マットレス

【マットレスと枕の相性】マットの硬さで枕の高さが変わる

※自分に合ったマットレスを選ぶ手順(型→素材→個別商品)と値段、体質、好み別におすすめできるマットレスについてこちらのページ「マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順」で徹底解説しています。マットレスの寝心地に違和感がある方は是非ご参考にどうぞ。

マットレスと枕には相性があります。

寝ている人をともに支えるマットレスと枕。これらのバランスが取れてないと、寝心地が悪くなってしまうのは当然です。

そこで本日は「【マットレスと枕の相性】マットの硬さで枕の高さが変わる」についてお話しします。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. マットレスの硬さで枕の適切な高さが変わる理由

まず前提として、適切な枕の高さとは、適切な寝姿勢が取れている状態のことです。

立ち姿勢→寝姿勢
立ち姿勢→寝姿勢

それでは適切な寝姿勢とは何かというと、寝ているときに肩口から頭が10~15度の傾斜になっている状態のことです。

ideal-height-of-pillow1
理想的な枕の高さ

つまり、あなたにとって適切な高さの枕とは、あなたが寝るときに肩口から頭が10~15度の傾斜になる枕になります。

しかし、ここで一つ問題があります。

それは、この傾斜を作るための枕の高さが、マットレスの硬さによって変わりうることです。というのも、マットレスに体が沈み込めば沈み込むほど、必要となるべき枕の高さが低くなっていくからです。

後頭部がマットレスに沈み込み安定

極論、アメリカで販売されているような柔らかいマットレスだと体がかなり沈み込むので、枕がなくても適切な寝姿勢が取れることがあります(この寝心地が好みかどうかはまた別の話です)。

つまり、こういったことから、

  • マットレスが硬めだと高めの枕
  • マットレスが柔らかめだと低めの枕

との相性が良くなるのです。

1-1. マットレスと枕のセット販売がおすすめされる理由

ここでピンときた方もいらっしゃるかもしれません。

同じブランドのマットレスと枕がセットで販売されているのは、一緒に使うことで最高の組み合わせ(使用者がより適切な寝姿勢)になることを目指しているからです。

悪い組み合わせの例を1つあげると、柔らかめの高級ポケットコイルマットレスを使っている方が、今流行の高反発ファイバー素材の枕を購入したとします。マットレスが柔らかめだとすると枕は低めのほうが相性がいいです。それになのに、高さがふつうから高めで沈み込みの少ない高反発ファイバー枕を使ってしまうと、枕がやや高くなりすぎてしまいストレートネックのような寝姿勢になってしまいます。

too-high-pillow
高すぎる枕

このような寝姿勢で寝ると、寝起きに首を痛めてしまうのは言うまでもないですよね。

(とはいえ、こういう方は結構いらっしゃいます。)

セットではこういった悲劇は起こりにくいです。

もちろん、「マットレスと枕の相性」と「適切な寝姿勢」を知っていれば、いろんな枕を比較検討して自分に合ったものを選び抜くこともできます。ただ、「そんな時間ない」「面倒くさい」などと感じる方は、ささっと同ブランドのものをセットで購入すると良いかと思います。

1-2. オーダー枕が合わなくて失敗するのはマットレスとの相性がある

ちなみに、「オーダーメイド枕を作ったのに失敗した…」という方のなかには、マットレスと枕の相性が原因になっているケースもあります。

例えば、自宅で使っているマットレスは柔らかいのに、オーダーメイド枕を作るときにお店に置いてあるやや硬めのマットレスの上でフィッティング・計測・調整してしまったというケースです。

マットレスの硬さが変われば、必要となるべき枕の高さも変わります。つまり、このような場合、オーダーメイドで枕を作る意味がまったくと言っていいほど無くなってしまうのです。合わなくて当然ですよね。お金が勿体ないので、気をつけるようにしましょう。


まとめ

話をまとめると、

  • マットレスが硬めだと高めの枕、
  • マットレスが柔らかめだと低めの枕

という組み合わせの相性があります。

マットレスや枕を買い換えるときはこの点を押さえるようにしましょう。

なお、もしマットレス選びのために情報収集中でしたら、ぜひ下記のページもご覧ください。自分にあったマットレスを選ぶための考え方の手順から、種類、素材、値段別におすすめマットレスを紹介しています。きっとお役立ていただけるはずです。

関連記事

 

また、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧
 – 選び方編
○マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順
○敷布団とベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ
○【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味
○マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人
○低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
○【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
○マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
○【マットレスの通気性】素材・加工ベースで比較評価
 – 使い方編
○【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
○マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
○マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
○マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
○マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
○ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
○長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する5つの目安
○賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ