マットレス

種類別!マットレスの重さの比較、選ぶコツ、注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • 定期的に引越しをする
  • こまめにマットレスの裏表をローテーションさせたい

このような方々にとって、マットレスが軽いことは大きいなメリットです。

作業がとても楽になりますからね。

とはいえ、「マットレスの重さの目安ってどれくらいなんだろう?」と疑問に感じることもあると思います。

そこで本日は、『種類別のマットレスの重さ比較と注意点』についてご紹介します。


1. 種類別|マットレスの重さを比較

まず、代表的な6つの種類のマットレスの重さを比べると、以下のようになります。

重さ マットレスの種類
7kg 高反発ウレタンマットレス(10cm厚)
13kg 高反発ファイバーマットレス(10cm厚)
14kg 低反発ウレタンマットレス(10cm厚)
15kg ラテックスマットレス(10cm厚)
18kg ボンネルコイルマットレス(18cm厚)
20kg ポケットコイルマットレス(18cm厚)

(※ボンネル/ポケットコイルマットレスは構造上どうしても厚くなってしまい、10cmのものは存在しないため、18cm厚を比較対象にしています。)

すべてシングルサイズ(100cm幅)を目安とした重さです。

そのため、高反発ウレタンマットレスのダブルサイズ(140cm)の重さの目安であれば、この数値を1.4倍して計算してください。

薄めのトッパー(5cm厚)の重さであれば、0.5倍で割り出せます。

また、参考までに敷布団の重さをあげるとすると、木綿敷布団が6kg前後、ポリエステル敷布団が3kg前後になります。

1−1. 軽さを重視するなら高反発ウレタンマットレスがおすすめ

もしあなたが軽さを重視してマットレスを選ぶのなら、圧倒的に高反発ウレタンマットレスがおすすめです。

「でも、低反発ウレタンの寝心地が好みなんだけど、、、」ということであれば、厚み10cmの高反発ウレタンマットレスの上に、厚み3cm程度の低反発ウレタントッパーを敷くことをおすすめします。

もしくは、厚み8cmの高反発ウレタンマットレスの上に、厚み5cm程度の低反発ウレタントッパーを敷くのもおすすめです。こちらのほうが、より低反発の寝心地が強くなります。

この手法は、ラテックスや高反発ファイバーにも適用させられます。

あなた好みにアレンジしましょう。

1−2. 重さと耐久性はほぼ比例する

「なんで同じ素材のマットレスなのに重さが違うの?」と思ったあなたはカンが鋭いです。

どうしてこのような違いが生まれるのかというと、

「軽い」=「素材の密度が低い」=「コストが安い」

となるので、軽いマットレスを作るのは簡単なのです。

ただ、その一方で、素材の密度が低するぎると、耐久性に難がでてくるので注意が必要です。

高反発ウレタンを例にすると、「密度」と「耐久性」はだいたい以下のような関係性になります。

密度 評価
20
前後
数ヶ月~1年程度の耐久性です。1万円以下の安価なウレタンマットレスに使用されることが多いです。
25
前後
3~5年程度の耐久性です。2万円前後のリーズナブルなマットレスの密度がこの辺りです。
30
前後
5~8年の耐久性です。国内・海外ブランドの有名高反発マットレスの密度がこの辺りになります。
40
前後
8年以上の耐久性です。高品質なマットレスやベッドマットレスの中材には、高密度のウレタンが使用されます。

他の素材も同じように「重さ」と「耐久性」(と多くのケースで「価格」も)には相関関係があります。

私が初めてこの方程式を知ったとき、あらためてマットレスの重さに着目しながらいくつかの製品を調べ直しました。安物の低反発ウレタンフォームとテンピュールのフォームの重さが1.5倍以上も違っており、とてもびっくりしたことを今でも覚えています。

マットレスの軽さを重視するのもいいですが、あなたが期待する使用年数に合う耐久性かどうか、しっかり見極めるようにしましょう。


最後に

マットレスの重さの目安についてご理解いただけていれば幸いです。

こちらのページ『絶対後悔したくない人向け!マットレスの上手な選び方』でマットレスの硬さ、厚み、素材などがあなたに適切かどうか判断するための方法をご紹介しています。

あわせてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ