ダニ

【保存版】ダニアレルギーの症状、原因、対策の総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

くしゃみ、鼻水、目の痒み、このような症状が出た時、以下のような疑問を感じないでしょうか。

  • この症状ってダニアレルギー?
  • ダニアレルギーの原因ってそもそも何?
  • 症状をおさえるにはどうしたらいいの?

しかし、いざ情報収集をしても断片的な内容ばかりで、結局どうしたらいいのか分からずにお困りになってはいないでしょうか。

そこで本日は、「ダニアレルギーの症状から原因、対策までの全て」を具体的に分かりやすくご紹介します。


1. ダニアレルギー症状が出る4つの部位と程度

まずダニアレルギーによってどのような症状が現れるかというと、以下のような症状です。

鼻、気管支、皮膚、目を中心に様々な症状が現れます。

単なる鼻づまりから滝のような鼻水まで、ちょっとした湿疹から蕁麻疹まで、症状の程度は人により大きく異なります。

症状のレベルが以下のようにグレード分けされることがあります。重い症状では呼吸すら困難になり大変苦しいです。

こちらのページ『医者は必要?!ダニアレルギーの症状と改善までの対策』でさらに詳細をご紹介していますので、併せてご参考にしてください。

1−1. 検査可能なダニアレルギー症状の7段階

あなたは自分自身のダニアレルギー体質が「どの程度」なのかご存知でしょうか。

血液によるアレルギー検査(IgE抗体濃度を測定)を受けると、測定された数値を元にあなたのアレルギー体質がどの程度か7つのクラスに分けられます。

クラス3以上であれば軽度の蕁麻疹が出ることもありますし、クラス4以上であれば生活に支障を起こしうる症状が出ると考えられます。

しかし反対に、ダニに対するアレルギーがクラス0〜1であれば、あなたの症状はダニが原因ではなく他の何かだと分かります。

ダニアレルギー検査に関してはこちらのページ『【ダニアレルギー検査の概要】費用、日数、保険、数値の目安』をご参考にしてください。


2. そもそもダニアレルギーの原因って何?

ダニに刺されてアレルギー症状が出るのではありません。

異物(ダニの死骸や糞などのダニアレルゲン)が体に入り込んだ時、免疫システムが過剰反応した結果、アレルギー症状が現れているのです。

ダニとダニアレルゲンは、被害が全く異なるのです。

ダニアレルギー体質でない人でも、ダニに刺されれば肌は赤く腫れて痒くなりますが、その症状は1週間ほどで落ち着きます。

しかし、ダニアレルゲンによるアレルギー被害は長引いたり、他のアレルギー症状を招いたり(アレルギーマーチ)することがあるので注意が必要なのです。

2−1. ダニアレルゲンで症状が現れる流れ

では、ダニの死骸や糞などがどのようにアレルギーを起こすに至るのか?

その流れを具体的にすると、以下のようになります。

  1. ダニ(0.3mm)の死骸や糞(0.01mm)が撒き散らかされる
  2. 乾燥して粉々になるとさらに微細になる
  3. 0.01mm以下の浮遊粒子状物質として空気中に漂う
  4. 呼吸を通して人の体内に入っていく
  5. 許容量を越すと免疫機能が過剰反応する(アレルギー反応)
ダニアレルゲンで症状が現れる流れ
ダニアレルゲンで症状が現れる流れ

詳細はこちらのページ『ダニでアレルギーに?!考えられる原因と対策』で説明していますが、悪環境下ではダニは爆発的に繁殖してしまい、ダニアレルゲンが空気中に舞い散らかり、症状が現れているのです。

2−2. ダニアレルギー症状が出る時期とは

また、ダニアレルギーの症状はいつ出てもおかしくはないものの、出やすい時期というのは存在します。

ダニは5〜8月にかけて繁殖するので、その後の9〜10月にダニの糞量が多くなり、ダニアレルギー症状が出やすくなります。

とはいえ、9〜10月にアレルギー症状が出たからといって、ダニが原因だと決めつけることはできません。

9〜10月はイネ科のカモガヤ、キク科のブタクサ、ヨモギなどの花粉シーズンでもありますので、もしかするとこれらに対するアレルギー反応の可能性もあります。

症状が断定できない場合は、やはりアレルギー検査を行うことをおすすめします。


3. 家庭のダニアレルギー対策

ダニアレルギー対策とは何かというと「ダニの死骸や糞などを掃除すること」です。

その具体的な方法を紹介しますが、その前に、もし現在あなたの布団、マットレス、ソファ、絨毯などにダニが繁殖している場合は退治する必要があります。

こちらのページ『これで絶滅!ダニの発生原因、症状、駆除、予防の総まとめ』を参考にダニを退治した後、ダニアレルゲンの徹底掃除を始めましょう。

3−1. 掃除がもたらすダニアレルギー症状改善効果

もしかするとあなたはまだ「本当に掃除するだけでダニアレルギーの症状が和らぐの?」と半信半疑かもしれません。

部屋の掃除をすることでダニアレルギー症状に影響が出るか、実験した調査があります。その実験によると症状が改善したと報告されています。

気管支喘息患者4名に連日の掃除を指導し、1名についてはカーペットの除去、全寝具の更新も行った結果によれば、ダニ密度が比較的低く、軽症であった症例3,4番では、連日掃除によって症例が改善し、掃除によるアレルゲン除去の影響が大きいことが推察された。

(引用:『室内微生物汚染 ダニ・カビ完全対策』 小峰裕己 編著)

軽症であれば掃除により改善したとのことです。

また、重症の場合はカーペットをフローリングに変更し、その上、寝具を買い替えてまでいますが、それにより症状が改善したと報告されています。

3−2. 寝具のダニアレルギー対策

ダニの死骸、糞などのダニアレルゲンは水溶性なので、極論ですが、水でじゃぶじゃぶ寝具を洗ってしまえばすっきり流すことができます。

とはいえ、そこまでやる必要がないこともありますし、出来れば手軽にできるお手入れから試して、必要であれば寝具の洗濯をすれば良いと思います。

こちらのページ『症状を緩和!ダニアレルギー体質向け布団のお手入れ』で、簡単にできることからステップ式で行うお手入れ方法をご紹介しているのでご参考にしてください。

3−3. ダニ対策を意識した寝具の選び方

「ダニアレルギーのための寝具のお手入れって面倒だな」と感じられたと思います。

とはいえ、お手入れをしないことにはダニアレルゲンは溜まっていく一方なので、お手入れを避けることはできません。しかし、ダニが繁殖しにくい寝具を使えばダニアレルギーのためのお手入れを極力少なくすることは可能です。

布団、枕、シーツにはいろいろな防ダニ製品がありますが、選ぶ時のコツがあります。それぞれ以下のページをご参考にしてください。

布団の選び方→ 『すっきり快眠!ダニ対策を意識した布団の選び方』
枕の選び方→ 『口コミは当てにならない?!防ダニ対策になる枕の選び方』
防ダニシーツの選び方→『快眠の聖域をダニから守る!防ダニシーツの効果と比較』

3−4. 部屋の上手な掃除方法

部屋の中で布団以外のものを掃除するときは、以下の3つのことを行いましょう。

  • フローリングと家具をこまめに水拭き
  • カーテンは年に1度掃除する
  • 畳、絨毯、カーペットに徹底的に掃除機がけ

ダニアレルゲンは掃除中に舞い上がるので、マスクなどで防護したり、空気清浄機を稼働させながら掃除すると良いです。

より具体的な内容は、こちらのページ『これで症状スッキリ!家庭のダニアレルギー対策』をご参考にしてください。


最後に

ダニアレルギーの症状から原因、対策まで十分ご理解いただけたと思います。

あなたの症状が今よりも良くなり快眠生活が出来ることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ダニ通過率0%!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツをご存知ですか?

寝ている間にベッドや布団に潜んだダニに噛まれ、かゆくて目が覚めたり、ダニの死骸やフンなどでアレルギーになりくしゃみが止まらなくて辛いという経験はありませんか?

実は、あなたの寝具には約32万匹ほどのダニが繁殖しています。マットレスや布団、枕などの寝具はダニが繁殖しやすい環境が完璧にそろってるためです。

しかし、このダニを完全に防ぎ、睡眠時の辛いかゆみやアレルギーから解放する方法があります。それが、ヒルトンやアヴェンドラ等、世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。最高の耐久性と防ダニ性能。
  • 水蒸気は通すのに汗や血液などの液体は通さない脅威の吸水、防水、透湿性能。
  • 生地の二重構造で汗をシーツに吸収しながら寝具には通さないため衛生的。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する完全防ダニのシーツで、ダニ通過率が0%というだけでなく、睡眠の質を下げないために高い吸水性を持ち、就寝中のムレも軽減することができます。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面に悩んでいるのであればプロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防ダニシーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ