではないため、自分自身の考えているニーズに合っているか気になることはないでしょうか?

もちろん、防水マットレスは通気性がないためムレやすいなどの欠点がありますが、衛生性を重視する家庭(現場)などでは防水機能は非常に役に立ちます。

そこで本日は「防水マットレスの使用がおすすめな3つのケース」についてご紹介します。

あなたが防水マットレスを購入するべきか、あるいは普通のマットレスを購入するべきかの判断の目安にしてください。


1. 防水マットレスがおすすめな3つのケース

まず始めに、どのようなケースにおいて防水マットレスの使用がおすすめできるのかというと、以下の3つになります。

  • 自宅、ケアセンターの介護現場
  • 衛生面が重視される現場と家庭
  • おねしょなどの恐れがある家庭

それぞれ順に、どう役に立つのかをご説明していきます。

1−1. 自宅・ケアセンターなどの介護現場

被介護者の意識レベルによりもよりますが、ご飯の食べこぼしから失禁などマットレスが汚れる場面は多々あります。

ベッドシーツをマットレスに敷いていても液体はマットレスにまで容易に浸透していってしまいます。

防水マットレスならそのような場面でも簡単に汚れを拭き取ることができるので、マットレス掃除に対する負担や気苦労を大きく減らしてくれます。

さらに、失禁や吐きこぼしなどの雑菌が気になる粗相の場合、水とアルコールで湿らせたタオルでさっと清拭すれば、汚れを取るだけでなく除菌までできるので掃除をとても楽にさせられます。

1—2. 寝床の衛星性が大切な現場

衛生性が重視される医療現場にも防水マットレスはとても有用です。

もちろん、上記のように、ちょっとした汚れを清拭で除菌できるのもそうなのですが、それに加えて、密封されている完全防水マットレスになると、菌やウイルスがマットレス内部に入り込むことすら防止できるからです。

例えば、感染症の患者が使ったマットレスにウイルスが潜んでしまい、次にそのマットレスを使った人にウイルスが二次感染してしまう院内感染などの予防になります。

1−3. おねしょ、出血などの汚れ対策に

もちろん、介護現場や医療現場のみならず、一般家庭でも防水マットレスは役に立ちます。

例えば、夜尿症がなかなか卒業できない子供のためだったり、鼻血などの出血でマットレスを何度も汚してしまったことのある人の使用に向いています。

ただ、防水生地の上に直接寝るとムレやすいので、洗濯可能な敷きパッドと組み合わせて使うと寝心地にも不満なくお使いいただけます。

※おすすめの防水マットレス

SleepAngelマットレストッパー
SleepAngelマットレストッパー

製品:SleepAngel防水マットレストッパー
価格:19,800円
サイズ:100×200×4cm
【当製品の販売ページ】

自社製品で手前味噌ですが、完全防水加工を施したマットレストッパーです。感染症を減らす目的で医療現場から生まれたブランドですが、一般家庭で寝具環境を衛生的にするためにもご利用いただけます。密封はされていないものの特殊フィルターで空気をマットレス内外に流通させつつも、ウイルスなどはマットレスに入り込まないよう設計されています。

※防水プロテクターとの使い分けの目安

防水マットレスを買う段階になって迷うのが、防水マットレスプロテクターとの選び分けのポイントです。

というのも、既存のマットレスに防水マットレスプロテクターを敷いてしまえば、完全とは言わないまでもマットレスの汚れを防ぐことができてしまうからです。

どの場合にどちらを使うべきかの明確な答えはありませんが、私は以下のような場合には防水マットレスの使用が相応しいと考えています。

  • アルコールでの清拭掃除をすることが多い
  • 感染症などの媒体としてマットレスが疑われる

それ以外のケースでは、費用などを考えると、防水マットレスプロテクターをマットレスに敷いたほうがよいのではと思います。

以下のページで防水マットレスプロテクターを選ぶ目安(素材、生地、防水範囲など)について解説しているので、防水マットレスプロテクターを利用しようかと検討されている方はご参考にしてみてください。

関連記事

最後に

あなたが防水マットレスに使用に合っているかどうか判断する目安になっていれば幸いです。

なお、以下のページでマットレスの硬さ、厚み、素材感などにこだわった選び方やおすすめのブランドを紹介しているので、防水でないマットレスを購入しようとお考えであれば、あわせて参考にしてみてください。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ