マットレス

スプリングと比較!ノンコイルマットレスのメリット・デメリット

※自分に合ったマットレスを選ぶ手順(型→素材→個別商品)と値段、体質、好み別におすすめできるマットレスについてこちらのページ「マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順」で徹底解説しています。ノンコイルなどの素材だけでなく加工や機能性などより網羅的にマットレス選びを進めたい方は是非ご参考にどうぞ。

こんにちは、加賀照虎です。

近年、ノンコイルマットレスが人気ですね。

「人気だから言葉は知ってるけど、実際のところよく分からない」

そんな人が多いかと多います。

せっかくマットレス選びをするなら、納得して買いたいですよね。

ということで本日は「ノンコイルマットレスのメリット・デメリット」をスプリングマットレスと比較しながら紹介していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. ノンコイルマットレスとは、コイルスプリング不使用のもののこと

まずはノンコイルマットレスとは何か、定義から説明します。

一言で言うと、コイルスプリングが使用されていないマットレスが、ノンコイルマットレスになります。

種類イメージ体圧分散反発弾性 横揺れ  通気性 お手入れ






高弾性ウレタンhigh-resiilience-foam
ラテックスlatex-foam


高反発ウレタンregular-foam
高反発ファイバーair-fiber


低反発ウレタンmemory-foam




ハイブリッド3-layers-hybrid-mattress


ボンネルコイルbonnel-coil
ポケットコイルpocket-coil
※コイルスプリングマットレスの体圧分散性はコイルの上の詰めもの(ウレタンフォーム やわたなど)の量と品質により大きく左右され、単体での評価が不可能なため「 – 」としています。また、それぞれ加工・品質により△が◯になったり、◎が◯になることがあります。

つまり、該当するものをあげると、

  • 高反発ウレタンフォーム
  • 高弾性ウレタンフォーム
  • 低反発ウレタンフォーム
  • 高反発ファイバー
  • ラテックス

などの素材で作られるとノンコイルマットレスとなるわけです。

低反発か高反発かは関係なくコイルスプリングが使用されているか否かがポイントになります。

マットレスの歴史を振り返ると(といっても百数十年ほどですが)、元々はコイルスプリング製のもの主流でした。ところが、ここ数十年で、徐々にノンコイルマットレスが主流になってきています。

その背景として、ノンコイル素材の改良や運賃高騰などがあります(後述)。


2. スプリングマットレスと比較|ノンコイルマットレスのメリット・デメリット

それでは次に、コイル・ノンコイルの比較をします。

極論、ノンコイルマットレスのメリットがコイルマットレスのデメリットで、その逆もまたしかりといった感じになります。

ポイントをまとめると下記のチャートのようになります。

 ノンコイルマットレスコイルマットレス
イメージ3-layers-hybrid-mattresspocket-coil
寝心地
耐久性
厚み10~20cm前後20~35cm前後
重量7~15kg前後20~30kg前後
取扱い
廃棄家庭ゴミ粗大ゴミ
クリーニング×
価格安価高価

順番に分かりやすく解説していきます。

2-1. 寝心地・耐久性はコイル・ノンコイルで変わらない

ご存知かもしれませんが、コイルマットレスと言ってもコイルの上にはウレタンフォームなどの詰めものがあり、寝心地を大きく左右するのはこの部分です。

polyurethane-foams-on-the-coil-are-important
コイルの上の詰め物が寝心地を大きく左右する

そのため、コイルだから寝心地が良いとは一概に言い切れません。

また、耐久性についても同様です。へたりの多くの原因はマットレスの表面に近い部材の劣化です。ノンコイルマットレスならノンコイル素材のへたり、コイルマットレスならウレタンフォームのへたりです。つまり、コイルマットレスだから特別に耐久性が高いとは言い切れないのです。

なお、耐久性を理解するにはウレタンフォームの密度と、コイルスプリングの線材の品質がカギになります。

ウレタン密度(kg/㎥)耐久性の評価
高反発低反発
20以下30以下数ヶ月~1年程度の使用に向いています。
1万円をきる安価なウレタンマットレスに使用されることが多いです。
25前後35前後3~5年の使用に向いています。
リーズナブルなマットレスに使用されることが多いです。
30前後40前後5~8年前後の使用に向いています。
国内・海外ブランドの有名なマットレスの密度がこの辺りです。
40以上50以上8年以上の長期使用に向いています。
高価で高品質なマットレスのウレタン密度はこの辺りです。
線材の種類炭素保有量値耐用年数の目安
ピアノ線SWRS77~9210年前後
硬鋼線SWRH82
72~776~7年前後
62~673~4年前後

この寝心地や密度、線材の品質などについては下記のページで詳しく説明しているので、深掘りしたいはご参考にどうぞ。

関連記事

2-2. マットレスの厚さで住み心地が変わる

  • コイルマットレス:20~35cm前後
  • ノンコイルマットレス:10~20cm前後

微妙な差に感じられると思いますが、これにより部屋のコーディネートと住み心地が変わってきます。

 低い標準高め高い
イメージbed-lower
目安~30cm35~45cm50~60cm90cm~
開放感
立ち座り
ホコリ
転落
収納
揺れ・軋み
マットの制限

もしあなたが高さ30cm以下のローベッドで「部屋のイメージを軽くしたい」と考えていたり、ロフトベッドで「スペースを有効活用したい」「収納性を高めたい」とお考えでしたら、必然的にノンコイルマットレスを選ぶことになります。

low-bed

loft-bed

反対に、コイルマットレスを選ぶならある程度の高さのあるベッドフレームでないと見栄えが悪くなりますので、ベッド高は50cm以上になってきます。そうすると部屋が広くないと圧迫感が出てきますので、部屋の広さも勘案してコイルにするかノンコイルにするか考えるようにしましょう。

2-3. 重量・取扱いはあなたが対処できるかがポイント

シングルサイズのマットレスは、コイルの有無で下記のような重量の違いになります。

  • コイルマットレス:7~15kg前後
  • ノンコイルマットレス:20~30kg前後

もしこれがクイーンサイズとなると、幅が1.6倍広くなるため重量もそのまま1.6倍重くなります。

  • コイルマットレス:11~24kg前後
  • ノンコイルマットレス:32~48kg前後

この重量については、マットレスを購入して搬入・設置するときや毎週やるべきお手入れのとき、または廃棄の際にあなたがその重さに対処しきれるかどうかを考えるようにしましょう。

「重いものを扱うのは無理」「大変な作業はなるべく避けたい」などのように思う方にとってはノンコイルマットレスのほうが合っているかと思います。

2-4. 家庭ゴミか粗大ゴミか

マットレスは大物家具ですので基本的には粗大ゴミとして捨てるしかありません。

しかし、ノンコイルマットレスは、分解すれば家庭ゴミとして捨てられます。

  • 側生地:資源ごみ
  • ファスナー:燃えないゴミ
  • ウレタン:燃えないゴミ
  • ラテックス:燃えないゴミ
    (※地域により詳細は異なりますが、名古屋なら上記のようになります。)

しかし、コイルスプリングマットレスは粗大ゴミとして捨てなければなりません。大きく重たいので搬出作業もかなり大変です。引取業者に依頼すれば1万数千円で回収してもらえますが、「そのような費用はなるべくかけたくない」「人を極力家に入れてくない」とお考えでしたらノンコイルマットレスのほうが合っていると考えられます。

2-5. 洗浄クリーニングが可能かどうか

コイルマットレスのみクリーニング可能です。

ノンコイルマットレスは洗浄クリーニングが出来ないため、汚れのせいで致命的に寿命を短くしてしまうことがあります。コイルマットレスであれば業者に依頼して高温スチームなどでキレイにしてもらうことが可能です。1.5万円ほどかかり、若干寝心地が悪化しますが、出来るに越したことはないかと思います。

とはいえ、マットレスの上に敷きパッドやプロテクターを敷いておけばクリーニングをしなければならない状況になることも避けられますので、このようなものをきちんと併用するなら大した長所・短所でもなくなります。

種類イメージ厚み評価
マットレス
トッパー
mattress-topper33cm一般的なマットレストッパーの厚み。分厚い敷きパッドと
同じくらいのサポート性。これ一枚で寝るのはやや不十分。
5cm厚めのマットレストッパー。体重30kg前後の子供なら、
この厚みのもの一枚で寝ても問題ない。
敷布団/
ノンコイル
薄型
マットレス
thin-non-coil-mattress37cmやや薄めの敷布団などの厚み。体重60kg前後の人であれば
底つき感少なく寝られるが、横向き寝だとやや不安。
10cm敷布団・床置きマットレスの厚み。体重80kg前後でも
底つき感なく寝られる。折り畳んだり、収納できる限度の厚み。
ノンコイル
ベッド
マットレス
thick-non-coil-mattress315cm大の大人でも問題なく寝られる厚み。折り畳んだり、
収納するのは困難。ベッドの上で使うべき厚み。
20cm厚いノンコイル、薄型のスプリングマットレスによくある厚み。
スプリングの上の詰めものが十分か確認すること。
コイル
スプリング
ベッド
マットレス
coil-mattress325cm標準的なベッドマットレスの厚み。スプリング製のものが大半。
シングルサイズでも20kg以上の重さになる。
35cmベッドマットレスとしては分厚い部類。スプリング製で
両面仕様のものが大半。ものによっては厚すぎることも。

2-6. コイルマットレスは若干割高になる

コイルマットレスはノンコイルに比べてどうしても割高になってしまいます。

その理由は以下の3つです。

  • 部材が多い
  • 大きくて重い
  • 圧縮梱包(ほぼ)されない

そのため、ノンコイルマットレスは寝心地の割にリーズナブルですので、コストパフォーマンスが良くなるのです。

特に、2010年代から国内運賃が高騰し始めたため、大きなサイズのコイルマットレスは送料だけで2万円前後の大きな負担がかかるようになってしまいました。個人的にこれはノンコイルマットレスの普及の強い後押しになったと考えています。

delivery-cost-in-japan
運賃表(引用:佐川急便)大きなマットレスの送料は高い…

例えば、ノンコイルマットレスで7年前後使える5万円くらいの寝心地のものでしたら、コイルマットレスでは8万円前後になります。そしてその上に、(お住まいの地域や処分方法にもよりますが)送料や廃棄料が2万円かかることになるので、どうしても割高感が出てきます。


3. コイルorノンコイル|どちらがおすすめか?

コイルとノンコイル、これは「どちらがおすすめか」ではなく「どちらがあなたに合っているか」ということをベースに考えるようにしてください。

参考までにどのような人におすすめかと言うと、

  • コイルマットレス:予算が潤沢にある。コイルの弾力性のある寝心地が好み。厚さが気にならないくらい部屋が広い。重くても気にならない。
  • ノンコイルマットレス:予算を抑えたい。コイルのある寝心地が好まない/特に好きではない。部屋を軽めにコーディネートしたい。ロフトベッドを使いたい。手軽に扱える軽いものが良い。

と、なります。

これらから該当するものが多いほうがあなたに合っていると考えられます。


最後に

ノンコイルマットレスについて深く理解する一助になっていれば幸いです。

なお、私もノンコイルマットレスを手掛けておりますので、いろいろと検討中の方はぜひ候補にどうぞ。最高の寝心地をご実感いただけるかと思います。

kaimin-times-mattress-20cm
>>快眠タイムズ オアシスマットレス

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ