4ステップでカビ防止?!マットレスの湿気対策マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスが湿気のせいでクタクタになっても、「寝心地が多少悪くなるだけだろう」と問題を軽視してはいないでしょうか?

放っておくと危険です。

湿気によりマットレスにカビが生えてしまうと、アレルギー疾患や感染症を引き起こす可能性があるためです。

そこで本日は、「カビの発生を事前に防止するためのマットレスの湿気対策」をご紹介します。


1. マットレスの湿気対策マニュアル|4ステップ

マットレスの湿気対策は、以下の4つのステップで行いましょう。基本から応用の順序になっています。

  1. マットレスを床・壁から離す
  2. マットレスのこまめな換気・お手入れ
  3. マットレスの両面へ湿気ケア
  4. 湿気のたまりにくいマットレスを選ぶ

あなたの部屋の湿度状況によって、どこまで湿気対策をするべきか異なってきます。

①と②は基本的な湿気対策なので、できるだけ全て実行できるようにしましょう。しかし①・②の対策がなんらかの理由によりできない場合や、部屋に湿気がたまりやすい場合、あなたが寝汗を多くかく体質の場合、③と④の湿気対策まで行うことをおすすめします。

それでは1つずつ確認していきましょう。

①マットレスを床・壁から離す

フローリングや壁と接するようにマットレスが配置してあると、接地面に湿気がたまります。

もちろんこの場合、マットレスだけでなくフローリング・壁にもカビができてしまう可能性があります。マットレスは廃棄できますが、床・壁は対処が大変です。なので、絶対に床・壁からマットレスを離すことをおすすめします。

また、床でなくベッドの上にマットレスを敷いていても、ベッドの天板がフラットな一枚板のものの場合、マットレスを密着するので湿気がたまりやすいことには変わりません。空気がマットレスへ触れられるよう、すのこ形状にする必要があります。

すのこベッドでマットレスを床から離す

いわゆるすのこベッドには2つのタイプがあるので、1つずつご紹介します。

床置きすのこ
床置きすのこ

製品:丸めてたためる桐すのこ
サイズ:100×200×2.5cm
価格:5,990円
【当製品の販売ページ】

ニトリの床置きすのこです。

敷布団のような薄いマットレスを床に敷いている場合、このようなすのこの上にマットレスを置くことで、マットレスの底面に空気が通うようにできるので、湿気対策をすることができます。

すのこを丸めてたため収納性が高いので、日中をマットレスを押入れにしまっている人におすすめです。

国産すのこベッド【OPTIMUS】オプティムス
国産すのこベッド【OPTIMUS】オプティムス

製品:オプティムス
サイズ:98×208×30cm
価格:39,200円
【当製品の販売ページ】

こちらのすのこベッドだと、床から30cmの高さにすのこがあるので、さらに空気の通りが良くなります。また、写真のようにベッドを∧形にしてマットレスを干すこともでき、湿気対策がしやすいデザインになっています。

一点気をつけていただきたいのが、ベッド下の収納の量です。たとえベッドの天板がすのこ形状だとしても、ベッドの下にものが多く置いてあると、空気が滞留しやすくなり湿気がたまりやすくなります。収納物が衣類など、湿気を溜め込みやすいものだと尚更です。

なので、どうしてもベッド下の収納物が多くなる場合は別途、乾燥剤を配置するなどの対策を行いましょう。

最低10cmマットレスを壁から離す

たった10cmで良いのでマットレスを壁から離しましょう。ベッドをお使いの場合は、ベッド自体を壁から離すようにしましょう。

10cm隙間があれば十分空気が流通できるので、湿気対策になります。

また、窓際も要注意です。冬は乾燥のイメージが強いですが、部屋の内外の温度差により結露ができて、湿度が高くなることがあります。結露ができた窓の近くにマットレスを置いていると、カビ発生待ったなしになってしまうので窓からも距離をとりましょう。

※注:ベッド・マットレスが壁に接していると、エアコンから出た風が壁にぶつかり降りてきて、体に直撃することになります。冷房の直撃で体を冷やしすぎたり、暖房の直撃で喉を痛めたりします。こういった理由からも、ベッド・マットレスは壁から絶対に離しましょう。

②マットレスのこまめな換気・お手入れ

マットレスを適切な位置に配置したからと言っても気を抜けません。

すのこの上にマットレスを敷いていると言っても、マットレス裏面の半分以上の面積はすのこと接しているので、完全な湿気対策とは言えません。

やはり、定期的にマットレスを換気してあげないと湿気がたまってしまいます。

マットレス自体の換気

マットレスの換気1
マットレスの換気方法1

もしあなたのマットレスがウレタンをむき出しにできるのなら、写真1のように側生地を外して、ウレタンに溜まった湿気を飛ばせられるように日陰干ししてあげましょう。

こうすることで効率よくマットレスの湿気を飛ばせられます。

椅子などの台の上に置くと簡単にできます。

マットレスの換気方法1
マットレスの換気方法2

また、もしあなたのマットレスが大きいサイズだったり、スプリング製の場合はこちらの写真のようにマットレスを壁に立てかけて換気させてみましょう。

重くて壁に立て掛けることすら難しい場合は、マットレスの底片側にものを挟んで空気を入れるようにしましょう。

写真のマットレスは薄めなので曲がってしまっていますが、厚みのあるマットレスであれば曲がること無く立てかけられます。

マットレス換気のコツ

マットレスを効率良く換気するコツがあります。部屋の湿度を下げ、風を当てることです。

換気中のマットレスに除湿モードのエアコンの風を当てることで、換気をより一層効果的に行えます。扇風機でももちろん可能です。

③マットレスの裏表両面へ湿気ケア

対策の①と②がきちんと出来るに越したことはないのですが、マットレスの表面は寝汗によりそもそも湿りやすいですし、マットレスが大きいとこまめな手入れが面倒で頻繁にできず、マットレスの裏面に湿気がたまりやすくなります。

その場合は、除湿シートや敷きパッドを使って湿気対策をしましょう。

除湿シートを敷く

あなたがマットレスをすのこベッドの上に敷いていても、部屋の湿度が高めだったり、マットレス自体をなかなか乾燥手入れすることができなかったりする場合、マットレスの下に除湿シートを敷いておくことをおすすめします。

除湿シート からっと寝
除湿シート からっと寝

製品:調湿シート からっと寝
価格:5,400円
【当製品の販売ページ】

こちらの除湿シートは、お菓子の乾燥剤によく使われるシリカゲルを用いています。こちらの製品のシリカゲルの吸湿能力は、シングルサイズでもコップ4.5杯分を(約850cc)あり湿気対策にとても効果的です。

とはいえ、シリカゲルが吸湿し続ける訳ではないので、吸った湿度を吐き出させる必要があります。そのため、1~2週間に一度は除湿シートを日陰干しさせましょう。そうすることで除湿効果が維持されます。

敷きパッドで寝汗による湿気を除去

あなたが寝汗を多くかく体質だったり、パジャマで寝汗対策をしていなかったりする場合は、マットレスの上に敷きパッドを敷くことをおすすめします。

一般的な成人で1晩に約200mlもの汗をかきます。全く対策をしないと、すぐにマットレスに湿気がたまります。

ドライミング敷きパッド
ドライミング敷きパッド

製品:ドライミング 敷きパッド
価格:5,990円
【当製品の販売ページ】

自社製品で恐縮ですが、シリカゲルがぎっしり詰まった敷きパッドです。シリカゲルが寝汗をダイレクトに吸収するので、マットレスをカラッとした状態で維持できます。

ここまで汗の吸い取りに長けた敷きパッドはないので、湿気・寝汗対策に強くおすすめします。

また、シリカゲルが寝汗を即吸収するのでじめじめした寝苦しい時期でも、ドライでカラッとした爽快な寝心地をご堪能いただけます。また、ドライで湿っていないベッドで目覚める爽快感がドライミングの最大の良さだと個人的には思います。

④湿気のたまりにくいマットレスを選ぶ

もしあなたがご使用中のマットレスが湿気で寝心地が悪くなっており、新しいマットレスの購入を検討しているのなら、そもそも湿気に強いタイプのマットレスを選ぶことをおすすめします。

どのようなマットレスが湿気に強いのか、また反対に、湿気に弱いマットレスはどの種類なのかをご紹介します。

高反発ファイバーマットレス

高反発ファイバー素材のマットレスは湿気がたまりにくいので、湿気対策を気にする必要がほとんどありません。そのため、カビを心配することもなくなるでしょう。

ブレスエアー® フォーシーズンズEX II
ブレスエアー® フォーシーズンズEX II

製品:ブレスエアー® フォーシーズンズEXII
価格:31,428円
【当製品の販売ページ】

高反発ファイバー素材の中でも有名なブレスエアー®︎の加工を一手に引き受ける近江化成工業社が運営するブレスエアー®︎専門店の商品です。

高反発ファイバー素材は面で体を支える構造なので、使用感が硬めに感じられることがありますが、湿気対策で考えるのならオススメです。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスの構造を単純化すると、硬鋼線スプリングの上にウレタンを詰めたマットレスです。そのため、片面仕様のボンネルコイルマットレスの場合、マットレス内部がスプリングと空気層で構成されるため通気性が高く湿気に強い特徴があります。

ヘルシーフィットボンネルコイルマットレス
ヘルシーフィットボンネルコイルマットレス

製品:ヘルシーフィットボンネルコイルマットレス
価格:30,858円
【当製品の販売ページ】

東京の老舗ベッドメーカー東京ベッドが開発したボンネルコイルマットレスです。通気性の良い側生地を側面に採用し、マットレス内部に湿気がたまりにくいよう設計されています。

ベンチレーター(通気孔)こそ付いていませんが、湿気対策には十分な作りになっています。寝心地は硬めにされています。

調湿ウレタン製マットレス

ウレタンの欠点として通気性の悪さがありますが、湿気りにくくカビの生えづらい快適な睡眠環境を追求した研究の末に開発されたのが、湿度調整機能をもつ革新的なウレタン「セルプール」です。

セルプールハイブリッドマットレス
セルプールハイブリッドマットレス

製品:セルプールハイブリッドマットレス
価格:54,000円
【当製品の販売ページ】

ユーカリ由来のテンセル®パウダーをウレタンに機能的に結合させることにより、ウレタン自体が植物のように湿度が高いときには湿気を吸収し、湿度が低いときには吸収した湿気を放湿します。

他の湿気対策が全く不要になるわけではないですが、マットレス自体が自動的に湿気対策を行う優れものです。

自社製品なので手前味噌ですが、素晴らしい寝心地です。抜群の体圧分散性と反発弾性であなたの熟睡をしっかりとサポートします。

おすすめのできない種類のマットレス

湿気にお悩みの場合、低反発ウレタンマットレスとラテックスマットレスの使用はおすすめできません。

低反発マットレスは密度が高く通気性が悪いので、マットレスの底面に湿気がたまりやすいです。また、体が沈み込みピタッとフィットする気持ちいい使用感の裏側には、ムレ感が生まれやすいという副作用もあります。さらに、「密度が高い=重い」なので乾燥手入れもしづらいです。

ラテックス素材自体には抗菌作用があるのでカビが生えることはほとんどないのですが、通気性の悪いマットレスに挟まれた側生地やベッドフレームにカビが生えることがあります。ラテックス素材は特に重いので換気のためにひっくり返すのは屈強な男性でさえも手間に感じます。

このような理由から、低反発ウレタン素材とラテックス素材のマットレスは湿気にお悩みの人にはおすすめできません。


まとめ

4つのステップをまとめると以下のようになります。

  1. マットレスを床・壁から離す
    マットレスを床から離すなら、すのこ形状のベッドが効果的です。同時に、壁に接してベッド・マットレスを配置しないようにも配慮しましょう。
  2. マットレスのこまめな換気・お手入れ
    上記だけでは湿気対策は不十分です。マットレスから湿気を飛ばすために、こまめに乾燥手入れをしましょう。エアコンなどの風を当てながら行うとさらに効果的です。
  3. マットレスの両面へ湿気ケア
    あなたの部屋の湿度が高い場合やあなたの寝汗が多い場合、①・②の対策だけでは不十分なので、マットレスの上下に除湿シートや除湿敷きパッドを敷くなどの対策も行いましょう。
  4. 湿気のたまりにくいマットレスを選ぶ
    もし使用中のマットレスを変更する場合、高反発ファイバー、ボンネルコイル、調湿ウレタン素材のマットレスからお選びすることをおすすめします。反対に、低反発素材・ラテックス素材は避けるようにしましょう。

以上、あなたのマットレスの湿気対策の一助になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ダニ通過率0%!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツをご存知ですか?

寝ている間にベッドや布団に潜んだダニに噛まれ、かゆくて目が覚めたり、ダニの死骸やフンなどでアレルギーになりくしゃみが止まらなくて辛いという経験はありませんか?

実は、あなたの寝具には約32万匹ほどのダニが繁殖しています。マットレスや布団、枕などの寝具はダニが繁殖しやすい環境が完璧にそろってるためです。

しかし、このダニを完全に防ぎ、睡眠時の辛いかゆみやアレルギーから解放する方法があります。それが、ヒルトンやアヴェンドラ等、世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。最高の耐久性と防ダニ性能。
  • 水蒸気は通すのに汗や血液などの液体は通さない脅威の吸水、防水、透湿性能。
  • 生地の二重構造で汗をシーツに吸収しながら寝具には通さないため衛生的。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する完全防ダニのシーツで、ダニ通過率が0%というだけでなく、睡眠の質を下げないために高い吸水性を持ち、就寝中のムレも軽減することができます。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面に悩んでいるのであればプロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防ダニシーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ