マットレス

マットレスの通気性を3段階で評価!取るべきダニ・カビ対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「蒸れずに涼しく眠れる快適なマットレスがほしい」「ダニ・カビの心配の少ない通気性の良いマットレスがほしい」

とはいえ、どのマットレスがどれくらい通気性が良いのかいまいち分かりにくいと思います。

そこで本日は、各マットレスの通気性についてご紹介します。

と同時に、それぞれの通気性レベルに合った対策をご説明します。快適な寝心地のための対策となるだけでなく、ダニ・カビ対策としてもお役立ていただけます。


1. 通気性でマットレスをクラス分け

説明を簡素化するために、各マットレスを次の3つのレベルの通気性に分けました。

①通気性に優れたマットレス
②通気性が十分なマットレス
③通気性が少し物足りないマットレス

通気性のみを指標としてクラス分けしているので、寝心地を左右する体圧分散性・反発弾性などは度外視している点はご了承ください。

この通気性レベルを元にムレ感・ダニ・カビ対策を考えたり、通気性と寝心地を共に計算に入れてマットレスをお選びください。

①通気性に優れたマットレス

高反発ファイバー素材
高反発ファイバー素材

高反発ファイバータイプのマットレスは、通気性に関しては他のタイプのマットレスと比較して、頭一つ抜けた存在です。

注意が必要なのが、高反発ファイバーであれば全て通気性が良い訳ではなく、使用されている素材が高反発ファイバーのみの場合において通気性が良いことです。

体圧分散性を補うために高反発ファイバー素材の上面に詰め物がある場合、体感としての通気性はその詰め物に大きく影響されます。「通気性を期待して高反発ファイバーマットレスを購入したのに、あんまり涼しくない」ということになりかねません。

通気性を最重要視して高反発ファイバーマットレスを購入するのであれば、側生地も3Dポリエステルメッシュのような通気性の優れた素材にこだわりきったものをおすすめします。

このタイプのマットレスに必要な対策

通気性のとても良い素材ですので、ダニ・カビの心配はほとんど不要ですが、注意点が2つあります。

1つ目に、冬場に通気性の良さが仇となることがある点です。というのも、素材の隙間から文字通りの隙間風が入ってくることがあり、寝床内が寒く感じられることがあるためです。なので、特に3Dメッシュのような通気性の良い側生地を使用の場合、冬場はベッドパッド・トッパーを敷くなりして対策をとるようにしましょう。

2つ目に、素材により湯たんぽ・電気毛布などが使えない点です。高反発ファイバー素材といっても、全部同じ原料ではなく、ものによっては耐熱性が異なります。なので、もしあなたが冷えに敏感で、冬場に温暖器具を使うことがある場合はこの点を考慮しながらお選びになることをおすすめします。

②通気性の十分良いマットレス

ボンネルコイルマットレスやポケットコイルマットレスなどが該当します。

プロファイル(凸凹)加工ウレタン
プロファイル(凸凹)加工ウレタン

注意が必要なのが、スプリングマットレスの(スプリング部の)通気性は良いですが、体感としての通気性はスプリングの上の詰め物の量と質に大きく左右されるということです。高くつきますが、オープンセル構造のウレタンフォームや羊毛が詰められたスプリングマットレスは通気性だけでなく寝心地も申し分ないです。

通気性が悪いと言われるウレタン製マットレスの中でも、ウェーブカットや凸凹加工が施されていたり、ウレタンフォームがオープンセル構造(多孔質、細かい気孔を持つ)だとムレ感の少ない寝心地です。特に、私どもも取り扱っているセルプールのような湿気を吸うウレタンフォームの場合、さらに通気性が高く快適にご使用いただけます。

このタイプのマットレスに必要な対策

これらのタイプのマットレスは通気性が十分にあるとはいえ、ダニ・カビのことを考えると対策をとることをおすすめします。ウレタンマットレスだけでなく、スプリングマットレス(特に両面使用可能なもの)もです。

例えば、これらのマットレスをベッド上で使用するなら、ベッドの天板はすのこ形状で通気性を高める、そして、マットレスの下に除湿シートを敷いて底面に湿気がたまってカビが生えないようにしましょう。

除湿シートの効果的な使い方をこちらの記事「カビ対策!ベッド&布団に効果的な除湿シートの使い方・選び方」をご参照ください。

通気性がこの水準のマットレスであれば、寝室自体が高温多湿状態でなければ、ひどいムレ感が生じることはほとんどありません。しかし、暑がり体質の方で熱帯夜対策を万全にしたい場合は、折衝冷感敷きパッドを活用することをおすすめします。

③通気性に優れないマットレス

低反発ウレタンマットレス・ラテックスマットレスは通気性があまり良くありません。

低反発ウレタン
低反発ウレタン

特に低品質なものは使用感が柔らかすぎることがあり、体が沈み込み寝返りがしづらくなり、より一層ムレやすさを感じやすくなります。

また高反発ウレタンマットレスも通常のウレタンフォームを使用しているものや、表面に通気を促す加工がされていないものは、あまり通気性が良くなくムレやすさを感じやすいです。

とはいえ、通気性が良くないからダメという訳でなく、寝室の温湿度などの環境を整えれば快適な寝心地でお休みになられます。しかし、もしあなたが「空調はなるべく使いたくない」とお考えでしたら、これらのタイプのマットレスのご使用はおすすめできません。

このタイプのマットレスに必要な対策

空調管理をきちんとすると言っても、マットレスの底面は湿気がたまりやすいので、除湿シートは必ず使うようにしましょう。

ラテックスマットレスは抗菌作用があるため、ダニ・カビが発生しないと言われますが、側生地にはダニ・カビが発生するのでやはり同じ対策をとられることをおすすめします。


最後に

以上、各マットレスの通気性の比較と対策でした。

もしあなたのマットレスが通気性にあまり優れている訳でないのなら、マットレスの湿気対策には気をつけましょう。カビが生えると使い物にならなくなってしまいます。

こちらの記事「4ステップでカビを事前防止!マットレスの湿気対策マニュアル」で簡単にできる湿気対策をご紹介しているので、併せてご一読ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ダニ通過率0%!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツをご存知ですか?

寝ている間にベッドや布団に潜んだダニに噛まれ、かゆくて目が覚めたり、ダニの死骸やフンなどでアレルギーになりくしゃみが止まらなくて辛いという経験はありませんか?

実は、あなたの寝具には約32万匹ほどのダニが繁殖しています。マットレスや布団、枕などの寝具はダニが繁殖しやすい環境が完璧にそろってるためです。

しかし、このダニを完全に防ぎ、睡眠時の辛いかゆみやアレルギーから解放する方法があります。それが、ヒルトンやアヴェンドラ等、世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。最高の耐久性と防ダニ性能。
  • 水蒸気は通すのに汗や血液などの液体は通さない脅威の吸水、防水、透湿性能。
  • 生地の二重構造で汗をシーツに吸収しながら寝具には通さないため衛生的。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する完全防ダニのシーツで、ダニ通過率が0%というだけでなく、睡眠の質を下げないために高い吸水性を持ち、就寝中のムレも軽減することができます。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面に悩んでいるのであればプロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防ダニシーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ