シーツ

プロテクト・ア・ベッドのレビュー【使用感/欠点/向き不向き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界累計販売数が2,000万枚を超えるプロテクト・ア・ベッドのマットレスプロテクター(防水・防ダニシーツ)。

  • 「実際のところ、使用感はどんな感じ?」
  • 「欠点があるなら知っておきたい」
  • 「人によって向き不向きとかあるの?」

など、様々な声を頂戴します。

そこで本日は、良いところだけでなく悪いところも含めて商品レビューをしてみたいと思います。

「とりあえず公式紹介ページを見てみたい」という方は、↓こちらのバナー↓をクリックしてご覧ください。


1. プロテクト・ア・ベッドに惚れ込んだ3つのポイント

1980年創業のプロテクト・ア・ベッド社が展開するマットレスプロテクター。世界45カ国で販売されており、マットレスプロテクターのNo.1 ブランドです。

プロテクト・ア・ベッド本社(シカゴ)

私どもは以下の3つのポイントが素晴らしいと評価し、プロテクト・ア・ベッド製品の日本総代理店となりマットレスプロテクターを販売するに至りました。

  1. 防ダニ・防水(50回洗濯後でさえも)
  2. 蒸れにくい快適な寝心地
  3. 伸びのある柔軟な使用感

これらの機能により、あなたの睡眠環境を超衛生的にしてくれます。しかも快適な寝心地のまま、そして簡単で手軽に。

それでは1つずつ具体的に説明していきます。

1−1. 防ダニ・防水(50回洗濯後でさえも)

下の写真のポリウレタン樹脂のラミネートが、ダニや水分を通さない働きをします。

なので、たとえベッドの上でコーヒーをこぼしてしまっても、マットレスを汚す心配がありません。

もちろん、寝汗、おねしょ、フケ、アカなどからもマットレスを守るので、睡眠環境を清潔でキレイなまま保てられます。

さらに、このプロテクト・ア・ベッドブランドのすごいところは、50回洗濯後に試験を行っても、ダニ通過率が0%のままで防水性も問題なし、というところです。

プロテクト・ア・ベッド試験報告書
プロテクト・ア・ベッド試験報告書

類似製品と比べると価格は高いですが、長くご愛用いただける作りになっています。

1−2. 蒸れにくい快適な寝心地

また、上の試験報告書に書かれているように、透湿性(水蒸気を通す性質)のある高品質な樹脂(ミラクルメンブレン®)をラミネートしているので、ムレにくい設計になっています。

一見相反する防水性と透湿性の2つの性質がある
一見相反する防水性と透湿性の2つの性質がある

ミラクルメンブレン®が「防水」と「透湿」という一見矛盾する性質を併せ持っているため、あなたは「衛生的」で「ムレにくい」快適な眠りを手に入れられます。

1−3. 伸びのある柔らかい肌当たり

防水樹脂がラミネートされていると聞くと「ゴワゴワした寝心地なんじゃないの?」と思われるかもしれません。

以下のアニメーションをご覧ください。

ここまで伸縮性に富んだ生地をご覧になったことがありますでしょうか。

生地が非常に柔軟なので、体の凸凹湾曲にツッパることなく快適な寝心地です。普及品のシーツよりも快適に感じられることすらあります。

衛生的な環境を作るためにも、ムレにくく快適な寝心地のためにも、一切妥協のないマットレスプロテクターです。


2. 実際に商品を使ってみた

商品はこちらのパッケージに包装されています。

国際的なブランド規定で商品がすり替えられないよう、一度パッケージを開けたら跡が残るように設計されています。

化粧箱をきれいに保管出来ないため申し訳ないですが、すり替え品が入らないためとご了承ください。

また、商品パッケージの裏面に商品や機能の説明が一通り載っていますが、「GOOD HOUSEKEEPINGって何?」と思われるかもしれません。

GOOD HOUSEKEEPINGとは、製品が訴求している効果・機能に嘘偽りがないか試験をする調査研究所です。

20世紀の大量生産大量消費時代のアメリカは大変でした。誇大広告品や粗悪品などが大量に出回っていました。そのような商品の撲滅のためにGOOD HOUSEKEEPING調査研究所は生まれ、品質の保証を100年以上に渡って行い、消費者保護をし続けているのです。

つまり、「誇大広告はしていません、安心してください」という意味のロゴだと考えると分かりやすいと思います。

2−1. マットレスに敷くとこんな感じ

さっそく、マットレスに敷いてみます。

一見、通常のボックスシーツと何ら変わりありません。

側面の生地もしっかり伸びて、厚み8~25cmのマットレスまでピタッとフィットします。

寝相が激しめの私ですが、ズレを直すのは1~2ヶ月に1度くらいです。

ボックスシーツ形状のため、マットレスが埋まるタイプのベッドだと多少敷きづらさを感じるかもしれません。

プレミアムシリーズは2mmのショートパイル(タオル生地)を採用しているので、汗の吸い取りも良くサラッと快適に眠れるのでおすすめです。

しかし、綿100%のシーツと比べると、蒸れやすいです。私の体感ですが、夜間の気温が28℃くらいを超えてくると、背中から腰の辺りが蒸れる感じがしてきます。

なので、夏に扇風機のみで眠る人はムレ感が気になるかもしれません。

とはいえ、もしかするとあなたは「お気に入りのシーツ/敷きパッドをすでに持っている」こともあるかもしれません。

そのような時におすすめなのが、表面がポリエステル生地のクラシックモデルです。

ポリエステル生地はシャカシャカした肌触りです。なので、直接その上に寝るのはおすすめできません。

が、お好みのシーツやパッドの下にプロテクターとして敷いて使用するのにぴったりです。

夏の間、私はこの使い方(ひんやりパッドの下にプロテクター)をしています。

マットレスを汚す心配も、ダニが繁殖する心配もなく、ひんやり快適に眠れます。

実際にホテルでは、「マットレス→マットレスプロテクター(クラシック生地)→ベッドパッド→ベッドシーツ」の順番で敷かれて使われています。

導入ホテル例:ヒルトンホテル(シカゴ ノースブルック)
導入ホテル例:ヒルトンホテル(シカゴ ノースブルック)

あなたのご家庭のマットレスにも、一流の衛生管理法を導入させられます。

2−2. お手入れも楽々

「掃除は出来るだけしたくない。でも、キレイなベッドで眠りたい」と考えているわがままな私ですが、プロテクト・ア・ベッドのマットレスプロテクターのおかげで助かっています。

お手入れは2〜3週間に1度のプロテクターの洗濯だけで十分で、マットレスを掃除することが減りました。ごくごく稀に、掃除機をかけるのみです。

防水生地だと脱水しにくいと言われますが、コツが2つあります。

  • 大きめの洗濯ネットに入れる
  • タオルやシーツと一緒に洗う

たったこれだけで、脱水がだいぶ上手くいきます。

防水シーツはタオルと一緒に洗う
防水シーツはタオルと一緒に洗う

また、プロテクト・ア・ベッドのプロテクターは全て、ダニを死滅させる60℃での洗濯・乾燥に対応しています。

※注:余談ですが、マットレスプロテクターを取り外す時は(どんなシーツでもそうですが)、そっと静かにゆっくり取りましょう。生地の上には、あなたの皮膚、フケなどの汚れが落ちています。勢い良く取ると、せっかく防いでいた汚れがマットレスに付いてしまいます。

2−3. 使用をおすすめできる人、できない人

好み、性格、体質、生活習慣などによって、おすすめできるか否かが変わります。

プロテクト・ア・ベッドをおすすめできる人

私のようにお手入れの手間を減らしたい人はもちろん、以下のような人にもプロテクト・ア・ベッドはおすすめです。

  • マットレスをキレイなまま長く使いたい人
  • マットレスのダニ・カビ汚染を防ぎたい人
  • おねしょ、粗相などの心配がある人
  • ペットと一緒にベッドで寝る人
  • 敷布団を干す手間を減らしたい人
  • 寝汗が多く、マットレスが湿気りやすい人

プロテクト・ア・ベッドをおすすめできない人

反対に、以下のような人には使用するメリットをあまり感じられないかと思います。

  • あまり衛生面が気にならない人
  • マットレスの掃除・お手入れが気にならない人
  • 敷布団を干すのが日課な人

■ご購入はこちらから■

マットレスプロテクターは、以下のリンク先からご購入いただけます。

 – プレミアム(綿パイル生地) 6,480円~ ⇛ 【楽天市場】/【Amazon】/【Yahoo!】/【公式サイト】

 – クラシック(ポリエステル生地) 5,400円~ ⇛ 【楽天市場】/【Amazon】/【Yahoo!】/【公式サイト】

2−4. 枕と掛け布団にプロテクターは必要か?

プロテクト・ア・ベッドブランドは、マットレスプロテクターだけでなく、枕プロテクターと掛け布団プロテクターも展開しています。

枕プロテクター
枕プロテクター

枕プロテクターは是非とも、マットレスプロテクターと一緒に購入することをおすすめします。というのも

  • 剥がれ落ちた皮膚、皮脂、フケ、アカなどにより枕はすぐに汚れるため
  • (一般的な)枕は水洗いすらできないため
  • 汚い枕は肌荒れの原因になるため
  • 枕は目、鼻、口などの敏感な感覚器と接するため
  • 通常の枕カバーでは枕の汚染を防止できないため

枕プロテクターは、以下のリンク先からご購入いただけます。

 – プレミアム(綿パイル生地) 2,700円~ ⇛ 【楽天市場】/【Amazon】/【Yahoo!】/【公式サイト】

 – クラシック(ポリエステル生地) 2,160円~ ⇛ 【楽天市場】/【Amazon】/【Yahoo!】/【公式サイト】

対して、掛け布団プロテクターの重要性は、マットレス・枕プロテクターと比べると少し下がります。というのも、掛け布団はそこまで汚れることがないためです。

  • 夜尿で布団を濡らす心配がある
  • 介護のため布団上で飲食をする
  • 一緒に寝ているペットのよだれ、ノミ、足裏の汚れなどが気になる

などのようなケースに該当する人にはおすすめです。掛け布団プロテクターは、以下のリンク先からご購入いただけます。

 – プレミアム(綿パイル生地) 11,880円~ ⇛ 【楽天市場】/【Amazon】/【Yahoo!】


まとめ

シーツの代わりに使用するだけであなたの寝床環境を超衛生空間にするプロテクト・ア・ベッドのマットレスプロテクター。

良いところ悪いところ含めて、プロテクト・ア・ベッドの特徴を理解していただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ダニ通過率0%!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツをご存知ですか?

寝ている間にベッドや布団に潜んだダニに噛まれ、かゆくて目が覚めたり、ダニの死骸やフンなどでアレルギーになりくしゃみが止まらなくて辛いという経験はありませんか?

実は、あなたの寝具には約32万匹ほどのダニが繁殖しています。マットレスや布団、枕などの寝具はダニが繁殖しやすい環境が完璧にそろってるためです。

しかし、このダニを完全に防ぎ、睡眠時の辛いかゆみやアレルギーから解放する方法があります。それが、ヒルトンやアヴェンドラ等、世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。最高の耐久性と防ダニ性能。
  • 水蒸気は通すのに汗や血液などの液体は通さない脅威の吸水、防水、透湿性能。
  • 生地の二重構造で汗をシーツに吸収しながら寝具には通さないため衛生的。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する完全防ダニのシーツで、ダニ通過率が0%というだけでなく、睡眠の質を下げないために高い吸水性を持ち、就寝中のムレも軽減することができます。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面に悩んでいるのであればプロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防ダニシーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ