快眠グッズ

重いブランケットで睡眠の質がUP!!その理論と実験データ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ここ最近、「重いブランケットを体に掛けて寝ると熟睡効果がある」とメディアで言われることがあり「本当にそんなことがあるのだろうか?」と疑問に感じたことはないでしょうか?

驚くことに実際に重いブランケットを使うだけで人によっては睡眠によい効果を体感されることもあるようですが、一方で、特に何も効果を感じられないという人もいます。また、一部の人にはその重さが仇となって寝苦しさを感じることもあるため、全ての人におすすめできるというものでもありません。

そこで本日は「重いブランケットが睡眠によいと言われる理論の背景、その具体的な実験データ」についてご紹介します。


1. 重いブランケットに期待される安眠効果の理論とは

そもそも重いブランケットがどのような経緯で開発されたのかというと、テンプル・グランディン(Temple Grandin)というアメリカの動物学者の研究が元になっています。

実は、彼女自身、3歳のころから自閉症と診断されており、触感覚が過敏であったため、どうしたらそれを克服できるか試行錯誤をしている内に「締めつけマシーン(squeeze machine)」という体に強めの圧迫感(deep touch pressure)を与える機械の開発に至り、それにより自身の緊張を和らげることができたことに「圧迫→リラックス」という着想の端を発しているのです。

締めつけマシーンがどういうものか見たい方は、以下の動画をご覧ください。

このような背景から、自閉症(ASD)や注意欠陥・多動性障害(ADHD)を抱える人が眠るときにリラックスするための道具として、体にやや強めの圧迫感を与えられる重いブランケット(weighted blanket)が開発されるに至りました。

使用者の体重の8~12%程度の重さのブランケットを体に掛けると、適切な圧迫感が与えられると言われています。チェーンブランケットという名称で呼ばれていることもあります。

1−1. 重いブランケットに期待できる熟睡効果

それでは実際に、睡眠に対してどのような効果があるのか、実際に行われた研究結果ベースでお話していきますと、以下のような効果があったと報告されています。

  1. 不安感の減少
  2. ぐっすりとより長く眠れる
  3. 安眠に適したホルモンバランスになる

1つずつ解説していきます。

①不安感の減少

2008年に公開された実験によると、32名の大人に13.6kgもの重さのブランケットを使って寝てもらったところ、

  • 33%の人の皮膚電位が低下(リラックス)した
  • 63%の人が使用後に不安感が減少した
  • 78%の人が落ち着いたと感じた

などなど、リラックスして眠るのに効果が期待できそうな結果が報告されています。また同時に、血圧や脈拍を測りながら、ブランケットの重さが体に悪影響を与えないかも観察されましたが、問題ないと報告されています。

さらに、2011年に公開された実験では、目の前の恐怖すら和らげてしまうとの報告もあります。

15名の女性(平均27歳、64.48kg)が歯科治療の際に重いブランケット(平均6.24kg)を使用するケースと、しないケースを比較した場合、重いブランケットを使用したケースでは心拍数の上昇が優位に少なく、不安感も少ないと評されました。

布団に入ってから色々と考えごとをしてしまう人にとって、不安感を和らげることができるのはとても嬉しいメリットだと思います。ストレスにお悩みの方にもよいのでは、と考えられます。

②不眠の人の睡眠の質を改善

また、2015年に公開されたスウェーデンの睡眠研究所で行われた実験では、不眠を抱える人の睡眠に対してどのような効果があるか調べられました。

健康的だが不眠症(入眠困難/中途覚醒/熟眠障害)を抱える20~66歳の男女33人に、1週間今までのように眠ってもらい、その後2週間重いブランケットで眠ってもらい、そして最後にまた1週間今までのように眠ってもらい、睡眠にどのような違いが出るか実験されました。

その結果、重いブランケットを使用した2週間の間、

  • (主観的に)より落ち着いて眠れた
  • (客観的に)睡眠時間が伸びた
  • (客観的に)夜中の動きが減った

などの睡眠によい影響が見られ、レポート内でも重いブランケットは睡眠の質を上げるための薬に頼らない革新的なアプローチだと結論付けられています。

睡眠時間が伸びたということは、寝付きがよくなり、夜間の目覚め(中途覚醒)が減ったことを意味します。

③安眠に適したホルモンバランスになる

なぜ上記のような研究結果になったのか、体内で起こったことをホルモンレベルで示唆する研究が2005年に公開されています。この実験データによると、体に圧迫が与えられた状態では、

  • ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が31%低下
  • 幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が28%増加

このため、不安感が和らぎ安心して眠れるに至ったのだと考えられます。

また、「セロトニン」は「メラトニン」という眠りを促すホルモンを合成するため、結果的に寝付きがよくなり、夜中の目覚めが減るに至っとと考えられます。

1−2. 重いブランケットはどんな人におすすめ?

上記で紹介した研究結果から重いブランケットは、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)、SPD(敏感性感覚処理)、不眠症を抱える方々におすすめされています。

一般的な健常者に対してはどうかというと、もしかしたら熟睡効果があるのでは、と考えさせる実験データがあります。テンプル・グランディン女史が、健康的な大学生に40名に対して締めつけマシーンを5~10分行ったところ、

  • 45%はリラックス感や眠気を感じた
  • 40%は特に何も感じなかった
  • 5%は閉所恐怖症のため不快感から試験を中断した

とのことで、特に精神や眠りに問題を抱えていない人であっても、50%ほどの確率にはなりますが、リラックスや熟睡効果が期待できるためおすすめできます。

1−3. 重いブランケットをおすすめできない人

逆におすすめできない人はというと、以下のような方々です。

  • 圧迫感に対して苦手意識のある人
  • 呼吸器系、循環器系に問題を抱えている人
  • 術後で体が完全に回復されていない人
  • 体に衰えを感じている高齢者
  • 新生児、幼児など体が未発達の子供

実際にカナダの子供が誤った使い方をしてしまったがために死亡事故が起こってしまったこともあるようですので、子供の遊び道具にならないよう注意しましょう。


最後に

重いブランケットについてご理解いただけていれば幸いですが、重いブランケットを使えば眠りの問題が全て解決するわけではない点、ご了承ください。

眠りを良くするには生活習慣を整えるのが最も大切だと私は考えています。

こちらのページ『今日からできて効果抜群!睡眠の質を高めるチェックシート』で眠りをよくするために何をすればいいのかすぐに分かって行動に移せるチェックシートを用意しているのでぜひお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ