マットレス

【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから

こんにちは、加賀照虎です。

マットレスを購入しようとすると、シーツやパッドなどが勧められますよね。

そんなときに、

「こういうのって全部必要なの?」
「ていうかマットレスの上に敷布団を敷いてもいいのかな?」
「そもそも床に直置きはダメなの?」

などの疑問を感じることと思います。

そこで本日は「マットレスとその周辺アイテムの正しい使い方」をご紹介します。


マットレス選びの答え
商品の詳細はこちら

1. マットレスと周辺アイテムの正しい使い方

まず、マットレスの周辺アイテムには、

  • 敷きパッド
  • ベッドパッド
  • ベッドシーツ
  • マットレスプロテクター
  • マットレストッパー
  • 除湿シート

などがあります。

peripherals-for-mattress

これらを全てマットレスに使うとします。

そうすると以下のような順番で敷くことになります。

マットレスと周辺アイテムの正しい使い方
マットレスと周辺アイテムの正しい使い方

(※トッパーがイラスト内になく申し訳ありません。トッパーは基本的に洗えないのでマットレスの上、マットレスプロテクターの下に敷くとよいです。)

とはいえ、これらを全て一緒に使う必要はありません。

あなたの体質や住環境などの状況に合わせて使い分けましょう。

以下に、ケース別のおすすめの使い方をご紹介していきます。

1−1. 必要最低限で済ませたいなら「敷きパッド」か「マットレスプロテクター」を使う

まずは必要最低限の使い方について。

この場合「敷きパッド」もしくは「マットレスプロテクター」のどちらかを使用しましょう。

「どれか一つだけならベッドシーツを使う」と考える人が多いかもしれませんが、ベッドシーツのみの使用だとマットレスが汚れやすくなり、あまり経済的ではありません。

そのため、より防汚性にすぐれる敷きパッドやマットレスプロテクターのどちらかの使用がおすすめです。

防水性のマットレスプロテクター
防水性のマットレスプロテクター

肌触りが好みの生地の敷きパッドを一年中使うのもいいですし、夏には接触冷感生地の敷きパッドでひんやり眠るのもよしです。

接触冷感
接触冷感

また冬には、吸湿発熱素材や起毛生地のあたたかい敷きパッドでぽかぽかぐっすり、などのように季節に応じて使い分けるのも一手です。

吸湿発熱の原理
吸湿発熱の原理

また、夜尿にお悩みだったりしてより防汚性を高めたいのなら、敷きパッドよりも防水仕様のマットレスプロテクターがよりおすすめです。

1−2. 肌触りにこだわりたいなら「ベッドシーツ」を使う

ただ残念ながら、敷きパッドやマットレスプロテクターは、あまり素材の種類が豊富ではありません。

海島綿やGIZA45のような超長綿や、シルク素材のなめらかで上質な肌心地の眠りを楽しみたいのならベッドシーツから探すほうがよいでしょう。

  • 【(下)マットレス → マットレスプロテクター → ベッドシーツ(上)】
  • 【(下)マットレス → 敷きパッド → ベッドシーツ(上)】

などのような使い方です。

これらの場合、ベッドシーツは週に1~2度を目安に洗い、敷きパッド・マットレスプロテクターは3~5週に1度を目安に洗いましょう。

敷きパッド・マットレスプロテクターに比べるとベッドシーツは洗いやすいので、寝床の衛生面を気にする人にもおすすめの使い方です。

  • 【(下)マットレス → ベッドシーツ(上)】

ただ、このようにマットレスにシーツだけを敷くのはおすすめできません。

マットレスが汚れやすいのはもちろん、寝汗による湿気りで寿命を縮めやすいからです。

高価なベッドを購入されるなら尚更です。

1−3. 寝心地をよりふかふかにさせるなら「ベッドパッド」や「トッパー」を使う

ベッドパッドやトッパーは、へたったマットレスの寝心地UP(回復)のために敷くことが主な目的です。

そのため、新品のマットレスとあわせて購入する必要はありません。

寝心地が悪くなってきたマットレスの補強と捉えておくとよいです。

mattress-topper-6cm

また、ベッドパッドは敷きパッドと比べて厚みがしっかりとしているものが多いので、毎週洗うような使い方には向いていません。

そのため、以下のように組み合わせましょう。

  • 【(下)マットレス → ベッドパッド→ ベッドシーツ(上)】
  • 【(下)マットレス → トッパー → 敷きパッド(上)】

ベッドパッドと敷きパッドを重ねるのは悪くはありませんが、パッド同士を2枚重ねるのは絵としてやや違和感があるので、ベッドパッドにはシーツを組み合わせるほうがよいかと思います。

また、トッパーはウレタンやラテックスのものが多いので、シーツよりも防汚性の高い敷きパッドとの組み合わせがおすすめです。

Types-of-mattresses

とはいえ、ややこしいのがベッドパッドとマットレストッパーの違いです。

どちらも寝心地UP目的のマットレス周辺アイテムのため、選ぶのに迷いやすいです。

以下のページで素材や厚みなどの違いについて詳しく説明しているので、あなたにどちらが合っているか考える参考にしてください。

関連記事

1−4. 寝室の湿度が高めなら「除湿シート」を使う

除湿シートは必ず必要という訳ではないのですが、

  • 寝室の湿度が高い(常に70%以上)
  • マットレスがウレタンorラテックス製

などの場合にはマットレスの下に敷いて使うことをおすすめします。

夏は高温多湿、冬は結露によって湿気りがちな日本の住環境で、マットレスに湿気対策をしないまま使っているとカビが生えてしまいます。

ウレタンの内部にまでカビが生えてしまうと処分するしかなくなってしまうので、除湿シートでカビ予防をすることをおすすめします。

※敷布団をマットレスに敷くのは基本的には非推奨

「新しく購入したマットレスに、今まで使用していた敷布団を重ねて使っていいのか?」

という質問をよくいただきます。

結論、マットレスは単体で使うことを想定して作られているので、敷布団を重ねて使う必要はありません。

「寝心地が硬すぎてどうしても眠れない」という場合、マットレスに敷布団を重ねてもいいですが、

  • 寝姿勢が悪くなっていないか
  • 寝返りがしにくいことはないか

など確認しましょう。

理想的な寝姿勢
理想的な寝姿勢

また、「敷布団でマットレスを保護し、週に1度、敷布団を干している」という人がいらっしゃいます。

この場合、敷布団でなく(敷布団より軽くて薄い)敷きパッドやマットレスプロテクターを代わりに使うことで、干す作業を非常に楽にすることができます。


マットレス選びの答え
商品の詳細はこちら

2. マットレスにベッドフレームは必要?

厚みが20cm前後のスプリングマットレスが床に直置きだと、見栄えが良くないのでベッドフレームの上で使うことをおすすめします。

が、厚みが10cm前後のウレタンマットレス、エアー系として知られる高反発ファイバーマットレスであれば、敷布団のように折り畳んで使うこともできるのでベッドフレームは必ずしも必要ではありません。

見栄えや使い勝手以外にも、ベッドフレームがあろうがなかろうが寝心地は大きく変わらないというのも理由の一つです。

2−1. マットレスを床(フローリング・畳)で使う際の注意点

マットレスを床に直置きするなら、敷布団と同じく「敷きっぱなしにしない」よう気をつけてください。。

たとえ高反発ファイバー素材のマットレスであっても、敷きっぱなしにしてしまうとカビが生える恐れがあります。

  • 非使用時はマットレスを壁に立て掛けておく
  • 梅雨時は扇風機の風をマットレスの両面に当てて湿気を飛ばす
マットレスを立てかけて乾かす
マットレスを立てかけて乾かす

などの湿気対策をしてマットレスにカビが生えないように気をつけましょう。


マットレス選びの答え
商品の詳細はこちら

最後に

マットレスの周辺アイテムを正しく使う方法が分かり、あなたが何を買い揃えるべきか明確になっていれば幸いです。

また、以下のページで寝心地が素晴らしいマットレスを選ぶためのポイント(体圧分散性、弾力性、耐久性など)とおすすめのブランドについて徹底的に解説しているので、是非あわせてご参考にしてください。

関連記事

 

なお、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧

熟睡マットレスのおすすめブランド9選【選ぶコツと注意点】
腰痛を起こすマットレスの3つの原因と改善方法
これで失敗知らず!三つ折りマットレスのおすすめの選び方
奇跡の復活!マットレストッパーの正しい使い方・選び方
子供用マットレスの選び方5つのポイント
低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
マットレスの通気性を3段階で比較評価!
ベッドマットレスにそのまま寝るのはダメな3つの理由
フローリングにマットレスの直置き厳禁。正しい対策でカビ無しに
マットレスを和室の畳に直置きして使うなら気をつけたいこと
マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
【ベッドマットレスvs敷布団】あなたに合うのはどっち?!
マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する9つの目安
マットレスに凹み?!ヘタったマットレスへの3つの対処法
賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロが本気で選んだマットレス8選

プロが本気で選んだマットレス8選

こんなことでお困りではないでしょうか

  • マットレスの寝心地が悪い···
  • 買い換えたいが、目安が分からない···
  • 商品ごとの違いが分からない···

マットレスのせいで睡眠の質が下がっているなんて勿体ないです。
あなたの硬さの好み、生活スタイル、予算などを考えると、どのようなマットレスを選ぶべきか自ずと分かってきます。
そんなマットレス選びのポイントと、品質・価格のバランスが素晴らしいマットレスを紹介していますので、是非参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ