ベッド

【安価で大容量】フタ式収納ベッドの選び方とおすすめ2選

srorage-bed1

安く収納スペースを増やしたい。

このように考えられている方にぴったりなのが、フタ式収納ベッドです。

とはいえ、収納量や収納物によっては、他の種類の収納ベッドのほうが合うこともあります。

そこで本日は、

  • フタ式収納ベッドとは
  • その他の収納ベッドとの比較
  • フタ式収納ベッドの長所と短所
  • 選ぶときの注意点
  • おすすめのフタ式収納ベッド2選

について解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. フタ式収納ベッドとは

フタ式収納ベッドとは、ベッドの床板をフタのように開閉して、ベッド下にモノを収納するタイプのベッドです。

storage-bed2
フタ式収納ベッド

一般的なベッドでもベッド下にモノを置くことはできますが、フタ式収納ベッドは周りが全部囲われていて収納物が見えないようになる点が異なります。

parts-of-bed
ベッドを構成するパーツ

1-1. その他の収納ベッドとの比較

収納ベッドにはいくつか種類があります。

収納量、出し入れのしやすさ、収納対象、デッドスペースの有無、価格などが変わります。

 

引き出し収納ベッド

チェストベッド

フタ式収納ベッド

跳ね上げベッド

ロフトベッド

画像

bed-with-drawer1chest-bed1

storage-bed2

flip-up-bed1

loft-bed1

収納量

出し入れ

収納対象

  • 日用品
  • 非日用品
  • 日用品
  • 非日用品
  • 非日用品
  • 非日用品
  • 日用品
  • 非日用品

デッドスペース

価格

上記の特徴から、フタ付き収納ベッドの特徴は次のようになります。

  • 収納スペースが大きいため大物を収納したい人向け
  • 出し入れがしにくいため使用頻度の少ないもの向け

具体的には、スノーボードの板、冬用布団、アルバムなどの収納に向いてます。

1-2. フタ式収納ベッドの長所(メリット)

それでは次に、フタ付き収納ベッドの特徴を、その他の種類との比較を交えながら、より詳細に解説していきます。

長所(メリット)短所(デメリット)
  • 安定性◎
  • 収納量◎
  • 組み立て◯
  • デッドスペース無
  • やや安価
  • 通気性△
  • 掃除△
  • 出し入れ△
  • 寝具制限△

安定性は高くて揺れにくくきしみ音は少ない

脚ではなく板で支える構造のため安定性は高いです。

そのため、揺れにくく、きしみ音の問題も起こりづらいです。

収納量◎

ベッド下が全て収納スペースになるため収納量は多いです。

また、引き出しなどの仕切りがない分、ベッド下スペースを存分に使えることから大物の収納に向いています。

組み立てしやすい

フタ式収納ベッドは組み立てしやすいです。

構造がシンプルなためパーツが少なく、不慣れな人でも取り組みやすいです。

デッドスペースが無くレイアウトの自由度が高い

引き出しはその前面に90cmのスペースが必要です。

そうでないと開け閉めしづらくなるため、このデッドスペースを計算した上でベッドのレイアウトを考えなければなりません。

一方、フタ付き収納ベッドはデッドスペースが生じないため、レイアウトの自由度が高いです。細長い部屋などに住まわれている方に喜ばれる点です。

やや安価

構造がシンプルで部材が少ないため価格は安めです。

もちろん、使用される木材などの種類によっては値段が変わります。

種類ウォールナットビーチ(ブナ)オーク(ナラ)桐(きり)檜(ひのき)杉(すぎ)パイン(松)
画像walnut-1beech-1oak-1Paulownia-1cypress-1cedar-1pine-1
調湿性
耐久性
重量
香り
価格
 天然木無垢材天然木集成材天然木化粧合板プリント紙化粧合板プリント紙化粧繊維板
画像天然木無垢材-1天然木集積材-1天然木化粧合板-1プリント紙化粧合板-1プリント紙化粧繊維板-1

素材について詳しく吟味したい方は、下記のページをご参照ください。

関連記事

1-3. フタ式収納ベッドの短所(デメリット)

通気性は低め

ベッドの四方が囲われているため通気性は低めです。

また、ベッド下の収納物にホコリが落ちないようスノコではなく張板の床板が採用されがちなため、通気性がさらに低くなる傾向があります。そのため、湿気対策・お手入れが必須です(詳細は2-5)。

掃除はしづらい

ベッドの脚(側面の板)の下に汚れが溜まりやすいです。

この部分にホコリが溜まってしまうと掃除が大変になるので、ベッド周りを定期的に掃除するようにしましょう。

出し入れはやや手間がかかる

マットレスと床板をどかさないと収納物を出し入れできません。やや手間ですが、そういうものなので仕方がありません。

跳ね上げベッドだと、この動作がらくになりますが、その分値段が高くなります。

flip-up-bed2
跳ね上げ式ベッド

手間をとるか、費用をとるか、天秤にかけて考えましょう。

大きいマットレスは不向き

収納物をとるためにマットレスを動かさないといけません。

そのため、大きくて重たいコイルマットレスは不向きです。

 ノンコイル
薄型マットレス
ノンコイル
ベッドマットレス
コイルスプリング
ベッドマットレス
画像thin-non-coil-mattress1thick-non-coil-mattress1coil-mattress1
厚み7~10cm前後15~25cm前後20~35cm前後
重量4~7kg前後10~20kg前後20~30kg前後
寝心地
耐久性
揺れ&音
使用環境床&ベッドベッドベッド
手入れ
クリーニング××
処分
価格

ノンコイルマットレスを選ぶようにしましょう。

1-4. フタ式収納ベッドの向き不向き(おすすめの人)

  • 大物用の収納スペースが欲しい
  • 頻繁に取り出すことはない
  • 掃除と湿気対策はどうにかできる
  • なるべく安価に抑えたい

などと考えられている方にフタ式収納ベッドはおすすめです。

収納対象、収納量、取り出しの頻度と手間を考えて、あなたに合うか考えるようにしましょう。


2. フタ式収納ベッドを選ぶときの注意点

フタ式収納ベッドはあなたに合いそうでしょうか?

もしそうでしたら、次はもう一歩踏み込んで、実際に選ぶとき・使うときの注意点について解説していきます。

2-1. ベッド高は使用感もあわせて考えること

「収納量を増やしたいから、高さのあるものにしようかな」と考えてはいないでしょうか。

それは自体は悪いことではありません。

しかし、その際に同時に考えてもらいたいのが、ベッドが高くなることで使用感も変わることです。

 低い標準高め高い
画像bed-lower
目安~30cm35~45cm50~60cm90cm~
開放感×
出入り
ホコリ
転落
収納
安定性
寝具制限

例えば、ベッド高が60cm以上になると、

  • 立ち座りがしにくい
  • ベッドが部屋の中で目立つ(圧迫感)

などのデメリットが出てきます。

バランスを考えてベッドの高さとマットレスの厚みを選ぶようにしましょう。

2-2. 上乗せが多いから滑りやすい

フタ式収納ベッドが上乗せ仕様のものが多いです。

 上乗せ落とし込み
画像Cellpur-Sweet-Dream-Mattress1embed-bed
構造low-bed-types1low-bed-types2

上乗せ仕様のものはマットレスが固定されないため、ズレやすくなります。

個人差があるかと思いますが、マットレスのズレが気になりやすい方は、滑り止めシートなどで対策を行うようにしましょう。

TRUSCO ノンスリップマット
TRUSCO ノンスリップマット

2-3. ヘッドボードで使用感と見栄えが変わる

ヘッドボードの有無で使用感などが大きく変わります。

 ヘッドレスパネル宮付き(棚付き)クッションワイド(幅広)
画像head-less-bedwood-panel-head-board-bedhead-board-with-shelf-bedcushion-head-board-bedwide-head-board-bed
長所
  • 安価
  • 部屋が広く使える
  • 掃除しやすい
  • デザイン性高い
  • 小物を置ける
  • 機能性高い
  • デザイン性高い
  • 背もたれになる
  • デザイン性高い
短所
  • ベッドがズレやすい
  • 小物が落ちやすい
  • やや場所をとる
  • やや場所をとる
  • やや高価
  • 場所をとる
  • 高価

あなたに合うものはどれか考えてみましょう。

宮つきのヘッドボードだと小物が置けるので便利です。

もちろん、安価でシンプルなベッドが好みであればヘッドレスも良いでしょう。

2-4. 小上がりにしたいなら床板の種類も考えること

ベッドを小上がりにすることも可能です。

ワンルームや1Kルームでのスペース活用法として人気ですよね。

その場合、床板に直接座れるものや、畳になっているものが向いています。

 すのこ布張り床板ダブルクッションウッドスプリングマルチポイント
画像foldable-bed1bed-with-drawer1tatami-bed1double-cushion-bed1wood-spring-bed1multi-point-bed1
長所
  • 通気性高い
  • 手入れの手間省ける
  • 床冷えしにくい
  • 引出し収納可能
  • 安め
  • 吸放湿性高い
  • 床冷えしにくい
  • 通気性高め
  • 手入れの手間省ける
  • 床冷えしにくい
  • 寝心地UP
  • 耐久性UP
  • 通気性高い
  • 手入れの手間省ける
  • 寝心地UP
  • 耐久性UP
  • 通気性高い
  • 手入れの手間省ける
  • 寝心地UP
  • 耐久性UP
短所
  • 床冷えしやすい
  • 価格はやや高め
  • 通気性低い
  • 手入れの手間増える
  • 手入れの手間増える
  • 引出し収納可能
  • やや高価
  • ベッド下収納不可
  • 高価
  • 床冷えしやすい
  • 高価
  • 床冷えしやすい
  • 高価

2-5. 通気性が低いため湿気対策をすること

  • 除湿シートをマットレスの下に敷く
  • 3~4週間に1度マットレスを立てかける
  • 毎日、窓を開けて換気する

などのことを徹底して行うようにしましょう。

how-to-air-mattress-on-the-bed
ベッドの上のマットレスの乾かし方

3. おすすめのフタ式収納ベッド

最後に、おすすめのフタ式収納ベッドをご紹介します。

大容量 フタ式収納ベッド 640L

storage-bed
大容量 フタ式収納ベッド 640L

高さが40cmもある大容量(640L)のフタ式収納ベッドです。

ヘッドレスでシンプルな作りになっています。ベッドが高くなりすぎないよう、マットレスの厚みに気をつけましょう。なお、ベッドの中央に仕切りがあるため、長さのあるものは収納できません。

フタ式収納畳ベッド スパシオ

tatami-bed-spazio
大容量収納畳ベッド スパシオ

高さが30cmの大容量(564L)フタ式収納畳ベッドです。

ヘッドレスでシンプルな作りです。ベッド中央に間仕切りがないため、長さのあるものでも収納可能です。また、畳ベッドですので、小上がりとしても利用可能です。


最後に

フタ式収納ベッドについてご理解できましたでしょうか。

あなたに合うか考える参考になっていれば幸いです。

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ