マットレス

高反発マットレスのお手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

1988年生まれ。生粋の名古屋人。早稲田大卒。上級睡眠健康指導士。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて、よりよい生活のための睡眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

1988年生まれ。生粋の名古屋人。早稲田大卒。上級睡眠健康指導士。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて、よりよい生活のための睡眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。

毎日使っている高反発マットレス。

できるだけ長持ちさせるならお手入れを怠ってはいけません。

とはいえ、いつ、どのタイミングでお手入れをすればいいのか分かりにくいですよね。そこで本日は「高反発マットレスにするべきお手入れ」についてご紹介します。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

1. 高反発マットレスのお手入れ方法

まず最初にざっくりと、どのようなお手入れをすればいいのか列挙すると、以下のようになります。

  • 朝起きたら掛け布団はめくっておく
  • ベッドシーツは週に1~2回交換する
  • ベッドパッドは2~3ヶ月に1回洗濯する
  • 除湿シートは2~3週間に1度乾かす
  • 真ん中がへたったらウレタンの配置を交換する

それでは次に、それぞれ1つずつ分かりやすく説明していきます。

1−1. 朝起きたら掛け布団はめくっておく

ベッドメイキングはダメ、絶対!です。

朝起きたてのマットレスは寝汗などでやや湿った環境になっています。丁寧にベッドメイキングをしてしまってマットレスを掛け布団などで覆ってしまうと、マットレスが乾きにくくなってしまいます。湿気った環境下では雑菌などが繁殖しやすくなって不衛生です。

掛け布団はめくっておく
掛け布団はめくっておく

そのため、掛け布団は内側が外を向くようにめくっておいたり、足元のほうにまとめておくようにしましょう。これは毎日やるかやらないかでマットレスの湿気り状態、ひいては寿命(高反発マットレスは湿気ると耐久性が下がる)に影響してくるので頭に入れておきましょう。

1−2. ベッドシーツは週に1~2回交換する

ベッドシーツもしくは敷きパッド(高反発マットレスの一番上に敷いていて肌に直接触れるもの)は、週に1~2回のペースで洗濯をしてキレイにしましょう。

高反発マットレスと周辺アイテム
高反発マットレスと周辺アイテム

なお、一番上に敷いているものを洗いに出すときは、ゆっくり丁寧に行いましょう。

肉眼では見にくいですが、ベッドシーツの上には剥がれた落ちた皮膚、フケ、ホコリなどの汚れがたまっています。これらはダニの格好の餌です。マットレスの上に落としてしまうと、マットレスでダニが繁殖する可能性を作ってしまうことになります。そーっと汚れを包み込むようにして洗濯機まで持って行きましょう。

1−3. ベッドパッドは2~3ヶ月に1回洗濯する

もしあなたがベッドシーツの下にベッドパッドを敷いているのなら、2~3ヶ月に1度を目安に洗いましょう。寝汗はベッドシーツを通り越してベッドパッドにも浸透して汚していきます。

とはいえ、そこまで神経質になるほどの汚れではありません。2~3ヶ月に1度のペースで十分キレイに維持できます。

1−4. 除湿シートは2~3週間に1度乾かす

高反発マットレスの下には除湿シートを敷くことをおすすめします。底面に溜まる湿気を吸収してくれます。

しかし、除湿シートは永久的に吸湿し続ける訳ではありません。吸った湿気を吐き出させてやらねばなりません。そのため、2~3週間に1度、除湿シートを乾かすように心掛けましょう。

マットレスの換気方法1
マットレスの換気方法1

除湿シートをマットレスの底から取り出して天日干ししてもよいですし、マットレスの片側を上げて風を当てるようにするのもありです。イラストのようにマットレスの下に本を何冊か挟んでおくだけで底面が通気されるので十分です。

1−5. 真ん中がへたったらウレタンの配置を交換する

全ての高反発マットレスに対して当てはまる話ではないのですが、もしあなたがお持ちの高反発マットレスが三つ折りで、中材のウレタンフォームが取り出せる仕様であれば、このお手入れが行えます。

三つ折りマットレスは真ん中の部分がもっとも早くへたります。そして、足元の部分はまずへたることはありません。腰の部分のウレタンフォームがヘタったら脚の部分のウレタンフォームと取り替えましょう。そうすることで、腰の部分の寝心地が復活します。足の部分はへたっていても寝心地にそこまで悪影響ありません。

※高反発マットレスの天日干しは不要

今まで布団ユーザーだった方が高反発マットレスを使い始めると気になるのが日干しです。

結論から言うと、高反発マットレスに天日干しは不要です。むしろ、日光により生地が傷んだり、熱によりウレタンが劣化しやすくなるので出来るだけ日差しが当たらないようにすることをおすすめします。

マットレスの湿気りが気になるのなら日陰干しをしましょう。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

最後に

高反発マットレスのお手入れについてご理解いただければ幸いです。

なお、以下のページであなたに合った高反発マットレスを選ぶポイント(硬さ、厚み、生地、耐久性など)とおすすめブランドを紹介しているのであわせてご参考にしてください。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝起きた時、腰や背中に違和感はありませんか?

・しっかりと眠ったはずなのに朝起きると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚められない・・。
・日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。

睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。眠りを見直すためにも、正しい作りのマットレスを試してみませんか?

適切な寝心地で、適度な耐久性、そして手頃な価格をコンセプト「エコラテ エリート マットレス」を開発しました。

  • 軽い寝心地を生む反発弾性45%のウレタンフォーム
  • 腰と背中にやさしい凸凹プロファイルカットによる体圧分散性
  • ウレタン密度32D、たくましい耐用年数(7年前後)
  • 表側テンセル™100%の爽やかな肌心地
  • あなたまでダイレクト、最高のコスパでお届けします!!

是非あなたの睡眠改善にお役立てください。


詳細を見てみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ

21日間返金保証付き!
コスパ最高の特別なマットレスがついに完成!

この商品をいますぐチェックする

21日間返金保証付き!
コスパ最高の特別なマットレスがついに完成!

この商品をいますぐチェックする