マットレス

マットレスの価格相場は?ケース別に妥当な値段はいくらか

こんにちは、加賀照虎です。

マットレスって数千円から数十万円まで、価格の差が激しいですよね。

もちろん、値付けには理由があります。

しかし、業界外の人からすると、

「なんでこんな値段が違うんだろう」
「一般的なマットレスの相場っていくらくらいなんだろう」

などと疑問に感じることと思います。

そこで本日は「1人用、2人用のマットレスの相場感と何が価格を左右しているのか」についてご紹介いたします。

安いマットレスと高いマットレスの違いが分かるようになるはずです。

【広告】最高のマットレスを開発しました。こちらのページ「【最高のマットレス1選】睡眠健康指導士が解説します」で紹介していますので、マットレスを比較検討中ならぜひ参考にどうぞ。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 1人用シングルサイズマットレスの価格相場

まずそもそも、マットレスは以下の7つの種類のものが一般的です。

characteristics-of-mattress-type2

※コイルスプリングマットレスの体圧分散性はコイルの上の詰めもの(ウレタンフォーム やわたなど)の量と品質により大きく左右され、単体での評価が不可能なため「 – 」としています。また、それぞれ加工・品質により△が◯になったり、◎が◯になることがあります。

が、すべての種類がおすすめできるわけではありません。

そこで、私がおすすめしている高反発ウレタンフォーム、高弾性ウレタンフォーム、ラテックス、ポケットコイルの4つのマットレスに絞って価格相場を解説していきます(チャート内の値段はシングルサイズ想定です)。

price-of-mattresses

高弾性ウレタンフォームというのは高反発ウレタンフォームの上位互換的存在のものです。そのため、高反発ウレタンフォームのマットレスで高価格なものはほとんどないにもかかわらず、高弾性ウレタンフォームでは存在しているのです。

ラテックスマットレス(天然100%のもの)は原料自体が高価なため、そもそも低価格品や中価格品がありませんし、ポケットコイルマットレスは構造が複雑で重くて大きいためどうしても価格が高くなってしまいます(詳細は後述)。

なお、二人用のクイーンサイズなら横幅のサイズが1.6倍なので、多くのマットレスで価格がそのまま1.6倍になります。

ただ、このように説明をされてもあまりしっくり来ないかと思います。やや抽象的ですよね。とはいえ、結論、マットレスの価格を左右する要素は7つです。これが全てです。これらについて次章でより具体的に解説していきます。

※高反発ファイバーやボンネルコイルマットレスがおすすめできない理由については下記のページで解説しているので、「高反発ファイバーマットレスを買おうとしてたのに…」などと気になる方はあわせてご参考にしてください。 関連記事

2. マットレスの価格を左右する7つの要素

それぞれ順に説明していきます。

①素材の種類(合成or天然・コイルの有無)

高反発ウレタンフォームや高弾性ウレタンフォームは化学原料で、メーカーに支払いをすれば難なく調達できます。原料コストは年々上がってはいるものの、ラテックスの原料ほどではありません。

ウレタンフォームの原料価格の推移チャート

ラテックスフォームの原料はゴムの木から採取される天然素材ですので、採取にかなりの時間と手間がかかります。そのため、ラテックスは高価なのです。なお、ラテックスには合成ラテックスなどのような純度が低いものがあり、価格こそ低くなりますが耐久性や弾力性まで落ちてしまうのでおすすめできません。

types-of-latex

また、コイルの有無でも値段は変わります。というのも、コイルマットレスはコイルに加えて、ウレタンフォームやわた、不織布、フェルトなどなど部材が多くなりますし、製造がより複雑になるからです。そのため、コイルマットレスはノンコイルマットレスよりもさらに高価になっているのです。

②原料の量(厚さとサイズ・密度)

これについては想像しやすいかと思いますが、使用する原料の量が増えれば増えるほど価格も高くなります。

そのため、一人用のシングルサイズのマットレスよりも二人用のクイーンサイズマットレスのほうが高くなりますし、10cmの床置きマットレスよりも20cmのベッドマットレスのほうが高くなります。

sizes-of-bed-and-mattress4

indicator-of-mattress-height3

ただ、あまり知られていないのが、ウレタンフォームやラテックス自体の密度です。密度とは体積に対する重量です。つまり、同じ大きさでも中身がスカスカなものは原料が少ないため安価なのです。

また、密度は耐久性とも相関しており、低密度のスカスカのものはへたりやすく、高密度のしっかりしたものは丈夫になります。ウレタンフォームが使用されているマットレスなら商品資料などに「密度30D」などと記載されているのでしっかり確認するようにしましょう。

density-of-polyurethanefoam-for-mattress

③コイルの品質と数

コイルスプリングの線材の品質は、品質表示ラベルの「コイルスプリングの材料と種類」を見るとわかります。

ポイントは、線材の種類、炭素保有量、マンガン保有量です。

quality-of-coil-spring
コイルスプリングの品質表示の見方

硬鋼線よりピアノ線のほうが品質、耐久性、価格ともに高くなりますし、②の数値が高いもののほうが同じようにそれらが高くなります。

【注意】大変残念なことに、平成29年3月30日よりスプリングマットレスの品質表示法の改定があり、表示内容が大幅に簡素化されることになりました。
今後はこのような表示内容になるため、品表ラベルを見てスプリングの数、大きさ、材料の種類、品質などを知ることができなくってしまいました。とはいえ、メーカーも販売店も今まで通り上記のスペックを参考に売買をしているので、あなたが店頭でマットレスの線材と品質を質問すれば教えてくれるでしょう。優れた一品を選び抜くため使える知識ですので、品質表示に記載はされていないとしても、知っておくに越したことはありません。

また、コイルの数が多いとその分使用する原料が多くなるので価格が上がります。しかし、これについては注意が必要です。というのも、コイルの数が増えても寝心地はあまり大きく変わらないからです。「価格が高くなればそれがそのまま直接的に他の要素(耐久性)に恩恵がある」ようなウレタンフォームの密度やコイルの品質などとは異なり、見かけ倒しの価格上昇要因であることが多いのです。

※「コイルの数が多いポケットコイルマットレスを購入しようかな」と考えたいた方は、こちらのページで上手な選び方について解説しているのでご参考にしてください。 関連記事

④コイルの上の詰めものの素材と品質

ポケットコイルマットレスというとコイルのことばかり考えられてしまいがちですが、コイルの上の詰めもの(ウレタンフォームやわたなど)の素材や品質で寝心地や価格が大きく変わるので覚えておきましょう。

polyurethane-foams-on-the-coil-are-important
コイルの上の詰め物が寝心地を大きく左右する

詰めものが少ないものだと安価になりますがその分寝心地は悪くなりますし、低品質・低密度のウレタンフォームだと同じく安価になりますが耐久性が低くなります。

また、詰めもののわたがただのポリエステルなのか、それとも防ダニ加工などがされているかでも価格は変わりますし、それこそ高級ベッドマットレスともなると機能にすぐれた羊毛わたが使用されていたりします。

体に近い部分だけあって寝心地に大きく影響してきますので、価格に見合った品質か見落とさないように確認しましょう。

⑤配送料

中価格帯以上のコイルマットレスの価格を押し上げているのが配送料です。

ノンコイルマットレスは圧縮梱包でコンパクトにできるため配送料を抑えられる一方、コイルマットレスは圧縮をせずに大きくて重たいまま運ぶので日本国内の配送料が1台につき2万円前後もかかってしまうことになります。さらに、設置までしてもらうとなると1万円前後の費用が追加でかかります。

delivery-cost-in-japan
運賃表(引用:佐川急便

(※三辺の長さを合計して送料を算出するので、97×195×25cmのマットレスなら350のサイズに相当。)

低価格の量産向けのコイルマットレスであれば圧縮仕様で販売されているのでノンコイルマットレスと比べてもやや高いくらいなのですが、中価格帯以上のものとなると圧縮不可能なこともあるため急にトータルの価格が高くなってしまうのです。

⑥製造国

これは言わずもがな各国の人件費が異なるため、製造国によって価格が変わります。

中国の人件費が高騰しているといっても、それでもこの産業においては日本の半分くらいの水準ですので、やはり中国製は安いです。さらに、サプライチェーンが出来上がっているのも中国の強みです。以前、中国よりもさらに人件費の安いベトナムの工場に見積もりをとったところ、中国のそれと同じでした(ベトナムとの経済連携協定により輸入関税がないにもかかわらず)。どういうことかというと、例えば、ベトナムでマットレスを作ろうとしても良い生地工場がないため生地は中国から輸入することになり、そのため関税や時間がかかるため結果的に価格が高くなってしまうのです。

なお、日本製マットレスといっても最後の工程が日本で行われたから「日本製」になっているだけで、製造はほとんど中国で行われているものも少なくありません。もちろん、弊社の商品にもこの手のものはありますが、「日本製」として高く売ろうとしているわけではなく良いものが安く作れるからそうしているだけのことです。そのため、商品ページには「日本製(ウレタンフォーム:オーストリア製, 側生地:中国製)などのような書き方をしています。

⑦研究開発費・広告宣伝費

これはメーカーごとのスタンスだと考えるとよいでしょう。

「マットレスなんて代わり映えのしない商品で何が研究開発だ」と思われるかもしれませんが、弊社の場合でも取り扱いが手軽になるファスナーの構造を考案して実用新案を取得するのに数十万円かけたり、取得の前の事前調査やらなんだに数万円投資することもあります。他にも、睡眠にかかわる学会に社員総出で参加したりすると結構な出費になります。企業によっては自前の研究施設を取り揃えているところもあるほどです。

※別途かかる費用

マットレスを購入するとなると、マットレス以外にも付属で必要なものが出てきます。これらを含めて予算を考えることをおすすめします。

ベッドシーツやパッドなど

マットレスを買うとなるとベッドシーツやパッドなども買い揃える必要があります。

characteristics-of-mattress-tops

マットレスを購入する予算の15~20%くらいを割かれることをおすすめします。「そんなにお金かけるの?」と思われるかもしれませんが、マットレスよりも体の近くで使うものなので費用対効果は感じられるはずです。

※もちろん、これらは全て必要なわけではありません。あなたのニーズに合わせて買い揃えましょう。下記のページでおすすめの組み合わせなど紹介しているのでぜひご参考にしてください。 関連記事

ベッドフレーム

床置きマットレスならまだしも、ベッドマットレスを購入するなら当然ベッドフレームが必要になります。

types-of-beds3

低価格のものでも3万円くらいから予算は考えておいたほうがいいですし、ベッド下に引き出しが付いていたりすると5万円前後、跳ね上げ式ベッドだと8万円前後、革張りでブランドのかっこいいものなら少なくとも10万円前後、、、とベッドフレームの価格もいろいろです。

とはいえ、ギシギシ軋むような粗悪品ならともかく、ベッドフレームで寝心地変わることはないので、どちらに予算配分を優先するべきかと問われれば、私は当然マットレスに予算を多く割り当てることをおすすめします。


最後に

マットレスの価格相場に加えて、寝具一式を揃えるのに大体いくらになるのかイメージする一助になっていれば幸いです。

なお、以下のページで寝心地が素晴らしいマットレスを選ぶためのポイント(体圧分散性、弾力性、耐久性など)とおすすめのブランドについて徹底的に解説しているので、是非あわせてご参考にしてください。

関連記事

 

また、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧

熟睡マットレスのおすすめブランド9選【選ぶコツと注意点】
腰痛を起こすマットレスの3つの原因と改善方法
これで失敗知らず!三つ折りマットレスのおすすめの選び方
奇跡の復活!マットレストッパーの正しい使い方・選び方
子供用マットレスの選び方5つのポイント
低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
マットレスの通気性を3段階で比較評価!
ベッドマットレスにそのまま寝るのはダメな3つの理由
フローリングにマットレスの直置き厳禁。正しい対策でカビ無しに
マットレスを和室の畳に直置きして使うなら気をつけたいこと
マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
【ベッドマットレスvs敷布団】あなたに合うのはどっち?!
マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する9つの目安
マットレスに凹み?!ヘタったマットレスへの3つの対処法
賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ