マットレス

これで安心!布団とマットレスのダニ退治・対策3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ベッドに入ると体が痒い」

このような場合、ダニが原因と考えられますが、あなたはどのように対処・対策を取りますか?

もし掃除機やクリーナーで吸引することをお考えの場合、ダニ対策の正しい知識を学ぶことをおすすめします。それらはこの場合、ほとんど効果がありません。

ということで本日は、「布団・マットレスのダニ退治・対策」を完全にご理解いただけるよう、正しい知識とステップ式の方法論をご紹介します。

1. 正しい知識で行うダニ退治・対策3ステップ

ダニ退治・対策は正しい知識を持って行いましょう。そうすることで、効果的・効率的にダニと別れられます。まずはざっと概要を説明します。

ステップ0|ダニの性質を知る:ダニとダニアレルゲン(ダニの死骸、糞、抜け殻など)の違いを知りましょう。また、ベッドの中でもダニが多く生息する箇所を認識しましょう。ダニが多いところにこそ対策の時間をかけるべきですが、実は意外にも、ダニ対策が最もされている掛け布団は意外とダニは少ないのです。
ステップ1|ダニを退治(死滅)させる:次のステップは生きているダニを退治することです。掃除機などで吸引してもダニはほとんど減りません。
ステップ2|ダニアレルゲン(死骸や糞)を除去する:ダニを退治したら除去しましょう。そのまま放置は厳禁です。
ステップ3|ダニの再発生・増殖を防ぐ:ダニを除去したら再発生しないよう対策を施しましょう。そうでないと、イタチゴッコになってしまいます。

それでは1ステップずつ順にご説明いたします。

ステップ0|ダニの性質を知る

ステップ1の前に、ダニへの理解が深めましょう。退治・対策の効率化につながります。

ダニだけでなく、ダニアレルゲンも厄介

まず、ダニとダニアレルゲンの違いを簡単に説明すると、

・ダニ:生きているダニ
・ダニアレルゲン:ダニの死骸、糞、抜け殻など

となりますが、それぞれが及ぼす被害はというと、

・ダニ:噛まれることや刺されることにより肌が腫れたり痒くなったりし、10日間程それらの症状に悩まされます。とはいえ、寝具に潜むダニの約90%のチリダニは、人を噛むことも差すこともほぼありませんが、畳部屋に発生するツメダニは刺したり噛んだりするので、注意が必要です。
・ダニアレルゲン:接触・吸引によりアレルギーや喘息を起こす原因になります。一旦発症すると、完治までは数年かかることも。

このように被害レベルを考えると、圧倒的にダニアレルゲンの方が厄介です。なので、ダニを退治するだけでは十分ではなく、その後のダニアレルゲンの除去まで併せて行うことが大切なのです。

ダニの最大の生息地を知ろう

ダニが多く集まる箇所を知れば、対策も効率的に行うことができます。以下の2つがダニにとって生息しやすい環境のため、ダニが多く集まります。

・寝具のわた部
・敷寝具の頭部・溝

ダニが生息しやすい環境1「寝具のわた部」

ダニが最も好むのが「わた」です。天然わた・化学繊維わたのどちらもです。わたはダニが生息しやすい環境なのです。反対に、ウレタンにはダニの餌となるフケなどが入り込みにくいため、そこまで多くはありません。

内部のウレタン1㎡当たりのダニ数も1,100匹と1,850匹で、綿布団の約10万匹とは比べものにならないほど少ないことが分かりました。

(引用:『住まいQ&A 寝室・寝具のダニ・カビ汚染』吉川翠、戸矢崎紀紘、田中正敏、須貝高、生協・科学情報センター 共著)

「寝具には数十万匹のダニが潜んでいる」と言われることがありますが、これはわたの敷布団を使っている場合のみに当てはまり、多くのマットレスには当てはまりません。とはいえ、詰め物にわたが使われているものの場合、環境が悪いと数万匹まで増えることもあるので対策をとることが大切です。

ダニが生息しやすい環境2「敷寝具の頭部・溝」

敷寝具の脚部よりも頭部の方がダニの数が多く、ダニの数を調べた実験によると約3倍にもなります。頭部の方が湿気りやすく、ダニの餌(フケなど)も多くなるためです。また、掛け布団に付くダニの餌は少ないため、ダニは敷寝具により多く存在します。

さらに同実験により、マットレス自体よりも、マットレスの隅・溝により多くダニがいると発見されてもいます。ちなみに、枕にダニは少ないとされていますが、これは枕カバーを適宜洗濯している、という前提での話です。

これらのポイントを念頭に置いておくと、以下でご紹介するダニ対策がとても効率的に行えます。

ステップ1|ダニの退治には熱・洗濯が有効

さあ、それではダニ退治の方法をご紹介します。現状、ベッドにダニはいないと思われる場合、ステップ1は飛ばして結構です。

ダニ退治の方法は、基本的には以下の2通りです。

熱:50℃以上の熱処理20分で退治可能。
洗濯:水流で流す、もしくは、高温洗浄で退治する。
薬剤:市販のダニ駆除剤で退治する。

それでは次に、寝具毎にこれらの方法に則した具体的なダニの退治方法をご紹介します。

敷布団のダニ退治方法

敷布団のダニはアイロンのスチーム機能で熱処理をするのが最も手軽です。(※シルク、ウレタンなどの熱や水分に弱い素材が使われている場合、お控えください。)

1. タオルをあて布として敷く
2. その上からアイロンのスチームを強で数秒噴射
3. 別の箇所で2を繰り返す
4. 天日干しをしてしっかりと乾かす

時間がない場合は、ダニが多いとされる上半身周りのみで構いません。多少手間がかかりますが、他の一般的な方法だと日数を要したり、効果が不完全な点があります。例えば、クリーニングによる高温洗浄は効果的ですが、数日要します。また、布団乾燥機は内部まで加熱するのが困難なため、一度には約30%程しかダニを撃退できないと報告されています。

マットレスのダニ退治方法

マットレスの場合、アイロンのスチームはおすすめできません。詰め物や内部のウレタンを湿らすと、劣化が急激に早まるためです。なので、できる対策としては、

側生地を洗う:もし側生地を外して洗えるのであれば、そうしましょう。高温で洗うことによりダニを退治できます。
マットレスの洗浄:出張洗浄業者に依頼をすることでダニを含めた汚れを一掃してくれます。費用が10,000円前後します。

敷布団と異なりマットレスのダニは退治が困難なので、繁殖を防ぐ対策に力を入れることをおすすめします。ちなみに枕のダニ退治に関しては、こちらの記事で詳細に説明しているので、ご一読ください。

薬剤でダニを退治する

薬剤で布団・マットレスのダニ退治をするのであれば、こちらの商品のような布団対応と明記されているものを選ぶようにしましょう。

アース製薬 ダニアース防ダニスプレー
アース製薬 ダニアース防ダニスプレー

製品:アース製薬 ダニアース防ダニスプレー
価格:660円
【当製品の販売ページ】

肌と直に触れる寝具へ化学薬品を散布するので、刺激に注意しましょう。特に、化学薬品に敏感な方、体力に衰えを感じている方、敏感肌の方は少量から使い徐々に量を増やすなど負担がかからないよう調整しましょう。

また、スプレーを散布する際、部屋の換気の良い状態で行いましょう。そして、風に乗った液体を過って吸引しないようにマスクを必ず着用するようにしましょう。

ステップ2|ダニアレルゲンを除去する

また、上記の方法でダニを退治したら、残ったダニアレルゲンをきちんと除去しましょう。ダニアレルゲンの除去方法に関しては、掃除機での吸引が有効です。クリーナーなど多様な製品が出ていますが、特に新しいものを購入する必要はなく、通常の掃除機をお持ちであればそれを使って布団・マットレスに残ったダニアレルゲンを吸引しましょう。

マットレスの表面だけでなく、ベッドの隙間などの埃っぽい箇所も念入りに掃除しましょう。そのような埃にダニが多く潜んでいます。

そしてダニを退治した後は、きちんとダニの死骸を含めたダニアレルゲンの除去まで行うことを忘れないようにしましょう。

ステップ3|ダニの再発生・繁殖を防ぐ方法

最後のステップです。ダニを退治して、ダニアレルゲンの除去までしたら、ダニが再発生しないように対策をとりましょう。

寝床は暖かく湿気りがちでダニの餌も豊富なので、防止策を行わないとふりだしに戻ることになってしまいます。

ダニ発生の要因を断つ

再発防止に最もおすすめなのが、マットレス・敷布団にプロテクターを着用することです。

Protect-A-Bedシーツ
Protect-A-Bedシーツ

製品:Protect-A-Bed マットレスプロテクター
価格:6,480円
【当製品の販売ページ】

プロテクターを使うことでマットレスまで寝汗やダニの餌となるフケや皮脂が届かないので、ダニの発生を大幅に減らすことができます。ベッドパッドでも同様の効果が期待できますが、プロテクターの方が洗濯機洗い・乾燥器での乾燥など取扱い楽なのでおすすめです。

自社製品で恐縮ですが、通常のベッドシーツの感覚で使える素晴らしいプロテクターです。マットレスにも敷布団にもさっと被せられるタイプで簡単にご使用いただけます。もちろん、洗濯耐性も抜群です。是非、再発防止にお使いください。

布団・マットレスへの7つのダニ対策お手入れ

また、多少手間がかかりますがお手入れをしっかり行うことも大切です。習慣化できるとそこまで大変ではなく感じられます。

①寝室の窓を毎日開けて換気をしっかり行う。
②布団は敷きっぱなしにしない。3日に1度は干す。
③起床後すぐに布団を押入れに入れず、1〜2時間空気に晒してから押し入れに。
④ ベッドメイキングをしっかりとするよりもマットレスの表面が乾きやすいように掛け布団はめくってマットレスの足元の方にまとめておく。
⑤暑い季節はシーツを3日に1度は取り替える。
⑥マットレスが両面使用可能なら半年に1度はひっくり返して使う面を変更する。
⑦ベッドパッド、敷きパッドを併用して寝汗・老廃物がマットレスに付着しないようにする。

ダニ再発予防のためにも寝床の換気はしっかりと行いましょう。

まとめ

ここまで読んでいただけたら、あなたはもうダニ対策マスターですが、念のためダニ対策を振り返ると、

0. ダニの性質を理解する
1. ダニを退治(死滅)させる
2. ダニアレルゲン(死骸や糞)を除去する
3. ダニの再発生・増殖を防ぐ

このステップでダニ退治・対策を行いましょう。あなたのダニのお悩みが解決すれば何よりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ