枕プロテクターって必要?ケース別の向き不向き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

枕を新しく買い替えた時、枕プロテクターという製品を見つけて、「枕にプロテクターって何?本当に必要なの?」と思われたことはないでしょうか。

そこで本日は「枕プロテクターの役割とケース別におすすめかどうか」ご紹介します。


1. 枕プロテクターの役割とは

実のところ、枕はとても汚れやすいのです。購入から2年経った枕は、購入時と比べて30%重くなっていると言われています。というのも、以下のような汚れが毎晩付着するためです。

  • 頭皮から出たフケ
  • 顔から出たアカ
  • 寝汗
  • ダニの死骸や糞

このような汚れから枕を守り、衛生的な睡眠環境を保つのが枕プロテクターの役割なのです。ウレタンフォーム、ラテックス、ビーズのような洗えない素材の枕には特に重要になります。

1−1. 枕プロテクターと枕カバーとの違い

ここまで読んで、あなたはもしかしたら「え?枕カバーじゃ不十分なの?」と思われているかもしれません。

枕カバーの目的も、枕を保護するという意味では同じですが、枕プロテクターと比べると防御力が大きく異なります。

枕プロテクターは一般的に、生地と防水膜の二重構造になっているので、寝汗のような液体汚れも、ダニのような微細な汚れも、枕内部に通さないのです。

生地と防水膜の二重構造
生地と防水膜の二重構造

通常の枕カバーではここまでの防御性はないので、どうしても徐々に枕が汚れていくことになるのです。

1−2. おすすめするケース

枕プロテクターは以下のような人に向いています。

  • 衛生面を重視する人
  • 洗えない枕を使っている人
  • 枕をキレイなまま長く愛用したい人

例えば、ウレタンフォームやラテックスの枕は、一度汚れると水洗いをすることが出来ず、「なんか汚いな、、、」と思いながら使い続けるハメになります。

ずっと衛生的なまま枕を使い続けるためにも、枕の購入時に枕プロテクターを併せて購入することをおすすめします。

1−3. おすすめできないケース

反対に、枕プロテクターは以下のような人にはあまり向いていません。

  • 衛生面を重視していない人
  • 洗える枕を使用している人

例えば、ポリエチレンパイプ枕を使用している人であれば、枕が汚れても水洗いできるので、あえて枕プロテクターを使用する必要はありません。むしろ、ポリエチレンパイプ枕の最大の良さである通気性を損なうので使わないことをおすすめします。


最後に

快眠するための枕プロテクターには、以下の2点が大切になります。

  • 枕の寝心地を損なわない柔軟性
  • 熱をこもらせない透湿性
プロテクト・ア・ベッド枕プロテクター
プロテクト・ア・ベッド枕プロテクター

製品:プロテクト・ア・ベッド 枕プロテクター
価格:2,160円
【当製品の販売ページ】

自社製品で手前味噌ですが、こちらの枕プロテクターは上記の2点をクリアした高品質な作りになっています。あなたの枕とあなたを汚れから守るために、是非ご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【50回洗濯でも問題なし!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水シーツをご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

マットレスは家庭の洗濯機で洗えず、クリーニング店にも出せず、専門クリーニング業者に洗浄を依頼すると少なくとも10,000円以上の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水シーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい透湿性。
  • マットレスの使用感を損なわない柔軟な防水膜と生地

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する防水シーツです。睡眠の質にこだわり抜いており、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快感を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防水シーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ