マットレス

【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスを購入した時、シーツやパッド、除湿シートなど様々な周辺アイテムがあるため、

  • これらの周辺アイテムって全部必要なの?
  • マットレスの上に敷布団を敷いてもいいの?
  • 床に直置きはダメで、ベッドで使わないといけないの?

などの疑問を感じることがあると思います。

そこで本日は「マットレスとその周辺アイテムの正しい使い方」をご紹介します。


1. マットレスと周辺アイテムの正しい使い方

まず、マットレスの周辺アイテムとして代表的な「ベッドシーツ」「敷きパッド」「ベッドパッド」「マットレスプロテクター」「除湿シート」をマットレスに対して正しく使うとすると、以下のイラストのようにマットレスの上下に敷くことになります。

マットレスと周辺アイテムの正しい使い方
マットレスと周辺アイテムの正しい使い方

とはいえ、これらを全て一緒に使う必要はありません。

あなたの体質や住環境などの状況に合わせて使い分けましょう。以下に、ケース別のおすすめの使い方をご紹介していきます。

1−1. 必要最低限で済ませたい場合

マットレス周辺アイテムを必要最低限で済まそうとお考えであれば、「敷きパッド」もしくは「マットレスプロテクター」のどちらかを使用しましょう。

「どれか一つだけならベッドシーツを使う」と考える人が多いかもしれませんが、ベッドシーツのみの使用だとマットレスが汚れやすく寿命が短くなりがちです。そのため、より防汚性の高い敷きパッドやマットレスプロテクターのどちらかを使用することをおすすめします。

肌触りが好みの生地の敷きパッドを一年中使うのもいいですし、夏には接触冷感生地の敷きパッド、冬には暖かい起毛生地の敷きパッド、のように季節に応じて使い分けるのも一手です。また、夜尿にお悩みだったりしてより防汚性を高めたいのなら、敷きパッドよりも防水仕様のマットレスプロテクターがよりおすすめです。

1−2. 肌触りにこだわりたい場合

残念ながら敷きパッドやマットレスプロテクターで選べられる生地には限りがあり、海島綿やGIZA45のような超長綿やシルク素材のなめらかで上質な肌心地の眠りを楽しみたいのならベッドシーツに頼る必要があります。

つまり、敷きパッド、もしくは、マットレスプロテクターの上にベッドシーツを敷く使い方です。

この場合、ベッドシーツは週に1~2度を目安に洗い、敷きパッド・マットレスプロテクターは2~3週に1度を目安に洗いましょう。敷きパッド・マットレスプロテクターに比べるとベッドシーツは洗いやすいので、寝床の衛生面を気にする人にもおすすめの使い方です。

1−3. 寝心地をよくしたい場合

ベッドパッドはマットレスの寝心地UPのために敷くことが主な目的です。

敷きパッドと比べてベッドパッドは厚みもしっかりとしているものが多いので、毎週洗うような使い方には向いていません。そのため、ベッドパッドの上には、敷きパッドもしくはベッドシーツを敷いて使うようにしましょう。

このような理由から、新品のマットレスを購入した場合は、ベッドパッドではなく敷きパッドの購入をおすすめしています。新品のマットレスであれば寝心地に問題はないはずですし、汚れたときに手軽に洗濯できるほうが便利だからです。

なので、ベッドパッドはマットレスの寝心地が悪くなってきた時に導入しましょう。とはいえ、ややこしいのがベッドパッドとマットレストッパーの違いです。どちらも寝心地UP目的のマットレス周辺アイテムで、立ち位置がほぼ同じのためどちらを選ぶのか非常に迷いやすいです。こちらのページ『【一気に寝心地UP!!】理想的なベッドパッドの選び方』で素材や厚みなどの考慮してあなたに合うほうを考えるご参考にしてください。

1−4. 寝室の湿度が高めな場合

除湿シートは必ず必要という訳ではないのですが、

  • 寝室の湿度が高い(常に70%以上)
  • マットレスがウレタン製

などの場合にはマットレスの下に敷いて使うことをおすすめします。夏は高温多湿、冬は結露によって湿気りがちな日本の住環境で、マットレスに湿気対策をしないまま使っているとカビが生えてしまいます。ウレタンの内部にまでカビが生えてしまうと処分するしかなくなってしまうので、除湿シートでカビ予防をすることをおすすめします。

※敷布団をマットレスに敷くのは基本的には非推奨

よくある質問に「新しく購入したマットレスに今まで使用していた敷布団を重ねて使っていいのか?」というものがありますが、マットレスは単体で使うことを想定して作られているので敷布団を重ねて使う必要はありません。

「寝心地が硬すぎてどうしても眠れない」というような場合、マットレスに敷布団を重ねてもいいですが寝姿勢が悪くなっていないか、寝返りがしにくいことはないか、など確認しましょう。

理想的な寝姿勢
理想的な寝姿勢

また、「敷布団でマットレスを保護し、週に1度、敷布団を干している」という人が稀にいますが、敷布団でなく(敷布団より軽くて薄い)敷きパッドやマットレスプロテクターを代わりに使うことで、干す作業を非常に楽にすることができます。


2. マットレスにベッドフレームは必要?

厚みが20cm前後のスプリングマットレスが床に直置きだと、見栄えが良くないのでベッドフレームの上で使うことをおすすめしますが、厚みが10cm前後のウレタンマットレス、エアー系として知られる高反発ファイバーマットレスであれば、敷布団のように折り畳んで使うこともできるのでベッドフレームは必ずしも必要ではありません。

見栄えや使い勝手以外にも、ベッドフレームがあろうがなかろうが寝心地は大きく変わらないというのも理由の一つです。

2−1. マットレスを床(フローリング・畳)で使う際の注意点

マットレスを床に直置きして使う場合に気をつけるべき点は、敷布団と同じく「敷きっぱなしにしない」ことです。たとえ高反発ファイバー素材のマットレスであっても、敷きっぱなしにしてしまうとカビが生える恐れがあります。

  • 非使用時はマットレスを壁に立て掛けておく
  • 梅雨時は扇風機の風をマットレスの両面に当てて湿気を飛ばす

などの湿気対策をしてマットレスにカビが生えないように気をつけましょう。


最後に

マットレスの周辺アイテムを正しく使う方法が分かり、あなたが何を買い揃えるべきか明確になっていれば幸いです。

また、こちらのページ『【品質表示まで解析】熟睡できる高反発マットレスの選び方』で正しい寝姿勢のための硬さ/柔らかさ、必要十分な厚みのマットレスについて説明しているので併せてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

眠りをより深く快適にする革命的ウレタン、セルプール。

・しっかりと眠ったはずなのに朝起きると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚められない・・。
・日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。

睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。眠りをより快適に、そして、より深かめるために私どもが開発したのがセルプールマットレスです。

  • まるで宙に浮いているかのような体の軽さ
  • 力まずコロッと楽にできる寝返り
  • さらっとムレにくい爽やかな寝心地
  • 長く使える圧倒的な耐久性
  • ダニやカビの発生を抑える特殊技術
  • 大使館が推奨する信頼性

是非あなたの睡眠改善にお役立てください。


セルプールの詳しいレビューを読む

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ