シーツ

ボックスシーツとは?5タイプのシーツの違いを図解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスや敷布団のシーツを買いに行くと、

  • ボックスシーツ
  • クイックシーツ
  • ワンタッチシーツ
  • ポケットシーツ
  • フラットシーツ

など様々な構造のシーツがあり、どれを選べばいいのか困ったことはないでしょうか?

本日は、「各シーツの構造がどうなっているか、そして、どのような状況(マットレスor敷布団、ベッドフレームの形状)での使用に向いているのか」をご紹介します。


0. 各形状のシーツの比較

まず始めに、各シーツの形状、推奨の使用方法、メリット、デメリットをまとめると以下のようになります。

ベッドシーツには5つの代表的な形状がありますが、どれが一番という訳ではなく、あなたの寝具環境によって使い勝手が良いものが変わります。

1章から順により具体的な解説をしていきますので、グラフを頭の片隅に置きながらお読みください。


1. マットレス向けのシーツ

マットレス向けと言えばボックスシーツですが、あなたのベッドフレームの構造によってはフラットシーツの方が良い場合があるのでイラストを見ながらご確認ください。

①ボックスシーツタイプ

ボックスシーツとは、底面にゴムが通っており、マットレスに被せて装着するタイプのシーツです。

ボックスシーツ
ボックスシーツ

クイックシーツ、ベッドシーツという名称のシーツもほとんどこれに該当します。基本的にはマットレス向けですが、敷布団にももちろん使えます。

ボックスシーツの良い点は、ベッドメイキングが楽 なことです。 シーツをマットレスの四隅に被せれば、見た目の申し分ないベッドメイキングが完了します。また、マットレスにきちんとシーツが固定されるので、寝相でシーツがズレることもまずほとんどありません。

マットレス埋め込み型ベッド
マットレス埋め込み型ベッド

気をつけていただきたい点が、マットレスを埋め込むようにして設置するベッドの場合、ボックスシーツを装着する作業が少し手間 に感じられることがあります。ボックスシーツをマットレスの底面の四隅に引っ掛けるために、隙間に手を突っ込んでシーツを装着しなければならないからです。

また、フラットシーツと比べると乾かしにくい、たたみにくいなどお手入れが手間です。とはいえ、これは本当に若干程度の問題ですが。


2. 敷布団向けのシーツ

敷布団向けのシーツは以下の3タイプあります。

  • フィットシーツ(ワンタッチシーツ、ラップシーツ)
  • ポケットシーツ
  • ファスナー式シーツ

順番にご説明していきます。

②フィットシーツタイプ

フィットシーツ
フィットシーツ

フィットシーツとは、ボックスシーツの敷布団版と考えると理解が早いです。

ボックスシーツと同様に底面にゴムが通っており敷布団に被せて装着する構造ですが、敷布団はマットレスと異なり厚みが少ないので、マチ部がない非立体構造になっています。ワンタッチシーツ、ラップシーツという名称のシーツもこの構造が大半です。(※3つともたまにボックスシーツと完全に同じ構造のものもありますが)

ボックスシーツと同じように見えますが、敷布団へはフィットシーツの方がピタッとズレにくく装着させられます。 もちろん、10cmにも満たない薄めのマットレスであればフィットシーツタイプを装着させることができます。商品パッケージに「厚み○○cmまで対応」と記載があるはずなのでご参照ください。

③ポケットシーツ

近年、ポケットシーツの普及率は少なくなりましたが、独特な形状のため説明に加えました。

ポケットシーツ
ポケットシーツ

端っこがポケットのような構造になっておりそこに敷布団を入れ込むようにして装着するタイプのシーツです。両側共ポケット構造になっといたり、片側はフラットシーツのように敷布団の下に織り込む形式になっているものもあります。

敷布団へは簡単に取り付けられますが、使用中のズレはフラットシーツ以上フィットシーツ未満で、多少ズレます。 構造上、マットレスに使用することはできないことがほとんどです。今後数年の内に敷布団からマットレスに乗り換えようと思っている人にはおすすめできません。

④ファスナー式シーツ

ファスナーシーツ
ファスナーシーツ

枕カバーにはこの形状のものが多くありますが、敷布団のシーツとしてはあまり多く出回っていません。

使用中にズレてくることはありませんが、着脱に手間がかかり、敷布団のサイズが大きければ大きいほど面倒になります。 マットレスへの装着は厚みの関係上難しいです。今後も敷布団を使い続ける人にのみ勧められます。


3. 敷布団・マットレス両用

どちらの場合もマルチに使用可能なシーツがフラットシーツです。

⑤フラットシーツ

フラットシーツとは1枚の布状のシーツです。

フラットシーツ
フラットシーツ

フラットシーツの良い点は、構造が単純なので洗ったり乾かしたり畳んだりなどの手入れが簡単 にできるところです。 また、製造工程も少ないので、ボックスシーツよりも多少価格が控えめ なところも良い点です。

しかし、もしあなたのベッドの構造が、ベッドフレームの上にマットレスを置いて使う仕様の場合、マットレスの底面にシーツを挟み込んで固定させる作業を行う必要があります。

マットレス非埋め込み型ベッド
マットレス非埋め込み型ベッド

日々の作業となると、このお手入れが意外と面倒に感じられます。しかし、この作業をきちんと行わないでマットレスにただシーツを被せるだけだと、寝相で簡単にズレたりめくれたりする ので快適に眠れないことがあります。

とはいえ、マットレスを埋め込むタイプのベッドフレームとは相性が良いです。フラットシーツの端をベッドに溝にクシャクシャっと押し込むだけでシーツが固定されるからです。


○環境別におすすめのシーツ

各タイプのシーツの違いをご理解いただけたと思いますが、最後に環境別におすすめのシーツをご紹介します。

マットレス(非埋込み式のベッド):ボックスシーツ
マットレス(埋込み式ベッド):フラットシーツ
敷布団:フィットシーツ、ボックスシーツ


最後に

各タイプのシーツの違い、そして、あなたの寝具状況に合うのはどのタイプか分かるようになっていれば幸いです。

しかし、使用中にシーツがズレずにめくれずにするためには、サイズ選びもとても重要です。こちらの記事「※間違い多発要注意!ベッドシーツのサイズの選び方」でシーツのサイズ選びを分かりやすくご紹介しているので、是非ご参考にしてください。

また他にも、布団カバー・シーツを新調するに際の注意事項や上手に選ぶコツを『布団カバー・ベッドシーツを上手に選ぶ/扱うための体系的知識』にてお伝えしているので、是非ともご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ダニ通過率0%!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツをご存知ですか?

寝ている間にベッドや布団に潜んだダニに噛まれ、かゆくて目が覚めたり、ダニの死骸やフンなどでアレルギーになりくしゃみが止まらなくて辛いという経験はありませんか?

実は、あなたの寝具には約32万匹ほどのダニが繁殖しています。マットレスや布団、枕などの寝具はダニが繁殖しやすい環境が完璧にそろってるためです。

しかし、このダニを完全に防ぎ、睡眠時の辛いかゆみやアレルギーから解放する方法があります。それが、ヒルトンやアヴェンドラ等、世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。最高の耐久性と防ダニ性能。
  • 水蒸気は通すのに汗や血液などの液体は通さない脅威の吸水、防水、透湿性能。
  • 生地の二重構造で汗をシーツに吸収しながら寝具には通さないため衛生的。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する完全防ダニのシーツで、ダニ通過率が0%というだけでなく、睡眠の質を下げないために高い吸水性を持ち、就寝中のムレも軽減することができます。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面に悩んでいるのであればプロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防ダニシーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ