マットレス

低反発マットレスで寝ると暑い3つの原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから

こんにちは、加賀照虎です。

低反発マットレスで寝ると、暑くて寝苦しくなるときってありますよね。

性質上避けられないこともあります。

が、工夫をすることで改善させることも出来ます。

ということで本日は「低反発マットレス寝ると暑い3つの原因と対策」についてご紹介します。


マットレス選びの答え
商品の詳細はこちら

1. 低反発マットレスで寝ると暑い理由

まず最初に、低反発マットレスで寝ると、暑くて寝苦しくなる理由について説明します。

  1. ピタッとフィットするから
  2. ウレタンフォームは通気性が悪いから
  3. 側生地の素材に吸湿性・吸水性がないから

これらの3つが主な原因です。

memory-foam
低反発ウレタンフォーム

低反発でなおかつウレタンフォームである性質上、どうしてもこれらの理由によりむれやすくなりやすいのが体反発ウレタンマットレスです。

とは言え、選び方もしくは事後対策をすることで、蒸れやすさの改善を図ることができます。

それぞれ3つその方法論をご紹介していきます。

1-1. 通気性の良い構造のものを選ぶこと

もしまだあなたが低反発マットレスの購入前なら、

  • オープンセル構造
  • ピンホール加工

などの工夫がされたものを選ぶようにしましょう。

opencell-and-pin-hall

このような設計のものは通気性がだいぶ良くなりますので、マットレスと背中がピタッとくっついて熱がこもることを抑えられます。

1-2. 吸湿性・吸水性のあるシーツを使う

次に対策として行ってもらいたいのが、適切な素材のシーツを使うことです。

というのも、超高級な低反発マットレスでない限り、もともと付いているカバー(側生地)はポリエステルが多く使われているものであることが多いからです。

s_FiberMaterials-2

ポリエステルには吸湿性・吸水性がほとんどありません。

そのため、寝汗を吸収することができず、暑く寝苦しくなりやすいのです。

standard-moisture-regain-of-fiber-materials

なので、綿、麻、レーヨンなどの素材が使われているシーツを使うことをおすすめします。

清涼感を求めるなら、麻(リネン)が1番おすすめですが、かなり品質にこだわったものでないと肌あたりが硬く、ゴワゴワした寝心地になるので気をつけるようにしてください。

1-3. 敷きパッドを重ねてみる

もしすでに、適切なシーツを使っているにもかかわらず、暑くて寝苦しくなるということでしたら、敷きパッドを重ねてみることをおすすめします。

MattressToppers4

1点注意してもらいたいのが、敷きパッドにより低反発マットレスの寝心地が多少変わることです。

というのも、敷きパッドにはある程度の厚みがあるので、低反発マットレスの柔らかさを若干損なうことがあるからです。

寝心地が硬くなることを避けたいと言うことであれば、できるだけ薄めの敷きパッドを選ぶようにしてください。


マットレス選びの答え
商品の詳細はこちら

最後に

低反発マットレスで寝ると暑く寝苦しくなる理由、そしてその対策についてご理解いただけていれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロが本気で選んだマットレス8選

プロが本気で選んだマットレス8選

こんなことでお困りではないでしょうか

  • マットレスの寝心地が悪い···
  • 買い換えたいが、目安が分からない···
  • 商品ごとの違いが分からない···

マットレスのせいで睡眠の質が下がっているなんて勿体ないです。
あなたの硬さの好み、生活スタイル、予算などを考えると、どのようなマットレスを選ぶべきか自ずと分かってきます。
そんなマットレス選びのポイントと、品質・価格のバランスが素晴らしいマットレスを紹介していますので、是非参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ