マットレス

ポケットコイルマットレスを極める!特徴と良品を選ぶコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中途半端なポケットコイルマットレスを選んではいけません。その構造上の特徴から腰を痛めやすかったり、処分に苦労することがあります。

とはいえ、どの点に気をつけて選べば良いか検討も付かないと思います。

そこで本日は、「良質なポケットコイルマットレスを選ぶ3つのコツ」をご紹介します。


1. ポケットコイルマットレスの特徴

ポケットコイルマットレスの特徴は以下のようになります。

  • 一般的なウレタンや高反発ファイバー素材の高反発マットレスよりも反発力は高い。
  • しかし、良質な線材を使ったものでないと早期劣化により腰の沈み込みがひどくなり腰痛の原因となることがある。
  • 面で体を支えるボンネルコイルマットレスとは異なり、点で体を支える構造のため体へのフィット感が良い。
  • 通気性は高反発ウレタンマットレス以上、ボンネルコイルマットレス以下でムレやすいことはないが、湿気対策は必要。
  • 1つ1つのコイルを不織布などの袋で包んだ構造のため重く、居住地域によっては処分の手続きが煩雑になることがある。

このようなポケットコイルマットレスの特徴上、良質なものの寝心地は素晴らしいのですが、低品質なものは寝心地が悪いだけでなく体を悪くし処分にも手間がかかり大変です。

そのため、ポケットコイルマットレスを購入するのなら、ある程度の予算を組んで良質なものを選ぶことをおすすめします。

※その他のマットレス(7種類)との比較情報が知りたい場合、こちらのページ『絶対後悔したくない人向け!マットレスの上手な選び方』をご参考にしてください。

良質なポケットコイルマットレスを選ぶ3つのコツ

ご紹介の3つのポイントを吟味していただければ、寝心地の良い良質なポケットコイルマットレスをお選びいただけます。

①理想的な寝姿勢がとれること

まずはマットレスの上に寝転んだ際に、「理想的な寝姿勢」がとれるかどうかを確認しましょう。理想的な寝姿勢とは、腰〜背中〜首の骨が自然な形状でいられる状態の姿勢のことを意味します。

理想的な寝姿勢
理想的な寝姿勢

仰向き寝の場合は良い立ち姿勢のまま寝転んでいる状態、横向き寝の場合は背骨が真っ直ぐになっている状態が理想的です。

筋骨が不自然な姿勢のまま一晩中眠ると、骨を歪めてしまったり、筋肉を強張らせて疲労をためてしまったりして気持ちよく休息することができなくなってしまいます。

またこの時、スムーズに寝返りができるかどうかも併せて確認しましょう。寝返りは体の一定の部位にのみ負荷がかからないようにするための無意識的な調整機能です。若干の柔らかみと反発弾性の優れるマットレスであれば、少ない力で楽に寝返りができます。

寝姿勢と寝返りのさらなる詳細はこちらの記事をご一読ください。

②コイルの品質が一定以上なこと

コイルの反発力・耐久性が低いと、数年も経たない内に腰の部位の沈み込みがひどくなり腰痛の原因になったりするので、確かな品質のコイルが使われていることを確認がとても大切です。

そんなコイルの品質を見抜く方法が2つ目のコツです。とはいえ大それた方法ではなく、「品質表示ラベルに記載されれているコイルスプリングの材料と種類」を見るだけです。

以下、図解のイラストです。

コイルスプリングの品質表示の見方
コイルスプリングの品質表示の見方

(品質表示ラベル引用:消費者庁HP

品質の目安をざっくりと説明すると、②の炭素の保有量が60台のコイルは安価なものに、70台のコイルはミドルからハイエンドの商品に使用されることが多いです。例えば、ポケットコイルの有名ブランドのサータは、SWRH82B-Cの最高品質のコイルを使っているとウェブサイト上で名言しています。

一定以上の品質のポケットコイルマットレスを買う場合、②の数値が70以上のものをお選びになることをおすすめします。

注!:大変残念なことに、平成29年3月30日よりスプリングマットレスの品質表示法の改定があり、表示内容が大幅に簡素化されることになりました。
今後はこのような表示内容になるため、品表ラベルを見てスプリングの数、大きさ、材料の種類、品質などを知ることができなくってしまいました。とはいえ、メーカーも販売店も今まで通り上記のスペックを参考に売買をしているので、あなたが店頭でマットレスの線材と品質を質問すれば教えてくれるでしょう。優れた一品を選び抜くため使える知識ですので、品質表示に記載はされていないとしても、知っておくに越したことはありません。
寝心地・品質を変えるコイルの要素

寝心地、品質を変えるコイルの要素は他にもたくさんあります。代表的なものは以下の通りです。

  1. 線材の太さ:細いほど柔らかい寝心地。
  2. コイルの数:コイルが多いほど細かな点で支えるためフィット性が高まる。
  3. コイルの配列:コイル数が多いと互いの動きに干渉しやすくもなるので硬めの使用感になる。
  4. コイルの形状:円筒型、樽型、錐型、砂時計型など硬さや反発力が変わる。
  5. 焼入れ:コイルの耐久性(使用期間)をさらに高める。
ポケットコイル
コイルの配列

他にもコイルの高さの圧縮率やコイルを包む袋生地の種類など色々な要素がありますが、こだわりすぎると選びきれなくなってしまいます。

また、上記の要素についても深く考える必要はなく、1〜4の要素をトータルした答えを各メーカーが製品として販売しているので、あなたの好みの寝心地で理想的な寝姿勢がとれるマットレスを選ぶようにしましょう。

ただ、10年以上の使用を考えてポケットコイルマットレスを購入するなら、焼入れされた線材のものを選ぶことをおすすめします。

③詰め物(特にウレタン)が良質なこと

ポケットコイルマットレスのヘタリの原因はコイルだけでなく、詰め物(特にウレタン)にもあります。

特に厚みのあるウレタンが詰められているものは、ウレタンの品質を確認するようにしましょう。「コイルはまだまだ使えるのにウレタンがヘタったから交換」となってしまっては勿体無いですし、環境にも優しくありません。

一つの目安としてですが、ウレタンの密度が25~30D程度あれば5~8年の使用には十分です。

それ以上長い期間使うことを想定しているのであれば、40D以上の密度のウレタンが使われていると理想的です。

しかし、ウレタンは湿気に弱い性質を持ちます。にもかかわらず、人は一晩に200mlも寝汗をかくため寝床内部は多湿環境になりがちです。

そのため、ウレタンの密度が高くとも、こまめなお手入れをしないとウレタンなどの詰め物はへたりやすくなります。なので、次章で詳しく説明しますが、ベッドパッド、マットレスプロテクターを使用するようにしましょう。

良質なポケットコイルマットレスを長く使うコツ

品質の確かなマットレスはしっかりと長く使える作りになっていますが、あなたがこまめなお手入れを加えることによって使用可能期間をさらに長くすることができます。

①使う面をローテーションする

定期的にマットレスの使用面を変更しましょう。同じ箇所にばかり負担をかけていると、へたりが早まります。3~6ヶ月に1度を目安にローテーションさせられると理想的です。

マットレスのひっくり返し方
マットレスのひっくり返し方

とはいえ、ポケットコイルマットレスはただでさえ重い(シングルサイズで20kgは優にあります)ので、体力に自信のない方は年に1度すら難しいと思います。

その場合、両面使用ではなく片面使用のポケットコイルマットレスを選び、尚且つ、以下の2つの方法を必ず行うようにしましょう。

②パッド・プロテクターを使用する

ポケットコイルマットレスの詰め物がへたる理由は、(1)負担がかかり続けること、そして(2)寝汗による湿気があります。

これを防ぐには、ベッドパッドやマットレスプロテクターを使用することが効果的です。ベッドパッドを寝汗による湿気の緩和と寝心地の向上の役割を果たします。

マットレスプロテクターは、寝汗からマットレスを完全にガードするだけでなく、ダニ対策の役割も果たします。

より長くマットレスを使用するためにどちらも使用されることをおすすめします。

③除湿シートで湿気対策をする

ポケットコイルマットレスの通気性は良いです。高品質なものはマットレスの側面に通気を促すベンチレーターが付いておりさらに通気性を高めています。

それでも、日本の気候を考えると除湿シートを使用して湿気対策をすることをおすすめします。特に両面使用可能なマットレスでしたら必須です。

こちらのページ「カビ対策!ベッド&布団に効果的な除湿シートの使い方・選び方」に詳細は譲りますが、下のイラストのようにして湿気はたまります。

布団・マットレスの湿気の発生原因
布団・マットレスの湿気の発生原因

夏は寝室の湿度と寝汗によりマットレスに湿気がたまります。

冬は、布団内とマットレス底面の温度差により、夏場の冷たいグラスにできる水滴のように、湿気が発生します。

このように、マットレスの湿気は1年中無視できない存在なのです。なので、除湿シートをしっかり活用して、マットレスを長く使えるようにしましょう。

(追記)ポケットコイルマットレスの処分について

「ポケットコイルマットレスは他のマットレスと比べてどう面倒なのでしょうか?」というお問い合わせがありましたが、まず何よりも問題となるのが、シングルサイズでも20kg以上あるため指定廃棄場まで運ぶのが大変という点です。

一人で運ぶのはほぼ困難です。夫婦二人で力をあわせるとしても、ダブルサイズとなると140×200×20cmで30kg前後くらいが平均的なサイズですのでどちらにせよ相当大変です。

もし、あなた自身では対応できないため業者に任せるとなれば、少なくとも数千円の引き取り費用が発生します。また、そもそも地方自治体によってはスプリングマットレスを粗大ゴミとして回収していない地域もあるので購入前にこの点を確認する必要もあります。

詳しくはこちらのページ『知ればお得!スプリングマットレスの処分方法を考える順序』でご説明しているのであわせてご参考にしてください。


まとめ

今回の話をまとめると、ポケットコイルマットレスは構造上、低品質なものは劣化しやすく、処分も手間なので高品質なものを選ぶようにしましょう。

そのためにはご紹介の3つのポイントを押さえてお選びください。

  1. 良い寝姿勢で寝れること
  2. コイルの品質が良いこと
  3. 詰め物の品質が良いこと

また、「いわゆる高反発マットレスってどんな寝心地?どういう風に選べばいいの?」と疑問であればこちらのページ『【品質表示まで解析】熟睡できる高反発マットレスの選び方』で正しい寝姿勢のための硬さ/柔らかさ、適切な厚み(高さ)などを説明しているので併せてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ