マットレス

床用マットレスならベッドなしでもOK?おすすめの使い方

こんにちは、加賀照虎です。

「床にマットレスを直置きして使っても大丈夫かな」

と考えたことはないでしょうか。

結論から言うと、マットレスは床置き可能です(スプリングマットレスは使い勝手の観点から非推奨)。

comparison-of-mattress-and-futon4

しかし、何のケアもなくそのまま使ってしまうと問題が起こることがあるので、注意しなければなりません。

そこで本日は「床用マットレスならベッドなしでもOK?おすすめの使い方」をご紹介します。

【広告】最高のマットレスを開発しました。こちらのページ「【最高のマットレス1選】睡眠健康指導士が解説します」で紹介していますので、マットレスを比較検討中ならぜひ参考にどうぞ。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. マットレスを床の上で使うときの注意点

  • マットレスを湿気らせないためのお手入れ
  • 部屋のどこに置くかのレイアウト

この2つが床でマットレスを使うときのポイントになります。

それぞれ具体的にご説明していきます。

1−1. マットレスを湿気らせないためのお手入れ

マットレスは猛烈に湿気りやすい環境です。

というのも、床からの冷気と、体からの暖気に挟まれているからです。

布団・マットレスに湿気やカビが発生するメカニズム
布団・マットレスに湿気やカビが発生するメカニズム

まるで冷えた飲み物が注がれたグラスに水滴が生まれるように、湿気がどんどんと溜まっていきます。そして、そのまま放って置くとカビが生えてマットレスが使い物にならなくなってしまいます。

そこで、以下のようにしてマットレスを使うことをおすすめします。

除湿シートをマットレスの下に敷く

washable-dehumidification-sheet
洗える除湿シート

製品:洗える除湿シート
素材:[表裏]ポリエステル100% [中材]シリカゲルB型
価格:1,400円
【商品ページはこちら】

自社製品で恐縮ですが、湿気が溜まらないようにするには、マットレスの下に除湿シートを敷くのが一番おすすめです。

シリカゲル素材のものであれば湿気はもちろん、湿気ったニオイも取り除いてくれます。ただ、ずっと敷きっぱなしではいけません。部屋の湿度にもよりますが、2週間に1度は除湿シートが吸い取った湿気を吐き出させましょう。そうでないと、除湿シート自体が湿気ってカビてしまう恐れがあります。

こまめにマットレスを通気させる

マットレスを壁に立てかける
マットレスを壁に立てかける

もしくはマットレス自体を壁に立てかけて風に晒すようにしてあげましょう。この時マットレスからシーツを取り外しておくと効率的に乾かすことができます。お部屋の風通しがあまりよくなければ、扇風機を使って風を当ててみましょう。こちらも1~2週間に1度を目安に行ってください。ただ、起床時に床がジトッと湿るような環境にお住まいなら、2~3日に1度を目安に行えると理想的です。

すのこの上でマットレスを使う

types-of-sunoko

もしくはマットレスの下に床置きすのこを置くのも一手です。ベッドと違って場所を取らないのが利点です。吸湿素材で作られたものだと湿気対策にかなり効果的でおすすめです。また、木製や樹脂製のものと違って硬くないので、若干とはいえクッションとしても働きます。

1−2. 部屋のレイアウトで気をつけること

マットレスの置き方にも配慮しましょう。

壁から10cm以上マットレスを離して置くこと

たった10cmでいいので壁から離してマットレスを置きましょう。エアコンの風の直撃を避けるためです。エアコンから出た風が壁にぶつかるとそのまま下に向かっておりて行きます。壁際にマットレスがあると寝ているあなたに風が直撃します。夏なら体を冷やしすぎることになりますし、冬は乾燥により喉を痛める恐れがあります。体調を崩す原因となるとご注意ください。

窓からもマットレスを離して置くこと

窓はさらに注意が必要です。というのも、室内外の温度の差から窓が結露すると、窓付近のものが湿気りやすくなるからです。せっかく除湿シートなどをマットレスの下に敷いていても、結露によりマットレスを湿気らせてしまったら元も子もありません。もちろん、このことはマットレス以外の家具にもいえます。窓付近にはものを行いようにしましょう。


2. 床用マットレスなら三つ折りマットレスがおすすめ

マットレスにはいくつもの種類があります。

床に置いて使うことを目的としてしているのなら、以下の3つのポイントに該当するものがおすすめです。

  • 高反発ウレタンマットレス
  • 高反発ファイバーマットレス
  • 三つ折り仕様

characteristics-of-mattress-type4

※コイルスプリングマットレスの体圧分散性はコイルの上の詰めもの(ウレタンフォーム やわたなど)の量と品質により大きく左右され、単体での評価が不可能なため「 – 」としています。

その理由は、通気性、軽さ、乾かしやすさです。

  • 高反発ファイバー:通気性ではNo.1です。ただ、寝心地が硬めなので体圧分散性にこだわりがある人にはおすすめできません。
  • 高反発ウレタンフォーム:通気性こそ劣りますが、寝心地がよく、軽くてお手入れがしやすくバランスが良いです。そして、三つ折り構造だとコンパクトにできて収納にも便利です。
  • コイルスプリング:重量が20kgを超えるので、床で使うにはお手入れが大変です。
  • 低反発ウレタンフォームラとラテックス:やや重くお手入れが手間ですし柔らかめなので壁に立てかけて乾かすことも難しいのであまりおすすめできません。

という観点から、私のおすすめのマットレスを紹介します。

エコラテ エリート 三つ折りマットレス
エコラテ エリート 三つ折りマットレス

製品:エコラテエリート 三つ折りマットレス
硬さ:やや硬め
サイズ:
シングル(98×195×10cm)
重量:約7kg
価格:
16,990円
送料:無料
保証:3年間品質保証・3週間トライアル
【商品ページはこちら】

低価格マットレスの決定版です。3万円以内の予算で考えている人におすすめです。自社製品のため恐縮ですが、無駄を削ぎ落とした仕様なので素晴らしいコストパフォーマンスを目指しました。

kaimin-times-oasis-mattress-8cm
快眠タイムズ オアシス敷布団

製品:快眠タイムズ オアシス敷布団
硬さ:やや柔らかめ
サイズ:シングル(98×195×8cm)
重量:約8kg
価格:24,000円
送料:無料
保証:5年間品質保証・3週間トライアル
【商品ページはこちら】

もちもちの一層目と、しっかりめの二層目の多層構造ウレタンフォームで、雲の上のような寝心地でぐっすり深く眠れることを目指しました。自社製品のため恐縮ですが、ほどよく柔らかい寝心地を好む人にイチオシです。

フォーシーズンズプレミアム(ブレスエアー®︎)
ブレスエアー®︎ ネムリエPremier

製品:ブレスエアー®︎ ネムリエPremier
硬さ:極柔~極硬から選択可能
サイズ:シングル(95×195×10cm)
重量:約8.1kg
価格:49,500円
送料:無料
保証:30日間返品保証
【商品ページはこちら】

高反発ファイバー素材として有名なブレスエアー®です。この製品はブレスエアー®の加工を一手に引き受けている企業が企画しているもので密度などの仕様はお墨付きです。面で支える構造のため若干硬めの使用感ですが、高反発ファイバー素材のマットレスを選ぶのならこのブランドがおすすめです。


3. ベッドなしマットレスをおしゃれに見せるたった一つの方法

マットレスを床に置いて使うとなんかチグハグとした見た目になってしまって気になりますよね。

簡単におしゃれにコーディネートする方法があるのでご紹介します。

それはマットレスの下に絨毯を敷くことです。

マットレスの下に絨毯を敷くだけで一気におしゃれに
マットレスの下に絨毯を敷くだけで一気におしゃれに

絨毯が一枚敷いてあるだけで部屋全体の輪郭がしまってシュッとした感じになることが見てとれると思います。

おしゃれな部屋作りのテクニックとしてご活用ください。

絨毯の色は写真のようにフローリングと同系色のもので合わせるのが無難です。もしくは、部屋のアクセントカラーと合わせてチラ見させるのも一手です。赤い時計、赤いマグカップ、赤いティッシュボックスなどに合わせて赤い絨毯にするといった感じです。

マットレスよりもやや大きめのものを選ぶようにしましょう。マットレスとあなたが絵画だとするなら、絨毯が額縁となるイメージです。10~15cmほど絨毯がはみだすようにしましょう。


最後に

マットレスを床の上使う場合の注意点、そして、おしゃれに見せるコツについてご参考になっていれば幸いです。

また、マットレスをベッドの上で使うことも検討しているのなら、以下のページで寝心地が素晴らしいマットレスを選ぶためのポイント(体圧分散性、弾力性、耐久性など)とおすすめのブランドについて徹底的に解説しているので、是非あわせてご参考にしてください。

関連記事

 

なお、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧
 – 選び方編
○マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順
○敷布団とベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ
○【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味
○マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人
○低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
○【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
○マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
○【マットレスの通気性】素材・加工ベースで比較評価
 – 使い方編
○【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
○マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
○マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
○マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
○マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
○ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
○長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する5つの目安
○賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ