快眠グッズ

比較でよく分かる!羊毛(ウール)敷布団の特徴と知るべきQ&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

寝具店でさまざまな敷布団を比較検討しているとき、「羊毛の敷布団って他のと比べてちょっと高いけど、寝心地がいいのかな?」と疑問に感じることはないでしょうか?

確かに、羊毛の敷布団は弾性があり寝心地がいいですし、ムレにくい性質もあるため、睡眠にこだわりのある方には魅力的に感じられると思います。

とはいえ、洗濯性がよくないなどのデメリットもあるため、あなたにとってベストな敷布団となりえるか、他の素材の敷布団と比べてチェックしてみることをおすすめします。

そこで本日は「他の素材との比較でよく分かる、羊毛敷布団の特徴」についてご紹介します。


1. 羊毛敷布団の特徴|他素材との比較

まずは、以下の5点から、それぞれの素材を比較します。

快適な寝心地と取り扱いのしやすさなど大事なポイントです。

  • サポート性(寝心地、体圧分散性)
  • 吸湿性(ムレにくさ)
  • 重さ(取り扱いの手軽さ)
  • 洗濯性(洗えるかどうか、洗いやすさ)
  • 価格

(重さはシングルサイズのものの目安です。)

さあ、それでは次に、この羊毛敷布団の評価について具体的に説明していきます。

1−1. 羊毛敷布団は弾力にすぐれたサポート性をもつ

木綿わたやポリエステルわたと比べて、羊毛わたには弾力性があります。

というのも、毛がチリチリとちぢれている(専門的にはこのちぢれを「クリンプ」と呼びます)ため、天然のバネのような働きをするからです。

このため、体圧がきれいに分散されるので気持ちよく寝られます。

とはいえ、市販の羊毛敷布団は、畳の上でそれ1枚だけで使うにはちょっとサポート性が足りません。

というのも、あまり厚くすると、素材が柔らかいため腰が沈み込みすぎてしまったり、価格が高くなりすぎてしまうからです。

そのため、「羊毛敷布団」といっても、他の敷布団の上に重ねて使ったり、マットレスの上にベッドパッドとして敷いたりして使うことをおすすめします。

1−2. 羊毛敷布団の吸湿性にすぐれムレにくい

また、羊毛はタンパク質性ということもあり、吸湿性にもすぐれています。

その上、放湿性(吸った湿気を吐き出す性質)にもすぐれているので、ムレにくさはさまざまな敷布団の中でもピカイチです。

例えば、木綿の敷布団ですと、汗の吸収はすばらしいのですが放湿性がイマイチなため、汗がなかなか乾かずにびしょびしょのままなんてこともしばしばあります。

このムレにくくサラッとした寝心地は、羊毛素材の一番の強みであるといえます。

1−3. 羊毛敷布団は重くないので手軽に干せる

羊毛敷布団の重さはシングルサイズで約3.5kgです。

そこまで重くないので手軽に干すことができます。

また、先に説明したように羊毛は乾きやすいため、木綿布団のように週に2~3回も干す必要はなく、1~2週間に1度、日陰干しをすれば十分です。

1−4. 羊毛敷布団は洗濯に向かない

ただ、残念なことに、羊毛素材は家庭での洗濯に不向きのため、こまめに洗いたいキレイ好きの人にはおすすめできません。

なぜ、自宅で洗うのが難しいのかというと、

  • 洗濯機洗いで羊毛わたの中の汚れまでしっかり落とすのは難しい
  • 湿った羊毛は絡まり合いやすく硬いダマになる(フェルト化)
  • 水を吸うと重くなり洗濯機が揺れで止まることがある
  • 湿った羊毛を熱で乾かすと激しく縮むため

同じ理由から、コインランドリーでの洗濯もお控えください。

洗濯はクリーニング店でドライクリーニングを頼むようにしましょう。

ただ、ドライクリーニングは、皮脂などの油性の汚れを落とすことはできますが、寝汗のような水溶性の汚れを落とすことができないことはご了承ください。

※ウォッシャブル加工の羊毛敷布団の注意点

もちろん、メーカー側も羊毛をなんとか洗えるようにするため、研究開発を進めてきました。

  • 湿っても絡まりにくくするためのコーティング加工
  • 絡みにくくするためのなめらか加工

などの「防縮加工」が施された洗える羊毛というのも存在します。

ただ、自宅でガンガン洗えって乾燥機にかけられるほどのレベルかというと、少し疑問が残る点もあります。

部分的な手洗いが可能となったレベルのもの、と捉えておくほうがいいかもしれません。


2. 羊毛敷布団の購入前に知るべきQ&Aと注意点

以下Q&Aと注意点に目を通していただければ、より満足のいく布団選びができます。

2−1. 寿命(耐用年数)はどれくらい?

羊毛には天然のちぢれがあると先に説明しましたが、このちぢれのためにヘタリやすいという欠点もあります。

どういうことかというと、羊毛わたに重さがかかったとき、繊維同士が絡まり合って硬くなってしまい(フェルト化)、その状態のまま復元しにくくなってしまうことがあるのです。

そのため、こまめに干しているかによりますが、使用開始1年前後でヘタリが目に見えてきます。

とはいえ、若干のヘタリくらいであれば、問題なくそのまま使用できます。

もし、3~4年使用してヘタリのせいで寝心地が悪く感じられるようであれば、打ち直しをすることをおすすめします。

2−2. 打ち直しはできるのか?

打ち直し可能です。

ただ、木綿布団と比べると羊毛布団の販売量は少ないこともあり、羊毛わたの打ち直しには対応していないお店もあります。

ネットで調べてから最寄りのお店に依頼、もしくは、宅配打ち直しの事業者に依頼するようにしましょう。

2−3. 夏は暑くならないか?

「羊毛は保温性があるが、汗の吸い取りと発散にすぐれているから夏でも暑くない」といわれることがありますが、やはり若干の暑さは感じます。

特に、厚みのある羊毛敷布団ではなおさらです。

暑がりの方や、クーラーなどを使用せずに眠る方には夏の使用はおすすめできません。

2−4. ダニは繁殖しやすいか?

動物性天然繊維ということもありダニが繁殖しやすいです。

こまめに日陰干しをして、湿気が布団内部にたまらないようにしましょう。

もしくは、ダニが繁殖しづらいウレタン製のマットレスを選ぶことをおすすめします。

2−5. ポリエステル混の羊毛敷布団は非推奨

羊毛50%ポリエステル50%と表記された敷布団は、ポリエステルの固わたを羊毛が囲うような構造になっています。

低価格のまま厚みをつけられるというメリットがあるのですが、固わたが使用されたものはクリーニングができなくなるというデメリットが生まれます。

安いといっても羊毛100%の敷布団より安いだけで、寝心地もそこそこで洗えないと考えると、ちょっと中途半端な品質なのであまりおすすめできません。

2−6. 側生地がポリエステルの羊毛敷布団は非推奨

側生地がポリエステルだとせっかくの羊毛のよさが半減してしまいます。

さらっと快適に使えることはほぼないでしょう。

側生地は綿のものを選ぶようにしましょう。


最後に

羊毛敷布団があなたに合うかどうかの目安になっていれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ