マットレス

マットレスにパッドは必要?使用シーンと種類別のおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

マットレスを購入するとき、以下のような疑問を感じないでしょうか?

  • マットレスにパッドって必要なのかな、、、
  • いろいろあるけど違いがわからない、、、

実のところ、マットレスパッドにはいくつか種類があり、あなたの利用シーンに合ったものを選ばないと、無駄な買い物になってしまうことがあります。

しかし発想を逆転すると、パッドの違いをちょっと学ぶだけで、よりあなたに相応しいものを選べられるのです。

そこで本日は「マットレスにパッドは必要?使用シーンと種類別のおすすめ」についてご紹介します。

たった5分で毎日の睡眠を変えられるので、是非お役立てください。


1. マットレスパッドとは?おすすめの選び方

まず大枠としてマットレスパッドの種類ごとの特徴を知り、その上で、素材などの細かな点を考えるようにしましょう。

1−1. 3種類あるマットレスパッドの比較

まず、3種類あるマットレスパッドがそれぞれどのようなものなのか、写真を見てみると理解が早いです。

その上で、ざっくりとした説明を加えると、以下のようになります。

  • 敷きパッド:薄い/クッション性なし/洗濯可能/夏用・冬用あり
  • ベッドパッド:厚め/クッション性○/洗濯可能だが手間/通年仕様
  • ウレタンパッド:厚い/クッション性◎/基本洗濯不可/通年仕様

それでは次に、もう一歩踏み込んだ説明を順にしていきます。

敷きパッド

敷きパッドは日本特有のもので、役割は以下のようにベッドシーツに近いです。

  • マットレスの保護
  • 冷感/温感/除湿など

厚みが1~2cmくらいなのでクッション性はほぼありませんが、コンパクトで軽いので洗濯などの手入れがとても簡単にできます。

ただ、厚みがないため体圧分散性を高めることはないものの、さまざまな機能を持ったものが多いです。例えば、

  • 夏用のひんやり生地
  • 冬用のあたたか生地
  • ムレにくい除湿効果
  • 衛生的な防ダニ機能、抗菌機能

もちろん、綿生地にポリエステルわたを詰めただけの機能性のないものもあります。

接触冷感敷きパッドについてこちらのページ『ひんやり接触冷感敷きパッドは蒸れる?!【良品を選ぶコツとは】』で詳しく解説しているので、掘り下げて知りたい方はあわせてご参考にしてください。

ベッドパッド

ベッドパッドは敷きパッドよりも分厚く、厚みは3cm前後になります。

主な役割はというと、

  • マットレスの保護
  • 体圧分散性UP

と、なります。そのため、どちらかというと、新品の敷寝具に敷くというよりは、へたって硬くなってきた敷寝具の上に敷いて、体圧分散性を改善することに向いています。

また、厚みがあり重めなので頻繁な洗濯には不向きです。シングルサイズのものならいいですが、ダブルサイズ以上となるとやや嵩張るので、ご家庭の洗濯機で洗えるかどうか事前確認をおすすめします。

側生地はほとんど綿素材ですが、中材はいくつか種類があります。

  • ポリエステル:クッション性○、吸水性・吸湿性×、安価
  • 麻(リネンなど):クッション性○、吸水性・吸湿性◎、やや高価
  • 羊毛(ウール):クッション性◎、吸水性・吸湿性◎、高価

素材がよいものになればなるほど、ふわっと弾性がありムレにくく快適な寝心地です。

ウレタンパッド

ウレタン素材などのパッドはさらに厚く、3~5cm前後もあります。

主な役割はというと、

  • マットレスの保護
  • 体圧分散性UP

などであり、ベッドパッドと似ています。

へたって硬くなってきた敷寝具の寝心地復活のための使用がメインです。低反発・高反発ウレタン以外の素材が使用されることもあるので、ざっと特徴をまとめると以下のようになります。

  • 低反発ウレタン:体圧分散性◎/寝返り△/通気性×/洗濯不可
  • 高反発ウレタン:体圧分散性◯/寝返り◎/通気性△/手洗い可
  • ラテックス  :体圧分散性◎/寝返り◯/通気性×/洗濯不可
  • 高反発ファイバ-: 体圧分散性△/寝返り◎/通気性◎/手洗い可

ご覧の通り、素材によって使い心地が大きく異なります。

こればかりは何が一番かと断定することは難しく、あなたの好みや体質、睡眠環境によりベストなものが変わります。寝具ショップなどで10分ほど試し寝をして好みの寝心地のものを確かめるのも大切です。

また、基本的に洗濯不可ですし、手洗いできるものもかなり手間がかかるので、そのまま直接寝るのではなく敷きパッドなどをさらに上に敷いて寝ることをおすすめします。

※側生地の素材は吸水性のあるものを選ぶこと

マットレスのパッドを選ぶとき、機能面や中材のことばかり考えがちにならないでしょうか?

快適な眠りを追求するのなら、是非とも側生地にもこだわっていただきたいです。

吸水性、吸湿性のある素材が理想的です。

そうでないと、熱がこもってムレやすくなるので背中がベタベタして、気持ちよく寝られなくなります。

例えば、冷感素材の敷きパッドにポリエステルのものが多いですが、ひんやり感があまり持続せずに蒸れてくることがあるため個人的にはおすすめできません。

1−2. マットレスにパッドは絶対に必要なの?ケース別の選び方

ここまで読んでいただければ、マットレスパッドにどのようなものがあるのか、そして、それぞれの役割について理解いただけていると思います。

そのため、「マットレスパッドは必要なのかどうか」についてはご自身で判断できるかと思いますが、念のため、いろいろなケース別での選び方をご紹介します。

  • 新しくマットレスを購入したとき
    →敷きパッド。新品のマットレスは寝心地に問題がないはずなので、わざわざ厚みがあり取り扱いにくいベッドパッドを購入する必要はありません。敷きパッドがあればベッドシーツはなしでも大丈夫です。
  • マットレスのクッション性が悪くなってきたとき
    →ベッドパッドorウレタンパッド。敷きパッドでは役不足になります。体圧分散性をやや改善させたいのならベッドパッド、大きく改善させたいのならウレタンパッドがおすすめです。
  • マットレスの汚れが気になるとき
    →敷きパッド。汗染みなどシーツでは防ぎきれないマットレスの汚れには敷きパッドがよいです。もしくはマットレスプロテクターもありです。詳しくはこちらのページ『知らなきゃ大損?!防水マットレスプロテクターの賢い選び方』をご参照ください。
  • 既にマットレスにウレタンパッドを使用している
    →敷きパッド。ウレタンなどの素材のパッドは汚れたときの洗濯が手間なので、その上にさらに、敷きパッドを敷けると理想的です。

1−3. おすすめのマットレスパッド

それでは次に、敷きパッド、ベッドパッド、ウレタンパッドでおすすめのものをご紹介していきます。

製品:マジカルドライ除湿パッド
価格:4,780円
【販売ページ@楽天】/【販売ページ@amazon】/【マジカルドライのレビューはこちら】

自社製品で恐縮ですが、表面には吸水性のよいコットンパイル(タオル)生地を、中身には除湿材を詰めた敷きパッドです。ひんやり涼やかな眠りが長く続きすることを目的に開発しました。消臭機能もあるのでベッドのニオイ対策にもなります。

製品:あったかドライミング敷きパッド
価格:
10,778円
【当製品の販売ページ】

また同じく自社製品で恐縮ですが、あたたかフランネル生地にシリカゲルを挟んだ冬用の除湿敷きパッドもおすすめです。「布団の中を暖かくしたいけど、寝汗で蒸れないようにしたい」という方におすすめです。もちろん、消臭機能もありますので、多少汗をかいてもニオイも安心です。

暖暖あったか節電マット
暖暖あったか節電マット

製品:暖暖あったか節電マット
価格:
4,298円
【当製品の販売ページ】

生地にフリース素材を使い暖かく仕上げるだけでなく、中材にアルミシートを挿入することで体温を効率的にパッド内部に溜めておけるよう工夫されています。毛羽立った生地が好みでない方におすすめです。もちろん、毛羽立ちが少ないとはいえ化学繊維なので多少の蒸れやすさ静電気の立ちやすさはあります。

フォスフレイクス
フォスフレイクス

製品:フォスフレイクスベッドパッド
価格:11,880円
【当製品の販売ページ】/【フォスフレイクスのレビューはこちら】

自社製品で恐縮ですが、クッション性抜群のフォスフレイクスわたとポリエステルつぶわたをブレンドしたベッドパッドです。体圧分散性UPにお役立てください。綿100%を高密度に織り上げた側生地なので、汗がしっかり吸収され爽やかに寝られますし、ダニの心配も少ないです。家庭用洗濯機で丸洗いできるのも人気のポイントです。

製品:ビラベック羊毛ベッドパッド
価格:32,400円
【当製品の販売ページ】

羊毛ベッドパッドを世界で初めて作った会社のものです。羊毛にコーティングやヒダをそぎ落とすなどの加工を施していないため、羊毛本来の調湿機能が失われていなく快適に寝られます。超長綿のニット地に仕上げた側生地なので、肌当たりも吸放湿性も素晴らしいです。

エコラテ パッドタイプ
エコラテ パッドタイプ

製品:エコラテ 高反発ウレタンパッド
価格:
17,280円
【購入はこちら@楽天】/【購入はこちら@amazon】(シングルサイズは売り切れ中です。申し訳ございません。)

私どものパートナー工場(中国)で生産している高反発ウレタンパッドです。体圧分散性がイマイチになってしまったマットレスの復活にお役立てください。5~8年程度の使用期間を考えている方には、素晴らしいコストパフォーマンスを実感していただける作品です。


最後に

あなたが必要とするマットレスパッドがどのようなものか、そして、どのような素材が好みに合うかイメージできていれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ