敷布団

敷布団にすのこは必要?ケース別に考える必要性とおすすめの一品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

朝目覚めたとき、敷布団がじとーっと湿っていて「すのこベッドとかで湿気対策したほうがいいのかな?」と心配になることはないでしょうか?

実のところ、マットレスにすのこはおすすめできますが、敷布団にすのことなると、おすすめできるケースとできないケースに分かれます。メリットとデメリットを把握した上で、あなたに合うかどうかを確認しなければ、すのこを買って後悔することすらあります。

そこで本日は「敷布団にすのこは必要?ケース別に考える必要性とおすすめの一品」についてご紹介します。

すのこ選びのための知識としてご活用ください。


1. 敷布団にすのこは必要?考えるべきメリット・デメリット

突然ですが、「すのこ」と一口にいっても、「床置きすのこ」と「すのこベッド」の2種類あります。

これらは使い勝手が全然ちがってくるため、一緒くたにして語ることはできません。

 

それぞれの特徴(メリット・デメリット)を勘案した上で、あなたに合うかどうかを考えるようにしましょう。

1−1. 床置きすのこの上で敷布団を使うケース

  • メリット
    結露対策/カビ対策/比較的安価
  • デメリット
    お手入れの手間が増えることも/床を傷つけないよう配慮が必要/敷布団の厚みによっては背中が痛くなる

まず知っていただきたいのが、床置きすのこが結露・カビ対策になるといっても、ほどほどであることです。

床置きすのこの上だからといって敷布団を敷きっぱなしにしていたら、確実にカビを生やすことになります。というのも、床と敷布団が密着することを避けられても、そこまで通気が確保できるわけではないからです。

そのため、人によってはすのこを動かしなければならなく、逆にお手入れの手間が余計にかかるようになることもあります。そして、その際に、床を傷つけないよう配慮もせねばなりません。

また、敷布団の厚みが5cm以下だと、背中にすのこがボコボコと当たって寝心地が悪くなることもあるので注意が必要です。

1−2. すのこベッドの上で敷布団を使うケース

  • メリット
    手入れの手間を省ける/結露対策/カビ対策/底冷え対策/収納スペース
  • デメリット
    デッドスペースができる/敷布団の厚みによっては背中が痛くなる/やや値が張る

すのこベッドだと、床からすのこまでの距離が少なくとも20cmは確保できます。そのため、空気の流通がだいぶよくなるので結露・カビ対策としては申し分ないです。

もちろん、床から離れることにより、床の冷気が伝わりにくくなるので、冬の底冷え対策にもなります。さらに、ベッド下に収納スペースが生まれるのも利点です。が、あまり多くモノを置いてしまうと、通気が悪くなり敷布団が湿気りやすくなるので注意が必要です。

デメリットとしては、ベッド特有の動かせないことからどうしてもデッドスペースができてしまうことです。これに関しては受けいれるしかありません。敷布団が薄いとすのこの凸凹で背中が痛くなってしまうのは、床置きタイプと同じです。すのこベッドで敷布団を使うなら、少なくとも厚みは8cm以上ほしいです。


2. すのこのおすすめの選び方

素材や構造など、他にもこだわっていただきたいポイントがあります。

2−1. 素材によってカビやすさが異なる

市販のすのこの原料は、ヒノキやスギなどの木材か、樹脂がメインです。

お部屋の湿気が強い方は、それぞれの湿気耐性を知った上で、選ぶことをおすすめします。

  • 湿気に:【強い】樹脂>桐>ヒノキ>スギ>パイン材【弱い】

樹脂原料はまずカビることがないので、一番おすすめです。桐やヒノキ、スギも天然の調湿性を持っているので同じくおすすめできます。

しかし、パイン材(特に海外生産のもの)は湿気に弱いので、湿気対策としてすのこの導入を考えている方にはおすすめできません。特に、早朝床がじとっと湿る家庭でしたら、パイン材は要注意です。

2−2. ケースによって使い分けるおすすめのすのこ

製品:桐すのこ
価格:9,374円
【販売ページ@良品生活】

湿気に強い桐素材で作られた床置きすのこです。フレームがフラットではなく凹形状に加工されている上に、所々に通気のための穴が掘り巡らされているので、通気性は抜群です。さらに、∧状に折り上げて畳むことも可能です。そのまま敷布団を簡単に乾かせられます。重さはシングルサイズで9kgとやや重めです。

製品:すのこベッド エアースリープ
価格:9,967円
【販売ページ@amazon】

こちらはポリプロピレン樹脂を素材として作られた床置きすのこフレームです。樹脂製のためカビにくさでいえば随一です。こちらは∧∧形状に折りたたむことができます。樹脂は重いように思われるかもしれませんが、シングルサイズで4.87kgなので、木材よりも随分と軽く扱いやすいところにも利があります。

製品:すのこ型吸湿マット
価格:8,532円
【販売ページ@cecile】

こちらはポリエステル吸湿剤をすのこ型にしたマットです。厳密にはすのこではありませんが、ほぼ同等の機能をおこなう上、木材や樹脂などの硬さがなくクッション性があるのでやや寝心地がよくなるという利点があります。5cmz前後の薄めの敷布団を使っており、すのこの硬さを心配している方におすすめです。

futonbedoptimus
国産すのこベッド【OPTIMUS】オプティムス

製品:すのこベッド
価格:
39,200円(税込)
【販売ページ@ベッド通販.com】 

天板が桐素材で作られたすのこベッドです。すのこベッドでしたら敷布団を干す回数はそこまで多くなくてもいいのですが、必要なときは写真にあるように、天板を∧状に折り上げることができるので、敷布団をそのまま干すことができます。これはなかなかない機能でありがたいです。


最後に

あなたに合うのはどのようなすのこなのかイメージが固まっていれば幸いです。

また、以下のページで綿、羊毛、ポリエステルなどの素材別に、腰・背中をリラックスさせて眠るためのサポート性、キレイに維持するための衛生性、日常生活を楽にするための取扱性、の3つの点から敷布団の選び方をご紹介しています。是非あわせてご参考にしてください。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ