マットレス

種類別!洗えるマットレスの特徴と注意点、おすすめの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • キレイ好きを通り越して潔癖症だから
  • フケなどでマットレスを汚してしまいがちだから
  • 父親が寝床で粗相をすることがあるから

などの理由から「マットレスは洗えるものがいい」と希望される方は少なくありません。

ただ、洗えるマットレスとはいっても、大きく分けると3つの種類があり、それぞれ洗いやすさや寝心地などがかなり変わってきます。

それらの特徴を知ることで、より満足のいくマットレスがお選びいただけます。

そこで本日は「洗えるマットレスの特徴と注意点、おすすめの選び方」についてご紹介します。


1. 種類別|洗えるマットレスの特徴

まずはじめにご理解いただきたいのが、「洗えるマットレス」といっても洗濯機ではなく、あくまで手洗いになる点ご了承ください。

洗濯機で洗えるマットレスは存在しません。

そして、洗えるマットレスには3つの種類があるといいましたが、それが何かというと以下の3つです。

  1. 高反発ファイバーマットレス
  2. 高反発ウレタンマットレス
  3. 防水マットレス

とはいえ、名称だけいわれてもなんのことやらサッパリだと思うので、それぞれ1つずつ、洗いやすさなどの洗濯性と特徴についてご説明していきます。

1−1. 高反発ファイバーマットレス

ブレスエアー®︎などの高反発ファイバー素材は、とても洗濯しやすいです。

シャワーで流すのはもちろん、洗剤を混ぜたお水の中につけ置きをして洗うことだって可能です。

しかも、乾かすのが楽チンです。

  • ファイバーを振って水気を取る
  • 表面の水気をタオルで拭き取る
  • 風通しのいいところで乾かす

次に紹介する高反発ウレタン素材と比べると、この乾かしやすさは大きなメリットです。

逆にデメリットはというと、やや素材が硬いことです。

寝心地の硬さ/柔らかさは好みもあるので線引きが難しいですが、寝具ショップできちんと試し寝をされてから選ぶことをおすすめします。

マットレスが硬すぎて腰が浮いている
マットレスが硬すぎて腰が浮いている

上記のイラストのように背中とマットレスの間に隙間が生まれていれば、そのマットレスは硬すぎ(体圧分散性が悪い)です。

背中にフィット感があるか確かめて選ぶようにしましょう。

1−2. 高反発ウレタンマットレス

高反発ウレタン素材は、お皿を洗うスポンジとほぼ同じだと考えると理解が早いです。

シャワーの水洗いをして汚れを落とすくらいは問題ないですし、やさしくもみ洗いをするのも結構です。

注意点としては、水を吸った状態で絞ったり強く引っ張ったりすると、ちぎれる恐れがあることです。

また、ウレタンの内部までしっかりと乾かすを肝に命じましょう。半乾きのままだと、雑菌が繁殖して臭くなったり、一気にへたってしまうことがあります。

ウレタンをしっかりと押して水気を切り、通気のよいところで乾かしましょう。

高反発ウレタン素材は硬すぎず柔すぎずといった寝心地ですので、寝心地がひどいものはほとんどありませんが、やはりお店で試してから購入するのが得策です。

こちらのページ『夏は蒸れる?!高反発ウレタンマットレスの特徴と選び方』で高反発マットレスを選ぶためのコツをご紹介していますが、洗えることを前提とするなら、

  • 水洗い可能と記載のあるもの
  • 側生地が取り外せるもの
  • 厚みが8cm前後のもの
  • 三つ折り構造のもの

さらにこれらの点を押さえて選ぶことをおすすめします。

1−3. 防水マットレス

側生地が水を弾く防水仕様のマットレスも洗えるマットレスに分類できます。

水や洗剤でさっと洗えるメリットはもちろんのこと、アルコールで湿らせたハンドタオルなどで「清拭消毒」できるのが最大の強みです。

アルコールを手配しなければなりませんが、ただ拭くだけなので洗うよりも楽にキレイにできます。

このようなマットレスは医療現場や介護現場でよく使われおり、一般家庭向けの商品はあまりありませんが、自宅介護をされている方や、極度のキレイ好きの方にとっては向いています。

防水生地の中材はほぼ全て高反発ウレタンですので、寝心地は高反発ウレタンマットレスと似ています。

しかし、吸水性のない防水生地のため、そのまま直に寝るとムレやすいです。

綿素材などのシーツを敷くとやや良くなりますが、それでもやはり通常のマットレスよりはムレ感が気になると思います。

防水マットレスで寝るのなら室温が暖かくなりすぎないように気をつけましょう。

1−4. おすすめの洗えるマットレス

それでは次に、洗えるマットレスでおすすめのものを3種類からそれぞれ1つずつご紹介します。

フォーシーズンズプレミアム(ブレスエアー®︎)
フォーシーズンズプレミアム(ブレスエアー®︎)

製品:ブレスエアー®︎ フォーシーズンズ プレミアム
価格:42,120円
サイズ:約97×195×10cm
【販売ページ@楽天】

高反発ファイバー素材として有名なブレスエアー®を使ったマットレスです。この製品はブレスエアー®の加工を一手に引き受けている企業が企画しているものなので密度などの仕様はお墨付きです。面で支える構造のため若干硬めの使用感ですが、高反発ファイバー素材のマットレスを選ぶのならこのブランドがおすすめです。側生地の取り外しが可能で、3分割の構造になっています。

セルプール ハイブリッドマットレスEX
セルプール ハイブリッドマットレスEX

製品:セルプールハイブリッドマットレス
価格:54,000円
サイズ:98×197×8cm
【販売ページ@楽天】/【セルプールのレビューはこちら】

自社製品で手前味噌ですが、高反発ウレタン素材からはセルプールがおすすめです。ウレタンの密度が50Dもあるため水洗いをしてもヘタレにくく安心してお使いいただけます。また、弾力性の高い仕上がりですので、まるで体が宙に浮いたかのように快適に寝られます。こちらも側生地を取り外せる構造で、3分割になっています。

ソフィア 防水マットレス
ソフィア 防水マットレス

製品:ソフィア 防水マットレス
価格:42,993円
サイズ:100×191×10cm
【販売ページ@amazon】

スポーツ用品・医療品メーカーとして有名なモルテンの防水マットレスです。こちらのマットレスは両面使用可能なのですが、片面はやや硬めの使用感でもう片面はやや柔らかめの使用感になるよう中材のウレタンフォームをカッティングしているため、好みに合わせて硬さを選べられます。また、アルコールでの清拭に対応した生地なので安心してキレイに消毒も可能です。


2. 洗えるマットレスを選ぶときの注意点

いくつか注意点もあるのであわせてご参考にしてください。

2−1. 三つ折り構造などの分割タイプがおすすめ

以下のイラストのような三つ折り構造になっているものがおすすめです。

三つ折りマットレス
三つ折りマットレス

三つ折りマットレスだと、汚れた部分の中材だけを取り出して洗うことができるからです。

例えば、シングルサイズのマットレスだとして、100×200cmのものを洗うのと、100×67cmのものを洗うのとでは、どちらが楽かは明白ですよね。

ただ、防水仕様のマットレスに関しては、その性質上、三つ折り構造のものが作れません。

防水マットレスは洗うというよりは清拭してキレイにするものと捉えたほうがよいです。

2−2. 赤ちゃん用であれば硬すぎるものは避けること

赤ちゃん用に洗えるマットレスをお探しでしたら、硬さにはくれぐれも注意してください。

以下のイラストのような寝姿勢で赤ちゃんが寝られるか試し寝をしてから買うことをおすすめします。

理想的な寝姿勢
理想的な寝姿勢

体がまだ出来上がっていない赤ちゃんの健やかな成長のためにも、マットレスが硬すぎたり柔らかすぎたりすることがないようにしましょう。

特に、高反発ファイバーマットレスの中にはやや硬すぎるものがあるのでご注意ください。

反対に、洗えるマットレスではありませんが、低反発ウレタン素材の中にはかなり柔らかいものもあり、赤ちゃんの骨の成長によくないので、同じくお気をつけください。

2−3. おねしょ対策の洗えるマットレスなら高反発ファイバーは不向き

洗えるマットレスを購入する目的がおねしょ対策でしたら、高反発ファイバー素材のものはおすすめできません。

というのも、おねしょがマットレスを貫通して床まで汚してしまう恐れがあるからです。

特に、高反発ファイバーマットレスはその最大のメリットである通気性を高めるために、側生地にポリエステルなどのメッシュ素材が使われることが多いため、液体が一定量以上だと床まで届いてしまいます。

床がフローリングであれば拭けばなんとかなりますが、畳ですと一大事になるのでお気をつけください。

2−4. マットレスが洗える必要性について再考すること

洗えるマットレスについての説明を繰り広げて参りましたが、最後に1つ問わせてください。

あなたのマットレスは本当に洗えなければいけないのか?

というのも、防水生地のマットレスプロテクターを使用すれば、マットレスが汚れることがほぼなくなり、マットレスを洗う必要性がなくなるからです。

実際に、洗えないベッドマットレスを資産として大量に持っているホテルでは、プロテクターでマットレスを保護することでキレイに保っています。

マットレスを洗ってキレイにできるのはいいことですが、洗わずにキレイなままで使えるのなら、それに越したことはないですからね。

この点を踏まえた上で、どのようなマットレスを購入するか再考してみるのもアリかと思います。


最後に

洗えるマットレスにどのようなものがあり、あなたに合うものを知るキッカケになっていれば幸いです。

もし「マットレスプロテクターを使うからマットレスは洗えなくてもいいや」と考えているのであれば、こちらのページ『知らなきゃ大損?!防水マットレスプロテクターの賢い選び方』でマットレスプロテクターの選び方と使い方を紹介しているのであわせてご参考にしてください。

また、洗えるマットレスに加えておすすめのマットレスを、こちらのページ『熟睡マットレスを選ぶコツ、注意点、おすすめブランド』で紹介しているのであわせてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【50回洗濯でも問題なし!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水シーツをご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

マットレスは家庭の洗濯機で洗えず、クリーニング店にも出せず、専門クリーニング業者に洗浄を依頼すると少なくとも10,000円以上の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水シーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯試験をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない柔軟で極薄0.025mmの防水膜。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する防水シーツです。睡眠の質にこだわり抜いており、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快感を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防水シーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ