マットレス

低反発マットレスで寝ると疲れる3つ原因

「低反発マットレスで寝るようになってから、目覚めに疲れを感じようになった・・。」

このような人が少なからずいらっしゃいます。

そこには明確な原因があります。

ということで本日は「低反発マットレスで寝ると疲れる3つ原因」について解説していきます。

【広告】最高のマットレスを開発しました。こちらのページ「【最高のマットレス1選】睡眠健康指導士が解説します」で紹介していますので、マットレスを比較検討中ならぜひ参考にどうぞ。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 低反発マットレスで疲れる3つの原因

目覚めの体を疲れさせてしまう低反発マットレスには共通点があります。

  • 寝姿勢が悪くなる
  • 寝返り出来ない
  • 水分不足になる

ただ、これだけ言われても意味が分からないですよね。

ということで詳しく補足説明をしていきます。

1-1. 寝姿勢が悪くなるから

寝姿勢が悪いのは、悲惨です。

というのも、腰・背中の骨を歪めたままにしてしまうからです。

しかも、7時間眠っている間ずっと。

これでは寝疲れするのも無理ないですよね。

too-soft-mattress
柔らかすぎるマットレス(寝姿勢が悪い)

低反発マットレスに多いのは、柔らかすぎて腰が落ち込む寝姿勢です。

かなりの負担が腰へとかかってしまいます。

腰が落ち込む寝姿勢≒猫背
腰が落ち込む寝姿勢≒猫背

縦向きにすると姿勢の悪さがよく分かります。

理想的な寝姿勢
理想的な寝姿勢

背筋がすっきり伸びている理想の寝姿勢を目指しましょう。

このように寝られれば、低反発マットレスであっても変に疲れがたまることを減らせられます。

1-2. 寝返りが出来ないから

寝返りが出来ないのは、まさに拷問です。

今、この文章を読んでいるあなた、椅子に座っているなら座ったまま、ソファで横になっているなら横になったまま、全く動かずにそのままの姿勢を維持できますか。

5分もたたずに体が疲れるはずです。

同じ姿勢を続けるのは、それほどの負担なのです。

柔らかすぎて体が沈み込み、寝返りが出来ない。

まだあまり知られていませんが、このような低反発マットレスは危険なのです。

1-3. 水分不足になりやすいから

夏場に多いのが、この原因による寝疲れです。

水分が足りないことで体が疲れるのは、理解できるかと思います。

ただ、低反発マットレスと水分不足って、まったく関係のなく思いますよね。

分かりやすく流れを説明すると、下記のようになります。

  • 低反発 → ピタッとフィット → 通気性が悪い → 寝苦しくなる → 寝汗が多くなる → 水分不足

低反発素材の寝心地が一因ですが、それ以上に、生地が問題となります。

側生地(マットレスのカバー)の繊維素材がポリエステルのような吸水性のないものだと、こういった蒸れ感の問題がひどくなりやすいのです。


2. 寝疲れしにくい低反発マットレスを選ぶポイント

じゃあ一体、どういった低反発マットレスを選べば疲れることなく眠れるんだ、というのが気になるところだと思います。

1章での話を踏まえて、ポイントを列記します。

  • 寝姿勢が崩れない(≒サポート性があること)
  • 寝返りがしやすい(≒弾力性があること)
  • 水分不足になりにくい(≒吸水性があること)

これらのポイントを押さえて低反発マットレスを選ぶようにしてください。

具体的なおすすめでいうと、下記のものです。

kaimin-times-oasis-mattress-20cm
>>快眠タイムズ オアシスマットレス

自社製品で手前味噌ですが、私のイチオシです。

ふわふわ、もちもち、しっかりの三種類のウレタンフォームで柔らかさを持たせつつ、キレイな寝姿勢を保てられるように設計しました。


最後に

どのような低反発マットレスを選べばいいのかご理解いただけたかと思います。

参考になっていれば幸いです。

なお、もしマットレス選びのために情報収集中でしたら、ぜひ下記のページをご覧ください。自分にあったマットレスを選ぶための考え方の手順から、種類、素材、値段別におすすめマットレスを紹介しています。きっとお役立ていただけるはずです。

関連記事

 

また、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧
 – 選び方編
○マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順
○敷布団とベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ
○【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味
○マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人
○低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
○【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
○マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
○【マットレスの通気性】素材・加工ベースで比較評価
 – 使い方編
○【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
○マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
○マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
○マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
○マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
○ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
○長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する5つの目安
○賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ