マットレス

高反発マットレスのニュートン数をアテにしたらダメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから

「え!?なんでですか!?なぜ弊社の高反発マットレスのニュートン値が200Nにもなっているんですか!?」

私は試験機関からの報告が信じられませんでした。

高反発マットレスの硬さの目安として「ニュートン値」が用いられています。色々なマットレスを比較検討している方は、商品ページに記載されているこの数値を硬さの参考にされていることと思います。

が、大変残念なことに、試験機関がきちんと測定していても的外れな数値が出てしまうことがあるので、ニュートン数は全くアテになりません。ということで本日は「高反発マットレスのニュートン数をアテにしたらダメな理由」についてご紹介します。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

1. 高反発マットレスのニュートン(N)とは硬さの目安

そもそもニュートン数がどのように測定されているか、あなたはご存知でしょうか(試験方法から理解しないと、なぜアテにならないか説明できないので少々お付き合いください)。

日本工業規格(JIS)として指定されている測定方法は、以下のようにされています。

製品から50×380×380mmの試験片を切り出して、φ200mmの加圧板で垂直方向に始めの厚さの70%ひずみ量まで押し込む操作を3回繰り返した後、直ちに始めの厚さの40%ひずみ量まで押し込み、静止後30秒経過した時の荷重を読み取る。

(引用:日本ウレタン工業協会

つまり、人の体が横たわったときにマットレスが押し戻そうとする力を硬さとして測っているのです。そして、測定された数値に応じて、以下のように硬さが決められます。

ニュートン数 硬さ
110以上 かため
75以上 110未満 ふつう
75未満 やわらかめ

一見、何の問題も感じられないかと思います(私もそう思っていました)。

1−1. ニュートン数をアテにしてはダメな理由

しかし、この「厚さの40%まで押し込み」というところに問題があるのです。特に、マットレスにプロファイル加工が施されていたり、厚みが10cm以上あるマットレスとなると測定結果がブレてくるのです。

例えば、弊社が販売している厚み14cmのマットレス。やや硬めのウレタンフォームに凸凹プロファイル加工を施して「ふつうの硬さ」(適切な寝姿勢になる硬さ)に仕上げています。しかし、日本工業規格(JIS)の試験方法に従うと200ニュートンというあり得ないほどの硬さになってしまいます。

実態よりも押し込んで硬さが求められる1
実態よりも押し込んで硬さが求められる1

なぜこんなおかしなことになっているのかというと単純に、「厚さの40%まで押し込み」というのが実態にそぐわないからです。14cmのマットレスに寝たときにここまで体が沈み込むことなんてまずないですよね。しかも、凸凹プロファイル加工によって表面を柔らかく仕上げたのがまるで無視されています。

実態よりも押し込んで硬さが求められる2
実態よりも押し込んで硬さが求められる2

実際の使用を想定すると、このマットレスなら「厚さの20%程度の押し込み」だと実態に則したニュートン数が出るのではと考えています。とはいえ、それぞれのマットレスに別々の試験方法を適用するのもおかしな話です。単純に、個性のあるものを一律の試験で測定するのに無理が生じているだけです。学校の教育みたいですね。

他社メーカーの高反発マットレス(厚み14cm前後、プロファイル加工なし)のケースですと、300N近くの数値になっているものがありました。この高反発マットレスは「やや硬め」くらいを目指して開発されたのだと思いますが、試験結果のまま表記するとありえないほどの硬さになってしまっていました。このメーカーもこの結果には不服なはずです。

上記の理由のため、ニュートン数はあまりアテにしないようにしましょう。

【注意】実はこの試験方法2018年に改定されたばかりなのです。以前は「厚さの25%まで押し込む」ものでした。ただ、この時はこの時で、同じような理屈から、薄いマットレス(特にプロファイル加工がされたもの)がやけに柔らかく測定されてしまっていました。試験方法を決めるのはとても大変だろうと思います。今後の改善に期待です。

1−2. ニュートン数よりもメーカーの声、自分自身の声を聞こう

ではどうすればいいのかと言うと、メーカー(もしくは販売店)がそのマットレスの硬さをどのように伝えているかです。つまり、硬めなのか、普通なのか、柔らかめなのかです。

また、体重が平均よりも軽めな人はやや柔らかめ、体重が平均より重めな人はやや硬めの寝心地を好む傾向があることを念頭に置くとよいです。さらにその上で、検討中のマットレスに実際に試し寝が出来れば言うことはありません。自分自身がどう感じるかが大切です。以下のページ試し寝方法をお伝えしています。

関連記事

最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

2. 高反発マットレスの硬さについてよくある質問

よくいただく質問についての私なりの考えをご紹介します。

2−1. 使用に応じて柔らかくなる?

ポリウレタンフォームは使用に応じて柔らかくなります。しかし、かなり徐々に柔らかくなっていくため、なかなかその変化には気づきにくいかと思います。

2−2. 硬めと柔らかめ、どっちがいいの?

どちらかが優れているといったことはありません。適切な寝姿勢が取れるのなら後は好みの問題です。

ただ、その上で「ふつう」か「かため」で迷うのなら、かためのものを選ぶことをおすすめします。上記の通り、ウレタンは使用に応じて徐々に柔らかくなりますし、最悪、ベッドパッドなどで柔らかさを足すことができるからです(と同時に、硬くすることは困難だからです)。

2−3. プロファイル加工はあったほうがいい?

高反発ウレタンフォームマットレスならプロファイル加工がされているものがおすすめです。

「ふつう」の硬さで表面がフラットなものは味気のない寝心地ですし、「かため」の硬さで表面がフラットなものはやや硬すぎて体圧分散性に疑問を感じることがあるからです。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

まとめ

試験方法にやや無理があるため高反発マットレスのニュートン数はあまりアテになりません。メーカーの声とあなたがどう感じるかを軸に硬さについて考えるようにしましょう。

なお、以下のページであなたに合った高反発マットレスを選ぶポイント(硬さ、厚み、生地、耐久性など)とおすすめブランドを紹介しているのであわせてご参考にしてください。

関連記事

 

また、「高反発マットレス」に関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「高反発マットレス」の記事

①最高の高反発マットレスを選ぶ5つのポイントとおすすめブランド
②高反発マットレスとは|素材別の特徴と寝心地を解説
③低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
④高反発マットレスが原因で腰痛に。避けるための3つの知識
⑤高反発マットレスの厚みと硬さは「体重」を元に考える
⑥高反発マットレスのニュートン数をアテにしたらダメな理由
⑦高反発マットレスは「密度」=「耐久性(寿命)」
⑧高反発マットレスの表面、フラットとプロファイルの違いとは
⑨賢くお買い得に!高反発マットレス7つの比較ポイント
⑩高反発マットレスの通気性には期待してはいけない理由
⑪高反発マットレスはやっぱり三つ折り?メリットとデメリット
⑫高反発マットレスに敷きパッドは必須!季節別の選び方
⑬お店でマットレスの試し寝をする時の5つのチェックポイント
⑭マットレスでシングルサイズを選ぶ時の注意点
⑮【高反発マットレスVS敷布団】特徴と寝心地の違いとは
⑯高反発マットレスのダニ対策!素材別に解説
⑰高反発マットレスが臭い?その原因と対策について
⑱高反発マットレスのお手入れ方法
⑲高反発マットレスを処分!賢く安く捨てる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝起きた時、腰や背中に違和感はありませんか?

・しっかりと眠ったはずなのに朝起きると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚められない・・。
・日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。

睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。眠りを見直すためにも、正しい作りのマットレスを試してみませんか?

適切な寝心地で、適度な耐久性、そして手頃な価格をコンセプト「エコラテ エリート マットレス」を開発しました。

  • 軽い寝心地を生む反発弾性45%のウレタンフォーム
  • 腰と背中にやさしい凸凹プロファイルカットによる体圧分散性
  • ウレタン密度32D、たくましい耐用年数(7年前後)
  • 表側テンセル™100%の爽やかな肌心地
  • あなたまでダイレクト、最高のコスパでお届けします!!

是非あなたの睡眠改善にお役立てください。


詳細を見てみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ