マットレス

寝るとき腰・背中がフィットせず浮くのは危険信号【原因と対策】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから

マットレスに寝ると腰が浮いていて、いまいちフィット感がない。

このような状態を放っておいてはいけません。そのままにしておくと腰や背中を痛めてしまう恐れがあります。

そこで本日は「寝るときに腰・背中が浮くことで腰を痛めうる理由と、その対策」についてお伝えします。


マットレス選びの答え
商品の詳細はこちら

1. 寝るときに腰・背中が浮くことで腰痛が起こりうる理由

あなたの敷寝具は、以下のような状況ではないでしょうか。

  • へたっている
  • 硬すぎる
  • 薄すぎる

このような敷寝具では、人の体の生理的湾曲(いわゆるS字カーブ)にぴったりとフィットすることは到底出来ません。そのため、腰や背中が浮いてしまうのです。

curve-of-body
体の生理的湾曲

では、寝ているときに腰や背中が浮いてしまうと何がいけないのかと言うと、支えている部分にかかる負担です。

mattress-is-too-firm
敷寝具の腕で腰が浮いている状態

通常、敷寝具が腰・背中にピタッとフィットしていれば、体の重みは全体に分散されます。

しかし、浮いている部分があると、その部分の重みを他の部分が代わりに支えなければならなくなります。私はこれをブリッジ現象と呼んでいます。まるで橋のように、その重さを支柱が全て負担しなければならないからです。6,7時間もの寝ている間ずっと、腰が過剰な負担を支えるとなれば腰痛の原因になることはイメージ出来ますよね。

さらに言うと、腰が浮いている状態というのは不自然な寝姿勢になっていることも考えられるので、背骨や腰の骨、筋肉に無理が生じて痛みが発生することにも繋がります。


マットレス選びの答え
商品の詳細はこちら

2. 腰が浮くマットレスへの対策

寝るときに腰が浮いているのが危険信号なのにご理解いただけたら、対策に移りましょう。

敷寝具を変え変えずとも、その上にトッパーを敷いて改善させることも可能です。あなたの敷寝具のケースに応じて対策を取りましょう。

2-1. マットレストッパーを敷いて対策できるケース

もしあなたの敷寝具が大きく凹むほどへたっているのでなければ、マットレストッパーを敷くだけで腰・背中が浮いてしまうのを改善させられます。

types-of-topper-on-mattress

トッパーの厚みは下記を参考にしてください。

  • 3cm: フィット感が物足りないくらい
  • 5cm: 腰の下に手が入るくらい浮いている

もちろん、マットレストッパーが分厚いほうが隙間を埋められるのでより大きな改善を期待できます。ただ、その分値段も高くなるのでお財布と相談しながら決められるとよいかと思います。おすすめのトッパーは下記を参考にしてください。

2-2. 買い換えるなら押さえるべきポイント

もし敷寝具を買い換えようとお考えなら、また腰を浮かせてしまわないためにも下記のポイントを押さえながら比較検討しましょう。

適切な厚みであること

例えば、体重が60kgの人が厚み5cmの敷布団や薄いマットレスを一枚敷いただけで寝ると、ほぼ必ず底つき感があり腰が浮いてしまいます。マットレスが厚すぎて困ることはほぼありませんが、価格が高くなってしまうので、ここもお財布と相談になるかと思います。

ウレタンマットレスなら適切な硬さであること

硬質ウレタンフォームが使用されている高反発マットレスは、表面に凸凹プロファイル加工がされていて体圧分散性が高められているものを選びましょう。フラットなものだと硬すぎることがあります。

スプリングマットレスなら適切なクッション材があること

スプリングの上にどれくらいのクッション材(わたやウレタンフォームなど)が詰められているかも大切です。

too-less-cushion-in-the-spring-mattress
クッション詰め物が少ないスプリングマットレスは硬すぎることが多い

スプリングの上に2cmほどのウレタンフォームが一枚だけしか詰められていないものとなると、またすぐに(もしくは初日から)腰が浮いてしまう寝心地になります。

スプリングマットレスなら詰め物だけで少なくとも5cm以上の厚みがあるものを選ぶことをおすすめします。


マットレス選びの答え
商品の詳細はこちら

最後に

あなたの体が睡眠中にしっかりと休められるようになればと願っています。

なお、以下のページで寝心地が素晴らしいマットレスを選ぶためのポイント(体圧分散性、弾力性、耐久性など)とおすすめのブランドについて徹底的に解説しているので、是非あわせてご参考にしてください。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロが本気で選んだマットレス8選

プロが本気で選んだマットレス8選

こんなことでお困りではないでしょうか

  • マットレスの寝心地が悪い···
  • 買い換えたいが、目安が分からない···
  • 商品ごとの違いが分からない···

マットレスのせいで睡眠の質が下がっているなんて勿体ないです。
あなたの硬さの好み、生活スタイル、予算などを考えると、どのようなマットレスを選ぶべきか自ずと分かってきます。
そんなマットレス選びのポイントと、品質・価格のバランスが素晴らしいマットレスを紹介していますので、是非参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ