マットレス

【高反発ファイバーのエア系マットレス】特徴をもとにした選び方と注意点

※自分に合ったマットレスを選ぶ手順(型→素材→個別商品)と値段、体質、好み別におすすめできるマットレスについてこちらのページ「マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順」で徹底解説しています。高反発ファイバーだけでなく多様な素材から網羅的にマットレス選びを進めたい方は是非ご参考にどうぞ。

こんにちは、加賀照虎です。

「高反発ファイバー素材のエア系マットレスって寝心地いいのかな?」

と、お考えではないでしょうか。

新しい素材って魅力的なものの、ちゃんと気持ちよく長く使えるのか心配になりますよね。

しかも、どれも賛否両論のため何を選べばいいのかとても悩むかと思います。

そこで本日は「高反発ファイバーエア系マットレスの特徴と、その他のマットレスとの比較」についてご紹介します。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 他種マットレスと比較した高反発ファイバーエア系マットレスの特徴

そもそも高反発ファイバー素材のエア系マットレスがどういう特徴なのか。高反発や低反発、コイルマットレスなどと比べるとよく分かります。

種類イメージ体圧分散反発弾性 横揺れ  通気性 お手入れ






高弾性ウレタンhigh-resiilience-foam
ラテックスlatex-foam


高反発ウレタンregular-foam
高反発ファイバーair-fiber


低反発ウレタンmemory-foam




ハイブリッド3-layers-hybrid-mattress


ボンネルコイルbonnel-coil
ポケットコイルpocket-coil
※コイルスプリングマットレスの体圧分散性はコイルの上の詰めもの(ウレタンフォーム やわたなど)の量と品質により大きく左右され、単体での評価が不可能なため「 – 」としています。また、それぞれ加工・品質により△が◯になったり、◎が◯になることがあります。

◯△◎だけでは分かりにくいと思うので、説明を加えると、

  • 面で支える硬めの寝心地で7種類ある素材の中でも体圧分散性は低い
  • サポート性は十分にある
  • やや横揺れしやすい
  • 通気性の良さはピカイチ
  • じゃぶじゃぶ水洗いできるのは高反発ファイバーのみ

このようになります。

私の印象にはなりますが、高反発ファイバー素材のマットレスは硬めのため寝心地にはやや難があるものの、抜群の通気性と水洗いできる性質からダニ・カビなどの衛生面に配慮をしたい方におすすめのマットレス素材です。

これらのポイントについて詳しく解説していきます。


2. 高反発ファイバーマットレスを選ぶときの5つのポイント

高反発ファイバー素材のマットレスを購入しようと考えているなら、きちんと眠れるために押さえるべきポイントについて解説します。

2-1. 体圧分散性に困らないか確認

繰り返しになりますが、高反発ファイバー素材は硬いです。

その上、素材の性質上、ウレタンフォームのように凸凹プロファイルカットのような表面加工ができないため、どうしても体圧分散性はやや低めになってしまいます。

二層構造凸凹プロファイル7ゾーンプロファイル
2-layers-surfaceprofile-surface7-zones-profile-surface
波型カットデクビトスカットピンホール加工
horizon-cut-surfacedecubitus-cut-surfacepin-hole

事前に、寝心地チェックをしましょう。

あなたが高反発ファイバーマットレスの上に仰向けに寝たときに腰の下にスキマが出来ていて手がスポスポ入るくらいだったら「硬すぎ」、指先が入るくらいのスキマが出来ているなら「やや硬すぎ」となります。

too-hard-mattress
硬すぎるマットレスは腰に圧迫を与える

このような寝心地だと腰に寝疲れを感じたり、ひどいケースでは腰痛の原因になるので注意しましょう。

敷布団のような硬い寝心地に慣れている人や、体格のがっしりした人にはこのようなやや硬めの寝心地が好まれますが、一般的な体型や細めの体型をしている人は合いにくいということもあわせて頭に入れておきましょう。

体型寝心地の相性
大きめhuman-body-big-and-fat体が重いと沈み込みやすいので、
やや硬めのほうが合いやすい。
ふつうhuman-body-middle特に調整の必要なし。
細めhuman-body-slim-and-light脂肪・筋肉が少ないと圧迫を感じやすいので、
やや柔らかめのほうが合いやすい。

2-2. 通気性を活かす側生地であること

高反発ファイバー素材の通気性がいかに良くとも、それを包んでいる生地の通気性や吸水性・吸湿性が悪ければ台無しです。

通気性を最高レベルにしたいなら3Dメッシュ生地がおすすめです。

types-of-fabrics

「3Dメッシュは肌触りが硬いからイヤだ」ということであれば、一般的な3層ニットやジャカード織の生地で表面の繊維素材に吸水性・吸湿性のあるものが採用されているものを選びましょう。

素材イメージ柔らかさ滑らかさ 吸湿性  放湿性  耐久性  洗濯性 





綿
(コットン)
cotton1

(リネン)
linen1



(シルク)
silk1
羊毛
(ウール)
wool1




レーヨンlayon1

ポリエステルpolyester1

以前、あるお店に行ったときの話ですが、ポリエステルのプラッシュやベロア生地の高反発ファイバーマットレスを見かけて私は目を疑いました。ひどい組み合わせです。さんまと赤ワインのようなバッドマリアージュです。「なぜこんなことが…」とは思いましたが私がどう思おうと仕方がないので、ひとまず、皆さんにおいてはこの手のものを避けるようしましょう。

2-3. カップルで寝るなら横揺れの事前チェックを

高反発ファイバー素材はボンネルコイルと同じように素材同士に横のつながりがあるので、横揺れを感じやすい構造になっています。

ボンネルコイルポケットコイル
bonnel-coilpocket-coil

寝返りの大きさ・仕方によってはパートナーの眠りを妨げることにもなりえます。そのため、カップルで使用される予定なら事前に一緒に寝心地チェックをして横揺れが気にならないか試しましょう。

2-4. 水洗いするなら三つ折り仕様のものを選ぶこと

いくら水洗いができるといっても、100x200x10cmのマットレスをお風呂場に持っていて洗うのは大変です。

しかし、三つ折り仕様であれば同じサイズのマットレスでもコンパクトに分割(100x66x10cm)できるので、手軽にお風呂場に持ち込んで洗えます。

 二つ折り三つ折り四つ折り(均一型)四つ折り(ソファ型)五つ折り
画像Mattress2Fold1Mattress3Fold1Mattress4Fold2Mattress4Fold3Mattress5Fold1
長所
  • 折りたたみベッドの上で使える
  • へたりを復活させられる
  • コンパクトになる 収納しやすい
  • 折り目が気になりにくい
  • へたりを復活させられる
  • コンパクトになる 収納しやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用可能
  • へたりを復活させられる
  • コンパクトになる 収納しやすい
  • ソファとして利用可能
  • コンパクトになる
  • 収納しやすい
  • へたりを復活させられる
短所
  • コンパクト性に欠ける
  • 折り目が腰に当たりやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用不可
  • 折り目が気になりやすい
  • 折り目が気になりやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用可能
  • 折り目が気になりやすい
  • 折りたたみベッドの上で使用不可

「洗えるのに洗うのが面倒…」なんてことにならないよう、高反発ファイバーなら三つ折りのものを選ぶようにしましょう。

2-5. 電気毛布が使えるものを選ぶこと

高反発ファイバー素材といっても原料はさまざまで、ポリエチレン樹脂繊維やポリエーテルエステル系繊維などがあります。原料や加工法によって電気毛布の使用が制限されることがあるので、電気毛布を使われる方は、メーカー・販売店の但し書きをよく読んでから選ぶようにしましょう。


3. 高反発ファイバーのエア系マットレスを検討する際の注意点

また、下記の注意点についても事前に知っておくようにしましょう。

3-1. 通気性が良くとも敷きっぱなしはダニ・カビの原因に

高反発ファイバー素材がいかに通気性に優れているといっても、敷きっぱなしにしていると空気が滞留して湿気がたまりダニ・カビが繁殖する原因になります。壁に立てかけたり、側生地を洗ったりなどの手入れを怠らないようにしましょう。

ダニ・カビ繁殖三大原因発生源
温度temperature

人の体温により寝床内の温度が

ダニやカビの生存に適した温度になる。

湿度humidity

夏は寝汗と気候、冬は結露により、

寝具まわりの湿度が高くなる。

エサfoods

人から剥がれ落ちた皮膚、フケ、アカなどが

ダニ・カビの格好の栄養源となる。

3-2. 中空タイプは水洗いの時に奥に水が入り込むので要注意

高反発ファイバー素材の繊維が中空(ストローのように繊維の真ん中に穴が空いていること)になっているものがあります。お風呂に沈めて洗ったりすると中に水が入り込みますので、乾かす時にいろんな角度に向けて振ったりして水を出すようにしましょう。

3-3. 粗相をするとマットレス下まで貫通する可能性があること

子供は新陳代謝がいいからということで子供用マットレスに高反発ファイバー素材のエア系マットレスを選ばれる方がいますが、おねしょなどの粗相があるとマットレスの下まで流れていきおねしょ被害が広がってしまう恐れがあります。子供用のマットレスとして使うならパッドなどを敷くようにしましょう。

 イメージ役割
ベッドシーツbed-sheet1肌触りや汗取り、コーディネートのためのもの。汚れ防止の役割もあるが
生地が薄いためこれ一枚では不十分。多様な素材、生地、柄がある。
敷きパッドshiki-pad1肌触り、汗取り、温湿度調整、マットレスの保護の役割がある。
夏用の冷感生地や冬用のあたたか生地のものなど多様。
ベッドパッドbed-pad1敷きパッドと似ているが、より厚みがあり体圧分散性を高める
ためのものが多い。厚い分洗濯しづらいのでシーツとの併用推奨。
トッパーmattress-topper1薄いマットレス。へたったマットレスなどに重ねて体圧分散性を
改善させるために使う。この上に寝てはいけない。
プロテクターmattress-protector1防水生地のシーツ。マットレスを汚さずにキレイに使うための
保険のようなもの。種類は少ない。
除湿シートdehumidify-sheet2マットレス下の湿気を取るためのもの。床置きなら必須。
ベッドでマットレスを使うとしてもあったほうがベター。

3-4. 冬は隙間風対策が必要なこと

通気性が良すぎるため冬になると布団内にマットレスから隙間風が上がってきて、なかなか寝床が暖まらないということがあります。隙間風が寒く感じるようでしたら、毛布やベッドパッドなどを使うなどして対策をしましょう。

3-5. 体圧分散性はパッドで補えるが通気性を殺してしまう

硬めの寝心地はベッドパッドやトッパーなどで補うことが可能ですが、そうしてしまうと通気性の良さを相殺してしまいます。硬めの寝心地があなたに合っているか、購入前にきちんと試し寝をして確かめましょう。


4. 高反発ファイバーエア系マットレスのおすすめ

それでは次に、私がおすすめできるエア系マットレスをご紹介します。

フォーシーズンズプレミアム(ブレスエアー®︎)
ブレスエアー®︎ ネムリエPremier

製品:ブレスエアー®︎ ネムリエPremier
サイズ:シングル(95×195×10cm)
価格:49,500円
【商品ページはこちら】

 

高反発ファイバー素材として有名なブレスエアー®です。この製品はブレスエアー®の加工を一手に引き受けている企業が企画しているもので密度などの仕様はお墨付きです。上記で説明した通り、面で支える構造のため若干硬めの使用感ですが、普通の硬さのものと硬めのものの2層構造になっているため、あなたの好みに合わせて硬さを調整することができます。高反発ファイバー素材のエア系マットレスを選ぶのならこのブランドがおすすめです。

B-AIR PRO PLUS
B-AIR PRO PLUS

製品:B-AIR PRO PLUS
サイズ:
シングル(95×195×7cm)
価格:
55,800円
【当製品の販売ページ】

「高反発ファイバー素材に惹かれるけど寝心地が硬めなのはあまり好みじゃないな…」とお考えの方におすすめなのがこちらのB-AIR PRO PLUSです。私どもも製造に携わっているので恐縮ですが、ブレスエアー®︎素材の上に吸放湿性機能を持つウレタンフォームの層を設けていますので、体圧分散性がよりよくなっています。もちろん、体で感じられる通気性は通常のものよりも劣りますが、ダニやカビが発生しにくくお手入れも手軽にできるのでおすすめです。


最後に

高反発ファイバー素材のエア系マットレスがどのようなものかを知る一助になっていれば幸いです。

寝心地はかなり好き嫌いが分かれるのでしっかりとお店で試し寝することをおすすめします。

また、以下のページで寝心地が素晴らしいマットレスを選ぶためのポイント(体圧分散性、弾力性、耐久性など)とおすすめのブランドについて徹底的に解説しているので、是非あわせてご参考にしてください。

関連記事

 

なお、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧
 – 選び方編
○マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順
○敷布団とベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ
○【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味
○マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人
○低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
○【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
○マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
○【マットレスの通気性】素材・加工ベースで比較評価
 – 使い方編
○【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
○マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
○マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
○マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
○マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
○ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
○長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する5つの目安
○賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ