マットレス

【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスを買い換える時、「どれくらいの硬さが自分に相応しいのか」が最も課題となると思います。

もちろん、あなたの好みの硬さ/柔らかさを基準に選ぶのですが、硬すぎたり/柔らかすぎたりすると寝心地に満足できなくなるどころか、腰痛などの原因になってしまいます。

そこで本日は、「マットレスの硬さがあなたにぴったりか判断するための3つの指標」をご紹介します。

これらを参考にしていただければ、より快適なマットレスをお選びいただけます。


1. マットレスの適切な硬さの3つの指標

適切な硬さのマットレスとは、「理想的な寝姿勢のとれる硬さのマットレス」とも言い換えられます。

というのも、マットレスの硬さが適切でないと体の筋骨が自然な姿勢でいられなく、睡眠中ずっと体に負荷がかかることになるためです。

理想的な寝姿勢
理想的な寝姿勢

寝姿勢の詳細はこちらのページ『寝る姿勢の理想とは|仰向け・横向き寝時の注意点とコツ』に譲りますが、理想的な仰向き寝姿勢とは良い立ち姿勢の状態のまま仰向きに寝転んだ状態で、横向き寝の場合は背筋が真っ直ぐなっている状態です。

とはいえ、自分自身がこれらの姿勢をきちんととれているか客観的に判断するのはとても難しいです。

そこで、以下の3つの指標を硬さの判断の参考にしましょう。

  1. マットレスと腰の間の隙間が埋められる。
  2. マットレスに腰が沈み込み過ぎない。
  3. 寝返りがしやすい。

ご使用中のマットレスの硬さが適切か判断するだけなく、新しくマットレスを購入する際の試し寝にも参考として使えます。

ポイントの列記だけではどういうことか分からないと思うので、次に、これら3つのポイントを満たした硬さがなぜ大切なのかご説明します。

また、マットレスの適切な硬さだけでなく、必要十分な厚みや耐久性に関してはこちらのページ『もう迷わない!熟睡できる高反発マットレスの選び方』で詳しく紹介しているので併せてご参考にしてください。

①腰の隙間が埋められる

硬めのマットレスが好みの方が最も注意しなければならない点です。

もしマットレスが硬すぎると、以下のイラストのように腰が浮いて隙間が生じます。

硬いマットレス
硬いマットレス

この状態だと、浮いた腰の重みの負荷まで臀部にかかるため、臀部への圧迫感が強くなります。また、サポートのない腰の骨への負担も大きくなりますし、腰の筋肉が緊張しっ放しにもなるので腰痛を引き起こすことにもつながります。

そのため、たとえ硬めの使用感のマットレスが好みだとしても、腰に隙間が生まれない程度の硬さを選ぶようにしましょう。一般論になりますが、痩せ型の方や骨張っている方が硬めのマットレスを使用すると、このケースになりやすい傾向があります。

また、現在ご使用中のマットレスが腰に隙間が空いてしまうものだとしても、その隙間をタオルなどで埋めて対策をとらないようにしましょう。腰にタオルを仕込むことにより、反り腰のようになってしまうことがあります。その状態で眠ってしまうととても腰に悪影響があるので、現状腰が浮いているなら体圧分散性の高いトッパー(薄めのマットレス)で補完するようにしましょう。

②腰が沈み込み過ぎない

柔らかめのマットレスが好みの方が最も注意しなければならない点です。

もし、マットレスが柔らかすぎると以下のイラストのように腰がマットレスに沈み込み過ぎてしまいます。

柔らかすぎるマットレス

沈み込みの度合いにもよりますが、この状態だと背骨の中でも特に腰椎(ヨウツイ:腰の骨)が不自然な姿勢になります。もちろん、腰周りの筋肉も不自然な姿勢を一晩中強いられることにより、とてもつもなく疲労が溜まります。また沈み込み方も様々で、反り腰のような腰が反った姿勢になってしまっているとなお一層負担がかかるので注意が必要です。

このように、マットレスが柔らかめなのか、(腰が必要以上に沈み込んでしまうほど)柔らかすぎるのかを判断できるかが大切です。

目安として、腰の落ち込みが感じられる場合、そのマットレスはなるべく避けた方が無難です。というのも、マットレスは全て使用に応じてヘタり、そして、ヘタリは腰の辺りから始まるためです。若干へたっただけでも腰の沈み込みが危険水域に達してしまいます。そのため、腰が若干沈んでフィットしているくらいを目指しましょう。

またも一般論ですが、80kg以上の大柄の方が柔らかめのマットレスを使用すると、腰が必要以上に沈み込む傾向が強いです。

③楽に寝返りがしやすい

寝返りもマットレスの硬さを見極める上で大切な指標になります。

寝返り
寝返り

寝返りはマットレスの硬さだけでなく、反発弾性という押し返す性質も大きく影響しますが、ここではマットレスの硬さにのみあえて焦点を当てています。

マットレスが硬すぎると寝返りが多くなります。というよりも、体の負荷を外らすために否が応でも寝返りをし続けることになります。また、硬すぎるマットレスの上では寝返りを行うのにより多くの力を要するので、楽な寝返りからは程遠くなります。

反対にマットレスが柔らかすぎると、体が(主に腰が)沈み込み過ぎるため寝返りがしにくくなります。寝返りができないと体の特定の部位にのみ負担がかかり続けるので、エコノミークラス症候群のようになってしまう恐れがあります。

そのため、マットレスの硬さを確認する際は、寝返りのしやすさも併せて確認するようにしましょう。

※注:ウレタンのニュートン・コイルの硬鋼線の直径は参考程度に

ウレタン製マットレスの場合はウレタンの硬さの単位「ニュートン」を、スプリング製マットレスの場合はコイルの線材の直径を目安にして硬さを推し量ることができます。

しかし、これらの数値はあくまでマットレス全体の中の一部で、他の仕様(ウレタンのプロファイル加工(凸凹カット)、他の詰め物素材、側生地の厚みなど)により変わるのであまり当てにしすぎない方が良いです。

製造者・販売者が表記している硬さの目安(「硬め」「ふつう」「やわらかめ」など)を参考に、上の3つの指標を元に試し寝を行うのが、最もハズレなく最良の硬さを選ぶ方法です。


最後に

最後に少しおせっかいですが、ご使用のマットレスの硬さを変えると、枕の使用感も変わってきます。マットレスの硬さにより「腰の隙間の埋まり具合」だけでなく「首の隙間の埋まり具合」も変わるためです。

もし、枕の高さが合わなくなることがあれば、こちらのページ「【快眠の方程式】理想的な枕の高さ=理想的な寝姿勢」を参考にあなたにぴったりの枕の高さをお選びください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

眠りをより深く快適にする革命的ウレタン、セルプール。

・しっかりと眠ったはずなのに朝起きると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚められない・・。
・日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。

睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。眠りをより快適に、そして、より深かめるために私どもが開発したのがセルプールマットレスです。

  • まるで宙に浮いているかのような体の軽さ
  • 力まずコロッと楽にできる寝返り
  • さらっとムレにくい爽やかな寝心地
  • 長く使える圧倒的な耐久性
  • ダニやカビの発生を抑える特殊技術
  • 大使館が推奨する信頼性

是非あなたの睡眠改善にお役立てください。


セルプールの詳しいレビューを読む

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ