ベッド

【収納付きベッド】5種類別の長所と短所、選び方

bed-with-drawer

「部屋が狭い。」
「なのに、ものが多い…」

そんな方におすすめなのが収納付きベッドです。

とはいえ、どんなものをどれくらい収納したいかで、おすすめの種類の収納ベッドが変わってきます。

そこで本日は、

  • 種類別の収納ベッドの長所と短所、向き不向き
  • 収納付きベッドを選ぶときのコツ&注意点
  • 収納ベッドに合う種類のマットレス
  • おすすめの収納ベッド3選

などについて解説していきます。

ぜひベッド選びの参考にしてください。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 収納ベッドの種類別の長所と短所

それでは始めましょう!

まず始めに、収納ベッドには以下の5つの種類があります。

 引き出し収納ベッドチェストベッドフタ式収納ベッド跳ね上げ式ベッドロフトベッド
画像bed-with-drawer1

chest-bed1

storage-bed2flip-up-bed2loft-bed1
長所
  • 収納量◯
  • 安定性◎
  • 中価格帯
  • 収納量◎
  • 安定性◎
  • 収納量◎
  • 安定性◯
  • デッドスペースなし
  • 安定性◎
  • 収納量◎
  • 出し入れ◯
  • デッドスペースなし
  • 収納量◎
  • 通気性◯
  • デッドスペースなし
短所
  • 通気性△
  • デッドスペース
  • 掃除△
  • 組み立て△
  • 通気性△
  • デッドスペース△
  • 掃除△
  • 高さ問題△
  • 価格高め
  • 通気性△
  • 掃除△
  • 出し入れ△
  • 寝具制限△
  • 通気性△
  • 組み立て△
  • 敷寝具制限
  • 高価
  • 安定性△
  • 圧迫感あり
  • 揺れやすい
  • 価格高め
収納
対象
  • 主に衣類
  • 小物
  • 雑貨
  • 一部大物も収納可
  • 客用布団
  • 圧縮袋
  • 季節もの
  • スノーボード
  • ゴルフバッグ
  • 主に衣類
  • 小物
  • 雑貨
  • ソファ
  • テレビ

それぞれ収納量、収納対象、使用感などが異なります。

どれがあなたに合いそうか目星はつきましたか?

まだ分からなくても大丈夫です。

次に、それぞれの具体的な長所と短所について解説していきます。自分に合うものはどれかじっくり見ていきましょう!

1-1. 引き出し収納ベッド

  • 長所:収納量◯、安定性◎、中価格帯
  • 短所:通気性△、デッドスペース、掃除△、組み立て△
  • 収納対象:主に衣類、小物、雑貨、一部大物も収納可

一般的な引き出し式の収納ベッドです。

引き出しが一段のため、収納量はあまり多くはありません。ちなみに、引き出しの反対側のスペースも収納スペースになっているものもあり、このタイプだと収納量はやや多くなります。

ただ、収納物を汚さないために、床板がすのこではなく張り板のものが多いです。そのため、通気性が高くなく湿気が溜まりやすいので、除湿シートを敷くなどして湿気対策を心がけるようにしましょう。

parts-of-bed
ベッドを構成するパーツ
 すのこ布張り床板
画像foldable-bed1bed-with-drawer1tatami-bed1
長所
  • 通気性高い
  • 手入れの手間省ける
  • 床冷えしにくい
  • 引出し収納可能
  • 安め
  • 吸放湿性高い
  • 床冷えしにくい
短所
  • 床冷えしやすい
  • 価格はやや高め
  • 通気性低い
  • 手入れの手間増える
  • 手入れの手間増える
  • 引出し収納可能
  • やや高価

なお、引き出し前には40cm前後のスペースがないと、開閉しにくくなります。

このデッドスペースを考慮してレイアウトを考えるようにしましょう。

1-2. チェストベッド(二段引き出し収納ベッド)

  • 長所:収納量◎、安定性◎
  • 短所:通気性△、デッドスペース△、掃除△、高さ問題△、価格高め
  • 収納対象:主に衣類、小物、雑貨

引き出しが二段になっている収納ベッドのことをチェストベッドと呼びます。

主な機能は一段のものと同じですが、高さがあるため収納量がより多く、そしてその分価格も高くなります。押入れやクローゼットのない子供部屋などで重宝されます。

一段のものと同じく、床板を開けて引き出しの反対側のスペースにも収納ができるようになっている大容量のものがあります。とにかく収納スペースが必要な方におすすめです。

storage-bed
大容量収納チェストベッド

ただ、注意が必要なのが、高さが35~40cm前後と高いことです。

薄めの敷寝具でないとベッド高が高くなりすぎて使用感が悪くなります(子供が利用するならなおさら)。

1-3. フタ式収納ベッド

  • 長所:収納量◎、安定性◯、デッドスペースなし
  • 短所:通気性△、掃除△、出し入れ△、寝具制限△
  • 収納対象:客用布団、圧縮袋、季節もの、スーツケース、ゴルフバッグ

床板を開けて収納するベッドです。

ベッド下全面が収納スペースのため収納量は多いですし、大物を入れやすいです。また、デッドスペースなども生まれないのでスペースを有効活用しやすいです。

ただ、マットレスと床板をどかしてからでないと収納物を出し入れできないのでやや面倒です。頻繁に出し入れするような日用品の収納には向きません。

1-4. 跳ね上げ式収納ベッド

  • 長所:安定性◎、収納量◎、出し入れ◯、デッドスペースなし
  • 短所:通気性△、組み立て△、敷寝具制限、高価
  • 収納対象:客用布団、圧縮袋、季節もの、スーツケース、ゴルフバッグ

床板を跳ね上げて収納するベッドです。

フタ式収納と特徴が似ていますが、ガス圧シリンダーの力によって開閉がらくにできるのが大きな利点です。ただ、その分値段は高くなりますが。

なお、開閉は簡単ですが引き出しほど気軽にはできないので、やはり、客用布団や季節ものなどの取り出し頻度の低いものの収納に向いています。

1-5. ロフトベッド

  • 長所:収納量◎、通気性◯、デッドスペースなし
  • 短所:安定性△、圧迫感あり、揺れやすい、価格高め
  • 収納対象:主に衣類、小物、雑貨、ソファ、テレビ

収納量がもっとも多いのがロフトベッドです。

ベッド下にソファ、テレビ、衣装ラックなどの大物家具すら難なく置けます。

しかし、ベッドが高いため揺れやすかったり、部屋に圧迫感が出やすいなどのデメリットがあります。こちらも押入れやクローゼットのない子供部屋に向いています。

1-6. 脚付きベッドも収納性を持たせることは可能

  • 長所:収納量調整可能、通気性◯、価格安め
  • 短所:収納ケースは後付け、経年劣化で揺れることも、デッドスペースが生じる
  • 収納対象:主に衣類、小物、雑貨

厳密には収納付きベッドではありません。

が、ベッド下に収納ケースを後付けすることで収納ベッドにすることができます。

ベッドの高さと収納ケースのサイズで収納量を調整できることと、価格が安めなのが長所です。収納したいものが多くなく、予算が限られている方におすすめです。

なお、ベッド下にモノを置くとルンバなどが通れなくなりますし、自分で掃除するのも大変になることは覚えておきましょう。

※折りたたみ可能な脚付きベッドは収納には不向き

ベッドを折りたたんでそれ自体を収納できるベッドがあります。

s_Mattress2Fold2
折りたたみベッド

もし、このベッドを使うなら、ベッド下は収納不可だと心得ましょう。というのも、ベッド下にモノがあるとベッドを折りたためなくなるからです。本末転倒です。ぜひ頭に入れておきましょう。


2. 収納ベッドを選ぶときのコツと注意点

あなたに合いそうな収納ベッドの目星は付きましたか?

それでは次に、選ぶときのコツと注意点についても解説していきます。

2-1. 収納対象からベッドを考えること

一番大事なポイントです。

日用品なのか、非日用品なのか、あなたが収納したいものはどちらでしょうか。

日用品を収納したい方は、フタ式収納ベッドや跳ね上げ式ベッドは絶対に選ばないようにしましょう。出し入れが大変に感じられるはずです。

「どちらも収納したい」と考えられているなら、下記のイラストのような良いとこどりのタイプがおすすめです。

storage-bed
大容量収納チェストベッド

2-2. 大容量収納はベッド高に注意

ベッドの高さが40cmで、マットレスの厚みが25cmだと、合計65cmです。

かなり高さのあるベッドになります。

ベッドが高いとデメリットが生じます。

 低い標準高め高い
画像bed-lower
目安~30cm35~45cm50~60cm90cm~
開放感
立ち座り
ホコリ
転落
収納
揺れ軋み
寝具制限
  • ベッドの存在感が大きく圧迫感がでる
  • 出入りしづらい
  • 転落の心配がある

などです。

ベッドが高いほうが収納量が増えるため悩ましいところですが、使用感とのバランスを考えて決めるようにしましょう。

2-3. 湿気・カビが気になるなら着目すべき点

  • 床板は張り板ではなくすのこを選ぶ
  • すのこの木材は湿気に強いものを選ぶ
  • 除湿シートを併用する

などの点を押さえましょう。

種類ウォールナットビーチ(ブナ)オーク(ナラ)桐(きり)檜(ひのき)杉(すぎ)パイン(松)
画像walnut-1beech-1oak-1Paulownia-1cypress-1cedar-1pine-1
調湿性
耐久性
重量
香り
価格

また、定期的に除湿シートを乾かしたり、ベッドの床板やマットレスの裏面にも風を当てるようにしましょう。

how-to-air-mattress-on-the-bed
ベッドの上のマットレスの乾かし方

2-4. 狭い部屋に収納ベッドを置くときの注意事項

  • 引き出しのデッドスペース:引き出しをスムーズに開閉するために、引き出しの長さ+40cmのスペースを確保しましょう。
  • ロフトベッド:ベッドの高さにより部屋が狭く感じられやすくなります。また、天井が近いと寝るときに圧迫感をでてきやすいです。

2-5. 引き出しがキャスターなら床に注意

引き出しがキャスターにより稼働するものなら床を傷つけてしまわないか注意しましょう。特に畳ならなおさらです。

2-6. 連結させたいならフタ式・跳ね上げ式が便利

「収納ベッドを連結させたい」とお考えなら、フタ式・跳ね上げ式がおすすめです。

というのも、引き出しタイプの収納ベッドを連結するとデッドスペースが二倍になってしまうからです。もちろん、収納対象が合っていればという前提にはなりますが。

2-7. マットレスはノンコイルがおすすめ

次の3つの点に注意して選びましょう。

  • 厚さ:ベッドが高くなりすぎないように25cm以上の分厚いものは注意。
  • ベッド下収納:フタ式収納などを利用するならマットレスが手軽にどかせられるよう軽めのものを選ぶようにしましょう。コイルマットレスは非推奨です。
  • 跳ね上げ:各ベッドごとに使用マットレスの重量・厚みの制限があります。制限以下のものを選ぶようにしましょう。
 ノンコイル
薄型マットレス
ノンコイル
ベッドマットレス
コイルスプリング
ベッドマットレス
画像thin-non-coil-mattress1thick-non-coil-mattress1coil-mattress1
厚み7~10cm前後15~25cm前後20~35cm前後
重量4~7kg前後10~20kg前後20~30kg前後
長所
  • 寝心地◯
  • ベッド不要
  • 取扱いが手軽
  • 処分が簡単
  • 折りたたみ有り
  • 比較的安価
  • 寝心地◎
  • 耐久性は高め
  • 置きっぱなしOK
  • 処分が簡単
  • 寝心地◎
  • 耐久性が高い
  • 置きっぱなしOK
  • クリーニング可
短所
  • 手入れが必要
  • 薄いと底つき感がある
  • ホコリっぽい
  • 床冷えしやすい
  • クリーニング不可
  • コスト高め
  • ベッド必要
  • 収納不可
  • やや重たい
  • クリーニング不可
  • コスト高い
  • ベッド必要
  • 収納不可
  • 非常に重たい
  • 軋み音が心配
  • 処分が大変

3. おすすめの収納付きベッド

最後におすすめの収納付きベッドを3つ紹介します。

引き出し収納ベッド LYCKA2 (組立構造)

bed-with-drawer-lycka
引き出し収納ベッド LYCKA2 (組立構造)

上記のものと似ていますが、こちらは床板がすのこになっています。そのため、湿気対策をより万全にしたい人に向いています。また、耐荷重が150kgありますので、体の大きな人も安心して使えます。

フタ式収納畳ベッド スパシオ

tatami-bed-spazio
大容量収納畳ベッド スパシオ

高さが30cmの大容量(564L)フタ式収納畳ベッドです。

ヘッドレスでシンプルな作りです。ベッド中央に間仕切りがないため、長さのあるものでも収納可能です。また、畳ベッドですので、小上がりとしても利用可能です。

大きいものを収納したい方で長く使えるものをお探しならこちらがおすすめです。

本棚付き 跳ね上げ式収納ベッド

flip-up-bed1
本棚付き 跳ね上げ式ベッド

ヘッドボード内に本棚が付いている跳ね上げ式ベッドです。

高さが30cm、37cm、44cmと選べられますし、縦開きか横開きかも選択できます。大容量収納を求めている方にぴったりです。耐荷重は150kg。生産国はフレームが台湾で、ガス圧シリンダーが日本です。

こちらも収納物が多い方に向いています。


最後に

収納ベッドにどのようなものがあるか、また、選ぶときのコツや注意点について参考になっていれば幸いです。

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ