マットレス

高反発マットレスはやっぱり三つ折り?メリットとデメリット

 
※高反発マットレスの種類別の特徴、スペックを比較した選び方などついてこちらのページ「【高反発マットレスのおすすめ5選】特徴をもとにした選び方」で徹底解説しています。三つ折りではないタイプのマットレスなどのより網羅的なマットレス選びの情報をお探しでしたらあわせてご参考にしてください。

こんにちは、加賀照虎です。

「三つ折りマットレスにするか、普通の一枚ものにするか、それが問題だ・・」

と苦悩されてはいないでしょうか?

一度買ってしまえば長い付き合いになる高反発マットレス。

じっくりと比較検討をして選びたいですよね。

特に、三つ折りと一枚ものではかなり取扱いの方法が変わってきます。

そこで本日は「三つ折り高反発マットレスのメリットとデメリット」についてご紹介します。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 三つ折り高反発マットレスのメリットとデメリット

まず三つ折り高反発マットレスのメリットとデメリットをまとめて一枚ものと比較すると、以下の表のようになります。

 三つ折り一枚もの
長所
  • 折りたためば押入れの収納も可能
  • 敷布団感覚で床の上で使える
  • 敷布団よりもサポート性が良い
  • 手入れが楽
  • へたり対策ができる
  • 三つ折りより分厚くサポート性が高い
  • 手入れはやや楽
  • 折り目が気にならない
  • ベッド上なら手入れ少ない
  • 構造が単純なので比較的安価
短所
  • 背中に隙間を感じることがある
  • 薄すぎると底つき感がある
  • 敷布団よりは大きく重たい
  • 敷布団よりは高い
  • 収納不可
  • 床の上で使うにはやや大きい
  • へたり対策不可
  • 薄すぎると底つき感がある

1つずつ分かりやすく解説していきます。

1−1. 三つ折り高反発マットレスのメリット

①折りたためば押入れへの収納も可能

高反発マットレスの一番のメリットはなんと言っても、マットレスなのに押入れに収納できること。例えば、100×200×10cmの高反発マットレスを三つ折りにすると100×66×30cmの大きさになり、大抵の押入れに収まるくらいに折りたためます(各自ご確認ください)。

Three-fold-mattress-in-closet
三つ折りマットレスを押入れにしまう

もし、押入れにこれ以上ものが入りきらない状態だとしても、このコンパクト性は役立ちます。100×66×30cm旅行用キャリーバッグより一回り大きいくらいのサイズなので、部屋の隅に立て掛けておいてもそこまで邪魔になりません。折り目のない一枚ものの高反発マットレスでは叶わない機能です。

②敷布団感覚で床の上でも使える

敷布団のようなコンパクト性は大変ありがたい特徴です。通常、高反発マットレスというとベッドフレームまで買い揃えないといけないと考えてしまいがちです。そうすると一式買い揃えるための予算が+2~3万円ほど膨らんでしまいます。

三つ折りマットレスは敷布団のようにも使える
三つ折りマットレスは敷布団のようにも使える

しかし、床の上に置いてそのまま使えるのは費用面から考えても嬉しいことです。(ただ、湿気のことを考えると除湿シートの併用をおすすめします。)

③敷布団よりもサポート性が良い

敷布団は元々、畳の上に敷いて使うことを想定されて設計されています。そのため、フローリングなどの床の上で使うとなると、やや寝心地が物足りないことがあります。その点、三つ折り高反発マットレスのサポート性は敷布団よりもはるかに高いものが多いので、床の上で使っても寝心地に不満が出ることが少ないのです。

④ソファとしても使える

厚みが10cm前後ある三つ折り高反発マットレスは、折りたたんだ状態でソファのようにして使うことも可能です。ただ、かなりの荷重が一点にかかり続けるためへたりやすくなってしまうという難点こそありますが、その点を気にしなければ有用なポイントかと思います。

三つ折りマットレスをソファ使い
三つ折りマットレスをソファ使い

⑤手入れが楽

敷布団と比べると手入れが楽です。敷布団は2~3日に1度、日陰干しをする必要があります。これはかなり大変です。几帳面な人でないと続けられません。しかし、怠ると湿気って寝心地が悪くなるどころか、ダニ・カビを発生リスクが急上昇します。

一方、三つ折り高反発マットレスは手軽です。主な手入れがは、1~2週に1度マットレスを壁に立て掛け、底面に風が当たるようにするだけです。かなり湿気った環境でない限りこれだけでダニ・カビの発生を抑えられます。壁がなくともZ型すれば自立してさせて換気することも可能です。

⑥ヘタリ対策ができる

マットレスは基本的に腰を支える部分がへたります。そして、脚を支える部分がへたれることはほぼありません。

Change-the-parts-of-polyurethanefoam
ウレタンの位置を変えてヘタリ対策

一枚ものマットレスなら腰の部分がへたれたら買い替えを検討しなければなりませんが、三つ折りマットレスなら上のイラストのように「脚を支える部分のウレタン」と「腰を支える部分のウレタン」の位置を変えることができ延命させることが出来ます。もちろん、ウレタンフォームが側生地から取り出せる仕様になっていることが前提ですが。

1−2. 三つ折り高反発マットレスのデメリット

①背中に隙間を感じることがある

三つ折り高反発マットレスには連結部分があります。この連結部分に微妙な隙間ができます。下のイラストをご覧ください。分かりやすくするためにやや大げさに隙間を作ってみました。

三つ折り高反発マットレスの構造
三つ折り高反発マットレスの構造

この隙間に違和感を覚えてしまう方が稀にいます。とはいえ本当に稀です。私どもの販売実績からすると数百人に1人いるかいないかくらいの割合です。細かなことに敏感な方には不向きかもしれません。

②薄すぎると底つき感がある

敷布団の使い勝手を追求しすぎて厚みが6cmくらいしかない三つ折り高反発マットレスだと、底つき感が気になる可能性があります。

底つき感_仰向け_横向き

高反発マットレスに必要な厚みは使用者の体重によって考えなければなりません。硬さや密度、加工などを勘案しなければなりませんが、以下の目安を参考にしてください。

  • 40kg:厚み7cm
  • 70kg:厚み10cm
  • 100kg:厚み13cm(ここまで厚みのあるものは見たことありませんが)

③敷布団よりは大きく重たい

三つ折り高反発マットレスはコンパクトになって使い勝手が良いといっても、さすがに敷布団と比べるとやや重たいです。例えば、一般的な木綿敷布団の重量は6kg前後、ポリエステル敷布団だと3.5kg前後なのに対して、厚みが10cmある高反発マットレスだと7kg前後になります。本当に若干重たいくらいですが、もし毎日朝晩押し入れから出し入れするということを考えるとやや負担にならないこともありません。体力に自信ない方はこの点についてきちんと考慮しましょう。

④敷布団よりは高い

寝心地や品質を考慮しなければ、三つ折り高反発マットレスは敷布団よりも高くなります。敷布団の価格は1万円前後ですが、三つ折り高反発マットレスは安くとも2万円前後からです。高いものになると5~6万円はします(その商品の費用対効果は別として)。

1−3. 三つ折り以外の折りたたみ高反発マットレスの特徴

三つ折り以外の折りたたみ高反発マットレスがあるのはご存知でしょうか?実のところ、二つ折り、四つ折り、五つ折りまでさまざまな折りたたみマットレスが存在します。

 二つ折り三つ折り四つ折り(均一型)四つ折り(ソファ型)五つ折り
画像Mattress2Fold1Mattress3Fold1Mattress4Fold2Mattress4Fold3Mattress5Fold1
長所
  • 折りたたみベッドの上で使える
  • へたりを復活させられる
  • コンパクトになる 収納しやすい
  • 折り目が気になりにくい
  • へたりを復活させられる
  • コンパクトになる 収納しやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用可能
  • へたりを復活させられる
  • コンパクトになる 収納しやすい
  • ソファとして利用可能
  • コンパクトになる
  • 収納しやすい
  • へたりを復活させられる
短所
  • コンパクト性に欠ける
  • 折り目が腰に当たりやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用不可
  • 折り目が気になりやすい
  • 折り目が気になりやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用可能
  • 折り目が気になりやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用不可

よりコンパクトに折りたたむことが出来たり、折りたたんだときのソファとしての使い心地がよかったりなど、それぞれ個性のがあります。が、以下の2つの大事なポイントだけ頭に置いておくと高反発マットレス選びが捗ります。

①折りたたみベッドを使うなら、二つ折りもしくは四つ折りが便利

折りたたみベッドを折りたたむとき、二つ折りや四つ折り高反発マットレスだと、そのまま一緒にキレイに折りたたむことができるので収納が非常に楽です。三つ折り高反発マットレスだと折りたたみベッドを折りたたむことが出来ず残念な気持ちになります。

②折り目が増えると隙間を感じやすい

四つ折り、五つ折りと折り目が増えていくと隙間を感じやすくなります。また、二つ折り、四つ折りは丁度腰が位置するど真ん中に折り目ができるため、腰に違和感を持ちやすいです(三つ折りは寝心地と使い勝手のバランスがいいのです)。

四つ折りは折り目を不快に感じやすい
四つ折りは折り目を不快に感じやすい

1−4. 三つ折り高反発マットレスがおすすめな人

上記の内容を総括すると、以下のような方に三つ折り高反発マットレスがおすすめできます。

  • 床の上で高反発マットレスを使うつもりの人
  • 高反発マットレスを収納するつもりの人
  • 敷布団のサポート性に満足できない人
  • 楽な手入れを求めている人
  • ソファとしても使おうと思っている人
  • 折りたたみベッドユーザーではない人

1−5. おすすめの三つ折り高反発マットレス

寝心地、使い勝手、費用対効果の観点からおすすめ三つ折り高反発マットレスをご紹介します。

エコラテエリート 三つ折りマットレス【高反発ウレタン×三つ折り】

エコラテ エリート 三つ折りマットレス
エコラテ エリート 三つ折りマットレス
型・種類ノンコイル薄型/高反発ウレタンフォームマットレス
厚み10cm
硬さふつう~やや硬め
送料無料
返品保証3週間
サイズ・重量シングル: 98×195×10cm・約7kg、セミダブル: 118×195×10cm・約8kg、ダブル: 138×195×10cm・約9kg、クイーン: 158×195×10cm・約10kg
価格シングル: 16,990円、セミダブル: 19,990円、ダブル: 22,990円、クイーン: 25,990円
リンク商品ページはこちら

低価格マットレスの決定版です。3万円前後の予算で考えている人におすすめです。反発弾性45%の柔軟な寝心地に加えて、凸凹プロファイル加工で適度な体圧分散性になっています。無駄を削ぎ落として最高のコストパフォーマンスを目指しました。自社製品なので恐縮ですが、まさに優秀(エリート)な自信作です。「3週間トライアル返品無料プログラム」を設けました。この機会をお見逃しないようご利用ください。

快眠タイムズ オアシス敷布団【高弾性・高反発ハイブリッド×三つ折り】

kaimin-times-oasis-floor-mattress2
快眠タイムズ オアシス敷布団
型・種類ノンコイル薄型/ハイブリッドマットレス
厚み8cm
硬さやや柔らかめ~ふつう
送料無料
返品保証3週間
サイズ・重量シングル: 98×195×8cm・約8kg、セミダブル: 118×195×8cm・約9kg、ダブル: 138×195×8cm・約10.5kg、クイーン: 158×195×8cm・約12kg
価格シングル: 24,000円、セミダブル: 28,000円、ダブル: 32,000円、クイーン: 36,000円
リンク商品ページはこちら

もちもちの一層目と、しっかりめの二層目の多層構造ウレタンフォームで、雲の上のような寝心地を再現しました。たった8cmの厚みとは思えないほどの、体圧分散性とサポート性です。自社製品のため恐縮ですが、ほどよく柔らかい寝心地を好む人にイチオシです。主に床の上で使うことを想定したフロアマットレス仕様です。折りたたみが簡単なバンドを裏面に付けています。こちらも3週間無料トライアル対応です。

セルプール ハイブリッドマットレスEX【高弾性ウレタン×三つ折り】

セルプール ハイブリッドマットレスEX
セルプール ハイブリッドマットレスEX
型・種類ノンコイル薄型/高弾性ウレタンフォームマットレス
厚み8cm
硬さふつう
送料無料
返品保証なし
サイズ・重量シングル: 98×197×8cm・約8kg、セミダブル: 118×197×8cm・約10kg、ダブル: 138×197×8cm・約12kg、クイーン: 158×197×8cm・約14kg
価格シングル: 39,700円、セミダブル: 49,900円、ダブル: 59,900円、クイーン: 69,900円
リンク商品ページはこちら

またもや自社製品で手前味噌ですが、8cm以下の厚みの三つ折りマットレスで私がおすすめできるのがこちらのセルプールハイブリッドマットレスです。厚みはたったの8cmですが例外的に本格的な寝心地です。反発弾性に優れるだけでなく、ウレタンの密度が50Dと市販の欧州ブランドのマットレスの1.5倍強のしっかりとした仕様のウレタンを使用しているため8cmの厚さでも底付き感がほとんどなくあなたの体をサポートします。また、ウレタンの表面にウェーブ状のカッティングを入れることで、抜群の体圧分散性を実現しています。質実剛健な仕様と構造であなたを熟睡へ導きます。


最後に

三つ折り高反発マットレスがあなたに合うか合わないか判断する指針になっていれば幸いです。

もし「三つ折りじゃない方がいいかも」と思われているのなら、以下のページで寝心地が素晴らしい高反発マットレスを選ぶポイント(弾力性、硬さ、厚み、生地、耐久性など)とおすすめブランドを紹介しているのであわせてご参考にしてください。

関連記事

 

また、「高反発マットレス」に関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「高反発マットレス」の記事

①最高の高反発マットレスを選ぶ5つのポイントとおすすめブランド
②高反発マットレスとは|素材別の特徴と寝心地を解説
③低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
④高反発マットレスが原因で腰痛に。避けるための3つの知識
⑤高反発マットレスの厚みと硬さは「体重」を元に考える
⑥高反発マットレスのニュートン数をアテにしたらダメな理由
⑦高反発マットレスは「密度」=「耐久性(寿命)」
⑧高反発マットレスの表面、フラットとプロファイルの違いとは
⑨賢くお買い得に!高反発マットレス7つの比較ポイント
⑩高反発マットレスの通気性には期待してはいけない理由
⑪高反発マットレスはやっぱり三つ折り?メリットとデメリット
⑫高反発マットレスに敷きパッドは必須!季節別の選び方
⑬お店でマットレスの試し寝をする時の5つのチェックポイント
⑭マットレスでシングルサイズを選ぶ時の注意点
⑮【高反発マットレスVS敷布団】特徴と寝心地の違いとは
⑯高反発マットレスのダニ対策!素材別に解説
⑰高反発マットレスが臭い?その原因と対策について
⑱高反発マットレスのお手入れ方法
⑲高反発マットレスを処分!賢く安く捨てる方法

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ