睡眠

寝る前のカフェインには注意!眠りの質を下げるメカニズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから

  • 寝る前にカフェイン飲んだらなんでダメなの?
  • 眠りの質が下がるっていうけどどうして?

などの疑問を感じられることがあると思います。私自身、コーヒーが大好きで1日に2~3杯は必ず飲むのですが、カフェインとの上手な付き合い方をマスターするまでは寝つき悪くすることがありました。好きだからこそ、上手に付き合いたいですよね。

そこで本日は「寝る前のカフェインには注意。眠りの質を下げるメカニズム」についてご紹介します。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

1. 寝る前のカフェインが眠りの質を下げるメカニズムとは

コーヒーブームもありとても身近な存在になりましたが、カフェインはれっきとした薬物です。世が世なら違法薬物になっていても不思議ではない存在です(アルコールがイスラム圏で禁止されているように)。それほど人に対して強烈な覚醒作用を持ちます。

【カフェインの作用】
カフェインがアデノシンという鎮静効果のある神経伝達物質が脳内で伝達されるのをブロックすることにより、鎮静を妨げ覚醒効果をもたらします。カフェインを摂取すると、30~60分後に血中濃度が最高になります。つまり、この間に覚醒効果が最高になります。

分かりやすく言い換えると、落ち着きムードに向かっている脳を撹乱させて覚醒させているのです。

眠りにつこうとしている脳を覚醒させてしまったら睡眠どころではありません。スピードを落として止まろうとしている車のアクセルを踏み込むようなものです。カフェインが代謝されるまで眠気が戻ってこないので眠れなくなってしまいます。

もちろん、人によりカフェイン耐性が異なるので、誰に対しても同じような効き目がある訳ではありません。コーヒー好きの人の中には寝る前の一杯を楽しまれる方がいますが、かなりカフェイン耐性が強いと考えられます。このような人の中に「寝る前にコーヒー飲んでも眠れるよ!大丈夫大丈夫!」と言われる人がいますがアテにしないようにしましょう。

また、カフェインには利尿作用があるためトイレが近くなります。そのため、夜間頻尿にお悩みの方だと、夜中や明け方に尿意で目を覚ます原因にもなりえます。

1−1. 夕方以降はノンカフェインを心掛ける

寝る前のカフェインの摂取がダメとなると、1日の最後の一杯はいつにするべきなのか気になりますよね。

私の睡眠バイブルには、以下のように書かれています。

健康な成人では、カフェインの血中濃度の半減期は2.5~4.5時間ですので、少なくとも寝る4時間前からは、カフェイン飲料を飲むのは控えたほうがよいでしょう。…子どもや高齢者は肝機能障害が低くカフェイン代謝が遅れますので、夕方6時間以降はカフェイン摂取は控えるべきです。

(引用:『医療・看護・介護のための睡眠検定ハンドブック』宮崎総一郎・佐藤尚武 編著)

もちろん、上記のように、人によりカフェイン耐性が異なるので一概には言えませんが、夕方以降はカフェインの摂取を控えれば、まず寝つきを悪くすることがないよう期待できます。私は晩御飯(19~20時)以降はカフェインを摂取しないようにしています。

1−2. カフェインが眠りを妨害する作用についての実験

実際のところ、カフェインがどれくらい睡眠を害するのか調べたところ、デトロイトのヘンリーフォード病院の睡眠障害研究センターが興味深い報告をしていました。

健康な男女12名を対象に、プラシーボ(被験者に分からないようにカフェイン抜きの飲み物を与える)、入眠時にカフェイン摂取、入眠3時間前にカフェイン摂取、入眠6時間前にカフェイン摂取と条件を分けたうえで睡眠の評価すると同時に、この実験の面白いところなのですが、主観的評価(睡眠日記)と客観的評価(脳波を測るもの)でどのような違いが出るかが調べられました。ちなみに、カフェインの量は400mgとのこと。その結果が以下のチャートです。

Caffeine-Disturbs-sleep1

Caffeine-Disturbs-sleep2

入眠潜時(ベッドに入ってから眠りに落ちるまで)がかなり伸びているのはカフェインの影響としては分かりやすいですね。入眠の6時間前にカフェインを摂取していたにもかかわらず入眠潜時がかなり長いのは正直信じられないほどの驚きです。

さらに睡眠中に起きていた時間(測定器が脳波で覚醒と捉えた時間)も伸びています。これは睡眠がカフェインにより浅くなってしまった結果目覚めてしまった、もしくは、かなり浅い睡眠状態になってしまったのだと考えられます。そして、これらの影響から睡眠時間が全体的に短くなっていますし、睡眠効率(ベッドにいた時間のうち実際に眠っていた時間の割合)が悪くなっているのもうなづけます。

さらにさらに、徐波睡眠(ノンレム睡眠ステージ3と4の深い睡眠)の割合が減っているのも驚きです。入眠6時間前にカフェインを摂取したケースにおいて他のケースよりも徐波睡眠が少ないのは謎なのですが、カフェインが徐波睡眠を少なくしているのは間違いないようです。

そして、この実験の面白いところが、主観と客観の誤差です。カフェインを摂取してから眠ると思ったよりも入眠に時間はかかっていないものの(実際に入眠潜時は伸びていますが)、睡眠は実感以上に害されており浅く短くなっているということです。睡眠不足だとパフォーマンスが落ちるものの、その変化に本人は気づけないのと似ています。

1−1の夕方以降はカフェインを控えましょうと言いましたが、人によってはお昼過ぎから控えてみてもいいのかもと考えさせられます。

1−3. 飲み物別|カフェイン含有量

カフェインといえばコーヒーですが、意外にもお茶やココア、エナジードリンクにも含まれています。

あなたは知らず知らずカフェインを摂取していないでしょうか?以下に身近な飲み物のカフェイン量を表したリストを用意しました。参考にしてください。

風邪の時に飲む栄養ドリンクにも無水カフェインが入っています。体がかなり疲れていれば問題なく眠れるかと思いますが、治りかけの頃だったり一日中たっぷり眠った日の夜に飲むとなると、やや寝入りが悪くなることもあります。体の疲れ具合を勘案して摂取するようにしましょう。

1−4. 眠る前におすすめの飲み物

意外と多くの飲み物にカフェインが入っていて驚かれたかと思います。

ではどんな飲み物ならいいのかと言うと、麦茶、そば茶、黒豆茶、ハーブティー、ルイボスティー、白湯、ノンカフェインコーヒーがおすすめです。これらにはカフェインが含まれないので、作用により寝つきを悪くすることはありません。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

最後に

カフェインと上手に付き合う参考になっていれば幸いです。

なお、以下のページでこれまで紹介してきた、数々の研究で実証された良質な睡眠のために「するべきこと」と「してはいけないこと」を網羅的にまとめています。美味しいところ(結論)だけをつまみ食いできる構成になっています。是非ご一読ください。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝起きた時、腰や背中に違和感はありませんか?

・しっかりと眠ったはずなのに朝起きると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚められない・・。
・日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。

睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。眠りを見直すためにも、正しい作りのマットレスを試してみませんか?

適切な寝心地で、適度な耐久性、そして手頃な価格をコンセプト「エコラテ エリート マットレス」を開発しました。

  • 軽い寝心地を生む反発弾性45%のウレタンフォーム
  • 腰と背中にやさしい凸凹プロファイルカットによる体圧分散性
  • ウレタン密度32D、たくましい耐用年数(7年前後)
  • 表側テンセル™100%の爽やかな肌心地
  • あなたまでダイレクト、最高のコスパでお届けします!!

是非あなたの睡眠改善にお役立てください。


詳細を見てみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ