ベッドマットレスに敷きパッドは必要?正しい取扱いと洗濯方法

ベッドシーツ、敷きパッド、ベッドパッド、トッパーなどなど、、、

ベッドの上に敷くべきとされる商品が多々あるため、「全部いるの?どれか1つじゃダメなの?」と疑問に思うことはないでしょうか?

実際、これらを全部使う必要はありませんし、全部使うと寝心地が悪くなることすらあります。そこで本日は「ベッドマットレスに敷きパッドは必要?正しい使い方と必要最低限の組み合わせ方」についてご紹介します。

目的に合わせて、必要最低限のコーディネートをしましょう。

※自分に合った敷きパッドを選ぶ手順(役割の理解→素材選び→好み・体質チェック)についてこちらのページ「敷きパッドのおすすめ6選と選び方【素材と機能を徹底理解】」で徹底解説しています。敷きパッド選びの情報収集をしている方は是非参考にしてください。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. ベッドマットレスに敷きパッドが必要な理由

ベッドマットレスの上に敷きパッドを敷くことをおすすめします。

「敷きパッド」「ベッドパッド」「トッパー」「ベッドシーツ」などいろいろある中から、何か一つだけ選ぶとするとしても、敷きパッドをおすすめするほどです。その理由は万能だからです。

 敷きパッドベッドパッドベッドシーツトッパープロテクター
イメージshiki-pad1bed-pad1bed-sheet1mattress-topper1mattress-protector1
役割
  • 肌触りの改善
  • 温湿度の調整
  • マットレスの汚れ防止
  • 肌触りの改善
  • 温湿度の調整
  • おしゃれ
  • 体圧分散改善
  • マットレスの
    汚れ防止
厚み薄め(5mm前後)厚い(1~2cm前後)薄い厚い(3~5cm)薄い
温湿度調整◯(生地で)◯(中材で)◯(生地で)
汚れ防止
手入れ簡単やや大変簡単(保護対象)簡単
体圧分散改善
  • ベッドシーツだけではマットレスの保護が十分にできないが敷きパッドなら一枚で十分保護できる
  • ベッドパッドは厚みがあるため洗濯するのが大変だが敷きパッドなら手軽にできる

などのような理由から、何か1枚だけ敷くなら敷きパッドがおすすめなのです。

1−1. 敷きパッドだけは不十分?おすすめの組み合わせ

とはいえ、敷きパッドだけが使われることはあまり多くはありません。あなたのニーズに合わせて、他のものと上手に組み合わせられると理想的です。

  • 【マットレス→敷きパッド→シーツ】
    敷きパッドは薄いとはいえシーツのほうがさらに薄く手入れも手軽です。そのため、このような組み合わせだと手入れがより簡単になりますし、マットレスの保護も万全にできます。私は基本的にはこの組み合わせをおすすめしています。
  • 【マットレス→トッパー→敷きパッド→シーツ】
    マットレスがへたり始めていてやや硬すぎるように感じるならそのマットレスに上にトッパーを敷いて、その上に敷きパッドとシーツを重ねましょう。そうすることで体圧分散性を改善しつつ敷きパッドで温湿度調整とマットレス(とトッパー)の保護、ベッドシーツで肌触りの改善と汗取りをさせることができます。
  • 【マットレス→プロテクター→敷きパッド→シーツ】
    もしあなたのマットレスが新しいものならその上にマットレスプロテクターを敷いて、さらにその上に敷きパッドとシーツを重ねましょう。防水生地のマットレスプロテクターを重ねることでマットレスをほぼ新品の状態のまま使えられるからです。

あなたのニーズ・状況に合った組み合わせで使いましょう。

【注意】ベッドパッドと敷きパッドの違いは厳密には決められていませんが、中わたのクッション性が高い厚みのあるものがベッドパッド、冷感や温熱加工が施された季節性のある薄めのものが敷きパッド、と分けられます。

1−2. 敷きパッドを洗濯する頻度はどれくらいがベスト?

敷きパッドの洗濯頻度については、あなたがどのように寝るかによって変わります。もしあなたが裸で寝るのであれば、

  • ベッドシーツ=下着
  • 敷きパッド=シャツ
  • マットレス=アウター

などのように捉えていただき、下着やパジャマを着て寝るのなら

  • ベッドシーツ=シャツ
  • 敷きパッド=アウター
  • マットレス=バッグ類

のように捉えて洗濯をするとよいです。つまり、裸で寝るのなら週に1~2度、下着やパジャマを着るのなら2~3週間に1度、が目安になります。

1−3. おすすめの敷きパッド

夏におすすめの敷きパッドと冬におすすめの敷きパッドをご紹介します。

kaimin-times-mattress-pad3
快眠タイムズ 除湿・消臭敷きパッド

コーミング加工をした高品質な綿100%の敷きパッドです。お菓子の袋の中によく入っている除湿剤のシリカゲルを中材に詰めているため寝汗をとてもよく吸収します。熱帯夜でもカラッと爽やかに眠れます。また、シリカゲルには消臭効果もあるので、汗臭、加齢臭、タバコ臭などもスッキリ除去します。

warm-dry-bed-pad
あったかドライミング敷パッド

また自社製品で恐縮ですが、あたたかフランネル生地にシリカゲルを挟んだ冬用の除湿敷きパッドもおすすめです。「布団の中を暖かくしたいけど、寝汗で蒸れないようにしたい」という方におすすめです。もちろん、消臭機能もありますので、多少汗をかいてもニオイも安心です。


最後に

あなたのベッドマットレスに敷きパッドが必要かどうか、さらに、必要性に応じた組み合わせ方などがご理解いただけていれば幸いです。

また、以下のページでマットレスの硬さや厚み、素材を吟味した選び方や、注意点、おすすめのブランドを紹介しているので、マットレスの新調を考えている方はあわせてご参考にしてください。

関連記事

綿100%でカラッと爽やか。
最高の敷きパッドを開発しました。

「ベッド内の湿度を適切にコントロールすることで、
眠りの質を高める」このような考えのもと、

などなど、
あなたが快適な眠りをする一助となります。

詳しくは下のボタンの先のページをお読みください

商品の詳細はこちら

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ