マットレス

肩こり改善をマットレスから。原因別の対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから

  • マットレスを変えてから肩こりに…。
  • 最近、寝ていると肩に疲れが…。

これは決して珍しいことではありません。マットレスを含めた睡眠環境が、肩に良くないように変わってしまった(劣化した)と考えられます。

このようなときは原因をさぐって対策をしましょう。そうすることで肩にある不快感を改善させることが期待できます。


最高品質のマットレス
商品の詳細はこちら

0. マットレスだけで肩こりの改善は難しい

まず最初に、一言注意を。

商品を販売したいだけの情報サイトに惑わされないようにしましょう。

あるサイトを見ていると「ここでおすすめされているマットレスを使うと肩こりが治るのかな」と期待したくなるような内容が書かれていますが、マットレスを買い換えるだけで必ずしも肩こりが改善されるとは限りません。


最高品質のマットレス
商品の詳細はこちら

1. マットレスで肩こり改善を目指す方法

ただ、ある日を境に、寝ているときに肩にムズムズした疲れを感じるようになったり、朝起きると肩が凝っているようになった、ということであればマットレス(と枕)に原因があると考えられます。

考えうる原因について紹介していきますので、心当たりがあるものがあれば対策していくようにしてください。

1-1. 寝姿勢が悪くなった

もっとも大きな原因が寝姿勢の悪化です。

  • マットレスがへたってきた
  • 新しいマットレスに買い換えた

などなどマットレスの寝心地が変わることで、今まで良かったはずの寝姿勢が悪くなってしまって、肩こりを起こすきっかけになるのです。

理想的な寝姿勢
理想的な寝姿勢

正しい寝姿勢とは上のイラストのような状態です。

例えば、マットレスがへたってくると相対的に枕が高くなりすぎてしまい、肩から首にかけての姿勢が悪くなります。その結果として、肩こりになることがあります。

too-high-pillow
高すぎる枕

また例えば、マットレスがへたったために新しいきちんとしたマットレスに買い換えると、今までよりも相対的に枕が低くなりすぎてしまい、同じように姿勢が悪くなるなんてことがあります。

冒頭で言ったのが正にこのことです。マットレスがきっかけとなって肩こりを起こしているわけですが、マットレスだけが悪いのではなく枕も含めて寝具がトータルで肩こりを起こしているのです。なので、マットレスを変えればどうにかなる問題でもないのです。

最重要ポイントが寝姿勢です。

もちろん、マットレスがへたっているなら腰に良くないので買い換えることをおすすめします。しかし、その上で、新しいマットレスで寝るときに、枕がきちんと首から後頭部にかけてフィットしていて、高さが適切になるかどうかを確認しましょう。

Ideal-height-of-pillow1
理想的な枕の高さ(肩口から頭が10~15度の傾斜)

寝姿勢が適切かどうかチェックする体感値ポイントは下記の通りです。

  • 肩の筋肉が柔らかでこわばっていないか
  • 首筋は張っていないか
  • 呼吸はスムーズにできるか

このように寝姿勢を調整してみてください。

寝姿勢が適切になれば肩こりも落ち着くはずです。

1-2. 寝相が悪くなった

もう一つ、考えられるのが寝相が悪くなることでの肩こりです。

これがどう言うことかと言いますと、

  • マットレスがへたる → 寝心地が悪くなる → 寝返りが増える(寝相が悪くなる) → 枕から頭が落ちる → 寝姿勢が悪い状態のまま眠ってしまう

といった流れです。

なお、このパターンの最悪のケースは、枕から頭が落ちてそのまま首が曲がった状態で寝続けてしまい寝違えてしまうことです。恥ずかしながら私も、数年に1度は何かにうなされて寝相が悪くなりこのようにして寝違えてしまうことがあります。

なお、この場合の対策は、へたっているマットレスを買い換えることなのですが、上記で伝えたように、マットレスだけを買い換えても枕との組み合わせによって肩こりが完全に治るとは限りません。そのため、新しいマットレスと枕との相性で、あなたの寝姿勢がきちんと正しくなっているか確認するようにしてください。


最高品質のマットレス
商品の詳細はこちら

最後に

あなたの肩こりの原因を掴む一助になっていれば幸いです。

なお、マットレスを買い換えようということであれば、寝心地の良いマットレスを選ぶためのポイント(体圧分散性、弾力性、耐久性など)とおすすめのブランドについて下記のページで解説しています。是非あわせてご参考にしてください。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝起きた時、腰や背中に違和感はありませんか?

・しっかりと眠ったはずなのに朝起きると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚められない・・。
・日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。

睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。眠りを見直すためにも、正しい作りのマットレスを試してみませんか?

適切な寝心地で、適度な耐久性、そして手頃な価格をコンセプト「エコラテ エリート マットレス」を開発しました。

  • 軽い寝心地を生む反発弾性45%のウレタンフォーム
  • 腰と背中にやさしい凸凹プロファイルカットによる体圧分散性
  • ウレタン密度32D、たくましい耐用年数(7年前後)
  • 表側テンセル™100%の爽やかな肌心地
  • あなたまでダイレクト、最高のコスパでお届けします!!

是非あなたの睡眠改善にお役立てください。


詳細を見てみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ