マットレス

マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策

こんにちは、加賀照虎です。

「マットレスの上に布団を敷いてもいいんでしょうか」

マットレスを作っているため、よくいただく質問です。
実はこれ、ダメなのです。

寝心地改善、腰痛対策、汚れ防止などなど、みなさん、いろんな理由でマットレスの上に敷布団を敷かれます。

しかし、これらすべてNG行為です。

敷布団ではなく状況にあわせて別のものを活用しなくてはなりません。

characteristics-of-mattress-tops

「じゃあどうすればいいんだ」って思いますよね。

ということで、本日はなぜマットレスの上に敷布団を敷いてはいけないのか、そして、敷布団の代わりにどのようなものを利用するべきか、についてご説明していきます。

【広告】最高のマットレスを開発しました。こちらのページ「【最高のマットレス1選】睡眠健康指導士が解説します」で紹介していますので、マットレスを比較検討中ならぜひ参考にどうぞ。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. マットレスの上の布団は不要

マットレスの上に布団が不要な理由は2つあります。

理由①マットレスは直接寝ることを想定して設計されている

マットレスはそもそも、そのまま寝れば快適に眠れるように設計されています。そのため、敷布団をさらにその上に敷く必要はないのです。

characteristics-of-mattress-type4(※どのような種類のマットレスも敷布団と併用することは想定されていない)

※コイルスプリングマットレスの体圧分散性はコイルの上の詰めもの(ウレタンフォーム やわたなど)の量と品質により大きく左右され、単体での評価が不可能なため「 – 」としています。

むしろ、マットレスの上に敷布団を敷いてしまうと、マットレスと敷布団のあいだに湿気がたまりやすくなります。それにより、ダニやカビが繁殖するリスクが高まります。その結果、こまめに敷布団を干す必要がでてきたりなど、手間が増えることになります。デメリットしかないですよね。

理由②敷布団をマットレスの上に敷くと寝心地を損なう

敷布団の視点からも考えてみましょう。

敷布団はそもそも「畳の上で使用すること」を想定して考案されています。そのため、敷布団をマットレスの上で使用されると身体が沈み込み過ぎてしまい、寝姿勢が悪くなってしまう恐れがあります。

too-soft-mattress
柔らかすぎるマットレス(寝姿勢が悪い)

畳はマットレスと比べるとはるかに硬いです。そのため、想定よりも柔らかいマットレスの上で敷布団を重ねて使うと、身体が沈み込みすぎることになるのです。高品質なマットレスを使っているならなおさらです。体圧分散性や反発弾性などの素晴らしい機能が損なわれることにもなります。


2. 敷布団の代わりにマットレスに敷くべき代替策

  1. マットレスが硬すぎる
  2. マットレスが柔らかすぎる
  3. マットレスの汚れが気になる

などの理由で敷布団をマットレスの上に敷かれているかと思いますので、ケース別にどのようにするべきかご説明していきます。

2-1. 硬すぎるマットレスへの腰痛対策ならマットレストッパー

もっとも多い理由がこれです。

マットレスがそもそも硬すぎたり、へたって硬くなってしまったなら、敷布団ではなくマットレストッパーなどを重ねるようにしましょう。

characteristics-of-mattress-tops

硬すぎるマットレスに寝ていると、体がマットレスにフィットせずに背中の下にスキマが生まれるようになります。

too-hard-mattress
硬すぎるマットレスは腰に圧迫を与える

このような姿勢で寝続けると、腰への圧迫により疲れたり、背中へのサポートがないことにより痛みの原因になりえます。そこでマットレストッパーの出番です。マットレストッパーが体圧分散性を高めて寝心地を和らげられます。

indicator-of-mattress-height3

なお、マットレストッパーの厚さは3~5cm前後になっていますが、もしあなたのマットレスに仰向けで寝たときに「背中の下に手がスポスポ入る」くらいでしたら5cmほどの分厚いマットレストッパーを選ぶようにして、「背中の下に手が入るほどではないがスキマがあるように感じる」くらいでしたら、3cmほどのマットレストッパーを選ぶようにしてください。

おすすめのマットレストッパーをいくつか紹介します。

エコラテ6cmトッパー
エコラテ6cmトッパー

価格:9,990円
サイズ:98×195×6cm
【商品ページはこちら】

高反発ウレタンフォームに凸凹プロファイル加工を施したマットレストッパーです。自社製品のため手前味噌ですが、低価格マットレストッパーの決定版と自負しています。10,000円以内の予算ならこちらがおすすめです。

kaimin-times-oasis-mattress-8cm
快眠タイムズ オアシス敷布団

価格:24,000円
サイズ:98×195×8cm
【商品ページはこちら】

こちらは高弾性ウレタンフォームと高反発ウレタンフォームを組み合わせた敷布団型マットレスでが、厚みのある豪勢なマットレストッパーとしても使用可能です。値段はやや高くなりますが「高品質なベッドマットレスの寝心地のようにしたい」とお考えであればこちらを併用することをおすすめします。

今晩からできる応急処置

もし予算やスケジュールなどの都合により、すぐにマットレストッパーでの対策ができないようでしたら、

  • 膝を立てて寝る
  • セミファウラー位で寝る

などを試してみてください。

寝ているときに膝を立てることで、腰の自然な湾曲を和らげることができ、結果として、背中と腰にできているスキマを埋められ、仰向け時の腰痛をらくにすることが期待できます。

Sleep-with-knees-up
膝を立てて寝る

また、上体を起こして膝をやや曲げるセミファウラー位で寝ることで、同じように腰の湾曲を和らげることができます。

semi‐fowlers-position
セミ・ファウラー位

膝や背中の下にクッションを置くと、セミファウラー位で寝やすくなります。

とはいえ、ずっとこの寝姿勢のままで眠るのは大変です。私も以前、ホテルに泊まったときにマットレスがとても硬かったので、この方法を試してみました。腰にかかる圧が多少和らいだので眠ることはできましたが、やはり寝づらかったです。そのため、あくまで「今すぐできる応急処置」として認識してください。

2-2. 柔らかすぎるマットレスへの対策なら除湿シートを使う

マットレスが柔らかすぎて寝心地が悪いケースもあります。

hardness-of-mattress

このような場合、マットレスの上に除湿シートを敷いてさらにその上にベッドパッドやマットレストッパーを敷くことで、寝心地をやや硬めにすることができます。

washable-dehumidification-sheet
>>除湿シート 1,400円 (弊社サイト)

除湿シートは基本的に張り感のある硬めの生地でマットレスの下の湿気対策に使われるものですが、それをマットレスの上に敷くことで寝心地を硬めにすることができるのです。ただ、マットレスの弾力性なども減ってしまいますので、予算やスケジュールが許すならマットレス自体を買い替えられるほうが理想的です。

なお、マットレスに大きな凹みができるほどへたっているなら、凹みをタオルなどで埋めてその上に除湿シートを敷き、さらにその上にマットレストッパーを敷くようにしてください。

how-to-use-mattress-topper-on-bad-mattress
凹みをタオルで埋めてからマットレストッパーを敷く

こうすることで凹みの悪影響を抑えることができます。

2-3. マットレスの汚れ対策ならパッドかプロテクターを利用する

もしあなたが寝汗や粗相などでマットレスが汚れることを気にして、マットレスの上に布団を敷いているなら、

  • 敷きパッド
  • ベッドパッド
  • マットレスプロテクター

などを代わりに使用することをおすすめします。

characteristics-of-mattress-tops

というのも単純に、寝心地うんぬんに加えて、敷布団は手間がかかる上に、洗濯などができないからです。もうご存知の通り、デメリットが多いです。

その一方、敷きパッドやマットレスプロテクターなどはきちんと汚れ対策ができつつ手軽に扱えられますので、これらを利用するほうがメリットが多いです。

組み合わせ方法はあなたの自由で構いません。

敷きパッド一枚でも十分ですし、お気に入りのシーツがあれば敷きパッドorベッドパッド+シーツで良いです。また、子供のおねしょが鼻血が気になるなら、プロテクター+敷きパッドorベッドパッド+シーツといった組み合わせがおすすめです。

how-to-use-topper-pads-and-sheets
マットレスと周辺アイテムの正しい使い方

あなたの生活スタイルに合わせて組み合わせを考えてみてください。

「敷きパッドなんて買ったことない」なんて方は、広告になるので恐縮ですが、私のおすすめの敷きパッド・マットレスプロテクターを紹介しますので参考にしてみてください。

dryming-mattress-pad
除湿・消臭敷きパッド

製品:除湿・消臭敷きパッド
価格:4,980円
【購入ページはこちら】

お菓子の袋の中によく入っている除湿材の「シリカゲル」が入っている除湿敷きパッドです。寝汗などをスッと吸収するため布団内を蒸れにくくし、ダニが住みにくい環境にします。もちろん、カラッとした爽やかな寝心地も快眠にお役立ていただけます。湿気対策、ダニ対策、カビ対策にどうぞ。自社製品なので恐縮ですが、最高の敷きパッドだと自負しています。

また他にも、防水プロテクターはマットレスの汚れをほぼ完全にブロックするので、汚れ対策にはもってこいです。

プロテクト・ア・ベッド マットレスプロテクター
プロテクト・ア・ベッド マットレスプロテクター

製品:プロテクト・ア・ベッド マットレスプロテクター
価格:5,500円
【購入ページはこちら】

伸縮性に富んだニット生地が生みだす柔軟な肌あたり、透湿性をもつ極薄0.025mmの防水膜による爽やかさ、その上、50回洗濯にも耐えうるしっかりした作り。自社製品のため手前味噌ですが、No.1の防水マットレスプロテクター(防水シーツ)と自負しています。


まとめ

もう一度言いますが、マットレスの上に敷布団は不要です。

マットレスの構造上必要ありませんし、寝心地を損なう可能性があるので止めましょう。もし腰痛や汚れ対策として敷布団を使用しているのなら、それに見合った対策を行いましょう。

なお、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧
 – 選び方編
○マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順
○敷布団とベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ
○【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味
○マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人
○低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
○【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
○マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
○【マットレスの通気性】素材・加工ベースで比較評価
 – 使い方編
○【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
○マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
○マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
○マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
○マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
○ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
○長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する5つの目安
○賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントはこちらからどうぞ

  1. はじめまして。
    岡部と申します。
    ここ1週間近く寝起きのときの背中の激痛に襲われ暫くは動けないような状況になっています。自宅で企業様の経理をしているのですが、おそらく仕事の急務で姿勢が悪くなっているのと、急な寒さによって身体が硬直しているからかもしれません。今回の情報がとても役立ちました。また、『マットレスの上に敷き布団は不要』は目から鱗で驚きました。さっそく敷布団を外し、パットに変えます。
    ありがとうございました。

    1. 岡部
      コメントいただきありがとうございます。
      お役に立てたようで嬉しいです。

      ただ、気になるのが、痛みの強さです。マットレスの上に敷布団を重ねると寝姿勢が悪くなり腰(主に筋肉)が痛くなることはありますが、動けなくなるほど激痛になることは稀かと思います。もしかすると他の原因も考えられます。まずは整形外科でレントゲンを撮ってもらうなどして骨に異常がないか確認することをおすすめします。ご自愛ください。
      加賀照虎

コメントを残す

*

快眠タイムズ