ベッドマットレスに敷きパッドは必要?正しい取扱いと洗濯方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベッドシーツ、敷きパッド、ベッドパッド、トッパーなどなど、、、

ベッドの上に敷くべきとされる商品が多々あるため、「全部いるの?どれか1つじゃダメなの?」と疑問に思うことはないでしょうか?

実際、これらを全部使う必要はありませんし、全部使うと寝心地が悪くなることすらあります。

そこで本日は「ベッドマットレスに敷きパッドは必要?正しい使い方と必要最低限の組み合わせ方」についてご紹介します。

目的に合わせて、必要最低限のコーディネートをしましょう。


1. ベッドマットレスに敷きパッドが必要な理由

ベッドマットレスに敷きパッドはあったほうがよいです。

むしろ、ベッドシーツ、敷きパッド、ベッドパッド、トッパーなどいろいろある中から、なにか1枚だけ選ぶとしても、敷きパッドをおすすめするほどです。

理由は万能だからです。

敷きパッドはベッドシーツよりもベッドマットレスの保護性が高いですし、洗うのも簡単です。

ベッドシーツだけでは、寝汗などの汚れを防ぐには不十分で、マットレスはどんどん汚れていきます。すぐに汗染みができてしまいます。

ベッドパッドだけを使うと、洗濯がかなり面倒ですし、そもそもベッドパッドは素材の性質上あまり洗濯に向いていないものが多いです。

また、トッパーは寝心地UPするためにはよいですが、洗えないためやはり上に何か保護するものを敷かなければなりません。

このような理由から、何か1枚だけ敷くなら敷きパッドがおすすめなのです。

1−1. 敷きパッドだけでも十分?必要最低限の組み合わせ

とはいえ、敷きパッドだけが使われることはあまり多くはありません。

あなたのニーズに合わせて、上手に組み合わせられると理想的です。

パッド類を敷く順番
パッド類を敷く順番

非現実的ですが、パッドやトッパーなどをすべて無理に敷くとするとこのような順番になります。

ニーズに合わせて、以下のように組み合わせるようにしましょう。

例えば、「敷きパッドは頻繁に洗うにはやや重くて大変」とお考えであれば、敷きパッドの上にベッドシーツを一枚敷きましょう。実際、ベッドシーツと敷きパッドを併用するケースは多いです。

また、「マットレスと敷きパッドだけでは寝心地に満足いかない」のなら、敷きパッドの下にトッパーを敷きましょう。

もしあなたが「子供のおねしょのことを考えると、敷きパッドだけではマットレスを汚さないか不安」と感じるなら、敷きパッドの下にマットレスプロテクターを敷きましょう。

特に最近、トッパーが流行っていることもあるせいか、「新しいマットレスと一緒にトッパーも買うべき?」と聞かれることがありますが、マットレスの寝心地に不満がなければトッパーを買う必要性はありません。

役割に応じて、必要なものを組み合わせましょう。

【注意】ベッドパッドと敷きパッドの違いは厳密には決められていませんが、中わたのクッション性が高い厚みのあるものがベッドパッド、冷感や温熱加工が施された季節性のある薄めのものが敷きパッド、と分けられます。

1−2. 敷きパッドを洗濯する頻度はどれくらいがベスト?

敷きパッドの洗濯頻度については、あなたがどのように寝るかによって変わります。

もしあなたが裸で寝るのであれば、「ベッドシーツ=下着」「敷きパッド=シャツ」「マットレス=アウター」などのように捉えていただき、

下着やパジャマを着て寝るのなら「ベッドシーツ=シャツ」「敷きパッド=アウター」「マットレス=バッグ類」のように捉えて洗濯をするとよいです。

つまり、裸で寝るのなら週に1~2度、下着やパジャマを着るのなら2~3週間に1度、が目安になります。

1−3. おすすめの敷きパッド

夏におすすめの敷きパッドと冬におすすめの敷きパッドをご紹介します。

価格:4,780円
【販売ページ@楽天】/【販売ページ@amazon】/【ドライミングのレビューはこちら】

蒸し暑くて寝苦しい日本の熱帯夜を乗り越えるために、私どもが開発した敷きパッドです。表生地に特殊加工を施した綿を使用しているので、生地の吸放湿性と接触冷感を同時に実現しています。

また、除湿剤として知られるシリカゲルを中材に使うことにより、抜群の吸放湿性で汗をすばやく吸収するのでムレ感をほとんど感じないためヒンヤリ感を長く持続させられています。さらにシリカゲルの働きにより、汗臭(アンモニア99%、酢酸99%、イソ吉草酸97%)・加齢臭(ノネナール95%)の成分を消臭するので、汗を多くかく人にもオススメです。

暖暖あったか節電マット
暖暖あったか節電マット

製品:暖暖あったか節電マット
価格:
4,298円
【当製品の販売ページ】

表生地にフリース素材を使い暖かく仕上げるだけでなく、中材にアルミシートを挿入することで体温を効率的にパッド内部に溜めておけるよう工夫されています。毛羽立った生地が好みでない方におすすめです。もちろん、毛羽立ちが少ないとはいえ化学繊維なので多少の蒸れやすさ静電気の立ちやすさはあります。


最後に

あなたのベッドマットレスに敷きパッドが必要かどうか、さらに、必要性に応じた組み合わせ方などがご理解いただけていれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ひやっとドライに眠るための快眠グッズ、ご存知ですか?

・寝汗がベトついて寝心地が悪い・・。
体が火照って寝つきにくい・・。
・エアコンなしで涼しく眠りたい・・。
・サラッと気持ちよく起きれるようになりたい・・。
・眠っても疲れが取れにくい・・。

ベッドの中の温度と湿度が高すぎるせいで睡眠の質を悪くし、日常生活に不満を感じてはいないでしょうか?

「ベッド内の湿度を適切にコントロールすることで、眠りの質を高める。」このような理念の元に開発されたのがドライミング敷きパッドです。まるで電化製品のように働きます。

  • ベタつかずカラッと快適に
  • サラッとムレにくい涼やかに
  • 汗臭、加齢臭、タバコ臭を99%カット
  • 布団のダニやカビの発生を抑える

などなど、あなたが快適な眠りをする一助となります。詳しくは下のボタンの先のページをお読みください。


ドライミングの詳細を読んでみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ