マットレス

【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは

こんにちは、加賀照虎です。

マットレスを購入しようとすると、シーツやパッドなどが勧められますよね。

peripherals-for-mattress

そんなときに、

「こういうのって全部必要なの?」
「ていうかマットレスの上に敷布団を敷いてもいいのかな?」
「そもそも床に直置きはダメなの?」

などの疑問を感じることと思います。

無駄なくきちんと揃えて、正しくマットレスを使いたいですよね。

そこで本日は「マットレスとその周辺アイテムの正しい使い方」をご紹介します。

【広告】最高のマットレスを開発しました。こちらのページ「【最高のマットレス1選】睡眠健康指導士が解説します」で紹介していますので、マットレスを比較検討中ならぜひ参考にどうぞ。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. マットレスと周辺アイテムの正しい使い方

まず、マットレスの周辺アイテムには、

  • 敷きパッド
  • ベッドパッド
  • ベッドシーツ
  • マットレスプロテクター
  • マットレストッパー
  • ピロートップ
  • 除湿シート

などがあります。

これらを上手に使いこなすことで、マットレスの寝心地を良くしたり、お手入れの手間を省くことができるようになります。

how-to-use-topper-pads-and-sheets
マットレスと周辺アイテムの正しい使い方

もちろん、すべて一緒に使う必要はありません。

それぞれの役割に応じて、必要なものを選びましょう。

characteristics-of-mattress-tops

ちなみに、主な役割はというと、下記のようになります。

  • 敷きパッド:寝汗などの汚れからマットレスを保護するためのもの。生地や詰め物素材によっては、温湿度調整機能がある。薄いので体圧分散性の改善にはならない。
  • ベッドパッド:敷きパッドと似ているが一般的に敷きパッドよりもわたの量が多いため、体圧分散性を若干改善することができる。
  • ベッドシーツ:マットレスを汚れから守るためのもの。とはいえ生地一枚のため完全に汚れから守ることはできない。素材によっては温湿度調整も可能。体圧分散性の改善には役立たない。
  • プロテクター:マットレスから汚れを守るためのもの。防水生地のため保護力が高い。体圧分散性の改善には役立たない。
  • トッパー:体圧分散性を改善するためのもの。トッパーは洗うことはできないので、上にパッドやシーツを重ねる必要がある。
  • ピロートップ:トッパーとパッドが1つになったような構造・役割のもの。ベッドマットレスの上に(大体予め)備え付けられているクッション。体圧分散性改善のために別売りのものもある。
  • 除湿シート:マットレス下の湿気を取るためのもの。

あなたに何が必要か分かりましたか?

睡眠環境、寝具の状態、生活スタイルなどをもとに考えると、あなたに合う組み合わせがイメージしやすくなります。

しかしもし「考えるのがめんどくさい」ということであれば、下記の3つのケースを参考にしてください。ほとんど大半の方は、これらの組み合わせに該当するかと思います。

  1. 必要最低限で済ませたい
  2. 肌触りにこだわりたい、手入れの手間を省きたい
  3. 寝心地を改善したい

1−1. 必要最低限で済ませたいなら「敷きパッド」

用意するものを極力減らしたいなら、

【マットレス → 敷きパッド】

といった使い方がおすすめです。

これにより寝汗などの汚れからマットレスを守ってきれいに使えますし、きちんとした素材のものを選べば蒸れずに快適に眠れるようになるからです。

characteristics-of-fabric-materials

「どれか一つだけならベッドシーツじゃないの?」と考えられるかもしれませんが、ベッドシーツだけだと寝汗などの汚れを完全に防ぐことができないため、マットレスが汚れやすくなります。そのせいでへたりやすくなりますので、あまり経済的ではありません。

なお、もしかすると「敷きパッドじゃなくてベッドパッドじゃダメなの?」と考えられる方もいるかもしれませんが、ベッドパッドは厚みがあり洗濯がやや不便のため、なにか一枚だけ敷くとなると敷きパッドのほうがおすすめなのです。

肌触りが好みの生地の敷きパッドを一年中使うのもいいですし、夏には接触冷感生地の敷きパッドでひんやり眠るのもよしです。

接触冷感
接触冷感

また冬には、吸湿発熱素材や起毛生地のあたたかい敷きパッドでぽかぽかぐっすり、などのように季節に応じて使い分けるのも一手です。

吸湿発熱の原理
吸湿発熱の原理

1−2.肌触りにこだわりたい・手入れの手間を減らしたいなら「ベッドシーツ」を使う

このような場合は、

【マットレス → 敷きパッド → シーツ】
【マットレス → ベッドパッド → シーツ】

などの組み合わせの使い方がおすすめです。

というのも、敷きパッドの生地素材はあまり種類が豊富ではないからです。海島綿やGIZA45のような超長綿や、シルク素材のなめらかで上質な肌心地の眠りを楽しみたいのならベッドシーツから探すしかありません。

また、敷きパッドの上に寝るということは敷きパッドを週に1度は洗うことになります。敷きパッドが薄いとはいえ、やや面倒ですよね。そこでシーツです。シーツが一番上にあれば、シーツを週に1~2度洗い、敷きパッドは2~3週間に1度洗えば十分になるからです。

基本的にはこの使い方がおすすめです。

1−3. 寝心地を改善させるなら「トッパー」を使う

  • マットレスがへたってきた
  • マットレスが硬すぎる

などのように感じられるなら、

【マットレス → トッパー → 敷きパッド → シーツ】
【マットレス → トッパー → ベッドパッド → シーツ】

などのような使い方をしましょう。

mattress-topper-6cm
マットレストッパー

マットレストッパーは、へたったマットレスの寝心地を改善するためのものです。マットレスをすぐに買い替えられないときは、トッパーで補強しましょう。新品のマットレスとともに購入される方がいますが、新品のマットレスは寝心地が良いはずですので併用する必要はありません。

また、マットレストッパーに使用される素材はウレタンフォームやラテックスなどの洗えないものがほとんどですので、その上に敷きパッドを敷くことをおすすめします(下記、トッパー素材の一覧)。

characteristics-of-mattress-topper-materials

1−4. マットレスの下が湿りやすいなら除湿シートを使う

除湿シートは必ず必要という訳ではないのですが、

  • 寝室の湿度が高い(常に70%以上)
  • マットレスを床に敷いて使う
  • ベッドフレームの天板がすのこではない
  • ベッドフレームの天板はすのこだがその下に収納物がたくさんある

などの場合には、マットレスの下に除湿シートを敷いて使うことをおすすめします。

washable-dehumidification-sheet
>>除湿シート 1,400円(弊社サイト)

日本の湿気は尋常ではありません。夏は高温多湿、冬は結露によって、マットレスは年中湿気りやすい状況下におかれています。湿気対策をしないと最悪、カビが生えることになります。特に、フローリングの上でマットレスを使う方は注意です。

characteristics-of-bottoms-of-mattress

※新しいマットレスにはプロテクターを付けること

新しいマットレスを購入するならプロテクターも一緒に購入しましょう。

特に、高価なマットレスを買うなら尚のことです。

というのも、マットレスは耐久性による寿命がくる前に、汚れなどのためから使い物にならなくなることが多いからです。つまり、高品質なマットレスを買っても扱いが悪いがためにダメになってしまっているのです。

そこでマットレスプロテクターです。

Protect-A-Bed-Mattress-Protector-Classic
>>マットレスプロテクター 5,500円(弊社サイト)

マットレスが新品のうちに防水仕様のプロテクターをつけておくことで、マットレスの状態をほぼ新品のまま保っておくことができます。衛生的だから快適なのはもちろんのこと、湿気によるへたりなどを防いでマットレスの耐久性を損なうことを避けられます。

※敷布団をマットレスに敷くのは基本的には非推奨

「新しく購入したマットレスに今まで使用していた敷布団を重ねて使っていいのか?」という質問をよくいただきます。結論、マットレスは単体で使うことを想定して作られているので、敷布団を重ねて使う必要はありません。

これについては下記のページで詳しく解説しているので、気になる方はあわせてご参照ください。

関連記事

2. マットレスにベッドフレームは必要?

マットレスには必ずしもベッドフレームが必要ということはありません。

indicator-of-mattress-height3

厚みが15cm以上のマットレスはさすがにベッドの上で使わないと見栄えが悪くなりますが、厚みが10cm前後の高反発マットレスなどは敷布団のように床の上でそのまま使えます。

ただ、床の上でマットレスを使うとなると湿気りやすいため、そのために特別な手入れが必要になったりなど、気をつけなければならないことが色々あります。詳しくは下記のページで詳しく解説しているのであわせてご参照ください。

関連記事

最後に

マットレスの周辺アイテムを正しく使う方法が分かり、あなたが何を買い揃えるべきか明確になっていれば幸いです。

また、以下のページで寝心地が素晴らしいマットレスを選ぶためのポイント(体圧分散性、弾力性、耐久性など)とおすすめのブランドについて徹底的に解説しているので、是非あわせてご参考にしてください。

関連記事

 

なお、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧

熟睡マットレスのおすすめブランド9選【選ぶコツと注意点】
腰痛を起こすマットレスの3つの原因と改善方法
これで失敗知らず!三つ折りマットレスのおすすめの選び方
奇跡の復活!マットレストッパーの正しい使い方・選び方
子供用マットレスの選び方5つのポイント
低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
マットレスの通気性を3段階で比較評価!
ベッドマットレスにそのまま寝るのはダメな3つの理由
フローリングにマットレスの直置き厳禁。正しい対策でカビ無しに
マットレスを和室の畳に直置きして使うなら気をつけたいこと
マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
【ベッドマットレスvs敷布団】あなたに合うのはどっち?!
マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する9つの目安
マットレスに凹み?!ヘタったマットレスへの3つの対処法
賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ