快眠グッズ

腰痛持ちは普通の敷布団だとNG?おすすめの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

起き抜けに腰の痛みを感じ「敷布団がよくないのだろうか?」と思うことはないでしょうか?

目覚めとともに痛みがあると、日中の生活が思いやられますよね。

生活習慣、支障、加齢など、腰痛の原因はさまざまです。

もちろん、不適切な敷布団を使っているがために腰を痛めることもあります。

とはいえ、どのような敷布団が適切で、どのような敷布団が不適切なのか、寝具業界でない方からすると分からないと思います。

そこで本日は「腰痛持ちの方におすすめの敷布団の選び方」についてご紹介します。


1. 腰痛持ちに敷布団をおすすめできない理由

まず始めに、なぜ普通の敷布団がおすすめできないのかと言うと、以下の2つの理由のためです。

  • サポート力が足りない(≒体圧分散性が悪い)
  • 分厚いものは腰が沈み込みすぎる(≒寝姿勢の悪化)

それぞれ分かりやすくご説明していきます。

1−1. サポート力が足りない(≒体圧分散性が悪い)

敷布団にはさまざまな素材(木綿、羊毛、ポリエステルなど)のものがありますが、総じて寝心地が硬めでサポート性が低くなります。

誤解のないように言うと、素材自体は硬くないのですが厚みがあまりないため、どうしてもサポート性にかけてしまうのです。

そのため、そのような敷布団で寝ると、以下のような姿勢になります。

硬すぎる敷布団・マットレス
硬すぎる敷布団・マットレス

背中が浮いて支えがありませんし、腰につよい圧迫がかかります。

体圧分散性が非常に悪いですね。この状態では、腰を痛めてしまうのも無理はありません。

また、敷布団を干さないことも、サポート性を下げる原因になることはご存知でしょうか?

中わたが湿気ってしまうと、ふわふわとしたクッション性がなくなっていきます。そして、それが進むと、ペチャっと潰れたようになります。

サポート性が十分でないのに、湿気ってへたってしまうと、目も当てられない状況になります。

腰を悪くする恐れがあるのでご注意ください。

1−2. 分厚いものは腰が沈み込みすぎる(≒寝姿勢の悪化)

とはいえ、分厚すぎる敷布団や、敷布団を2枚重ねて使用するのはおすすめできません。

柔らかくなりすぎてしまい、腰が沈み込みすぎてしまう恐れがあるためです。

腰が沈み込み過ぎている
腰が沈み込み過ぎている

このような状況だと、以下の2つの理由に腰を痛める恐れがあります。

  • 寝姿勢が悪くなる
  • 寝返りがしづらく疲れがたまる

寝ているときに限らず、変な姿勢だと立っていても座っていても、すぐに体が疲れるのは明らかですね。

以下のイラストのような、キレイな立ち姿勢のまま寝られると、理想的と言われています。

理想的な寝姿勢
理想的な寝姿勢

もちろん、正しい姿勢だとしても、同じ姿勢をずっとキープするのは大変です。

そんなとき、座っているときなら座り直し、寝ているときであれば寝返り、が大事になります。

かかっている圧の位置をズラしたり、使っている筋肉を変える、無意識のうちの生理的な動作です。

このように考えると、寝姿勢が悪いのに寝返りがしづらいのは、もはや腰に対しての拷問といっても過言ではないとお分かりいただけると思います。


2. 腰痛持ちの方におすすめできる敷布団の選び方

普通の敷布団ではダメとなると「どのような敷布団を選べばいいのか?」と疑問になると思います。

おすすめできるものが2タイプあるのでご紹介します。

2−1. ウレタンor固わた入りのある程度厚みのあるものを選ぶ

1つ目におすすめできるのが、敷布団の中心にウレタンや固わたなどが入っているものです。

このような構造のものであれば、体圧をきちんと分散させつつ、正しい寝姿勢で寝られます。

価格:12,300円
【販売ページ@楽天】

例えば、こちらの敷布団は、わた+ウレタン+わたの構造になっており、フローリングの上にこれ1枚だけでも底つき感少なく寝られます。厚みも8cm以上ありしっかりしています。また、中わたにはウールが50%使われているので、ムレにやすさも抑えられています。

価格:14,904円
【販売ページ@楽天】

一方、こちらはウレタンフォームではなく、わた+固わた+わたの三層構造の敷布団です。通常のわたとは違い、固められたわたの層を作ることで、腰が沈み込みすぎるのを防ぎます。上のものは5kgですが、こちらは4.5kgとやや軽めに仕上げっているので、取り扱いは若干楽にできます。

2−2. 薄いウレタンと敷布団を組み合わせる

ただ、もしあなたが「できるだけ軽くて薄い敷布団じゃないと、出し入れが面倒だからイヤだ」とお考えであれば、お使いの敷布団の下に薄いウレタントッパーを敷くことをおすすめします。

厚みが10cm前後で一枚で寝るように設計されているマットレスではなく、厚みが5cmくらいのウレタントッパーのことです。

ウレタントッパーの中でもやや硬めのものを選ぶと、サポート性がより高くてよいです。

しかし、敷布団がかなり湿気っていたり、中わたがダマになっていたりして、そもそもの寝心地が悪いのであれば、敷布団自体を買い替えたほうがよいです。


最後に

あなたの腰のためにどのような敷布団を選べばよいのか判断する目安になっていれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ