快眠グッズ

掛布団の重さの平均は?重いほうがよく眠れるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

  • なんで布団って軽いほうがいいの?
  • 色んな素材の布団の重さの平均はどれくらい?

などなど、布団を選ぶときに重さについて気になることはないでしょうか?

実は布団の重さは、軽いほうがいいケースもあれば、重いほうがいいケースもある、ということはあまり知られていません。

そこで本日は「各素材の布団の重さの平均と、軽いほうがおすすめされる理由、重いほうが睡眠によいとされる理由」についてご紹介します。


1. 素材別|布団の重さ比較

それではまず最初に、冬用掛け布団のシングルサイズ(150×210cm)で、それぞれの素材の重さを比較してみます。メーカーによって詰める量が異なるため、大体の目安になりますが以下のとおりです。

布団の種類 重さの目安
羽毛掛け布団 1kg前後
真綿掛け布団 1.5kg前後
羽根掛け布団 2kg前後
羊毛掛け布団 2kg前後
ポリエステル掛け布団 2kg前後 
木綿掛け布団 4kg前後
【注意】木綿=綿・コットン、羽毛=ダウン、羽根=フェザー、真綿=絹・シルク、羊毛=ウールとなります。また、ダウンの比率が51%以上だと羽毛布団となり、ダウンの比率が50%以下だと羽根布団となります。

布団の重さの違いをあまり気にかけない方もいらっしゃいますが、羽毛布団と木綿布団で寝比べてみると、その違いは約4倍にもなるので体感しやすいです。このような話をすると、「そういえば幼いときに実家で使ってた布団がやたら重かった覚えがあるけど、あれって木綿布団だったのか」と思い起こされる方も稀にいらっしゃいます。

なお、敷き布団は掛け布団よりも中材がしっかりと作られるため、平均的に4=5kgの重さになります。

1−1. 軽い布団がおすすめされる理由

世間一般的には軽い布団が勧められることが多いのですが、この理由は単純に、

  • 押入れからの出し入れが手軽だから
  • 吊り干しをするときに楽だから

などなどお手入れを楽にするための理由がメインです。家族の分まで毎日お手入れするとなると、かなりの負担になることは想像に難くないと思います。

また、幼い子供や体に衰えを感じている高齢者にとっては、木綿布団の4kgは若干圧迫感が強いと考えられているというのも1つの理由です。

1−2. 掛け布団は重いほうがよく眠れるという噂の真相について

ただ最近は、重さによって圧迫感のある状態で眠ったほうがリラックスできて睡眠の質が上がると言われることもあります。

これはどういうことなのかと言うと、アメリカの動物学者テンプル・グランディン女史の研究によるもので、強めの圧迫感を受けとリラックス感があったり、不安感が和らいだりといった効果が実験により報告されているのです。もちろん、全ての人に効果がある訳でなく、約半数の人が効果を感じられるというレベルのものです。

そのため、布団は軽いほうが睡眠の質が上がると昔は言われることがありましたがこれは正しくなく、布団の重さに関しては個人の好みで決めてしまってもよいと今では考えられています。


2. 布団の重さについてよくある疑問

よくある疑問についてお答えします。

2−1. 掛け布団が重いと肩こりになる?

これは絶対にそうとは言い切れませんが、人(体質)によっては布団が重いと肩が凝りやすくなる方がいます。

これに関する研究データがないので恐縮ですが、重い布団で寝返りがしづらくなることが影響しているのではと考えられます。

2−2. 布団が徐々に重くなるのは気のせい?

布団は使用におじて重くなります。

特に木綿布団にありがちですが、水分をたくさん吸ってふかふか感がなくなると、ずっしりと重みを感じやすくなります。また、ダニが繁殖した布団には、死骸や糞などのダニアレルゲンが撒き散らかされていくため、布団が徐々にですが重くなっていきます。これは敷布団に顕著です。


最後に

様々な布団の重さと、軽いモノと重いモノのメリットデメリットがお分かりいただけたと思います。

あなた自身の生活環境を鑑みて、あなたに合う重さの布団を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ