マットレス

新品のマットレスにトッパーは不必要!必要なのは○○○

※自分に合ったマットレスを選ぶ手順(型→素材→個別商品)と値段、体質、好み別におすすめできるマットレスについてこちらのページ「マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順」で徹底解説しています。網羅的にマットレス選びを進めたい方は是非ご参考にどうぞ。

新しくマットレスを購入するとき、

「マットレストッパーも一緒に購入するべきなんだろうか」

と疑問に感じないでしょうか。

結論からいうと、新品のマットレスにトッパーを買い足す必要はありません(一部の例外はありますが)。

私ども寝具メーカーとしてはトッパーではなく「パッドを一緒に買う」ことをおすすめしています。

本日はその理由についてご説明します。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 新品のマットレスにトッパーが不必要な理由

そもそもマットレストッパーとは「マットレスの寝心地を補うためのもの」です。

そのため、新品のマットレスの寝心地に問題があることは基本的にありませんので、マットレストッパーを買い足さなくてもよいのです。

ベッドシーツ敷きパッドベッドパッド
bed-sheet1shiki-pad1bed-pad1
トッパープロテクター除湿シート
mattress-topper1mattress-protector1dehumidify-sheet2

稀にマットレスと一緒にトッパーを購入することを勧めているお店がありますが、それはお店の人が何かを勘違いしているはずです。「マットレストッパーってマットレスの寝心地を補うものだから必要ないのでは?」と店員さんに聞き返してみましょう。さらっと引き下がってくれるはずです。

もしくは、マットレストッパーと言いつつも、敷きパッドやベッドパッドを勧められているケースもあります。これは人により呼び方が異なっているために誤解が起こっているだけです。実のところトッパーもパッドも正式に名称として定められている訳でないので、このような誤解が起こってしまうことが稀にあります。パッド類については新品のマットレスと一緒に購入するのはアリです。むしろ、絶対に同時購入されることをおすすめします。その理由については1−2でご説明します。

1−1. 新品のマットレスにトッパーが必要なケース

とはいえ、新品のマットレスにもトッパーを買い足すべきなケースもあります。

それはマットレスの寝心地が硬すぎる場合です。「お店で試し寝をしたけど思ったよりも寝心地が硬すぎた」というお声は少なくありません。むしろ人生で3~4回しか購入することのないマットレスを、お店でたった5~10分寝ただけで自分にぴったりのものを選ぶのがそもそも不可能といえば不可能なのです。

硬すぎるマットレスは腰に圧迫を与える
硬すぎるマットレスは腰に圧迫を与える

もしあなたがマットレスの上に寝たときイラストのように、背中が浮いていて背中とマットレスの間に隙間ができているようであれば、それはマットレスが硬すぎる(≒体圧分散性が悪い)と考えられます。

この状態だと体の重みが腰に集中してしまい圧迫感により腰を痛めてしまう恐れがあったり、背中を支えるサポートがないために背筋や背骨を痛めてしまう恐れがあります。そこで、そんなマットレスの上にトッパーを一枚敷くだけで、体圧分散性を高めて寝心地を改善させられるのです。

またもしくは、もしそのマットレスが返品可能であれば返品するのも一つの手です。販売店に確認してみましょう。

1−2. 新品のマットレスにはプロテクターとパッドを買い足すこと

「新品のマットレスの上にトッパーを敷いて汚れないようにしようと思っていたんだけど…」と考えられていた方もいらっしゃると思います。

そのようにお考えの方は「シーツ」「敷きパッド」「プロテクター」などを利用しましょう。

 イメージ役割
ベッドシーツbed-sheet1肌触りや汗取り、コーディネートのためのもの。汚れ防止の役割もあるが
生地が薄いためこれ一枚では不十分。多様な素材、生地、柄がある。
敷きパッドshiki-pad1肌触り、汗取り、温湿度調整、マットレスの保護の役割がある。
夏用の冷感生地や冬用のあたたか生地のものなど多様。
ベッドパッドbed-pad1敷きパッドと似ているが、より厚みがあり体圧分散性を高める
ためのものが多い。厚い分洗濯しづらいのでシーツとの併用推奨。
トッパーmattress-topper1薄いマットレス。へたったマットレスなどに重ねて体圧分散性を
改善させるために使う。この上に寝てはいけない。
プロテクターmattress-protector1防水生地のシーツ。マットレスを汚さずにキレイに使うための
保険のようなもの。種類は少ない。
除湿シートdehumidify-sheet2マットレス下の湿気を取るためのもの。床置きなら必須。
ベッドでマットレスを使うとしてもあったほうがベター。

マットレスの上に何も敷かずにそのまま寝てしまうと寝汗などですぐに汚れてしまいます。せっかく高品質のマットレスを購入してもそのような使い方をしていると、2~3年もしない内に汚れで目も当てられない状態になってしまいます。

ただ、ベッドシーツだけの利用も正直おすすめできません。というのも、薄手の生地一枚では防汚性が高くないので、やはり2~3年もしてしまうとマットレスの表面に汗染みが出来てしまうからです。

私のおすすめは「(下)マットレス → プロテクター → 敷きパッド (→ シーツ)(上)」という使い方です。

この組み合わせであればマットレスが汚れることがほぼ無くなりますし、敷きパッドでマットレスの蒸れ対策も可能になります。「寝床は極力キレイにしたい」とお考えであれば、さらにベッドシーツを使うことをおすすめします。敷きパッドはやや大物になるため頻繁な洗濯には向かないからです。


最後に

新品のマットレスにトッパーが不必要な理由、例外的に必要なケース、そして、新品のマットレスには何を買い揃いえるべきかについてお分かりいただけたと思います。

もしあなたにマットレストッパーが必要なのであれば、以下のページで素材や厚みにこだわったマットレストッパー の選び方についてご説明しているのでご参考にしてください。

関連記事

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ