マットレス

知らないと損する?!マットレスの適切な処分方法を徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスを処分するとしたら、あなたはどのようにしますか?

あなたが処分に費やせられる労力、金銭、時間、そして、マットレスの状態とタイプにより、最もお得な処分方法が変わります。

そこで今回は、「マットレスの処分方法の手順、メリット・デメリットの徹底比較」をご紹介します。

あなたとマットレスの状況と照らし合わせてください。一番お得な方法が分かります。

1. 新しくマットレスを購入する予定なら、購入先に引き取り・下取りサービスがあるか確認する

まず1番最初に考えてほしいのが、こちらの方法です。

もしあなたが新しいマットレスを購入するために、今のマットレスを処分しようとしているのなら、マットレス購入店が「引き取り・下取り」サービスを行っていないか確認しましょう。

メリット:費用がかからない、もしくは、少ない。お店側が運搬・搬出入をすることが多いため、労力がかからないことが多い。マットレスのない空白期間が生まれない。
デメリット:人を家庭にあげる必要がある。
向いている人:マットレスを買い換える人。多少費用がかかるとしても労力を費やしたくない人。

マットレスを買い換える人にとって、費用・労力面で最も優れた方法です。先ずはこの方法が行えるか確認しましょう。

2. 自治体のゴミとして捨てる

次に検討してほしいのがゴミとして捨てる方法ですが、2通りの行い方があります。

細かく分解して通常のゴミとして処分する方法と、粗大ゴミとして処分する方法です。

2−1. 細かく分解して処分する

もし処分するマットレスが高反発・低反発ウレタンマットレスかラテックスマットレスの場合は裏技があります。ご自身で細かく切って通常のゴミとして捨てる方法です。

メリット:費用ゼロ。時間もほとんどかからない。
デメリット:なし。
向いている人:ウレタン・ラテックスマットレス使用者。

細かくカットしたウレタンをゴミ袋に入れてそのまま所定の場所で処分するだけです。基本的に燃えるゴミ扱いですが、自治体によって判断が分かれるので、あなたのマットレスの素材がどの分類になるか事前にご確認ください。

スプリングマットレスの場合、この方法はあまりオススメできません。先ず、スプリング(金属)と生地を切り分けるのが難しいです。さらに、スプリングを一つ一つ分けていく作業も大変です。モノによってはスプリングや外枠のフレームをニッパなどで切り分ける必要があり、怪我の恐れもあります。

2−2. 粗大ゴミとして処分する

スプリングマットレスの場合、粗大ゴミとして捨てるのが無難です。しかし、自治体によってはスプリングマットレスは回収対象外にしていることがあります。そのため、以下の手順で進めましょう。

1. 自治体(区役所など)にスプリングマットレスを粗大ゴミとして回収しているか確認する。
2. 回収可能なら、回収を依頼する。
3. ゴミ処理券の金額、受付番号を確認する。
4. コンビニやスーパーでゴミ処理券を購入する。
5. 必要事項を券に記入しマットレスに貼り、当日所定の位置に持っていく。

メリット:費用が安い(2,000円前後)。
デメリット:ゴミ置き場までの運搬の手間がかかる。粗大ゴミを捨てられる日まで待つ必要がある。自治体の対応に左右される。
向いている人:回収可能な自治体に住んでいる人。ゴミ置き場までマットレスを運搬できる人

費用は2,000円前後のことが多いですが、自治体により異なります。また、多くの自治体では回収を請け負ってもらえますが、一部不可なので要確認です。自治体での回収が不可ならば次の方法をご検討ください。

3. ゴミ処理施設に持ち込む

スプリングマットレスが粗大ゴミとして処分できない場合、もう少し費用を抑えたい場合、あなた自身でゴミ処理施設に持ち込む必要があります。名古屋市を例にご紹介します。

1. 各区の環境事業所に連絡し相談
2. 指定の環境事業所にマットレスを持っていき手続きをする
3. ゴミ処理施設に持っていく
4. 処理施設で軽量。10kgあたり200円の費用。

スプリングマットレスはシングルサイズだと大体20kgなので、処分の費用は500円前後になります。運搬や手続きなどで時間と労力がある程度かかります。滅多に見られないゴミ処理施設へ社会見学できると楽しめれば問題ないでしょう。

メリット:費用が安い。
デメリット:労力・時間がかかる。土日はやっていない。
向いている人:平日の日中に時間のある人。多少の労力・時間なら避ける。他にも大型ゴミがある。

もし、処分する大型ゴミが他にもあれば、とてもお得かもしれません。処理費用自体は破格に安いので一度に全部処理できるのなら、費用を大きく抑えられます。

4. リサイクルショップに持ち込む

もしあなたのマットレスがプロテクターを装着していたために全く汚れがない場合や、新しく使用感が全く感じられない場合、リサイクルショップに販売できるかもしれません。

メリット:マットレスの状態次第では収入がある、もしくは、費用がゼロ。
デメリット:ご自身で持ち込む必要がある。
向いている人:マットレスの状態が良い人。交渉が上手な人。

とはいえ、マットレスは衛生用品なので少しでも使用感がある場合は、あなたが金銭を払ってマットレスを引き取ってもらうことになります。

また、あなたがマットレスをお店まで持ち込む必要があるので、労力がかかりますし、相手にも足元を見られがちです。マットレスの状態が良い前提で計画的に交渉ができないと、処分するよりも費用がかかる可能性が大きいです。

5. 不用品回収業者に依頼する

もしあなたが一切労力をかけずにマットレスを処分したいのであれば、不用品回収業者に依頼するのがベストです。

メリット:労力がかからない。時間の融通が利く。
デメリット:費用がかかる。
向いている人:労力・時間をかけられない人。

回収してもらうものがマットレス以外にもあると、そこまで費用が気にならないかもしれません。また、電子機器や家電の査定が高くつけば、大分お値打ちな価格で引き取ってもらえる可能性もあります。

業者選びがとても重要です。お住まいの地域付近の不用品回収業者のサービスの比較ができるウェブサイトなどもありますので(例:くらしのマーケット)活用しながら良い業者を探しましょう。

まとめ

マットレスの処分方法をまとめると以下のようになります。

1. (新しいマットレスを買うなら)先ずは引き取り・下取りできない確認しましょう。
2. 自治体のゴミとして処分できるなら処分しましょう。
3.( 労力を厭わない、他にも粗大ゴミがあるなら)ゴミ処理施設に持ち込みましょう。
4.(マットレスが新品のようにキレイなら)リサイクルショップに持ち込みましょう。
5.(労力をかけたくない、時間がないなら)不用品回収業者に依頼しましょう。

あなたにとってベストな方法が見つかれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ