【素材が命】ベッドパッドのおすすめ7選と目的別の選び方

こんにちは、加賀照虎です。

「ベッドの寝心地を良くしたい」とお考えならベッドパッドが向いています。

とはいえ、素材やら機能性やらさまざまで「どれを選べば良いのか分からない」と選び疲れしてはいないでしょうか。

私にお任せください。

役割や素材を理解することで、あなたに合ったベッドパッドを簡単に絞り込むことできます。

ということで本日は、

  • シーツなどと比較したベッドパッドの役割
  • 生地と中わたの素材の特徴
  • 目的に応じた機能性
  • 季節別のおすすめベッドパッド

などについてご紹介していきます。

※まずはおすすめのベッドパッドが知りたい方は、2章までジャンプしてください。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. ベッドパッドの選び方3ステップ

  1. あなたに必要なのは本当にベッドパッドなのかその役割から再確認する
  2. 生地と中わたの素材を吟味してあなたの好みを理解する
  3. あなたが重視する機能性を考える

この手順でベッドパッド選びを進めてもらうことであなたに合った最高の一枚を選ぶことができます。それではまず、1つ目のステップから始めましょう。

①あなたに必要なのはベッドパッド?【役割を再確認すること】

そもそも論になりますが、あなたが必要なのは本当にベッドパッドなのか、その役割をシーツや敷きパッドなどと比べて再確認してみましょう。

 敷きパッドベッドパッドベッドシーツトッパープロテクター
イメージshiki-pad1bed-pad1bed-sheet1mattress-topper1mattress-protector1
役割
  • 肌触りの改善
  • 温湿度の調整
  • マットレスの汚れ防止
  • 肌触りの改善
  • 温湿度の調整
  • おしゃれ
  • 体圧分散改善
  • マットレスの
    汚れ防止
厚み薄め(5mm前後)厚い(1~2cm前後)薄い厚い(3~5cm)薄い
温湿度調整◯(生地で)◯(中材で)◯(生地で)
汚れ防止
手入れ簡単やや大変簡単(保護対象)簡単
体圧分散改善

ベッドパッドの長所と短所をまとめると以下のようになります。

長所短所
  • 体圧分散性をやや改善できる
  • 温湿度調整に役立てられる
  • マットレスを保護できる
  • やや厚みがあるため洗濯しづらい
  • シーツの併用が必要
  • 生地の素材・色のバリエーションが少ない

このような特徴に納得できている方はステップ2へと移りましょう。

しかしもし、あなたが

  • 「マットレスの上に何か一枚だけ敷きたい」とお考えでしたら敷きパッド
  • 「エジプト超長綿やシルクのような肌当たりの生地が良い」と考えていればベッドシーツ
  • 「マットレスが硬いから本格的に体圧分散性を改善したい」と考えているならマットレストッパー

などを選ばれるほうが合っています。そのため、まずはあなたが本当に必要なのはベッドパッドなのかを考えましょう。

②あなた好みのベッドパッド素材を考える

ベッドパッドの寝心地は生地と中わたの素材、そして中わたの充填量で決まります。どんな寝心地があなたの好みか考えみましょう。

ベッドパッド生地素材の特徴

素材肌触り吸水性放湿性洗濯費用
綿(コットン)cotton1
ポリエステルpolyester1
レーヨンlayon1
麻(リネン)linen1
  • 綿(コットン):適度な柔らかさや滑らかさで、毛玉もできにくく快適な肌当たりです。吸水性が高いので蒸れづらく快適ですが、乾きにくいので洗濯がやや手間です。手頃な値段なこともありオールマイティな存在で、全ての人におすすめできる素材です。
  • ポリエステル:肌触りはそこそこです。が。吸水性がないため蒸れやすいです。そのため、ポリエステル100%の生地のベッドパッドはおすすめできません。寝苦しくなり睡眠の質を下げる恐れがあります。他の繊維素材とブレンドされた生地のものを選ぶようにしましょう。
  • レーヨン:柔らかく肌当たりが優しいです。吸水性が高いため蒸れづらく快適ですが、繊維がやや繊細なため傷みやすかったり、毛羽立ちしやすい欠点があります。他の繊維とブレンドされているものがおすすめです。
  • 麻(リネン):やや硬めでハリ感のある肌当たりですが、吸水性と発散性のどちらにも優れているので爽やかな寝心地です。硬さの抑えられた高品質なものはかなり高価になります。夏場の使用や、新陳代謝の高い方におすすめです。
  • ブレンド生地:綿80%ポリエステル20%のような生地は綿の肌当たりの良さにポリエステルの乾きやすいや丈夫さが足されていて、そしてさらに価格も押さえられるため合理的な配合となります。ただ、綿50%ポリエステル50%のようにポリエステルの配分が多くなると蒸れやすさが目立つようになるので気を付けましょう。他にも、綿50%麻50%は麻の硬さを押さえつつ吸水性・発散性の高さを活かせられていたり、レーヨン70%ポリエステル30%は肌当たりの良さや吸水性を実現しつつ丈夫な生地に仕上げられたりなど様々です。

ベッドパッド中わた素材の特徴

素材弾力性吸水性放湿性洗濯費用
綿
(コットン)
cotton1
ポリエステル

(リネン)
linen1
羊毛
(ウール)
wool1
ウレタン
フォーム
regular-foam1
除湿材Dehumidifier1
  • 綿:吸水性・吸湿性ともに高いので寝心地は快適ですが、弾力性はあまりありません。また、放湿性が低くて乾きにくい難点もあります。中わたが綿100%だと洗濯のときにやや手間に感じるかもしれません。その場合はポリエステルわたとブレンドされたものを選ぶようにしましょう。
  • ポリエステル:クッション性はややあるものの、蒸れやすいのでポリエステルわた100%のベッドパッドはあまりおすすめできません。綿50%ポリエステル50%のようにブレンドされているものを選びましょう。ポリエステル100%のものは安かろう悪かろうなものが大半です。
  • 麻:麻わたは吸水性、吸湿性、放湿性ともに高いので、快適な寝心地に役立てられます。しかし、値段が高くなるのがネックです(シングルサイズで1万円前後以上)。高くても涼やかな寝心地にそれ以上の価値を感じる方におすすめの素材です。
  • 羊毛:羊毛わたも吸水性、吸湿性、放湿性ともに高く、快眠に役立てられます。しかも、羊毛のちぢれによるクッション性で寝心地もふわっと快適になります。また、保温性にも優れるので冬場の利用に最適です。しかし、羊毛わたは高価(シングルサイズで1万円前後以上)な上に、自宅で洗えずにクリーニング推奨のものが多いためランニングコストも高めです。寝心地のこだわりが強い人にのみおすすめです。
  • ウレタンフォーム:吸水性・吸湿性はほぼありませんが、クッション性が高いので体圧分散性改善に向いています(チャート内では羊毛と同じ◎ですが羊毛よりも断然上です)。しかし、素材の特性上、洗濯できないためこの上にさらにパッドを重ねることをおすすめします。なお、ウレタンフォームを使用したベッドパッドとなるとマットレストッパーと同等の存在となります。
  • 除湿材:除湿繊維やシリカゲルなど。通常の繊維わたよりも圧倒的な吸湿性・放湿性がありますし、ニオイを吸収する消臭機能などもあります。費用の割に効果が高いのでおすすめです。基本的に洗濯機で洗えるので手入れも手軽です。

ベッドパッドの中わたの充填量でクッション性が変わる

ベッドパッドにどれくらいのクッション性を求めるのか、中わたの充填量が適当なものを選びましょう。

充填量クッション性手入れ
0.7kg前後
1.0kg前後
1.3kg前後

もちろん、羊毛わた0.7kgと綿わた1.0kgではクッション性に大差がないように、素材自体のクッション性を含めてトータルで考えるようにしましょう。また、あまり充填量が多いと分厚くなりお手入れがしにくくなるデメリットが生まれることも念頭に入れておきましょう。

③目的に応じて重視する機能性を考える

特殊加工などにより機能性に優れたものもありますが、あなたにはどのようなものがぴったりか目的別に重視するべきポイントを解説します。

暑さや蒸れ、寝苦しさを解消したい

生地と中わたの吸水性・吸湿性をメインに選ぶようにしましょう。「接触冷感加工」がされていてもポリエステル100%で吸水性・吸湿性がないと、蒸れて寝苦しくなるので注意しましょう。

寒くならず暖かくしたい

保温性の高い羊毛が中わたに使用されているものがおすすめです。ポリエステルなどの起毛生地などは暖かいには暖かいですが、蒸れて寝苦しくなりやすいのであまりおすすめできません。

マットレスの汚れ対策にしたい

子供のおねしょなどの対策なら厚めのベッドパッドを選ぶことをおすすめします。裏側の生地が防水加工されているものは保護力こそ高いですが、洗濯が非常にしづらくなりますのであまりおすすめできません。この場合は、ベッドパッドと別に防水仕様のマットレスプロテクターを購入することをおすすめします。

ニオイ対策をしたい

消臭機能のあるものを選びましょう。抗菌防臭よりもニオイに直接働きかけることからより効果が高いものが多いので消臭機能のあるもののほうがおすすめです。

ダニ対策としても利用した

防ダニ加工があるものを選びましょう。もしくは、60℃以上の温度で洗えるものを選びましょう。ダニは60℃の温度により退治することができるため、洗濯によりダニ対策をすることが可能になります。


2. おすすめのベッドパッド7選|季節・目的別

おすすめのベッドパッドを通年用、夏用、冬用、体圧分散性改善用の4つのパターンに分けてご紹介していきます。

季節・目的に応じた使い勝手からベッドパッドだけでなく敷きパッドなども混ざっている点、ご理解ください。

通年使用におすすめのベッドパッド

フォスフレイクス スーパーパッド

fossfill-in-hand
フォスフレイクス スーパーパッド
商品フォスフレイクス スーパーパッド
生地綿100%
中わたポリエステル100%(ポリエチレンフィルム混)、充填量820g
特徴吸水性◯、吸湿性◯、放湿性◯、クッション性◯
送料無料
サイズシングル: 約100×205cm
価格シングル:5,500円
リンク商品ページはこちら

綿100%生地に特殊加工が施されたポリエステル中わたを詰めた敷きパッドです。中わた自体の吸水性・吸湿性は高くはありませんが、クッション性が高く寝心地の改善が期待できます。家庭用洗濯機・乾燥機に対応しています。自社製品で手間味噌ですが、通年使えるクッション性の高いベッドパッドをお探しの方におすすめです。

快眠タイムズ 除湿・消臭敷きパッド

kaimin-times-mattress-pad3
快眠タイムズ 除湿・消臭敷きパッド
商品快眠タイムズ 除湿・消臭敷きパッド
生地綿100%
中わたポリエステル100%(吸湿材シリカゲルB型入り)
特徴吸水性◎、吸湿性◎、放湿性◎、消臭◎
送料無料
サイズシングル:約100×205cm、セミダブル: 約120×205cm、ダブル: 約140×205cm、クイーン: 約160×205cm、ワイドキング: 約200×205cm
価格シングル:5,980円、セミダブル:6,980円、ダブル:7,980円、クイーン:8,980円、ワイドキング:9,980円
リンク商品ページはこちら

高品質な綿100%の生地に吸湿材シリカゲルを中わたに使用した敷きパッドです(ベッドパッドではありません)。高品質な綿の肌触りに加えて、吸湿材シリカゲルによる圧倒的な吸放湿性で寝床の温湿度を爽やかに調整します。自社製品で手間味噌ですがオールシーズン利用を考えている人におすすめの一枚です。

夏におすすめのベッドパッド

ハードマンズ 本麻クール敷きパッド

linen-pad
ハードマンズ 本麻クール敷きパッド
商品ハードマンズ 本麻クール敷きパッド
生地麻100%
中わた麻100%
特徴吸水性◎、吸湿性◎、放湿性◎、接触冷感性◎
送料無料
サイズシングル: 約100×205cm、セミダブル: 約125×210cm、ダブル: 約140×205cm
価格シングル:25,300円、セミダブル:35,200円、ダブル:38,500円
リンク商品ページはこちら

天然素材でひんやりするものが好みということであれば麻100%の敷きパッドがおすすめです。こちらの商品は生地も中わたも麻100%ですので、爽やかさは抜群です。ただ、麻特有のシャリ感があることはご了承ください。なお、夏用なら手軽に洗えるほうが便利なためベッドパッドよりも敷きパッドのほうがおすすめです。

クールドライ 除湿・消臭敷きパッド

dryming-mattress-pad
クールドライ 除湿・消臭敷きパッド
商品クールドライ 除湿・消臭敷きパッド
生地ポリエチレン50% レーヨン50%
中わたポリエステル100%(吸湿材シリカゲルB型入り)
特徴吸水性◎、吸湿性◎、放湿性◎、接触冷感性◎、消臭◎
送料無料
サイズシングル:約100×205cm、セミダブル: 約120×205cm、ダブル: 約140×205cm
価格シングル:5,980円、セミダブル:6,980円、ダブル:7,980円
リンク商品ページはこちら

接触冷感生地に吸放湿性の高い中わたを詰めた敷きパッドです。ひんやりとしつつも蒸れにくい設計になっています。こちらも自社製品のため恐縮ですが、蒸れにくく寝苦しくなりにくい冷感敷きパッドをお探しの方におすすめです。

冬におすすめのベッドパッド

ビラベック 羊毛ベッドパッド

s_BillerbeckWoolBedpad
ビラベック 羊毛ベッドパッド
商品ビラベック 羊毛ベッドパッド
生地綿100%
中わた羊毛100%
特徴特徴:吸水性◎、吸湿性◎、放湿性◎、保温性◯
送料無料
サイズシングル:約100×200cm
価格価格:33,000円
リンク商品ページはこちら

高品質の綿100%生地に羊毛100%を詰めたベッドパッドです。天然素材であたたみのあるものが希望でしたらやはり羊毛わたがバランスが良いのでおすすめです。ただ、自宅で洗濯機洗いできないことは事前に頭に入れておきましょう(洗濯対応加工をしていない分、羊毛本来の吸放湿性を存分に味わうことができます)。

あったかドライ 敷きパッド

warm-dry-bed-pad
あったかドライ敷きパッド
商品あったかドライ 敷きパッド
生地ポリエステル100%
中わたポリエステル100%(吸湿材シリカゲルB型入り)
特徴特徴:吸水性◯、吸湿性◎、放湿性◎、保温性◎、消臭◎
送料660円(5,500円以上送料無料)
サイズサイズ:シングル:約100×205cm、セミダブル: 約120×205cm ダブル: 約140×205cm
価格価格:シングル:4,980円、セミダブル:5,480円、ダブル:5,980円
リンク商品ページはこちら

ポリエステル100%の起毛生地に吸湿材の中わたを詰めた敷きパッドです。保温性による暖かさがあるものの蒸れにくい設計になっています。自社製品で恐縮ですが、あたたか敷きパッドの中ではベストだと自負しています。家庭用洗濯機で簡単に洗えます。

体圧分散性改善におすすめのベッドパッド

エコラテエリート【高反発ウレタン×低価格】

エコラテエリート マットレストッパー
エコラテエリート マットレストッパー
型・種類マットレストッパー
厚み6cm
硬さふつう
送料無料
返品保証なし
サイズ・重量シングル: 98×195×6cm・約4kg、セミダブル: 118×195×6cm・約4.5kg、ダブル: 138×195×6cm・約5kg、クイーン: 158×195×6cm・約5.5kg
価格シングル: 9,990円、セミダブル: 11,990円、ダブル: 13,990円、クイーン:15,990円
リンク商品ページはこちら

ベッドパッドではなくウレタンフォームが中材となっているマットレストッパーです。マットレスの体圧分散性を大きく改善したいなら繊維わたのベッドパッドではなく、ウレタンフォームのベッドパッド(マットレストッパー)がおすすめです。


3. ベッドパッドの使い方とお手入れ方法

上手に使うためのポイントを解説します。

ベッドパッドを敷くときの順番2パターン

  • 【マットレス→ベッドパッド】
    ベッドパッドが洗濯可能で薄めで手入れがしやすく吸水性・吸湿性などもきちんとあるなら、このようにベッドパッドの上にそのまま寝ても可能です。
  • 【マットレス→ベッドパッド→シーツ】
    ベッドパッドの洗濯が手間に感じられるなら上にベッドシーツを重ねて使いましょう。こうすることでベッドパッドの洗濯の手間が減らせられるのでおすすめです。

敷き方別|ベッドパッドを洗濯する頻度は

  • 【マットレス→ベッドパッド】
    1~2週間に1度ベッドパッドを洗濯しましょう。ベッドパッドの上に直接寝ているためかなり汚れやすい状態になっており、そのため、ベッドパッドを高頻度で洗濯しなければなりません。
  • 【マットレス→ベッドパッド→シーツ】
    2~3ヶ月に1度ベッドパッドを洗濯しましょう。ベッドシーツを一番上に敷くことでベッドパッドが汚れにくくなり洗濯の手間を減らすことができます。この場合、ベッドシーツは1週間に1度前後を目安に洗うようにしましょう。

洗濯をするときは柔軟剤に気をつけよう

柔軟剤には繊維の表面をコーティングして柔らかく仕上げているものがありますが、それにより繊維の吸水性・吸湿性が悪くなることがあります。せっかくの素材が台無しになりますので、そのような柔軟剤は避けるようにしましょう。


最後に

ベッドパッドを選ぶときの3つのステップをもう一度まとめると、

  1. 必要なものがベッドパッドなのか考える
  2. 各素材を比較検討する
  3. 重視する機能性を考える

と、なります。この順序でお考えいただければ、満足したベッドパッドをお選びいただけるようになります。

あなたに合うベッドパッド選びの参考になっていれば幸いです。

綿100%でカラッと爽やか。
最高の敷きパッドを開発しました。

「ベッド内の湿度を適切にコントロールすることで、
眠りの質を高める」このような考えのもと、

などなど、
あなたが快適な眠りをする一助となります。

詳しくは下のボタンの先のページをお読みください

商品の詳細はこちら

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ