マットレス

5種類の折りたたみマットレスの特徴、おすすめの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もしあなたが「折りたたみマットレスを買ってみようかな」と考えているのなら、

  • 日中ソファとして使うか否か
  • コンパクト性はどれくらい重視しているか
  • ベッドの上で使うのか、床に直置きするのか

などについて考えを巡らしましたでしょうか?

あなたがこれらの点についてどのように考えているかによって、どのような折りたたみマットレスが適切なのかが変わってきます。

誤った選び方をしてしまうと、使用感に不満が出てくることは否めません。

そこで本日は「5種類の折りたたみマットレスの特徴、おすすめの選び方」についてご紹介します。


1. 5種類の折りたたみマットレスの特徴

まず最初に、ひとくちに折りたたみマットレスと言っても、以下の5つの種類があることはご存知でしたでしょうか?

  • 2つ折りマットレス
  • 3つ折りマットレス
  • 4つ折りマットレス(均一型)
  • 4つ折りマットレス(ソファ型)
  • 5つ折りマットレス

それぞれ使い勝手が異なってくるので、あなたに合うものはどれかそれぞれ比較していきましょう。

特に、4つ折りマットレスはモノのよって折り目の位置が違い、使い勝手がかなりかなり変わるので要注意です。

1−1. 2つ折りマットレスの特徴

2つ折りマットレス
2つ折りマットレス

メリット:折りたたみベッドの上で使いやすい。
デメリット:あまりコンパクトにならないため収納はしにくい。折り目が腰にあたることも。

折りたたみベッドの上にマットレスを乗せたまま折ることができるように設計されたマットレスです。

薄めのトッパーならまだしも、マットレスを乗せたまま折りたたみベッドを折ることはできませんが、2つ折りマットレスならそれが可能になります。

マットレスの真ん中に折り目がないと折りたたみベッドの上では使いにくい
マットレスの真ん中に折り目がないと折りたたみベッドの上では使いにくい

折りたたみベッドの上で使うなら、2つ折りマットレスが断然おすすめです。

しかし、折りたたみベッドの上で使うには有用ですが、押し入れにしまうことを想定しているのならおすすめできません。

というのも単純に、あまりコンパクトにならず収納しにくいためです。

また、人によっては「マットレスの折り目がちょうど腰の位置にあたるからなんか落ち着かない」と感じられることがある点、ご留意ください。

1−2. 3つ折りマットレスの特徴

3つ折りマットレス
3つ折りマットレス

メリット:収納しやすい。ソファとして使えなくはない。
デメリット:折りたたみベッドの上では使いづらい。

敷布団のように押し入れから出し入れしやすいように収納性を考えて設計されたマットレスです。

一般的なシングルサイズの3つ折りマットレス(100×200×8cm)だと、折りたたんだときのサイズが100×66×24cmととてもコンパクトになるので、押し入れからの出し入れがとても手軽です。

このサイズだと重量が6kg前後になるので、重さもそこまで気になりません。

また、3つ折りマットレスは、床置きソファとしても使うことができます。

3つ折りマットレスを床置きソファに
3つ折りマットレスを床置きソファに

とはいえ、マットレスは寝るために設計されており、座り心地は二の次です。そのため、一般的なソファよりも柔らかく沈み込みのある座り心地になるので、人によって好みが別れるかもしれません。

マットレスの折り目は背中と脚の下にきますが、折り目が気になるという意見は少ないです。

1−3. 4つ折りマットレス(均一型)

4つ折りマットレス(均一型)
4つ折りマットレス(均一型)

メリット:折りたたみベッドで使える。収納しやすい。
デメリット:折り目が腰にあたることも。

2つ折りマットレスと3つ折りマットレスの両方の特性を合わせ持つのが、折り目が均一の距離にある4つ折りマットレスです。

マットレスの真ん中に折り目があることによって、折りたたみベッドの上で使うのに向いている上に、折り目がたくさんあるのでさらにコンパクトにして押し入れに収納することが可能です。

一般的なシングルサイズの4つ折りマットレス(100×200×8cm)だと、折りたたんだときのサイズが100×50×32cmになります。

ただ、折り目が真ん中にあることによって、寝心地に違和感を覚えるかもしれないデメリットも共通です。

1−4. 4つ折りソファマットレス(ソファ型)

4つ折りソファマットレス(ソファ型)
4つ折りソファマットレス(ソファ型)

メリット:収納しやすい。ソファとして使える。
デメリット:折りたたみベッドでは使いにくい。

床置きソファとして使うことを目的に、折り目の位置が決められたマットレスです。

そのため、ソファとして座るのはもちろん、ちょうどいい高さに肘掛けが作れるようにマットレスの折り目が設けられていたりします。

4つ折りマットレスを床置きソファに
4つ折りマットレスを床置きソファに

ソファとして使う目的がある上でマットレスを選ぶのであれば、よい候補になるかと思います。

折りたたんで収納するときのサイズは、3つ折りマットレスのそれと同様になることがほとんどです。

1−5. 5つ折りソファマットレス

5つ折りソファマットレス
5つ折りソファマットレス

メリット:収納しやすい。
デメリット:折りたたみベッドでは使いにくい。

かなりコンパクトに折りたためます。

一般的なシングルサイズの5つ折りマットレス(100×200×8cm)だと、折りたたんだときのサイズが100×40×40cmになります。奥行きこそある程度必要ですが、押し入れのちょっとした隙間にスッと入れられます。

また、真ん中に折り目がないので、折り目による腰の違和感があることも少ないです。

ソファとしても使えなくはないですが、座るには奥行きが短くリラックスしにくいので、メリットともデメリットともしにくいです。


2. 折りたたみマットレス|おすすめの選び方&使い方

選び方と使い方のコツです。

よりあなたに合うものを選ぶための参考にしてください。

2−1. 収納性を重視するなら厚みが10cm以下のものを選ぶこと

毎日、マットレスを押し入れにしまおうと考えているのなら、厚みが10cm以下のものを選ぶことをおすすめします。

そうでないと収納に苦労します。

厚みが8cm程度だと敷布団と遜色なく使えます。

ただ、もしあなたがマットレスを押し入れに入れず、部屋の隅に立てかけておくだけで十分だと考えているのなら厚みがあっても問題ありません。

マットレスを壁に立てかけて除湿させる
マットレスを壁に立てかけて除湿させる

むしろ、ある程度の厚みがないとマットレスがクニャッとなって、立てかけられないことがあるので注意が必要です。

マットレスの硬さにもよりますが、立てかけるなら厚み10cmを目安にしてください。

2−2. 腰痛や背中の痛みが気になるなら厚みは8cm以上のものを選ぶこと

収納しやすいからといって、薄いものを選ぶと寝心地に物足りなさを感じて裏目に出ることがあります。

もしあなたが腰を悪くしているのなら、厚みが少なくとも8cm以上のものを選ぶことをおすすめします。

そうでないと、底つき感があり、夜中に腰に疲れを感じて目覚めたりする恐れがあります。

2−3. 敷きっぱなしはダメ

夜間はマットレス、日中はソファとして使っていると、敷っぱなし状態になりやすいですが、これは絶対にダメです。

マットレスを敷きっぱなしにしていると確実にカビを生やしてしまいます。

定期的に壁に立てかけたり、除湿シートを使うなどして、マットレスに湿気がたまらないようにしましょう。

2−4. ソファとして長く使うと寿命は短くなる

基本的にマットレスの寿命は、どれくらいの時間使うによって決まります。

例えば、高反発ウレタンマットレスでは、ウレタンの密度によって以下のように寿命を評価できます。

密度 評価
20
前後
数ヶ月~1年程度の耐久性です。1万円以下の安価なウレタンマットレスに使用されることが多いです。
25
前後
3~5年程度の耐久性です。2万円前後のリーズナブルなマットレスの密度がこの辺りです。
30
前後
5~8年の耐久性です。国内・海外ブランドの有名高反発マットレスの密度がこの辺りになります。
40
前後
8年以上の耐久性です。高品質なマットレスやベッドマットレスの中材には、高密度のウレタンが使用されます。

ただ、夜間はマットレスとして使いながらも日中ソファとして座っていると、この評価通りにはなりません。

座位では一点に集中して体重がかかるので、たった2~3時間でも寿命が半分に縮まることすらあります。

2−5. 折りたたみマットレスの上に敷布団を重ねるのなら

折りたたみマットレスの上に敷布団を重ねると、柔らかくなりすぎることがあります。

その状態で寝てしまうと、腰が沈み込んで寝姿勢が悪くなり、腰を悪くしてしまいます。

厚みが8cm以上あれば寝心地は十分だと思いますので、そのまま直接マットレスに寝るようにしましょう。

汚れやムレ感が気になるのであれば、敷パッドなどを使うことをおすすめします。

2−6. ウレタンがへたったら中材を取り替える

マットレスがへたるとき、それはほとんどの場合において腰の位置で起こります。

そして、往々にして、足のあたりがへたることはありません。

なのでもしマットレスにヘタリを感じたら、「腰の位置のウレタン」と「足の位置のウレタン」を取り替えましょう。たったこれだけで寝心地が復活します。

もちろん、これは全てのマットレスで可能というわけではありません。

側生地を開けてウレタンの位置を変えられるものとそう出ないものがあるからです。

より長くマットレスを使いたい方は、この点に着目して選ばれることをおすすめします。


最後に

折りたたみマットレスの種類や選び方、使い方のコツまでご理解いただけていれば幸いです。

また、こちらのページ『熟睡マットレスを選ぶコツ、注意点、おすすめブランド』で硬さや厚み、素材を吟味した選び方や、注意点、おすすめのマットレスを紹介しているのであわせてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ