マットレス

マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順

誰にでもおすすめできる万能マットレス、そんなものはありません。

マットレスを作っている人間として私は、

  • 寝心地の好みと慣れ
  • 生活スタイルとライフステージ
  • 予算や価値観

などを総合して一人一人に合った型や素材のマットレスをおすすめしています。

characteristics-of-mattress-type4

正直、このような知識がないと自分に合ったマットレスを選ぶのは不可能でしょう。

合わないマットレスや割高なものを購入するハメになります。とはいえ、そんな専門知識を集めるのも一苦労ですよね。

ということで本日は私が、

  • 自分に合ったマットレスを考える手順
  • 種類、素材、値段別のおすすめマットレス

について解説していきます。

理屈っぽい話が多くなりますが、手順通りに考えていただければあなたに合うマットレスがイメージ出来てきますし、ご紹介のおすすめマットレスから「これだ!」と思えるものを発見していただけるはずです。

ぜひ、お時間をとってお付き合いください。

※「手順はいいからおすすめのマットレスがまず知りたい!」という方は、こちらをクリックして2章までジャンプしてください。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 自分に合ったマットレスを考える手順

では始めましょう。

まずは①あなたの生活に合ったマットレスの型を確認し、その次に、②好みの寝心地の素材を押さえます。そして、③その型と素材のマットレスを絞り込んでいく。これがあなたに合ったマットレスを選ぶ手順です。早速、型から見ていきましょう。

① 3種類ある型から合うものを考える

まずマットレスと一口にいっても、

  • 薄型ノンコイルマットレス
  • ノンコイルベッドマットレス
  • コイルスプリングベッドマットレス

の3つの型の種類があります。

comparison-of-3-types-of-mattress2

型によって寝心地が変わりますが、それ以上に使い勝手が大きく変わります。そのため、あなたの生活スタイルやライフステージに合わせてどの型を選ぶかがとても重要になります。こちらのページ「敷布団、床置き・ベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ」で各型の違いについて詳しく解説していますので、このページではポイントのみお伝えしていきます。

薄型ノンコイルマットレスの特徴

  • 寝心地はベッドマットに比べてやや劣る
  • 床置きからロフトベッドまで用途が広い
  • 床置きだとベッド不要で軽い生活スタイル
  • 日中部屋を広く使える
  • 取扱いや処分が手軽
  • 洗浄クリーニング不可
  • 安価(2万円前後)

このような特徴から薄型ノンコイルマットレスは、ワンルームの大学生や若い社会人におすすめです。また、出産を控えるカップルにもおすすめです(赤ちゃんが生まれたら床で寝るのが安全なため)。

ノンコイルベッドマットレスの特徴

  • (絶対ではないが)ベッドが必要
  • 厚さがあるため寝心地が本格的
  • ベッドマットレスとしてはコンパクト(厚さ15~20cm前後)で軽量(15kg前後)なものが多いので見栄えが重たくなりにくい
  • 取扱いや処分が手軽
  • 洗浄クリーニング不可
  • 薄型マットレスよりも予算は増えるがコイルスプリングのベッドマットレスほどではない(5万円前後)

このような特徴からノンコイルベッドマットレスは、ベッドで寝たいが重たい生活はしたくない人に向いています。寝心地の良さと手軽さを兼ね備えているので近年人気のスタイルです。

コイルスプリングベッドマットレスの特徴

  • ベッドが必要
  • 厚さとコイルがあり寝心地が本格的
  • 大きく(厚さ25~35cm前後)て重たい(25kg前後)ものが多いので部屋が広くないと見栄えが重たくなる
  • 取扱いや処分が大変
  • 洗浄クリーニング可能
  • 高品質なものでないと横揺れや軋み音などの心配がある
  • 本体価格が高い(10万円前後からそれ以上)ことに加えて送料、設置料、廃棄費用などの費用が加算されることも

このような特徴からコイルスプリングベッドマットレスは、持ち家で根を張った暮らしをされている方におすすめです。また、厚さのある大きなものだと、寝室が10畳以上あり天井の高さがないと部屋に圧迫が出てくることを頭に入れておきましょう。

② 7種類ある素材から好みのものを考える

さて、あなたに合うマットレスの型はイメージできましたか?

暮らしやすさに直結するところなので、きちんと考えておきましょう。

そして型が決まったなら、次に、好みの寝心地の素材について考えていきましょう。マットレスに使われる代表的な7つの素材の特徴をチャートにすると以下のようになります。

characteristics-of-mattress-type4

※コイルスプリングマットレスの体圧分散性はコイルの上の詰めもの(ウレタンフォームやわたなど)の量と品質により大きく左右され、単体での評価が不可能なため「 – 」としています。また、それぞれ加工・品質により△が◯になったり、◎が◯になることがあります。

それぞれ体圧分散性、反発弾性、通気性などが異なるため、寝心地が変わってきます。コイルマットレスは、コイルの上のノンコイル素材の寝心地に、コイルの寝心地や使い勝手がプラスされるとイメージしていただけると分かりやすいかと思います。

それぞれ特徴は下記のようになります。

characteristics-of-mattress-materials1

このページでは各特徴について3行でまとめましたが、詳細についてはこちらのページ「マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人」で詳しく解説していますので、別途、詳しく知りたければご参考にしてください。

なお、全てのマットレスが単一素材で作られているわけではありません。

  • (下)高反発ファイバー → 高反発ウレタンフォーム (上)
  • (下)高弾性ウレタンフォーム → 低反発ウレタンフォーム (上)
  • (下)ポケットコイル → ラテックス (上)

などのように組み合わせられていて、それぞれの特徴がバランス良く生かされていたりします(ハイブリッドと言われたりします)。

気になる素材がいくつかあれば、マットレスの取扱い点数が多い大型店舗などで試し寝をしながら比較してみるのも一手です。私が書いた文章からでは伝わらない風合いなども感じとっていただけるかと思います。

③ おすすめできる型・素材のマットレス

ここまでご覧になったように、マットレスの型・素材には色々あります。

3型×7素材なら少なくとも21通りになります。

しかし、すべての掛け合わせが良いわけではありません。例えば、床置きの薄型コイルマットレスというものがありますが、これは論外です。寝心地も悪い上に使い勝手も悪いです。絶対に選んではいけません。とはいえ、そんなこと知るよしもないかと思います。

そこで次に、

  • 価格とニーズ別におすすめの型・素材のマットレス
  • 「これは絶対避けてほしい!」と私が思っている型・素材のマットレス

これらについて解説していきます。

予算1万円代でおすすめの低価格マットレス

もしあなたが1万円代の予算でマットレスを買おうと考えているなら高反発ウレタンフォームマットレスがおすすめです。

このマットレスの最大の特徴は、低価格でそれなりに良い寝心地であることです。また、1万円代の安いものでもきちんと選べば5~7年前後は使えます。そして、軽くて手軽に使えて廃棄もかんたんです。格安マットレスとしては十分ではないでしょうか。

その他の素材の1万円代のマットレスではこうはいきません。1万円代の低反発ウレタンフォームマットレスは密度が低くてへたりやすいものが多いです。高反発ファイバー素材は硬くて寝心地が悪いものが多いです。コイルマットレスの1~2万円前後のものはコイルの上に詰めものがないひどい品質のものが多いです。敷布団は体圧分散性や反発弾性が低いので寝心地に難があります。そのため、低予算なら高反発ウレタンフォームマットレス一択と私は考えています。

予算5万円前後でおすすめのマットレス

5万円前後の予算でマットレスを買おうと考えているなら高弾性ウレタンフォームマットレスがおすすめです。

体圧分散性と反発弾性のバランスが良いので寝心地には問題なく満足できるはずですし、適切な品質のものを選べば6~7年前後は快適に寝られます。千切れば家庭ゴミとして処分できて手軽です。高価格のマットレスを長期間使うよりも中価格のマットレスを中期間使って買い換えるほうが合うこともあるかと思います。

ちなみに、ラテックスマットレスは5万円では足りません。10万円弱くらいの予算が必要になります。また、コイルマットレスで5万円前後で販売されているものもありますが、寝心地で高弾性マットレスと大差ないことと、耐用年数(詰めものの密度とコイル線材の品質)がそこまで長くないこと、廃棄で追加費用がかかることを考えるとややコストパフォーマンスが悪くなるためおすすめできません。

予算10万円前後でおすすめのマットレス

  • ポケットコイルマットレス
  • 高弾性ウレタンフォームマットレス
  • ラテックスマットレス

などがおすすめです。

ポケットコイルマットレスはインテリアとして部屋の雰囲気がどうしても重たくなってしまう嫌いがありますが、この点が気にならずにきちんと選ぶことができれば寝心地なども問題なく満足できるはずです。

ただ反対に、軽いイメージの生活スタイルが好みであれば高弾性ウレタンフォームマットレスやラテックスマットレスを選ばれるほうが満足できるかと思います。

エコ意識のある方におすすめのマットレス

環境問題を意識していて身の回りをエコなもので揃えたいとお考えの人にはラテックスマットレスがおすすめです。天然100%のラテックスフォームは、ウレタンフォームなどのようにオイルベースではなく、ゴムの木から採取された天然の原料で製造段階の環境負荷が少ないマットレスです。また、小さくちぎれば家庭ゴミとして捨てられるため、コイルマットレスのような廃棄問題もありません。そのため、エコ意識が高い人にはラテックスが向いています。

マットレスを洗いたい方へのおすすめ

洗えるマットレスが欲しいなら薄型の高反発ファイバーの三つ折りものがおすすめです。

完全に丸洗いできるマットレス素材は高反発ファイバーしかないので、洗えることを重視するなら高反発ファイバーのみで作られたマットレスを選びましょう。ダニやカビの心配も少ないので、衛生面を重視される方にもおすすめです。なお、薄くて三つ折りになっている(素材が三つに分割されている)ものを選ぶのがコツです。例えば、100x200x10cmのサイズのものなら、1つ1つが100x66x10cmのサイズになるためお風呂場でかんたんに洗うことができるからです。

※絶対におすすめできないマットレス

反対に、どうしてもおすすめできないマットレスも存在します。もし次のようなマットレスを検討していたら考え直してみることをおすすめします。理由とともにご説明していきます。

  • 薄型ラテックスマットレス
    ラテックスマットレスは重くて柔らかいです(厚さ10cmで15kg前後)。そのため、収納するのが大変ですし、壁に立てかけて乾かすこともできません。ラテックスマットレスを購入するならベッドの上で使えるものがおすすめです。
  • 高反発ファイバーベッドマットレス
    洗いにくくなるので分厚い高反発ファイバーマットレスはあまりおすすめできません。また、ベッドの上で使うなら最大の特徴である通気性の良さもそこまで必要ではなくなり、素材の良さを活かせられずデメリットのみが目立つのであまりおすすめできません。
  • 低反発ウレタンフォームのみで作られたマットレス
    低反発ウレタンフォーム素材のみのマットレスだと体を支えきれずに寝姿勢が悪くなりやすいのでおすすめできません。体を支えるために硬くなっているものもありますが、それはそれで低反発素材の体圧分散性が損なわれるのであまりおすすめできません。
  • ボンネルコイルマットレス
    横揺れと軋み音などのデメリットからコイルマットレスを購入するならポケットコイルのものを選ぶことをおすすめします。
  • 床置きの薄型コイルマットレス
    詰めものが少ないため寝心地が悪いですし、重くて取扱いもしづらいのでおすすめできません。コイルマットレスはベッドの上で使うものがおすすめです。

2. 型・素材別|おすすめのマットレス

さてそれでは次に、おすすめのマットレスです。

ここまでご説明してきた型・素材別に1~2つおすすめできるメーカー・ブランドのものを紹介していきます。スペックについて分からない単語があれば3章を見てご確認ください。

2-1. 薄型ノンコイルマットレス

高反発ウレタンフォーム素材

エコラテ エリート 三つ折りマットレス
エコラテ エリート 三つ折りマットレス

製品:エコラテエリート 三つ折りマットレス
硬さ:やや硬め
サイズ:
シングル(98×195×10cm)
重量:約7kg
価格:
16,990円
送料:無料
保証:3年間品質保証・3週間トライアル
【商品ページはこちら】

「この価格でこの寝心地」と人気のマットレスです。やや硬めな寝心地ながらも凸凹プロファイル加工により、体への負荷をより少なくサポートします。普通~がっしり体型の人に向いています。また、10cm厚の三つ折り仕様のため、収納が手軽です。自社製品のため恐縮ですが、無駄のない素晴らしいコストパフォーマンスを実感していただけると自負しています。

高反発ファイバー素材

フォーシーズンズプレミアム(ブレスエアー®︎)
ブレスエアー®︎ ネムリエPremier

製品:ブレスエアー®︎ ネムリエPremier
硬さ:極柔~極硬から選択可能
サイズ:シングル(95×195×10cm)
重量:約8.1kg
価格:49,500円
送料:無料
保証:30日間返品保証
【商品ページはこちら】

高反発ファイバー素材として有名なブレスエアー®です。この製品はブレスエアー®の加工を一手に引き受けている企業が企画しているもので密度などの仕様はお墨付きです。上記で説明した通り、面で支える構造のためしっかり目の使用感ですが、内部が三層構造になっていてソフト、ふつう、ハードの中からあなたの好みに合わせて硬さを調整することができます。高反発ファイバー素材のエア系マットレスを選ぶのならこのブランドがおすすめです。

高弾性ウレタンフォーム素材

kaimin-times-oasis-mattress-8cm
快眠タイムズ オアシス敷布団

製品:快眠タイムズ オアシス敷布団
硬さ:やや柔らかめ
サイズ:シングル(98×195×8cm)
重量:約8kg
価格:24,000円
送料:無料
保証:5年間品質保証・3週間トライアル
【商品ページはこちら】

もちもちの一層目と、しっかりめの二層目の多層構造ウレタンフォームで、雲の上のような寝心地のフロアマットレスです。体のラインへの抜群のフィット性と、もちっとした高い弾力性で腰を包み込むようにサポートします。普通~スリム体型の人におすすめです。100kg以上の大柄の人だと、厚みが8cmのため底つき感がある恐れがあります。自社製品のため恐縮ですが、ほどよく柔らかい寝心地を好む人にイチオシです。私は自宅でベッドマットレス(備え付けだから変えられない)の上にこれを敷いて寝ています。心から惚れ惚れする寝心地です。

セルプール ハイブリッドマットレスEX
セルプール ハイブリッドマットレスEX

製品:セルプール ハイブリッドマットレスEX
硬さ:ふつう
サイズ:シングル(98×197×8cm)
重量:約8kg
価格:39,700円
送料:無料
保証:5年間品質保証
【商品ページはこちら】 / 【セルプール紹介ページはこちら】

厚みがたったの8cmとは思えないほどの高弾性マットレスです。トップクラスの弾力性(63%)とウレタン密度(50D)のため、見かけによらずしっかりと、そして、ぐっとあなたの体をサポートします。また、自社製品のため手前味噌ですが、オーストリア製の特殊製法によるこのウレタンフォーム「セルプール」にはそれ自体が湿度調整する機能があるため、ウレタンマットレスなのにムレにくいという素晴らしい性能を持っています。

2-2. ノンコイルベッドマットレス

高反発ウレタンフォーム

エコラテ エリート マットレス
エコラテ エリート マットレス

製品:エコラテエリート 一枚ものマットレス
硬さ:やや硬め
サイズ:シングル(98×195×14cm)
重量:約9.5kg
価格:19,990円
送料:無料
保証:3年間品質保証・3週間トライアル
【商品ページはこちら】 

上記のエコラテエリートと同シリーズの1枚ものマットレスです。こちらも「この寝心地でこの価格」と大人気です。低価格のマットレスでベッドの上で使えるものをお求めなら、折り目のないこちらのモデルがおすすめです。厚みが14cmもあるので体重が100kgの大きな人の体でさえもしっかりとサポートします。ベッドマットレスで安価なものをお探しならこれが一押しです。

高弾性&低反発ウレタンフォーム素材

kaimin-times-oasis-mattress-20cm
快眠タイムズ オアシスマットレス

製品:快眠タイムズ オアシスマットレス
硬さ:やや柔らかめ
サイズ:シングル(98×195×20cm)
重量:約15.5kg
価格:42,000円
送料:無料
保証:5年間品質保証・3週間トライアル
【商品ページはこちら】

6万円以内の予算で高反発・高弾性マットレスを検討している人におすすめです。ふわふわ、もちもち、しっかりの三層構造のウレタンフォームで、雲の上のような無重量感覚の寝心地のベッドマットレスです。背中と腰のくびれラインへの抜群のフィット性がありつつも、寝返りが楽にできる反発力。寝心地の概念が変わってしまうほどです。自社製品のため恐縮ですが、寝心地にこだわりがある人にもっともおすすめのベッドマットレスです。

Cellpur-Sweet-Dream-DX
セルプール スウィートドリームDX

製品:セルプール スウィートドリームEX
硬さ:ふつう
サイズ:シングル(98×195×15cm)
重量:約12kg
価格:101,800円
送料:無料
保証:5年間品質保証
【商品ページはこちら】

上記のオーストリア製「セルプール」ウレタンフォーム100%のベッドマットレスです。高弾性、高密度、湿度調整などの睡眠に重要な機能が揃っています。両面仕様になっており片面はウェーブカット、もう片面はデクビトスカットになっており、硬さの微調整が出来ます。ノンコイルベッドマットレスとしては最高級クラスの品質です。

ラテックス

body-doctor-mattress-advance
ボディードクター アドヴァンス マットレス

製品:ボディードクター アドヴァンス マットレス
硬さ:やや柔らかめ
サイズ:シングル(97×195×13.5cm)
重量:約20kg
価格:96,800円
送料:無料
保証:10年間品質保証
【商品ページはこちら】

天然100%のラテックスベッドマットレスです。ウレタンフォームの密度計算を適用すると70Dになるほどの高密度です。そのため、シングルサイズで20kgとかなりの高重量ですが、その分耐久性はズバ抜けています。蒸れやすさが気になるラテックスですがこの商品はきちんとピンホール加工がされていますし、側生地に綿が65%も使用されているので安心なのでおすすめです。

2-3. コイルスプリングベッドマットレス

高反発コイルマットレス

tokyo-bed-moisture-mattress
New Rev.7 パープルラベル

製品:New Rev.7 パープルラベル
硬さ:ソフト/ベーシック/ハードから選択可能
サイズ:シングル(97×195×27cm)
価格:82,500円
送料:無料
【販売ページはこちら】

フランスベッドグループの老舗メーカー東京ベッドが手がけるマットレスです。7インチ(約18cm)のポケットコイルに高反発ウレタンフォーム2cmと湿度調整機能のあるウレタンフォーム2cm、さらに羊毛わたが詰められています。体圧分散性は十分ですしさらに蒸れにくい構造になっています。

高弾性コイルマットレス

製品:フランスベッド PR70-DDEX
硬さ:やや柔らかめ
サイズ:シングル(97×195×31cm)
価格:115,500円
送料:無料
保証:2年間品質保証
【販売ページはこちら】

フランスベッド独自の高密度連続スプリングがダブル構造になっている上に、高弾性ウレタンフォームを組み合わせたベッドマットレスです。寝たときの風合いがふんわりと心地良いのはもちろん、体をしっかりとサポートするスプリングが二重構造になっているので横揺れがさらに少なく、家族で寝る方にもおすすめのマットレスです。生地に防ダニ、抗菌、防臭加工が施されているのも嬉しいポイントです。

低反発コイルマットレス

tokyo_bed_integra_grande
インテグラ グランデ

製品:インテグラ グランデ
硬さ:柔らかめ
サイズ:シングル(97×195×23cm)
価格:165,000円
送料:無料
保証:2年間品質保証
【商品ページはこちら】

通気性の高い低反発ウレタンフォームとポケットコイルを組み合わせたマットレスです。三層構造の低反発がゆったりと体を受け止めつつ、ポケットコイルがしっかりと体を支える寝心地です。ウレタンフォームの強度もさることながら、コイル線材に焼き入れがされているので耐久性にはかなりの期待ができます。こちらも上記で紹介した東京ベッド社によるマットレスです。


3. マットレスの選び方・使い方のポイント

このページでは、

  • 寝心地の好みと慣れ
  • 生活スタイルとライフステージ
  • 予算や価値観

などを軸に個々人に合ったマットレスをおすすめしています。

とはいえ人によっては「マットレスの品質、性能、スペックなどを比較して選びたい」と考えられているかと思います。これらについてはこちらのページ「【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味すること」で解説しているので、品質をきちんと確かめてマットレス選びをしたい方はぜひあわせてご覧ください。ポイントの一部を表にしてまとめると下記のようになります。

how-to-choose-mattress1

硬さはともかく、マットレスの厚さについてセンチ単位で考えられる人は少ないでしょうし、さらに、ウレタンフォームの密度やコイル線材の品質まできちんと理解したうえでマットレスを選ばれている人はかなり少数派かと思います。

寝心地から耐久性まで大きく左右されるので、絶対に押さえて選んでいただきたいところです。もちろん、本ページでご紹介のおすすめのマットレスについては基本的にこれらのポイントを押さえて選定しています。

sizes-of-bed-and-mattress4

height-of-mattress-based-on-types2

他にも、サイズはどう選ぶべきかだったり、ベッドの合わせ方だったり、利用シーンによって選ぶべき折りたたみ形状などの選び方を紹介しています。寝具ショップの店員さん(もしくはそれ以上)の知識が得られますのでぜひご参考にしてください。

3-1. マットレスの使い方で知っておくべきこと

また、いざマットレスを購入するとなると、その上にシーツを敷くべきかパッドも敷くべきかなど、どのように使うかも悩みどころかと思います。

characteristics-of-mattress-tops

これについてはこちらのページ「【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは」で最低限の組み合わせや、夏や冬などの季節に応じたおすすめの使い方、マットレスの下の湿気対策などのついて解説しています。マットレスをきちんと扱えないとダニ・カビなどの繁殖にもつながりますので、一度ご覧になって頭に入れておくようにしてください。

causes-of-dust-mite-and-mold1


最後に

あなたが「これだ!」と思えるぴったりなマットレスが見つかっていれば幸いです。ぜひ3章で紹介したマットレスのサイズ・ベッドの高さ選びのページについてもご覧いただき、あなたに合ったマットレスをぴったりのサイズとベッドでお使いいただければと思います。

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントはこちらからどうぞ

  1. こんにちは!仕事でおすすめのマットレスを検索してこちらに辿り着きました。昨今はアフィやステマ狙いの記事が検索上位に多い中、ほんとに睡眠にこだわって選んで書かれたんだろうなという感じが伝わってきました。
    一方でWebメディアやブログの宿命として新たな記事を発信し続けなければいけないので、この記事が貴サイト内で埋もれたり似た記事が増えざるを得ないことに悲しみも覚えます。
    今、私はそんな検索まわりの現状を変えたいと思い活動しているので、将来何か加賀さんの新しい活躍の場が産めたらいいなと思い何となくコメント残させていただきました。
    これからも良い情報発信、頑張ってください!

    1. 松田様

      コメントありがとうございます。
      情報を超えて私の気持ちまで届いたようで嬉しく存じます。
      おっしゃる通り、競合と競争しつつも本質的な価値を提供し続けるのは大変ですが、
      松田様のような読者からのコメントを励みに精進してしています。

      松田様のご活動が上手くいくことを願っています。
      楽しみにしています。
      どうぞよろしくお願いいたします。
      加賀照虎

コメントを残す

*

快眠タイムズ