マットレス

5種類の折りたたみマットレスの特徴、おすすめの選び方

※自分に合ったマットレスを選ぶ手順(型→素材→個別商品)と値段、体質、好み別におすすめできるマットレスについてこちらのページ「マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順」で徹底解説しています。折りたたみだけでなくその他の機能も踏まえて網羅的にマットレス選びを進めたい方は是非ご参考にどうぞ。

こんにちは、加賀照虎です。

もしあなたが「折りたたみマットレスを買ってみようかな」と考えているのなら、

  • 日中ソファとして使うか否か
  • コンパクト性はどれくらい重視しているか
  • ベッドの上で使うのか、床に直置きするのか

などの点についても考えましたでしょうか。

あなたがこれらの点についてどのように考えているかによって、どのような折りたたみマットレスが適切なのかが変わってきます。

誤った選び方をしてしまうと、使用感に不満が出てくることは否めません。

そこで本日は「5種類の折りたたみマットレスの特徴、おすすめの選び方」についてご紹介します。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 5種類の折りたたみマットレスの特徴

まず最初に、ひとくちに折りたたみマットレスと言っても、以下の5つの種類があることはご存知でしたでしょうか?

  • 2つ折りマットレス
  • 3つ折りマットレス
  • 4つ折りマットレス(均一型)
  • 4つ折りマットレス(ソファ型)
  • 5つ折りマットレス

それぞれ使い勝手がかなり異なります。

 二つ折り三つ折り四つ折り(均一型)四つ折り(ソファ型)五つ折り
画像Mattress2Fold1Mattress3Fold1Mattress4Fold2Mattress4Fold3Mattress5Fold1
長所
  • 折りたたみベッドの上で使える
  • コンパクトになる
  • 収納しやすい
  • 折り目が気になりにくい
  • へたりを復活させられる
  • コンパクトになる
  • 収納しやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用可能
  • へたりを復活させられる
  • コンパクトになる
  • 収納しやすい
  • ソファとして利用可能
  • コンパクトになる
  • 収納しやすい
  • へたりを復活させられる
短所
  • コンパクト性に欠ける
  • 折り目が腰に当たりやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用不可
  • 折り目が気になりやすい
  • 折り目が気になりやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用不可
  • 折り目が気になりやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用不可

あなたに合うものを理解して選ぶようにしましょう。それぞれの特徴について具体的に解説していきます。

1−1. 2つ折りマットレスの特徴

2つ折りマットレス
2つ折りマットレス
  • 長所:折りたたみベッドの上で使いやすい。
  • 短所:あまりコンパクトにならないため収納はしにくい。折り目が腰にあたることも。

折りたたみベッドの上にマットレスを乗せたまま折ることができるように設計されたマットレスです。薄めのトッパーならまだしも、マットレスを乗せたまま折りたたみベッドを折ることはできませんが、2つ折りマットレスならそれが可能になります。

マットレスの真ん中に折り目がないと折りたたみベッドの上では使いにくい
マットレスの真ん中に折り目がないと折りたたみベッドの上では使いにくい

折りたたみベッドの上で使うなら、2つ折りマットレスが断然おすすめです。しかし、折りたたみベッドの上で使うには有用ですが、押し入れにしまうことを想定しているのならおすすめできません。というのも単純に、あまりコンパクトにならず収納しにくいためです。

また、人によっては「マットレスの折り目がちょうど腰の位置にあたるからなんか落ち着かない」と感じられることがある点、ご留意ください。

四つ折りは折り目を不快に感じやすい
二つ折り・四つ折りは折り目を不快に感じやすい

1−2. 3つ折りマットレスの特徴

3つ折りマットレス
3つ折りマットレス
  • 長所:コンパクトになり収納しやすい。折り目は気になりづらい。へたりを復活させられる。ソファとして使えなくはない。
  • 短所:折りたたみベッドの上では使えない。

敷布団のように押し入れから出し入れしやすいように収納性を考えて設計されたマットレスです。一般的なシングルサイズの3つ折りマットレス(100×200×8cm)だと、折りたたんだときのサイズが100×66×24cmととてもコンパクトになるので、押し入れからの出し入れがとても手軽です。このサイズだと重量が6kg前後になるので、重さもそこまで気になりません。

また、3つ折りマットレスは、床置きソファとしても使うことができます。とはいえ、マットレスは寝るために設計されており、座り心地は二の次です。そのため、一般的なソファよりも柔らかく沈み込みのある座り心地になるので、人によって好みが別れるかもしれません。

3つ折りマットレスを床置きソファに
3つ折りマットレスを床置きソファに

マットレスの折り目は背中と脚の下にきますが、折り目が気になるという意見は少ないです。

また、三分割されたウレタンフォームのサイズが同じですので、腰の位置のウレタンフォームがへたったら脚の位置のものと変えて寝心地を復活させることもできます(2−6で解説)。

1−3. 4つ折りマットレス(均一型)

4つ折りマットレス(均一型)
4つ折りマットレス(均一型)
  • 長所:コンパクトになり収納しやすい。へたりを復活させられる。折りたたみベッドで使える。
  • 短所:折り目が気になりやすい。

2つ折りマットレスと3つ折りマットレスの両方の特性を合わせ持つのが、折り目が均一の距離にある4つ折りマットレスです。マットレスの真ん中に折り目があることによって、折りたたみベッドの上で使うのに向いている上に、折り目がたくさんあるのでさらにコンパクトにして押し入れに収納することが可能です。一般的なシングルサイズの4つ折りマットレス(100×200×8cm)だと、折りたたんだときのサイズが100×50×32cmになります。ただ、折り目が真ん中にあることによって、寝心地に違和感を覚えるかもしれないデメリットも共通です。

1−4. 4つ折りソファマットレス(ソファ型)

4つ折りソファマットレス(ソファ型)
4つ折りソファマットレス(ソファ型)
  • 長所:コンパクトになり収納しやすい。ソファとして使える。
  • 短所:折り目がやや気になりやすい。折りたたみベッドでは使えない。

床置きソファとして使うことを目的に、折り目の位置が決められたマットレスです。そのため、ソファとして座るのはもちろん、ちょうどいい高さに肘掛けが作れるようにマットレスの折り目が設けられていたりします。ソファとして使う目的がある上でマットレスを選ぶのであれば、よい候補になります。なお、折りたたんで収納するときのサイズは、3つ折りマットレスのそれと同様になることがほとんどです。

4つ折りマットレスを床置きソファに
4つ折りマットレスを床置きソファに

1−5. 5つ折りソファマットレス

5つ折りソファマットレス
5つ折りソファマットレス
  • 長所:コンパクトになり収納しやすい。へたりを復活させられる。
  • 短所:折り目が多く気になりやすい。折りたたみベッドでは使いにくい。

かなりコンパクトに折りたためます。一般的なシングルサイズの5つ折りマットレス(100×200×8cm)だと、折りたたんだときのサイズが100×40×40cmになります。奥行きこそある程度必要ですが、押し入れのちょっとした隙間にスッと入れられます。ただ、真ん中に折り目がないものの折り目の数が多いため気になりやすいです。また、ソファとしても使えなくはないですが、座るには奥行きが短くリラックスしにくいので人によっては座り心地に不満が出ることもあります。


2. 折りたたみマットレス|おすすめの選び方&使い方

選び方と使い方のコツです。

よりあなたに合うものを選ぶための参考にしてください。

2−1. 収納性を重視するなら厚みが10cm以下のものを選ぶこと

毎日、マットレスを押し入れにしまおうと考えているのなら、厚みが10cm以下のものを選ぶことをおすすめします。そうでないと収納に苦労します。厚みが7cm前後だと敷布団と遜色なく使えます。

ただ、もしあなたがマットレスを押し入れに入れず、部屋の隅に立てかけておくだけで十分だと考えているのなら厚みがあっても問題ありません。むしろ、ある程度の厚みがないとマットレスがクニャッとなって、立てかけられないことがあるので注意が必要です。マットレスの硬さにもよりますが、立てかけるなら厚み10cmを目安にしてください。

マットレスを壁に立てかけて除湿させる
マットレスを壁に立てかけて除湿させる

2−2. 腰痛や背中の痛みが気になるなら厚みは7cm以上のものを選ぶこと

収納しやすいからといって、薄いものを選ぶと寝心地に物足りなさを感じて裏目に出ることがあります。

もしあなたが腰を悪くしているのなら、厚みが少なくとも7cm以上のものを選ぶことをおすすめします。そうでないと、底つき感があり、夜中に腰に疲れを感じて目覚めたりする恐れがあります。ただ、あなたの体重が80kg以上あるなら、厚みが10cm前後ないと底つき感を覚えてしまう可能性があります。

底つき感_仰向け_横向き

2−3. 敷きっぱなしはダメ

夜間はマットレス、日中はソファとして使っていると、敷っぱなし状態になりやすいですが、これは絶対にダメです。マットレスを敷きっぱなしにしていると確実にカビを生やしてしまいます。定期的に壁に立てかけたり、除湿シートを使うなどして、マットレスに湿気がたまらないようにしましょう。

2−4. ソファとして長く使うと寿命は短くなる

基本的にマットレスの寿命は、どれくらいの時間使うによって決まります。例えば、高反発ウレタンマットレスでは、ウレタンの密度によって以下のように寿命を評価できます。

ウレタン密度(kg/㎥)耐久性の評価
高反発低反発
20以下30以下数ヶ月~1年程度の使用に向いています。
1万円をきる安価なウレタンマットレスに使用されることが多いです。
25前後35前後3~5年の使用に向いています。
リーズナブルなマットレスに使用されることが多いです。
30前後40前後5~8年前後の使用に向いています。
国内・海外ブランドの有名なマットレスの密度がこの辺りです。
40以上50以上8年以上の長期使用に向いています。
高価で高品質なマットレスのウレタン密度はこの辺りです。

ただ、夜間はマットレスとして使いながらも日中ソファとして座っていると、この評価通りにはなりません。座位では一点に集中して体重がかかるので、たった2~3時間でも寿命が半分に縮まることすらあります。

2−5. 折りたたみマットレスの上に敷布団を重ねるのなら

折りたたみマットレスの上に敷布団を重ねると、柔らかくなりすぎることがあります。その状態で寝てしまうと、腰が沈み込んで寝姿勢が悪くなり、腰を悪くしてしまいます。厚みが8cm以上あれば寝心地は十分だと思いますので、そのまま直接マットレスに寝るようにしましょう。汚れやムレ感が気になるのであれば、敷パッドなどを使うことをおすすめします。

2−6. ウレタンがへたったら中材を取り替える

マットレスがへたるとき、それはほとんどの場合において腰の位置で起こります。そして、往々にして、足のあたりがへたることはありません。なのでもしマットレスにヘタリを感じたら、「腰の位置のウレタン」と「足の位置のウレタン」を取り替えましょう。

Change-the-parts-of-polyurethanefoam

たったこれだけで寝心地が復活します。もちろん、これは全てのマットレスで可能というわけではありません。側生地を開けてウレタンの位置を変えられるものとそう出ないものがあるからです。より長くマットレスを使いたい方は、この点に着目して選ばれることをおすすめします。


最後に

折りたたみマットレスの種類や選び方、使い方のコツまでご理解いただけていれば幸いです。

なお、以下のページで、寝心地が最高の高反発マットレスを選ぶポイント(弾力性、硬さ、厚み、生地、耐久性など)とおすすめブランドを紹介しているのであわせてご参考にしてください。

関連記事

 

また、「高反発マットレス」に関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「高反発マットレス」の記事

①最高の高反発マットレスを選ぶ5つのポイントとおすすめブランド
②高反発マットレスとは|素材別の特徴と寝心地を解説
③低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
④高反発マットレスが原因で腰痛に。避けるための3つの知識
⑤高反発マットレスの厚みと硬さは「体重」を元に考える
⑥高反発マットレスのニュートン数をアテにしたらダメな理由
⑦高反発マットレスは「密度」=「耐久性(寿命)」
⑧高反発マットレスの表面、フラットとプロファイルの違いとは
⑨賢くお買い得に!高反発マットレス7つの比較ポイント
⑩高反発マットレスの通気性には期待してはいけない理由
⑪高反発マットレスはやっぱり三つ折り?メリットとデメリット
⑫高反発マットレスに敷きパッドは必須!季節別の選び方
⑬お店でマットレスの試し寝をする時の5つのチェックポイント
⑭マットレスでシングルサイズを選ぶ時の注意点
⑮【高反発マットレスVS敷布団】特徴と寝心地の違いとは
⑯高反発マットレスのダニ対策!素材別に解説
⑰高反発マットレスが臭い?その原因と対策について
⑱高反発マットレスのお手入れ方法
⑲高反発マットレスを処分!賢く安く捨てる方法

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ