マットレス

【専門レビュー】エママットレスの機能と寝心地

ema-mattress2
※自分に合ったマットレスを選ぶ手順(型→素材→個別商品)と値段、体質、好み別におすすめできるマットレスについてこちらのページ「マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順」で徹底解説しています。高反発だけでなく多様な素材から網羅的にマットレス選びを進めたい方は是非ご参考にどうぞ。

エマ・マットレスにするか、コアラマットレスにするか。

多くの方が迷っているかと思います。

私のような寝具メーカーの人間からすると、両者の違いは歴然で、どちらが自分に合いそうかよく分かります。

が、業界外の人からすると何がなんやら、、、といった具合かと思います。

そこで本日は、

  • エマ・マットレスの特徴
  • 類似マットレスとの比較
  • 体験した上でのレビュー
  • 品質で気になったポイント
  • 口コミや評判への所見

などを解説していきます。

具体的な数値をもとにコアラマットレスと寝心地などを比較していきます。

 

 

コアラマットレス オリジナル

エママットレス

硬さ

反発弾性

厚さ

硬さ

反発弾性

厚さ

1層目

70N

16%(低反発)

6cm

70N

非公開(低反発)

3cm

2層目

120N

42%(高反発)

5cm

150N

非公開(高反発)

15cm

3層目

200N

40%(高反発)

12cm

120N

非公開(高反発)

7cm

寝心地

柔らかめ

ふつう

画像

koala-mattress-3-layers-construction

ema-mattress-3-layers-construction

比較検討の参考にしていただければと思います。

(※動画での解説を追加しました。)

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. エママットレスとは

まず始めに、エマ・マットレスとは2015年にドイツで創業されたマットレスブランドです。

日本での展開は2020年から。

コアラマットレスと似たようなブランドが欧州からも来たなと思っていたら、SNSを中心にすぐに広まった印象があります。

1-1. エママットレスの3つの特徴

そんなエマ・マットレスのスペックは次のとおりです。

 エママットレス
厚さ25cm
硬さ目安ふつう
硬さ(N値)70N(1層目)、150N(2層目)、120N(3層目)
反発弾性率非公開
密度非公開(推定35~42D前後)
重量21kg(※記載とブレあり)
復元率96%
表地素材ポリエステル99%、エラスタイン1%
価格67,000円
リンク商品ページはこちら

(※今は意味が分からないかと思います。読了後、また見てもらえるとよく分かるかと思います。)

主な特徴は次の3つです。

①三層構造7ゾーニングによる体圧分散性

最大の特徴ですね。

低反発と高反発の組み合わせによる三層構造に加えて、二層目のウレタンフォームに穴を開けることで、肩が沈み込みやすい構造になっています。

ema-mattress-polyurethane-foam-construction

②通気性の高い内部構造

また、ウレタンフォームに穴が開いていることで内部通気性が高くもなっています。

湿気が溜まりにくいためカビなどの心配も少なくなります。

③100日間トライアル(無料返品・返金)

かなり手厚い保証です。

もし寝心地が気に入らないなら、購入から100日間、無料返品と返金が保証されています。

 コアラマットレスエマ・マットレス
トライアル期間

120日間

100日間

返送料

東京・大阪以外
は有料(7,500円)

完全無料

返品可能時期

14日経過後

到着後すぐでもOK

梱包材

不要

不要

例えば、コアラマットレスの場合、東京と大阪以外からの地域だと返送料が必要ですが、エマ・マットレスでは日本全国どこからでも無料となっています(特に記載がないので離島も同様かと思います)。かなり手厚い保証になっています。

1-2. 結論、エマ・マットレスは「買い」か?

結論、エマ・マットレスの総評は次のとおりです。

  • 硬さ:ふつう。
  • 寝返り:寝返りはややしやすいです。
  • 蒸れ(通気性):ウレタンフォームの通気性はそこそこ。側生地素材はポリエステルで蒸れやすいです。
  • 耐久性:7年前後で一般的な耐用年数は期待できますが、品質のブレが心配です。
  • コスパ:耐久性から考えるとやや割高に感じられるかもしれないです。

寝心地は大きく外れることはないと思います。

ネックになるのが品質のブレで、当たり外れがあるかもしれません。この点を受け入れられるかどうかが、エマ・マットレスが合うかどうかの目安になるかと思います。


2. エマ・マットレスを体験レビュー

ここまではエマ・マットレスの公式サイトにも記載のある情報かと思います。

さてここからは、実際にエマ・マットレスを使ってみた上での、生のレビューをお伝えしていきます。

2-1. 開封(unboxing)

シングルサイズを購入しました。

ema-mattress-in-carton-box

圧縮マットレスが入っています。

キレイな状態ですね。

ema-mattress-in-a-carton-box2

さっそく、重量を測ってみました。

シングルサイズ(97cm幅)のマットレスの製品重量が21kgと商品ページには記載されていますが、梱包状態の重量を測ってみたところ19.5kgしかありませんでした。

ema-mattress-weight

これは驚きです。

梱包の段ボールなどの重さを2kgと見積もると、製品重量が3.5kgも足りない(16%低い)ことになるからです。

 エマ・マットレス
製品重量

21kg

梱包重量19.5kg
製品重量(推定)

17.5kg

もちろん、製造時の個体差によって、ブレは必ず生じます。

現に、コアラマットレスの梱包時重量も、18.61kgとされていますが17.94kgでした。ただ、この差(4.19%)は一般的には許容範囲内です。

しかし、私が受け取ったエマ・マットレスの重量は、16%のブレとなるのでやや心配です(重量は耐久性に関わるからです。詳しくは2-3で解説します)。

なお、開封は下記のとおり、女性一人でも可能です。

ema-mattress-unboxing

こちらが開封後の状態。

汚れなどなくきれいですね。

ema-mattress1

ちなみに、側生地を外した状態がこちら。

ウレタンフォームには若干の汚れと何かしらの跡(?)がありましたが、ヘタリはありませんでした。

ema-mattress

ema-mattress-dirt-on-polyurethane-foam

なお、開封直後の厚さは24cm。

ema-mattress-height-after-unboxing

2週間後に再確認したところ、24.5cmまで復元していました。

生地の厚みを0.5cmとすると25cmになりますので、きちんと復元したといえます。

2-2. 寝心地チェック(硬くも柔らかくもない中程度の硬さ)

さあそれでは、気になる寝心地についてです。

結論、良くも悪くも中程度の硬さです。

構造をお見せしながら専門的に解説していきます(分かりやすくするため、コアラマットレスと比較します)。

 

 

コアラマットレス オリジナル

エママットレス

硬さ

反発弾性

厚さ

硬さ

反発弾性

厚さ

1層目

70N

16%(低反発)

6cm

70N

非公開(低反発)

3cm

2層目

120N

42%(高反発)

5cm

150N

非公開(高反発)

15cm

3層目

200N

40%(高反発)

12cm

120N

非公開(高反発)

7cm

寝心地

柔らかめ

ふつう

画像

koala-mattress-3-layers-construction

ema-mattress-3-layers-construction

エマ・マットレスの構造は、一層目に柔らかめの低反発が3cm、二層目に硬めの高反発が15cm、三層目にやや硬めの高反発が7cmの仕様になっています。

特に記載があるわけではないですが、裏返して使うことも可能かと思います。

その場合、標準の使い方では、低反発が柔らかくフィットしつつも硬めの二層目がしっかりサポートするようになっています。しかし、低反発といえど3cmしかないため、体が落ち込むことはないようになっています。

一方、裏返しにすると、やや硬めの高反発7cmと硬めの高反発15cmでかなりしっかり支える寝心地になり、いかにも”高反発”な硬めの寝心地になります。

ちなみに、コアラマットレスの一層目の低反発は6cmもあります。かなり柔らかめです。一層目の低反発が倍の厚みだというと、寝心地にかなり違いがあることがお分かりいただけるかと思います。

また、二層目のウレタンフォームに穴が開いていますが、腰の部分は小さめ、肩の部分は大きめになっています。

これにより沈み込み具合が調整されています。

 腰の部分肩の部分
画像ema-mattress-hard-for-back

ema-mattress-soft-for-shoulder

横向きに寝るときに、肩への圧迫が少なくなります。

気になる方には嬉しい構造かと思います。

なお、弊社の女性スタッフの感覚は次のとおり。

  • 仰向け:フィット感は十分ありつつも持ち上げるような感覚で腰が沈みすぎることはない。
  • 横向き:フィット感は十分。低反発が3cmだが高反発層に当たる感覚はなかった。ただ、肩の部分が若干沈み込みするような感覚はあった。
  • うつ伏せ:胸の部分への圧迫感は若干あった。
  • 寝返り:弾力性があるので寝返りはしやすい。

ema-mattress-with-side-sleeper

柔らかすぎず、硬すぎず、また寝返りもしやすいとの印象でした。

中程度の硬さなので「寝心地が合わない」と感じられることも少ないのではないかと思います。ただ、横向きになったときに肩の沈み込みが気になるかもしれない点は頭に入れておきましょう。

2-3. 耐久性(推定7~8年前後)

次に、気になる耐久性について。

さきほどの重量と大きく関わる問題です。

というのも、エマ・マットレスのようなノンコイルのウレタンフォームマットレスは、ウレタンの密度(密度=重量/体積)によって耐用年数が決まるからです。

簡単にいうと、ウレタンフォームがぎゅっと詰まった高密度のものは高耐久ですが、スカスカの低密度のものはへたりやすい、ということです。この密度については商品ページに30D(density=密度)などと記載がありますが、耐用年数の目安としては以下のようになります。

ウレタン密度(kg/㎥)耐久性の評価
高反発低反発
20以下30以下
  • 数ヶ月~1年程度の耐用年数。
  • 1万円をきる安価なマットレスに使用される。
25前後35前後
  • 3~5年程度の耐用年数。
  • リーズナブルなマットレスに使用される。
30前後40前後
  • 5~8年程度の耐用年数。
  • 国内・海外ブランドの有名マットレスに使用される。
40以上50以上
  • 8年以上の耐用年数。
  • 高価で高品質なマットレスに使用される。

(※低反発は柔らかい分高めの密度が要求されます)

そして、エマ・マットレスの密度はというと、、、非公開です。

コアラマットレスとの比較は以下のようになります。

 コアラマットレスエマ・マットレス
1層目

40D(低反発)

非公開
(推計35~42D前後)

2層目

30D(高反発)

3層目

30D(高反発)

耐用年数目安5~7年前後7年前後
価格69,000円67,000円

35~42Dというのは、推計です。

例えば、商品ページに記載されている通りの数値をもとにすると、結構高めの密度だと考えられます。

  • ウレタン重量:21kg(商品重量)-1kg(側生地推定重量)=20kg
  • 商品サイズ:0.97mx1.95mx0.25m=0.473立方メートル
  • ウレタン密度:20/0.473=42.28

しかし、私の手元に届いた商品の数値をもとにすると、話は変わってきます。

  • ウレタン重量:5kg(梱包重量)-2kg(梱包ケース推定重量)-1kg(側生地推定重量)=16.5kg
  • 商品サイズ:0.97mx1.95mx0.25m=0.473立方メートル
  • ウレタン密度:16.5/0.473=34.88

あくまで推計でですが、密度が8Dも変わってくるのです。

もちろん、密度が34.88Dというのも悪くはありませんが、42.28Dであるべきだったと考えるとちょっと残念です。耐用年数で換算すると3年前後はゆうに変わってくるのではないでしょうか。

なお、マットレスの耐用年数は使用環境にも左右されます。

マットレスの上に直接そのまま寝ると、湿気ってヘタリやすくなります。シーツやパッドなどを敷いてきちんとケアしましょう。

 敷きパッドベッドパッドベッドシーツトッパープロテクター
画像shiki-pad1bed-pad1bed-sheet1mattress-topper1mattress-protector1
役割
  • 肌触りの改善
  • 温湿度の調整
  • マットレスの汚れ防止
  • 肌触りの改善
  • 温湿度の調整
  • おしゃれ
  • 体圧分散改善
  • マットレスの
    汚れ防止
厚み1~2cm前後3~4cm前後5mm前後3~5cm5mm前後
温湿度調整×
汚れ防止
洗濯×
体圧分散性××
 

2-4. 通気性&蒸れやすさ(生地はやや蒸れやすい)

次に、通気性と蒸れやすさ。

これは主に、

  • ウレタンフォームの通気性
  • 側生地(カバー)の表地の素材と厚み

によって決定されます。

エマ・マットレスに一層目の低反発ウレタンフォームはオープンセル構造になっています。そのため、蒸れやすさはある程度抑えられています。

ema-mattress-dirt-on-polyurethane-foam

しかし、生地は少々難ありです。

コアラマットレスと比較すると以下のとおり。

 コアラマットレスエマ・マットレス
画像

fabric-koala-mattress

fabric-ema-mattress

素材
  • ポリエステル 65%
  • テンセル™ 35%
  • ポリエステル99%
  • エラスタイン1%
厚み

伸縮性

エマ・マットレスの表生地はポリエステル99%です。

そのため、吸水性や吸湿性は低めです。

素材イメージ柔らかさ滑らかさ 吸湿性  放湿性  耐久性  洗濯性 





綿
(コットン)
cotton1

(リネン)
linen1



(シルク)
silk1
羊毛
(ウール)
wool1




レーヨンlayon1

ポリエステルpolyester1

standard-moisture-regain-of-fiber-materials
(コアラマットレスは表生地の表面にテンセル™繊維が使用されているため、吸水性・吸湿性がやや高くなっています。)

こういった理由からも、エマ・マットレスの上にはパッドを重ねて使うことをおすすめします。パッドを敷けば側生地の吸水性・吸湿性の低さは問題なくなりますし、何よりもマットレスをきれいに長持ちさせることもできます。

ちなみに、エラスタインとはポリウレタン繊維のことで、生地に伸縮性をもたすためにブレンドされています。生地がつっぱらないのでマットレスの体圧分散性を十分に発揮させることができます。

2-5. 側面生地(取手付きで扱いやすい)

次に、側面の生地です。

ソファに使用されるような生地でおしゃれです。

 コアラマットレスエマ・マットレス
画像

side-fabric-koala-mattress

side-fabric-ema-mattress

コアラマットレスにはありませんが、エマ・マットレスには取手が付いています。

取手を持ってマットレスを運ぶ機会なんて滅多にありませんが、壁に立てかけて干すときなどには便利ですよね。

2-6. 裏側生地(滑り止め加工)

裏側の生地です。

エマ・マットレスもコアラマットレスも滑り止め仕様になっています。

 コアラマットレスエマ・マットレス
画像anti-slip-fabric-koala-mattress

anti-slip-fabric-ema-mattress

マットレスがベッドからズレていくのを防げます。

ただ、床の上で使う予定ならご注意ください。フローリングにくっついたり、ゴム汚染などにより色移りする恐れがあるからです。床に直置きするなら除湿シートなどをマットレスの下に敷きましょう。

2-7. お手入れ面(洗濯しやすいオープンファスナー仕様)

次は、お手入れのしやすさ。

エマ・マットレスの側生地(カバー)は洗濯機洗い可能です。

しかも、オープンファスナー仕様になっているので、表生地のみ取り外して洗うことができます。

 コアラマットレスエマ・マットレス
画像zipper-koala-mattress

zipper-ema-mattress

(※コアラマットレスは底面にファスナーが付いているため開け閉めするためにマットレスをひっくり返さないといけないのでやや面倒です。)

ポリエステルのニット生地は(ジャージがそうであるように)毛玉ができやすいです。

そのため、なるべく表面が擦れてしまわないよう、洗うときは洗濯ネットに入れることをおすすめします。

2-8. ニオイ(ウレタン臭のみ)

次に、ニオイについて。

鼻が敏感だと気になる点ですよね。

結論、ニオイは少なめです。

エマ・マットレスはエコテックス認証を取得しています。そのため、アミンなどのような臭気の元となる原材料の使用が少なく制限されていると考えられます。

軟質ポリウレタンフォームの臭いの主成分は触媒として使用されている第3級アミン類です。これはポリウレタンフォーム製造時0.05~0.5%の濃度で添加され、製造時の熱により大半は揮発しますが一部フォーム中に残存し、これが軟質ポリウレタンフォームを開梱した時に臭いとして残っていることがあります。

(引用:日本ウレタン工業協会

もちろん、ウレタンフォーム特有のニオイはあります。

そのため、臭気に敏感な人にとっては、もしかしたら化学臭などを感じられるかもしれません。そのような人は、そもそも圧縮ロール梱包のウレタンフォームマットレス自体合わないので、非圧縮のコイルマットレスなどがおすすめです。

 ノンコイル
薄型マットレス
ノンコイル
ベッドマットレス
コイルスプリング
ベッドマットレス
画像thin-non-coil-mattress1thick-non-coil-mattress1coil-mattress1
厚み7~10cm前後15~25cm前後20~35cm前後
重量4~7kg前後10~20kg前後20~30kg前後
寝心地
耐久性
揺れ&音
使用環境床&ベッドベッドベッド
手入れ
クリーニング××
処分
価格

というのも、非圧縮のコイルマットレスはウレタンフォームを発泡してからマットレスが自宅に届くまでの間ずっと空気に晒されることになるため、ニオイが十分飛ばされることになるからです。

2-9. 価格・コスパ(通常価格は若干割高か?)

最後に、価格・コスパについて。

そもそも何をもとに価格が高いか安いかジャッジするかが問題になりますが、仮に、期待できる耐用年数をもとにコアラマットレスと比較して考えると、コスパは悪くはありません。

 コアラマットレスエマ・マットレス
1層目

40D(低反発)

非公開
(推計35~42D前後)

2層目

30D(高反発)

3層目

30D(高反発)

耐用年数目安5~7年前後7年前後?
価格69,000円67,000円

品質(重量・密度)のブレだけ心配ですが。

とはいえ、もっとも大事なのは寝心地です。

寝心地に満足できなければ元も子もありませんよね。

そこで思い出してほしいのが、こちらのチャート。

 

 

コアラマットレス オリジナル

エママットレス

硬さ

反発弾性

厚さ

硬さ

反発弾性

厚さ

1層目

70N

16%(低反発)

6cm

70N

非公開(低反発)

3cm

2層目

120N

42%(高反発)

5cm

150N

非公開(高反発)

15cm

3層目

200N

40%(高反発)

12cm

120N

非公開(高反発)

7cm

寝心地

柔らかめ

ふつう

画像

koala-mattress-3-layers-construction

ema-mattress-3-layers-construction

良くも悪くも中程度の硬さのマットレスです。

この寝心地があなたに合うかどうかしっかりと考えるようにしましょう(3-1で詳述)。


3. 体験した上での口コミや評判への所見

エマ・マットレスに対する意見を口コミ・評判サイトなどでいろいろと目にするかと思います。

  1. 合わない・背中や腰が痛くなった
  2. 化学的なニオイが強い
  3. 熱がこもって夏は暑い
  4. 値段の変動が大きすぎる

よく疑問点にあげられるこれらの点について、実際に使ってみた上で、さらにはメーカーとしての立場から、どう解釈するべきなのかについてお話しします。

3-1. 合わない・背中、腰が痛くなったという口コミ

多くのレビューは寝心地に満足しているようです。

その一方、寝心地に不満を感じているレビューもあります。よーく読んでみると、見えてくることがあります。

体めちゃくちゃ痛くて全く寝れない。硬い。高い割には機能的に良くないと感じました。個人的なものがあるかもしれないですがもともとキングスタウン等を使っておりましたがこちらの商品は無理でした。

今までホテルタイプの硬いマットレスの上にエアウイーヴを使用してました。体をまっすぐ支えて腰も楽でした。エマ-スリーブは軟らかすぎて腰が沈んでしまうような感じで、10日間くらいは寝心地が悪く、ぐっすり眠ることが出来なかったです。

分かりますでしょうか?

そうです。私が当初伝えたように良くも悪くも中程度の硬さのため、高級ベッドマットレスに多い柔らかめの寝心地に慣れている人にとっては硬いように感じ、その反対にエアウィーブなどのような高反発の硬めの寝心地に慣れてしまった人には柔らかすぎるように感じられる、ということです。

そのため、硬め・柔らかめのマットレスに慣れている人は、その点を織り込んだ上で自分に合うか考えるようにしましょう。

3-2. ニオイについての口コミ

エマ・マットレスにもニオイに関する低評価レビューがありました。

開封直後から苦手な臭いがし、残念ながら試す間も無く返品することになってしまいました。それにもかかわらず、とても快く丁寧に返品の対応をしていただき、ありがたく思いました。

ただ、その数はコアラマットレスと比べると圧倒的に少ないです。

弊社で確認した限りでは双方に大きな違いがありませんでしたが、公式サイトのレビューを見比べると明白です。

とはいえもちろん、2-8で述べたようにウレタン臭はありますので、苦手な方は避けたほうがいいかと思います。

3-3. 熱がこもって夏は暑いという口コミ

熱がこもって暑くなるという評価もありました。

もう1つは、夏は熱がこもって暑いだろうということです。私は夏の終わりに買ったのですが、トップ素材の「包み込み込まれるフィット感」は、夏には寝苦しさにつながる可能性があります。

まぁまぁです。私は、マットレスは快適だと思いますが、パートナーはそうではないと感じています。彼はかなり汗をかくので、より涼しければ、全体的に良いです。

このレビュワーさんはマットレスにそのまま寝ていたのだろうと推察します。

低反発ウレタンフォームとポリエステル99%の生地のため、ある種当然かと思います。パッドを敷いて使うようにしましょう。汚れ対策にもなります。

3-4. 値段の変動についての口コミ

これは絶対に押さえておくべき点です。

安く買えずに損をした、と嘆く人がいるほどです。

定価より、かなり安く購入できる場合があるので注意!でも何で、こんなに割り引きできるのか疑ってしまう。現在(2021/11/26)公式では、40%オフで購入可能。高く買ってしまったときの、がっかり感は大きい。もの自体は悪くはないと思うけど。

というのも、エマ・マットレスは大きなセールを頻発しているからです(4-3で詳述)。

例えば、メルマガに登録するだけで20%割引のクーポンがもらえたり、季節に合わせたセールでは40%も割引になったりします。ここまで割引額が大きいと見逃したときのショックも相応です。

購入するならセールを利用しましょう。


4. エママットレスによくある質問

最後に、購入時に気になりやすいポイントについて解説していきます。

4-1. 無料返品のトライアル(お試し期間)とは?

エマ・マットレスは100日間トライアルが可能です。

具体的には、100日間自宅でマットレスを試して、気に入らなければ返品・返金を受け付けるというものです。

内容はかなり充実しています。コアラマットレスと比較するとよく分かります。

 コアラマットレスエマ・マットレス
トライアル期間

120日間

100日間

返送料

東京・大阪以外
は有料(7,500円)

完全無料

返品可能時期

14日経過後

到着後すぐでもOK

梱包材

不要

不要

トライアル期間自体はやや短いですが、正直そもそも100日は十分すぎるほどの日数かと思います。

何より嬉しいのが、日本全国どこからでも返送費用が無料なこと。

本当にリスクフリーでマットレスが購入できるのは見事ですね。

4-2. 品質保証は?

エマ・マットレスは10年保証です。

その間、2.5cm以上マットレスがへたったら保証サービスを受けられます。

 コアラマットレスエマ・マットレス
品質保証

10年

10年

補償条件

2.5cm以上のヘタリ

2.5cm以上のヘタリ

マットレスの品質(密度・重量)にやや心配がありますが、もし万が一のことがあっても補償が受けられるのは安心ですね。

4-3. 安く購入する方法はあるか?

定期的にセールが行われています。

確認したところほとんど毎月行われています。

割引が大きいので、購入するなら絶対に見逃さないようにしましょう。

セール名期間内容
特別セット割引

2022年4月中旬~下旬

セットで40%off

新生活応援セール

2022年3月中旬~下旬

40%off

メルマガ割引

2021年12月~2022年2月

20%off

新春セール

2022年1月

40%off

2022年、40%引きセールをほぼ毎月行っています。

かなりのお値打ちになります。

(品質から考えると妥当な価格ですが)

 通常価格(税込)40%off価格(税込)
シングル

77,000円

46,200円

セミダブル

87,000円

52,200円

ダブル

97,000円

58,200円

クイーン

107,000円

64,200円

キング

117,000円

70,200円

品質にやや心配があるものの、もしエマ・マットレスを購入するなら、このようなタイミングを狙いましょう。

4-4. 公式サイト、楽天、Amazonなどの違いは?

エマ・マットレスは公式サイトとAmazonのみで販売しています。

楽天では販売されていません。

 公式サイトAmazon
価格

67,000円

67,000円

割引

公式セール

Amazonポイント

トライアル

あり

あり

どちらでも購入しても価格・トライアルサービスは同様です。

とはいえ、割引率の大きさを考えると、セール時に公式サイトで購入するのがもっともお買い得なのではと思います。

4-5. 店舗で試し寝できる?

エマ・マットレスは実店舗販売されていません。

そのため、寝心地を試してから購入することができません。

むしろ、そのための100日間トライアルともいえます。気になるならまずは試しに購入してみるのもアリかと思います。


最後に

結論、エマ・マットレスは中程度の硬さでハズレにくいマットレスです。

サービス面を考えると価格も高すぎず悪くありません。ただ、品質(密度・重量)に懸念点があるので、ここを良しとするかは判断の分かれどころかと思います。

なお、自分に合ったマットレスを選ぶ手順(型→素材→個別商品)と値段、体質、好み別におすすめできるマットレスについてこちらのページ「マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順」で徹底解説しています。

多様な選択肢から網羅的にマットレス選びを進めたい方は是非ご参考にどうぞ。

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ